いってきました、地元の老舗「柏屋旅館」

今年二回目の「丑の日」

大吉さんはお弁当でしたが、私は優雅に店内で食してきました。

古い蔵2棟を改装してつくられた店内は、ランチに、夜は宴会に使われている。

私んちの蔵と比べると、こちらは洗練されていて上品に仕上がっている。

調度品、照明等も心配りがなされていて、さすが老舗旅館の風格がある。

柏屋 うなぎ膳
うなぎご膳は、肝吸いがついて2300円。

あっさりなタレに、程よく脂ののった国内産のうなぎが良く合う。

 

私はTシャツに短パンで行ってしまったが、ちょっとシャツにパンツなどはいて出かけるのが店の雰囲気には合いそう。

それで・・・、

必要以上に精をつけてどうしたらいいのでしょうか。