奥多野店長の徒然

奥多野店長が、居酒屋の仕事を通じてその素晴らしさを発見し、「出会い」に感謝し、ここ藤岡で人生を彩り豊かにしていこうと奮闘する様を報告するブログです

◻️満席御礼◻️再募集「’22 流輝を飲み干す会」いたします。

延期になり大変ご迷惑をおかけいたしました。日程を調整して再募集させていただきます。

◇日程 令和4年7月31日 日曜日 

◇時間 15:00〜17:30  
◇会費 7000円(当日、現金にて)
◇定員25名 DSC_0712
◆お申込みにあたってのお願い◆ ●【検温の実施】 開催日朝の検温をお願いいたします。37.5℃以上あった方のご参加はご遠慮願います。 (当日10時までにキャンセルお受けいたします、キャンセル料一切かかりません) ●一グループ3名様まで。 ●お申し込みは okutano1201@gmail.comまで。表題に「流輝を飲み干す会参加希望」と書いてください。
 送信後3日たってもこちらから返信がない場合、大変お手数ですが当店に架電にて再度お申し込みください。0274‐24‐1185(店長松岡まで)
●新型コロナウイルス感染状況に応じて、主催者の判断で会を中止させていただく場合があります (中止の場合は前日までに、Facebook、インスタグラム、店長ブログにて告知いたします。) ◆開催当日のお願い◆ ●定員40名様のお部屋を使用、お席とお席の間隔を広げて配席です。 ●奥多野入店時、手指先のアルコール消毒お願いいたします。 事前にお席の消毒、定期的に会場内の換気をさせていただきます。 ●会前後のマスク着用、咳エチケットにご協力ください。

7月3日「流輝を飲み干す会」延期させていただきます。

主催者側の都合により、延期させていただきます。

参加予定だった方、大変申し訳ありません。

再募集は改めてさせていただきます。

越後カントリートレイル63キロ 出走してきました

久々のレースは長岡小国、自身最長となる63キロの旅へ。

ロングトレイルとなると、前泊が必須の大会が多い中、この大会は当日朝の受付が可能。

20220619_053524

土曜日の仕事は休めないのでこのような大会はありがたい。 必携品、エイドで補給できるものも最低限なので自己責任は大きくなるが、自由度が高いのが心湧きたてる。

20220619_053943
ロードの大会と違い、スタート地点に集まるのもユルユルと。 出走の皆さんの足の筋肉が素晴らしく美しい。

20220619_054905
実力もないのに、前の方に並んでしまった。11時間の制限時間には半分ほどしか間に合わないという、過酷なレース設定。どうなることやら。

