2016年02月12日

決戦は日曜日

取引先の某機関の職員だった女友達から相談を受けてます。
もうすぐバレンタインデーなので、好きな人へ告白したいようです。
男はどんな感じで告白されるのが嬉しいのか、どんなチョコが良いのか、
いろいろ質問されます。

その子は化粧っ気がなく、髪はいつも一本に束ねているだけで、
おしゃれには程遠いので、まさか色気づくとは思ってもみませんでした。
理系女子で行動に無駄が無く合理的思考のみで動いているような人です。
どれだけ不思議な人かと言うと、人数合わせの合コンで札幌のビアガーデンに
行く時に、景品で貰ったサッポロビールの販促用ジャンバーを着て出かける
ぐらいです。同じ会に参加した共通の友達からその話を聞いて、私は
「なんでそんなジャンバー着てったの?」と聞くと、
「夏でも夜は寒いからね!」と、着こなしの視点からの質問ととらえないのです。
異性を全く意識せず勉強と研究に打ち込んできた彼女に恋心を芽生えさせた男が
どんな人か知りたくて、こっそりとその人が勤める公共施設へ飛行機に乗って
見に行ってきました!!
結果はドン引きする程のEXILE風の色黒ヒゲ男で、ビビったと同時に不謹慎ですが、
笑いが込み上げてきました。ニヤニヤしているところで目が合ってしまい、
オロオロしていると、爽やかな笑顔で話しかけられました。
なんや、コイツええ奴やん!って思ってると益々ニヤけてきてしまって、
噴き出しそうになったので、そそくさと逃げ帰りました。
あれ程のイイ男ですから、生まれて初めてバカにされたように他人にニヤつかれて
とても不思議な体験だったに違いありません。

さて、帰る前にさっそく電話で理系女子君へ報告した内容は、
・共通点がなさすぎる
・1度会っただけで、業務連絡的メール交換のみの付き合いの人に告るのは強引すぎる
・総合的にまず無理じゃねぇか?
でした。

彼女が好きになる人ですから、学者っぽいオッサンだろうと想像していたので、
女っ気ないタイプならなんとかなるかもしれないと思ってましたが、
誰が見てもイケ面な男ですので、女性に不自由するはずもなく、
脈があるとは感じられませんでした。
でも、私は彼女が実はイイ女だと知ってます。美容院へ行って今風にメイクして
オシャレすれば、大概の男は振り向くはず。何気にいい乳してますし。

まずは、彼がフリーかそれとなく確認すると共に、少し気がある風の言葉を
織り交ぜながらメールを書くミッションを与えました。
優等生として生きてきた人なので、今もミッションを着実にこなしております。
先日はスポーツブラからワイヤー入りのブラへ変えたそうですし、
高校卒業以来のスカートも着ているようです。
早速職場の男からは食事の誘いが来ているようなので、かなり変身したはずです。

色黒ナイスガイは14日朝から上述の公共施設で仕事なので、仕事前の時間を狙って
彼女はアタックする予定です。世の中、いろんな人がいるものですね。

kimama_nahito at 10:50コメント(5)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by まりりん   2016年05月25日 21:51
5 こんにちは(*^▽^*)
楽しくblogみさせて頂いております。私も帯広在住ですが、きままさんはとても文章がうまくてこちらもはらはらどきどきさせてもらっています!
これかららもどきどきを待っています❤
更新楽しみにしています❤
2. Posted by きまま   2016年06月11日 08:46
まりりん様 コメントありがとうございます。
最近ちょっと放置気味でしたが、
暖かくなってきましたし、そろそろ活発に
動いてみようと思ってます。
今後もどうぞよろしくお願いします。
3. Posted by きまま   2016年06月25日 10:21
結果を書き忘れてましたがダメでした。
相手がゲイだったとかのオチがあれば
まだ笑えたんですが・・・

これまで全く意識した事が無かったのに、
ドSの私は落ち込んでいる女友達を見て
不謹慎にも妙に気になってしまいました。
4. Posted by まりりん   2016年07月01日 00:47
そうなんですね…
そのいきさつもblogにしたためていただければと思います。
なんだか欲求不満な毎日で。
blogとても楽しみにしています♪(*^▽^*)



あ、それは私だけじゃないと思うのでよろしくお願いいたします!\(^^)/
5. Posted by きまま   2016年07月09日 10:53
少し時間に余裕が出てきたので、またゆっくりペースで更新始めますね。
でも、Hなネタが最近少なくなってしまってます^^;

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Profile
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