奥多野店長の徒然

奥多野店長が、居酒屋の仕事を通じてその素晴らしさを発見し、「出会い」に感謝し、ここ藤岡で人生を彩り豊かにしていこうと奮闘する様を報告するブログです

イベントお知らせ

'18 ボージョレヌーボーカウントダウン&日本ワインの新酒を楽しむ会開催しました

恒例となりましたボージョレヌーボーカウントダウンパーティーを開催しました。

何か、ちょっと前まで暑く長い夏が思ったらもう11月も半ば。第三木曜日はヌーボーの解禁日。

このイベントが終わると自分の中ではいよいよ年末、忘年会シーズンへ突入、気持ちが引き締まる時期です。

前日の水曜日の22:00に集合。今年は浮気せず(笑)日本ワインのみで前半は楽しみました。

北海道のデラウエア、広島のシャルドネ、勝沼の甲州、マスカットベーリーA、ベーリーアリカントなど果実味豊かでフレッシュなワインを楽しみました。
IMG_20181113_155422_749

日付変更まで2時間はあっという間ですね。インターネット時報を聞きながらカウントダウンの準備。
DSC_0016
マラソン仲間の高橋君たちは飛び入りで(笑)成田屋の成田君、天ぷら司の片山君、アーネソナンサの茂木君も駆けつけてくれてにぎやかな会になりました。

始まってみれば初対面の方もすっかりなじんで、とても楽しい会になりました。

さて来年も沢山のご参加お待ちしてま〜す。

’18ボージョレヌーヴォーカウントダウンパーティーやります

毎年恒例となりました『ボージョレヌーヴォーカウントダウンパーティー』のお誘いです。

集合は解禁日前日の11月14日、水曜日 22:00.

15日への日付変更までは、日本ワインの新種を中心に、準備体操。

カウントダウンはもちろんボージョレの新種で乾杯!
DSC_2110


さて今年はどんな出来具合になっているのでしょうか?

普段はあまりワインは飲まない初心者から、ワインは2本目からねというつわものまで、皆様お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。

疲れを翌日に残さない 25:00閉会にご協力を(笑)

軽食付き 5000円です(当日集金させていただきます)

お申し込みは okutano1201@gmail.com または居酒屋奥多野0274-24-1185まで。

◆開催日 2018年 11月14日 水曜日 22:00〜25:00まで

◆場所 奥多野 藤岡市藤岡186

◆会費 5000円軽食付き
 

『松本トマトを食べつくす会』開催しました。

当店のトマトをお世話になっている、松本さんのトマトを食べつくす会を開催しました。

ご主人は中学の同級、奥様は路地裏マルシェなどでもお世話になって、当店で最も親しくさせていただいている生産者様の一人です。

マルシェの打ち上げ、それに今シーズンの『あましずく』の納品の終了、又ご主人の誕生日もこっそり祝う会になりました。

前菜は5種類の冷たいおつまみ。
35763218_1181456168662917_8627249950767448064_n
それぞれ味付けを変えて、居酒屋らしい一品に。ひじきと意外に合う。

ドリンクはフリーですが、ワインはこの日のためにソムリエと相談して決めたトマトに合うワイン。

それにもちろん『藤岡レッドアイ』よく飲みました〜。
35564367_1181456361996231_2238249513988915200_o



35645996_1181456258662908_5995641368733548544_n
定番のマグロとアボガドですが、松本さんちのミニトマトを丁寧に湯向きして和えたら、本当においしくなりました。


35850829_1181456488662885_5043927541367177216_n
プチトマトのベーコン焼き、ベーコンのうまみに負けないトマト。


35695408_1181456285329572_2213745759197593600_n
トマトのポタージュに、あましずくのおでん、ふき。温かいものも欲しくなりますね。

35829020_1181456515329549_5666886142193041408_n
オイルサーディン、ズッキーニ、トマトのチーズ焼き。 いわしの塩っ気がいい感じ。


