きまぐれかもめの食いだおれ日記

食いしん坊きまぐれかもめが出会った、おいしいものいろいろを紹介します。                                                                                                                                       なお、コメントは日本語のみでお願いします(日本語以外は文字化けしてしまいます…)                            

お久しぶりのきまかもです(汗)

すっかりご無沙汰な、きまぐれかもめです(汗汗)

いろいろとありまして、このところずっと更新サボってました。
DSC_0634


とりあえず。
先日韓国に行ったさいに出没した、安東の河回村(ハフェマウル)の写真でお茶を濁す(爆)

おいしいもの、変わったのものいっぱい食べてきました。
そのネタは、いずれの日にか…。

2010年

明けましておめでとうございます
  
とら



今年は、もう少しまじめに更新したいと思っています…。

ネタはいっぱいあるんですけどね(苦笑)

てなわけで、今年もよろしくです。
      
              2010.1.1 木間かもめ

ソウル駅でご飯。

韓国一人旅が多いきまぐれかもめ。
そんな、一人旅の強い味方はフードコートです(笑)
フードコートだと一人だからといって断られることもないし、一人で食べていてもそこまで浮かなくてすむし…。

さらに。
韓国のフードコートって、ほぼ確実においしいのです。

とゆーわけで。
韓国に行くたびに、あちこちのフードコートでご飯なきまかもですが。

最近見つけて、結構気に入ってしまったのが、ソウル駅の駅ビル内フードコート。
電車の待合室をイメージした、ちょっぴりレトロな内装といい、窓辺の席に座ると駅前を一望できるところといい、ついでにお値段も手ごろだし、ってことでなかなか気に入ってます。

ただし。
全くといって良いほど日本語は通じませんが。

ソウル駅前にある、大型スーパーのロッテマートは、すっかり日本人観光客御用達になってしまいました。
当然のことながら、マート内のフードコートも観光地仕様です。
もちろん、日本語メニューあり&日本語OK店員常駐、ってことですっかり観光地仕様になってしまいました。

超ひねくれモノなきまぐれかもめ。
観光地仕様の店(日本語メニュー&日本語店員常駐)には、極力行きたくないタイプです。
ついでにガイドブックで紹介されている、ってだけで避けて通るタイプ(爆)

そんなきまかもですが、このソウル駅のフードコートでは、日本人観光客が全くといって良いほどいない、ってことで落ち着いて(?)食事ができました。

で。
そんなところでチャジャンミョンなど食べてきました。
やっぱり韓国に行ったらチャジャンミョンを食べないと(笑)
ソウル駅のチャジャンミョン


窓からは、こんな景色を独り占めできます。
ソウル駅夜景2

ソウル駅夜景1

本場のプゴクッ(タラのスープ)

最近、ひそかに人気があるらしい、プゴクッ(干しタラのスープ)
きまかもは知らなかったのですが、どこかのバラエティー番組で「美容と健康に韓国で人気のプゴクッ」みたいな感じで取り上げられたそうです。
で、美に敏感な一部の女性のあいだで、ひそかなブームが起きているそうなのですが…。

きまかもは今までそんなこと知りませんでした(爆)

先日、輸入雑貨や食品を扱っている店に行ったら、韓国産の干しタラと韓国だしのもとが大量に売られていて、次から次へと飛ぶように売れているのをみて「何で〜??」って思ったくらいです。
その後、バラエティー番組で取り上げられて、一躍有名になったなんて事を聞きましたが…。

とまあ、それはさておき。

実はきまかも、何年か前に韓国に行ったとき、その話題のスープを食べたことがありました。
しかも、地元でも有名なお店だったようです(汗)
友人に「何かうまいもの食わせろ〜」ってせがんだら、これなら珍しいでしょ、ってな感じで連れて行ってくれたお店だったのでした。

これが話題の「プゴクッ」
テーブルの上におかれた塩やこしょうで、自分好みの味に仕上げていただきます。
プゴクッ


中にはタラ(の干物)だけではなく、いろいろな具材たっぷり。
時々こんなもの(しっぽ…)が入っていたりすることもあります(笑)
タラのしっぽ



もちろん、韓国の食堂ですから、おかず(キムチ類)は食べ放題(笑)
真ん中のオイキムチがすごくおいしかったです。
おかず


…実はこの写真、結構前のネタだったので、すでにパソコン本体から削除(←とゆーか、去年パソを修理に出したときにハードごとお亡くなりになったデータ…)されたものでした。
だから、バックアップしたものから引っ張り出したのですが…。
あまりにも韓国旅行写真の数が厖大すぎて、探し出すまでにえらく時間がかかってしまいました(汗)
いつごろ食べたのかすらあやふや(涙)
つくづくトリアタマです。

仏国寺(世界遺産)で一休み。

今年の2月、きまかもは韓国の慶州まで行ってきました。
慶州といえば、世界遺産にも登録されている仏国寺が有名です。
このお寺、階段や坂道がハンパじゃないんですよね〜(汗)
仏国寺


てなわけで…。
歩き疲れたきまかもは、境内の片隅にあった伝統茶のお店で一休み。
疲れた体には甘いものがよくききます(笑)
注文したのはオミジャ茶とゆず茶。
オミジャ茶とゆず茶


ゆず茶は、最近は割と日本でもポピュラーな飲み物になってきました。
簡単に言えば、ゆずのマーマレードをお湯で溶いたものです(笑)
口いっぱいに広がるゆずの香りがたまりません。
ゆず茶