20220619_063135

しばらく、ロードを行く、朝6時スタートもすでに蒸し暑く汗が流れ落ちる。ストックもってきてよかった。


20220619_124951
里に下りてくると、地元の方の応援が素晴らしい。40キロを過ぎこれから本番・・・。

ラスボス、八石山への急登ですっかり足も使いきり、その後の下り、ゴールまでのロードは歯を食いしばって。


20220619_143913


曇れば梅雨の蒸し暑さと、日差しが出れば夏本番の暑さと闘いながら、真夏日の盆地をひた走る。

その辛さも、地元の方々の沢山の声援が力に変えてくれ、何とか制限時間内に完走。

20220619_164456

自分の体の限界値をまざまざと見せつけられた貴重な大会となった。

しばらく坂道は見たくない気分、足の痛みも取れたらまた、つれづれなるままに登って行こう。

地元の百名山 皇海山に登ってきました

距離や眺望などから、地元なれどもなかなか足の向かなかった百名山皇海山。

希少品種コウシンソウが咲くこのタイミングで、梅雨の晴れ間が。こうなればボヤボヤしてはいられない。

仕事終わりからの登山口車中にて仮眠。日の出とともに出立。
20220613_060703
ひっそりたたずむ庚申山荘、お泊りの方はもう出立したか。

20220613_061017

裏手にクリンソウ、今年も出会えた。

駐車場からの長い林道は駆け足を交えながら。 

20220613_063715
コウシンコザクラ、かわいらしい。


20220613_070138
遠く富士、一日見守ってくれた。
20220613_070843
希少品種、コウシンソウ。岩場にひっそりと。

20220613_071759
庚申山山頂、近所の庚申山よりも10倍の高さがある。

20220613_082830
岩場に張り付く登山者。

20220613_084437
大好きなミツバオウレンの群生。

20220613_093910
感動の登頂、100名山皇海山。

庚申山から鋸山までは両神山の八丁尾根に似た感じで楽しくピストン。

20220613_103859
お隣に上州武尊、谷川連峰には雲がかかる。

20220613_103914
手前に赤城、奥に浅間山、四阿山。遠くアルプスの山々。

20220613_103940
深い緑の道を行く。 奥に日光の山々。

時間に余裕があったので下りにお山めぐりコースを選択。梯子階段、雄大な岩々が迎えてくれた。
20220613_124956


登山口のキャンプ場に幕営し、早々に下山のお祝いを。


20220613_154818

深夜に雨が強くなり、早めの撤収。

コウシンソウ、コウシンコザクラも探し当てられ、思い出沢山の地元の百名山登山であった。


’22 「流輝を飲み干す会」 開催します

2年連続 全国新酒鑑評会金賞受賞の快挙。 そのお祝いを兼ねた流輝の全種類飲み比べのイベントです。 醸造元松屋酒造、松原社長を招いて 特別に 金賞受賞酒出品酒を特別に提供させていただきます。 地元藤岡から全国へはばたく銘酒「流輝」を蔵元と共に堪能しましょう。 ◇日程 令和4年7月3日 日曜日 
◇時間 15:00〜17:30  
◇会費 7000円(当日、現金にて)
◇定員25名 DSC_0712
◆お申込みにあたってのお願い◆ ●【検温の実施】 開催日朝の検温をお願いいたします。37.5℃以上あった方のご参加はご遠慮願います。 (当日10時までにキャンセルお受けいたします、キャンセル料一切かかりません) ●一グループ3名様まで。 ●お申し込みは okutano1201@gmail.comまで。表題に「流輝を飲み干す会参加希望」と書いてください。
 送信後3日たってもこちらから返信がない場合、大変お手数ですが当店に架電にて再度お申し込みください。0274‐24‐1185(店長松岡まで)
●新型コロナウイルス感染状況に応じて、主催者の判断で会を中止させていただく場合があります (中止の場合は前日までに、Facebook、インスタグラム、店長ブログにて告知いたします。) ◆開催当日のお願い◆ ●定員40名様のお部屋を使用、お席とお席の間隔を広げて配席です。 ●奥多野入店時、手指先のアルコール消毒お願いいたします。 事前にお席の消毒、定期的に会場内の換気をさせていただきます。 ●会前後のマスク着用、咳エチケットにご協力ください。

'22春 藤岡路地裏マルシェ開催しました

36℃真夏日予想の中、当店敷地内で春の藤岡路地裏マルシェ開催しました。

毎度のことながらSNSのみの告知ですが、過去最高のお客様、そして開始前には60名ほどの待ち行列ができました。

表通りまでかかるほどの行列に出展者の皆さんも驚きが隠せないとともに、気合が入る。

20220529_110332

会を重ねるたびに認知度も上がり、各店舗様もより良い商品を提供しようと準備してきました。

ここ藤岡でも誇れる楽しみを。の信念のもと、新商品ありお店同士のコラボ商品ありと、魅力的な商品サービスが沢山でした。

これから新たな化学反応が起きそうでそれもまた楽しみ。

20220529_113147


主催するよりも、参加者として会場に来てみたいと思えるマルシェにすることができました。
20220529_105459


各店舗の皆様、準備から提供までありがとうございました。おかげで沢山の笑顔と笑い声の交差する会にできました。
20220529_113150


そして、真夏日の中ご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。

より良い会にすること、また次回開催を心に誓いました。これからも地元藤岡をよりよくしていきましょう。
IMG_20220429_161940_084


11th オール群馬の酒「舞風」を飲み干す会 開催しました

コロナも少し落ち着いてきて、イベントもやりやすくなりました。

11回目となりますオール群馬の酒「舞風」を飲み干す会を開催しました。
20220522_180204


体調不良で牧野さんは欠席でしたが、いつものように柳沢酒造様 町田酒造様、松屋酒造様それに講師として新前橋の高橋与商店の福田様にいただき、にぎやかな中にも、学びの多い会になりました。

今回はむしろ、地元藤岡の方よりも、遠方、仙台、東京、栃木からのお客様も見えて、舞風も徐々に愛好家を増やしていけているように感じました。

なんといっても、今年のIWC(インターナショナルワインチャレンジ:世界最大の種類品評会)の日本酒純米酒部門で、群馬泉産の舞風がトロフィーを獲得の快挙。一躍、業界に舞風旋風を巻き起こしました。