35546812_1181456621996205_4924798664838217728_n
鳥を中華風に、酸っぱいたれにトマトを混ぜ込んで。


35648054_1181456728662861_4567945113707216896_n
牛肉とニンニクの芽、スタミナの付きそうな甘辛いたれにもトマトが合います。

35804781_1181456695329531_856627705314017280_n
松本さん差し入れのトマトのジャム、おいしい。


35659903_1181456798662854_3189823888062152704_n
デザートはフルーツポンチ、アルバイトのお姉さまと、ミニトマトの皮をせっせと向いた成果が出ました(笑)

そして参加もしてくれた成田君の作った、ミニトマトをあしらったバースデーケーキ。

35799397_1181456861996181_5068338804037779456_n
それぞれの生産者の方を囲んで贅沢な会になりました。

偶然居合わせた内藤さんを囲んで。
35653802_1027262040765726_5747991175034306560_n
CAROの小板橋さん、県庁の平良さん画像お世話になりました、松屋酒造の松原君、中野ストロベリーファームの中野さん、マルシェの写真でお世話になった多胡ちゃん、コナリエさん、そして松本さんの常連様

地元の個性がどんどんつながって、よりよくなっていくような気がします。

松本さん、これからもよろしくお願いします。

第七回『オール群馬の酒 舞風を飲み干す会』開催しました

早くも七回目を迎えました、オール群馬の酒舞風を飲み干す会。

今年も5つの蔵元様をお迎えして34名で盛大に開催することができました。

DSC_0198
柳沢リーダーの乾杯のご発声で会はスタート。

DSC_0206
社長の名代、今年は恵美嬢がご参加いただきました町田酒造様、今年は受賞多数、素晴らしい!

DSC_0212
牧野君は公私ともに順風満帆。

DSC_0216
高井君はいつものように気合を入れて、今年の『生』の香りには驚きました。今年は仕込みが最後までかかりましたが立派な酒に仕上げてくれました。

DSC_0226
松原くんはいつものように朴訥と。平井城のおりがらみは本当においしい。

恒例のきき酒大会はまた豪華な賞品争奪戦。
DSC_0234
高崎の『克』さん、女将さすがですね!

DSC_0249
猪俣さんもさすが。迫力がだいぶ違う(笑)

DSC_0253
群馬の酒の応援団長 新前橋の高橋与商店の福田さん、舞風を先頭きって応援してくれてます。

DSC_0281
小島さん、特別賞は高井くんの抱擁もついて(笑)

DSC_0285
頼れるお背中。

DSC_0286
今年も楽しく深夜まで、舞風を楽しめました。

昨年までの全体での知名度などセールスも含め絶好調、とは言えない舞風も、それとは裏腹に酒質は益々上がっていると感じます。

『おいしい酒』を語るとき、何を基準にその味、その酒を計るのか?

皆様はどんな基準でお酒を選ぶのでしょうか?

売れている酒? 皆がおいしいという酒? 軽く飲める酒? 香りがよい酒?

どれももちろん正解だし、それは千差万別なのだと思います。

また一つとして『よい酒』の考え方は、その土地の風土を表現し、そして醸人の心の通じる酒。なのではないかと思います。

その意味ではこの『舞風』は全力で応援するに値する酒だと感じます。

来年の開催もお約束した舞風を飲み干す会、さらに多くの方に手に取っていただきたいと思います。

備忘録として『第三回藤岡路地裏マルシェ』

本当に沢山のお客様にご来場いただき大成功だった今回の路地裏マルシェ。

一番心配していた駐車場の問題も、商工会議所さんや農協さん、一行寺さんにお願いしていたこともあり、混乱は最小限でした。

『路地裏』は会場としては車の通りが少なくてよいのですが、逆に車の方には、すれ違いがしにくいこともあり、近隣の住民のかた、また遠方よりご参加の方にはご迷惑をおかけすることもありました。