鮮やかな赤い色が特徴的な、オミジャ茶。
これはチョウセンゴミシという植物の実を干したものを使ったお茶です。
オミジャを漢字で書くと「五味子」
オミジャの実はその名のとおり、甘、辛、苦、塩辛、酸、の5つの味がするそうです。
不思議な深い味わいのお茶でした。
オミジャ茶

平戸名物(?)くじらのカレー

先日、きまぐれかもめは九州に出没してきました(笑)
で、長崎の平戸まで行ってきたのです。

ちょうどきまかもが行った日は、「平戸食彩フェスタ食らいまっくす!」なるグルメイベントが開催中でした。
平戸各地のおいしいものいろいろを、お手ごろ価格で味わうことができるという、実にきまかも向けのイベントです(笑)
イベント会場


平戸牛を使った料理とか、とりたての魚を使った料理など、いろいろとありましたが、その中で一番気になったのが「生月のくじらカレー」
「くじらの赤身をじっくりと煮込んだ」ルーのカレーなんだそうです。
平戸牛のカレーも魅力的でしたが、牛カレーはどこでも食べられるけど、くじらは…とゆーことで、早速いただくことに。
くじらカレー


ルーには「これがくじらかな??」って悩んでしまうくらいの、くじら肉と思しき破片がほんの少し入っているだけでした(苦笑)
でも、くじらつながりで「オバケ(くじらの脂身)」がほんの少し添えられいました。
実はきまかも、ずーっとまえにこのオバケを食べ過ぎてひどい胸やけに苦しめられた過去があったりします(汗)
だけど、オバケは大好きなので(笑)
今は高級珍味なので、胸焼けするほどたくさん食べる、なんて不可能ですよね(涙)
くじらカレー(おばけ)

直江兼続の街から。

新潟の親戚のうちから、笹団子とちまきが届きました。
もちろん手作りです。
笹団子と粽






笹団子。
笹団子







これは「三角もち」と言うそうです。
三角粽







で。
この笹団子&ちまきと、直江兼続と何の関係があるかと言うと…。

実はこの笹団子を送ってくれた親戚は、長岡市の与板に住んでいるのでした。
与板といえば、大河ドラマ「天地人」でおなじみ、直江家の居城があったところです。
そして、親戚の名前は「直江」でして…なんてオチはないです(爆)
残念ながら(?)直江でも樋口でも、もちろん上杉でもありません。

そんな、与板直送の笹団子とちまきでした。
皿の上







中身はこんな感じ。
笹団子の中にはもちろんあんこが入っています。
ちまきはきなこをかけていただきます。
笹団子の中身

やっぱり手作りが一番!

実はきまぐれかもめ、かなりのギョウザ好きだったりします(笑)
だけど、自分ちで作るのは面倒だし…ってことで、最近は近所のスーパーで10個入りのチルドギョウザを買ってきて、家で焼くだけ、ってことばかりしていました。

しかし。
例の中国産毒ギョーザ事件以来、いくら国内産原料100%、って表示されていても、市販のものはちょっとね…(汗)ってことになり、きまかも家では手作りギョウザが復活したのでした。

材料は、豚のひき肉、キャベツ、にら、にんにく、しょうが、塩、こしょう、しょうゆ、ごま油、それとエビのすり身を入れるのがきまかも家流です。
でも、この日はエビではなくって、ホタテの缶詰を入れてみました(笑)
ギョウザのたね








包んで並べて、あとは焼くだけ(笑)
ちなみに、包み担当はきまぐれかもめです。
フライパンの上のギョウザ








焼くときに入れる水に小麦粉を溶かします。
そうすれば、焼き上がりがこんがりとしておいしかったりします。
焼きあがったギョウザ










とゆーわけで。
やっぱり手作りが一番な、きまかも家流手作りギョウザでした(笑)

…焼きたての熱々をほおばって、舌の先をやけどしてしまった、トリアタマな猫舌です(涙)

トビウオのすり身

先日、近所のスーパーでトビウオを売っているのを見つけました。
しかも本日の特売品(笑)
特売品







とゆーわけで、早速購入。
パック入り







これがトビウオの羽(胸鰭が進化したもの)です。
とびうおの羽







俎上の鯉魚ならぬ、俎上のトビウオ。
ちなみに、きまぐれかもめは魚をさわるのが大の苦手なので(←当然捌くことなどまったくできません)魚さばき担当はきまかも母だったりします。
まな板の上のトビウオ







トビウオの身をフードプロセッサーでミンチにして、ささがきごぼうとみじん切りの人参を加え、よく混ぜ合わせます。
しょうゆと塩、みそで味をつけるのがポイント。
すり身







それを適当な大きさに丸めて、油で揚げたらすり身のから揚げの完成(笑)
揚げたての熱々にポン酢しょうゆをつけていただくと最高です。
きまかもは猫舌なので、ある程度さめないと食べられないのがかなしいですが…。
すり身完成

今年もペプシの季節が(笑)

今年も恒例の(?)珍ペプシの季節になりました(笑)
今年のペプシは「しそペプシ」

もちろんネタモノ大好きなきまぐれかもめですので、発売されるのを待ち望んでいました(爆)
とゆーわけで、発売されたら即購入。
しそペプシ












何年か前の「キューカンバーペプシ(きゅうり味ペプシ)」と比べると、黄色が強いような気がします。
ボトルとコップ






お味はもちろん(?)しそ風味(爆)
ほんのりどころか、かなり強烈なしそ味のパンチを食らいました。
コップ
365カレンダー
まめたん

livedoor 天気
livedoor プロフィール
最新コメント



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