20220522_151345

20220522_175249

20220522_170933

20220522_170737

20220522_170424

20220522_171126

20220522_161431

20220522_170326

もう、画像を載せるだけで、どんな展開になったかお分かりいただけると思います(笑)

きき酒大会、唯一全問正解の柳沢さんは流石でした〜。それに誰も追随しなかったのには会場も大盛り上がりでした。

高橋与の福田さんからは、群馬の地酒が益々元気ができいること、それがキチンを売り上げとなって表れているといったお話もいただき、力づけられました。
received_555086126010838

received_1131772637398195

received_524532542752030

received_3195786437376048

received_685244142708160

received_1062236921036083

年々、各蔵元も舞風の扱いに慣れ、酒質も向上。ますます元気になってゆく群馬のお酒、これからもご愛顧お願いいたします。

もちろん12回目も開催、応援していきます。


東京駅までボッチ100

先週末行われた「群馬100キロウォーク」に出場された方々から沢山の感動をいただいた。

もちろん私は仕事で出場は叶わないが、挑戦自体はいつでもできる。

Googleマップで検索してみると、東京駅まではピッタリ100キロあるという。こうなれば今この心が動いているときにチャレンジするしかない。

一般に行われている100キロのウルトラマラソンの大会の制限時間はおおよそ14から15時間。

加えて、東京駅から戻る電車での所要時間、家族との夕飯の時間を考えると、逆算し深夜の出発が必要。

日曜日の仕事終わりから一睡もせず出発すれば、途中眠さに耐えられない場面もあるだろう、それにコンビニなどで補給も数回行わなければならない。天候も途中雨が落ちる時間もありそうだ。

カッパの脱着、それに寒さ対策の着替えなども背負っていかなければならない。荷物が重くなればおのずと多く時間もかかる。

東京駅に16時までに到着、最悪は17時。逆算して午前0時にスタートしたい。


20220515_233955
出発前、少し横になったが興奮して眠ることはできない。家族が就寝する準備を進めるのを横目で見ながら出立。

まずは新町に向かって、その後は17号線を進んでゆく。

先は長い、温まる体でも自制心を保ちながら。

20220516_021620

本庄から先、17号線がバイパスと街中を進むルートと2つに分かれる。

バイパスを選択するも、これが今回最大のミスであった。

今考えれば当然のことなのだが、バイパスは車がスムーズに通れるように設計された道路。

確かに信号など少ないが、まず歩道が綺麗に整備されておらず、段差などが沢山あり走りにくい。

それに刈り払いされておらず腰丈ほどの雑草が行く手をふさぎ、まるで登山道を歩いているかのよう。

さらに対向車のライトが強く、逆光でヘッドライトの明かりが役に立たず、足元が真っ暗。



追い打ちをかけるように雨が降り始め、気温も下がってきた。これから先の道中は長い、ウエアを濡らすと体が冷えて動けなくなる。

交差点の明かりを頼りにカッパの脱着を繰り返す。

20220516_034247
さらにトラブルが発生、バイパスが高架になり歩道が途切れた。 側道に入るもパイパスに沿って側道が作られておらず、周辺の住宅街に入りこみ迷走すること約20分。とっていたログもここで途切れた。

20220516_042237

バイパスに戻ることは諦め旧道を目指し、熊谷の住宅街を進む。そして眠気も襲ってきた。
まだ行程の三分の一。 早くもリタイヤが頭をよぎる。人間の精神など弱いものだ。

がしかし、エスケープで使う予定の高崎線も始発が動き出していない。自分の弱さと向き合いながら、独り明け方の道を進む。

20220516_053330
この時点での問題は、雨による濡れでの低体温、眠気。コンビニで温かい食べ物を取る。

胃の中に物を入れたときは、意図的にペースを落として消化を促すように進む。

17号線に出て、朝の通勤の車と並走しながら、進むが強烈な眠気が襲ってくる。
20220516_063623

沿道のラーメン屋さんのベンチで倒れるように仮眠。20分ほど。

目覚めてみると、体が嘘のように復活していた。頭がすっきりして、体も自然と動く。やはり寝ることと食べること。これが一番の薬なのだと実感。

20220516_075359

頭を無にして黙々と進む。半分を通過し、でもまだフルマラソン1回分の距離が残る。

20220516_080725
沿道の景色も楽しみながら。

20220516_103321
浦和市役所。

20220516_111734
75キロほど進むと、睡魔第2回目。 もう人の活動が始まっており、物陰で休む場所もない。そして雨は降り続く。 歩道橋の下で恥も人目も気にしてはいられない。 座り込んで15分仮眠。