車の流れを一方向にする、もしくは車の駐車はできません、として借りている周辺駐車場から歩いて会場に来ていただくか、それも一つの案かと思います。

現状のままだと、この位の規模が限界なのかな〜。

藤岡市長様や、プライベートで内藤さんも見えてじゃんけん大会にもご参加いただきました。

当日のベストショットは、庸一君、とまとやさんと。
33642812_2295603147213450_8561309738778755072_n

クラフトエリアと、飲食エリアも人が行き来しやすいように考えるのもいいかな。

DSC_0163

DSC_0172

立ち飲みスペースはもっと増やしたいし、お店もあと2軒ぐらいなら入りそう。

33662832_2295603847213380_1149936820163706880_o

(画像提供多胡さん、いつもありがとうございます。)

終了後の最後の打ち合わせは、晴れ晴れと。
DSC_0177

DSC_0176

DSC_0175
成田君、松本さん、高田さんにご挨拶いただいて。このときはいつもジーンと来ちゃいます。

さて次回は、いつになるかな? 来年? 秋?

それは皆のやる気が高まってきたときに!

『第三回藤岡路地裏マルシェ』開催しました後編

飲食エリアは、花道さんが体調不良で欠席でしたが、Coconoaさんと、Mugiccoさんの地元のこだわりパン屋さんが増えて、よりにぎやかになりました。

好天が予想され、飲料が欲しいところ、急遽高田さんもカフェで出店いただきました。

こちらも画像中心です。

33624373_2295605670546531_2751173908844511232_n
新前橋のマドンナ、コナリエのみきちゃん、絵になる。

33606488_2295604713879960_5454469837260587008_n
ロービー丼売れてたな〜。

33594530_2295606167213148_1689470998434283520_n
高田さんも大忙し、腰大丈夫ですか?(笑)

33471929_2295606063879825_243687631102148608_n
山口さんも、松原君と何やらじっくりと。

33622847_2295606363879795_1708724774181535744_n
奥多野の風を運んでくれました。

33635776_2295606110546487_7216755314639503360_n
売り切れ一番?

33601745_2295603650546733_4341517500173778944_n
しっかり個性を出されて。

33616554_2295605900546508_5528711924679704576_n
酒だけではないんですよ〜。


33642813_2295604583879973_6607426015138414592_n
今回もスタートはゆっくり目(笑)

33766987_2295603813880050_8319242113506082816_n
大御所の存在感、プリンウマ。

33662375_2295604323879999_98568099283861504_n
単品、かき揚げおつまみに最高!


33764397_2295605087213256_5996049498000850944_n
やぱり、早めの売り切れ。

33923845_2295606877213077_4316310590516625408_n
トマトやさんのブースでご一緒に。

DSC_0166_HORIZON
売り上げナンバーワン?

33745568_2295604953879936_4057608926273732608_n
中野さんのイチゴは田能久さんにお嫁に行って。

33687249_2295603917213373_2551872660212547584_n
藤岡さん、やよいひめ地ビール。おいしかった〜。


33664656_2295605597213205_240372801112899584_n
タカヒコと城戸さんは店内で、中村ソムリエがサーブ。素敵な働きぶりでした。

うちは、生ビールと定番のもつ煮、よく売れました〜。

大きいテントでの休憩所や、立ち飲みコーナーではご家族連れや、昼飲みのお客様がマルシェの雰囲気を作ってくれました。33662832_2295603847213380_1149936820163706880_o




『第三回藤岡路地裏マルシェ』開催しました前半

最高のマルシェ日和に恵まれて、第三回藤岡路地裏マルシェを開催しました。

開催前には新聞、ラジオなど公共媒体や各出店者様の告知、それに近所様へのポスティングなど、お金のない中で最大限の露出はでき、手ごたえの感じる中で当日を迎えることができました。

