2006年11月

2006年11月20日

今日の夕食

えぇ、一人鍋。こんばんは。

今日は誰も家にいなかったのですよ、俺以外。そぅ、俺の独壇場。裸で歩こうが、逆立ちしようが、DDRやろうが注意する人はいません。

ひとしきり部屋の隅で体育すわりをしながら、時々「ハッ!誰!?」と叫んで総合失調症の真似事をした後(5時間くらい)に気が付いた。

「飯 が な い」

時刻は午後5時。もうちょっとで電波番組「バンキシャ」が始まる!これは逃せないぞ〜…ということで光の速さでスーパーに行きました(50km/h)

何を作るのかをカゴを片手に考えていると…「鍋の極意」という無料冊子が佇んでいた。
運命の出会いを感じながら冊子をスルーして豆乳、白菜、豚バラ、小松菜、白滝、そしてラーメンを買って帰宅。

台所で買ってきたものをぶっこみながら、「そこでしゃべっているのはダレ!?」と、また総合失調症ごっこをしていたのは秘密だ。

できたものを写メでとって…なんてめんどくさいことはしませんでした!っていうか、うまそうな香りでそれどころではなかったんですよ。何かを期待していた人は一緒に囲めばいいじゃない。

一人で食べる鍋は塩味が効いていました…なんて気の効いたことは感じませんでした。ただ、白菜はものすっごいうまいということを再確認しました。
最後に雑炊でも、うどんを入れるんでもなく、ラーメンを入れて食べたら案外おいしかったです。お試しアレ。

もちろんこのときも「ダレ!?ダレなの!??」と(ry

駄文失礼しました。

※文中に病気に対して不適切な発言があったことを深くお詫びします。今後、軽率な行動をしないように身を引き締めさせていただきます。

kimama1234 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)