前回ほど復活はしなかったが、少し回復。東京を目指す。

20220516_120216
やっと東京に入った。体力の衰えとは逆に気持ちは上がってくる。

20220516_121001
東京に入ると表示が、日本橋に代わる。85キロすすんできた。


20220516_140111
17号線から白山通りに入る。後楽園の横を通過、いよいよ東京の中心部へ。

20220516_142053
濡れる大手町。気象庁の横を通過。「今日の天気予報は当たらなかったね」などと皮肉を言いながら。


20220516_143436
東京駅到着。ゴールテープは心の中に。

所要時間約15時間。距離106キロ。途中ルートの変更などがあり当初の距離より少し長くなった。

仮眠時間など考えてもおおよそ、計画通りに進めることができた。

予報以上に雨が多く、気温が低かったため、低体温気味になりかけたが、装備品。足回りのテーピング、擦れやすいところへのワセリンなど効果確認できた。

何よりも、地図で見るのとは違う100キロという距離を自分の足で進み、仕事の合間を縫って成し遂げられた満足感が大きかった。

冷えた体でお買い物などできる余裕もなく、一番早く来た高崎線で帰宅。
20220516_151407
打ち上げはささやかに・・・。ビールを美味しく感じる体力は残っていた。

「睡眠」というメンタルブロックを外すことでまだまだ楽しむ余地があるものだ。


ドメーヌタカヒコ+研修生を飲み干す会を開催しました。

久々のワイン会はドメーヌタカヒコさんファミリーを飲み干しました。

独立された研修生のワインの実力、それにナナツモリがどんな熟成をしているか確かめられたとても有意義な会になりました。


FB_IMG_1651750897545

振替休日の店内でお料理を作りながらゆっくり飲むことができました。

FB_IMG_1651750875598
前菜はブラータチーズに松本トマト、吉井ヴィアンキュイさんのカンパーニュにレバーのパテとオリーブを載せて。 筍、エビのマリネ。 カモ肉のロースト。

FB_IMG_1651750882822

北海道のワインなのでお魚は鮭、それにポテトのニョッキ、キノコホワイトソース。

FB_IMG_1651750890303

お肉は牛といのぶたのひれ肉のロースト、牛筋をじっくりに煮込んだシチュー。
20220505_150151


ワインの一番はブランドノワール、貴腐香が素晴らしい。

20220505_141443

モンさんのドングリも素晴らしかったです。

徐々にワイン会も始めてきたいです。

◆満員御礼◆11年目「オール群馬の酒 舞風を飲み干す会」開催します

毎年恒例 オール群馬の酒『舞風』を飲み干す会開催いたします。
発売11周年、飲み干す会も11回目です。
いつものように蔵元をお迎えして、コロナ対策しつつ、11年目の舞風を飲み干したいと思います。
◇日程2022年5月22日 日曜日 15:00〜(例年より1時間遅いですお間違え無く) 2時間程度
◇定員 20名  
◇会費 6500円(当日現金にて)
参加予定蔵元 柳沢酒造様 町田酒造様 牧野酒造様 松屋酒造様 
講師 高橋与商店 福田様
◆お申込みにあたってのお願い◆
●【検温の実施】
開催日朝を含め、直前3日前からの検温をお願いいたします。37.5℃以上の日が一日以上あった方のご参加はご遠慮願います。
(前日までにキャンセルお受けいたします、キャンセル料一切かかりません。当日キャンセルは費用をご負担いただきます)

●一グループ、一申し込み2名様まで。

●お申し込みはお電話(0274‐24‐1185) メール他SNSでもお受けいたします。2日たってもこちらから返信がない場合、改めてお電話でお問い合わせください。

●新型コロナウイルス感染状況に応じて、主催者の判断で会を中止、内容の変更させていただく場合があります(中止の場合は前日までに、SNS、店長ブログにて告知いたします。)

◆開催当日のお願い◆
●定員40名様のお部屋を、約半数でご利用いただきお席とお席の間隔を広げて配席です。
●奥多野入店時、手指先のアルコール消毒お願いいたします。
事前にお席の消毒、定期的に会場内の換気をさせていただきます。
●会前後のマスク着用、咳エチケットにご協力ください。

IMG_20210426_085104_947
自己紹介

店長

記事検索
コメントありがと!
Follow me
奥多野

Facebookページも宣伝
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