今回は前回より10店舗様ほど増えて、当日残念ながら不参加になってしまった方を差し引いても、28店舗の方々にご参加いただき、さらにパワーアップ。

夏日を記録した一日、沢山の笑顔と、沢山の笑い声の交差する会にできました。

前半戦のご報告は画像を中心に。

33614857_2295605530546545_4866860436483473408_n


33768760_2295605323879899_7053823226299809792_n

33622113_2295605357213229_1008505273683279872_n

33708912_2295605257213239_7742011097472827392_n

33710557_2295604150546683_5756969378964832256_n

33774741_2295605930546505_880158942070571008_n

33704751_2295605073879924_3471222435829776384_n

33665891_2295606040546494_3515914435287842816_n


33653399_2295606293879802_6112999262742642688_n


33687242_2295605883879843_4694983580533653504_n


33505462_2295607183879713_6449891094372024320_n



33639163_2295606403879791_4506661870333067264_n

33663537_2295606337213131_823934109314187264_n


33665891_2295606040546494_3515914435287842816_n

器


飲食エリアから路地を挟んで向かい側の落ち着いたスペース、クラフトさん中心に出店いただきました。こちらのスペースで開催したじゃんけん大会はあの人も・・・。 
33622878_2295603550546743_4677076135299776512_o





『流輝を飲み干す会』開催しました

ここ地元藤岡で開催できること、本当に感激です。

当店からも米を蒸す湯気が見える位置にある松屋酒造。その専務松原君が大切に大切にわが子を育むように醸す「流輝」。

もう全国区ですね。

そして29名の松原君の応援団の皆様と、現在リリースしている全種類の流輝を飲み干すことができました。

DSC_0101
乾杯は若原さん、スタートにふさわしいご挨拶。

DSC_0098
松原君の緊張感が参加者の皆様にも伝わって、楽しい中にもしっかりと酒を味わういい雰囲気の中、進めることができました。

三種類の『流輝』を答えていただくきき酒大会。盛り上がりましたね。景品も充実。
DSC_0108

DSC_0115
上位2名はさすがですね!

DSC_0127
DSC_0120
初参加の方も、入賞。
DSC_0132
なぜかいつもこのスタイル(笑)

DSC_0136
ジェイミーも中々の成績。

32536926_1082432258562926_2431106576510091264_n
全7種類をじっくり楽しみました。
32294567_1082432218562930_6597346113441759232_n

この週、お誕生日を迎えた松原君へは、成田やさんのケーキを、イチゴはもちろん中野ストロベリーファーム産。みんなで歌いましたよ〜。
DSC_0140_HORIZON


DSC_0142

締めのあいさつは久貝さん、とっても感動的な挨拶をいただきました。

今回は人気でキャンセル待ちもあったこの会、来年も嗜好を凝らして続けて行きたいと思います。

ぜひ、ご参加お持ちしてます。

さて5月27日、日曜日は『藤岡路地裏マルシェ』沢山のご来場お待ちしてます!



第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様をご紹介12

★mugiccoぱん様

国産小麦、上野村、神流町、研鑽の無農薬地粉を使ったパンを焼いています。

地元の野菜、果実、お豆、雑穀を取り入れた素朴な味わいです。

fb https://www.facebook.com/mugiccopan232/


★まっふぃん様

おりじなるマフィンの販売、300円前後です。

まっふぃん3


まっふぃん


第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様をご紹介11

★岩永屋様

罐詰・ジュース等の販売

http://www.facebook.com./iwanagaya/

http://www.instagram.com/iwanagaya_sake/

岩永屋


★ROXIE 様

自家製酵母のパン
ロクシー










第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様をご紹介10

★インド料理『パンジャブ』様

インドカレー、ナン、ミックススパイスの販売

食べログへのリンクはこちら

パンジャブ

★とまとや×コナリエ様

フルーツトマト、プチとまと、トマトの加工品×コナリエの生パスタの販売。

奥多野でお世話になっているフルーツトマト生産者のとまとやさんと、
新前橋のコナリエさんとのコラボブースです。

生パスタの製造&販売コナリエ〜conalier〜 公式サイトはこちら
とまとや

コナリエ



第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様をご紹介9

★地鶏ラーメン花道様

吉井に本拠地を移し益々好評。当日は、
マルシェ限定メニュー、チャーシューごはん350〜1000円ぐらい


花道 店


★手作りパンン工房『CoConoa』様

地元に愛されるパン屋さんを目指しております。
マルシェでは一押しの全粒粉を使った健康的でおいしいパンをご用意。

COCOnoa

COCOnoa2


第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様をご紹介7

引き続き出店者様ご紹介です。

★しめうさ堂様

手書き手ぬぐいなど染物とイラスト

ブログもチェック こちら


しめうさ堂


★ペパーミント・プチ様

オリジナル布ドール・アクセサリーや布小物

ドール1500円〜
アクセサリー700円〜
布小物300円〜
初回からの出店です。

ペパーミント・プチ


第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様をご紹介6

★なっちゃん家様

スイーツデコワークショップ
300〜1200円
うちの娘も楽しみにしてます。

なっちゃん家


★遊の器様

◆陶器・多肉植物
◆缶バッチワークショップ 前回も大人気でした。
250〜3500円

遊の器

遊の器2


第三回藤岡路地裏マルシェ 出店者様ご紹介5

★ぺこぽこまむ☆ず様

手縫い雑貨の販売
300〜2000円です。

ぺぽこぽまむず


★ 風工房様

陶器 
500〜2500円です。

風工房

第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様ご紹介4

★『colline』こりん様

ソウタシエアクセサリー 1000〜5000円
布雑貨 300〜3000円です。

colline

colline2


★キクニガナ様

草木染めストール・裂き織り小物・着物リメイク服など
500〜5000円ほど

◆HPリンク(ブログ)http://kikunigana.blogspot.com

キクニガナ

キクニガナ2

キクニガナ3



第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様ご紹介3

引き続き出展者様のご紹介です。

★ 『ゆぃ屋』様

草木染の布や糸、その他の素材で袋物・アクサセリー・オブジェなど政策、販売。

1000〜6000円程度です。

ゆぃ屋

ゆぃ屋2

★『晴詩屋』はれうたや様
〜ことだまメッセージ陽光〜

即興でことだまメッセージを書き下ろします。
1000〜3000円各種



晴詩屋

晴詩屋2



第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様ご紹介2

★『Sweetly』様

ベビーやキッズ向けの布小物やポーチ。
価格500円〜1000円

sweetlysweetly2


★『Roco-one』様

肩や腰の整体15分、1000円〜。
マルシェ当日は奥多野店内、一番奥の個室お座敷にての施術となります。

イベント出店以外でも女性専門で整体をされています。
Roco-one


第三回藤岡路地裏マルシェ 出展者様ご紹介1

いよいよ5月ですね。
出展者の皆様をご紹介していきますね。

★『サロン あまん』様

ご自宅でハンドメイドアクセサリー、数秘術セラピストなどを営んでおられます。
今回の路地裏マルシェでは、ハンドマサージ、ワイヤーアクセサリーを販売予定です。
価格は500円から1500円です。
あまん


★『atelier-fun-』様

プリザーブドフラワー、ドライフラワーのアレンジ。
価格700円〜2000円ほどです。
atelier-fun-











◆満員御礼◆第七回 オール郡馬の酒『舞風』を飲み干す会

◆満員御礼◆4月19日、発売を前にして満席となりましたありがとうございます。


7年目を迎えさらに進化するオール郡馬の酒『舞風』

今年はどんな仕上がりになっているのでしょうか?

いつも通り蔵元をたくさんお迎えして、この郡馬の風土のたっぷり詰まった酒を飲み干していきます。

舞風’18

参加蔵元 前橋 柳沢酒造様 町田酒造様 高崎 牧野酒造様 藤岡 高井酒造様 松屋酒造様

◆◆平成30年6月3日 日曜日  14:30〜17:00位まで

◆◆会費 6000円

◆◆定員25名

申し込みは okutano1201@gmail.com まで。
「舞風」を飲み干す会 参加希望 と表題に書いて送ってください。返信可能なアドレスで。
2日たっても返信がない場合お手数ですが 奥多野松岡まで電話連絡お願いします。0274−24−1185です。

◆満員御礼◆『流輝』を飲み干す会 やります

◆4月15日22:00現在、満席となりました◆

流輝 桃色

 
もはや全国区ですね、地元藤岡の酒 松屋酒造『流輝』

蔵元を囲んで新酒を楽しみませんか?

群馬県では初となる『流輝』に特化した会です。

県内はもとより、県外からのお申し込みも大歓迎です。

平成30年5月13日 日曜日  14:30〜。

会費 6000円

定員 25名 (一グループ 2名様までの お申し込みとさせていただきます)

お申し込みは okutano1201@gmail.com まで 表題に「流輝」を飲み干す会参加希望と書いて送信してください。



第三回 藤岡路地裏マルシェ 開催します。

DSC_0046

出店者のご紹介などなど随時お知らせしていきますね。おたのしみに!

マスカットベィリーAを飲み干す会を開催しました。

うかうかしていたら、もう2月(汗) 新年会やら、新入荷のご案内もすっかりこちらで書くのを怠っております、反省反省。

群馬で日本ワインを飲み干す会の活動報告。

かねてから計画をして楽しみにしておりました「マスカットベィリーAを飲み干す会」を開催しました。高崎、お江戸、地元藤岡より10名の皆様とご一緒できました。

「甲州」に引き続きOIVに国際品種として認められた日本オリジナルの品種。

それでありながら、甲州に比べると、認知度の低いのが現状だといえると思います。

そんなMBAの現状を知り、可能性を見出す会にしたいと考えておりました。

ワインリストです。

福山ワイン工房(広島) MBA 2016 エキストラブリュット

タケダワイナリー(山形)ブランドノワール 2016

ドメーヌヒデ(山梨) しろしろ ピンク ブランドノワール2016

岩の原ワイン(新潟) MBA 2015

朝日町ワイン(山形)遅摘みMBA 2015

ドメーヌ ヒデ(山梨)ポンペット2016

ドメーヌ ヒデ (山梨)ポンペット2015

ダイヤモンド酒造(山梨) シャンテ Y.A Vrille 2012

ドメーヌタケダ ベーリーA 古木 2015

ヒトミワイナリー(滋賀)荘野畑 ベーリーA 2016

ここファーム(栃木) 第一楽章 2011

DSC_5924

王道ど真ん中あり、番外編あり、とても興味深い比較ができました。(画像協力 加藤君)サンキュ。

おつまみは、「甘辛」を取り入れた居酒屋メニューで。 旬の野菜、果物をシンプルに味付けしたものお肉は鳥や、豚とよく合いました。
22[1]


総じて言えるのは、典型的な苺キャンディーの香りのするものがほとんどなく、畑の状態、管理、ぶどうの成熟度、それに醸造方法によっては、目の覚めるような味わいのワインに仕上がるのだと皆で確認できました。

ブルゴーニュでも「ガメイ」からとてもおいしいワインが次々生まれてきている現状を考えると、ピノノワールだけが至高のワインを生むのでなく、日本におけるMBAの今後にもとても期待が持てます。

'17 ボジョレーヌーヴォーカウントダウン&日本の新酒を飲み干す会 開催しました。

恒例となりました、ボージョレヌーヴォーカウントダウンを開催しました。今年は24名。

テーブル席でギューギュー詰めでしたが、皆様いつものように盛り上がりました。

もう説明はいらないでしょう。

コマ送り的な、画像でお楽しみください(笑)

DSC_2110

DSC_2105


DSC_2104

DSC_2103

DSC_2111


リストです。

1、タケダワイナリー(山形) サンスフル デラウエア スパークリング

2、福山ワイン工房(広島) ポンフレシック ブリュット 瀬戸 

3、くらむぼんワイン(山梨) ソルルケト 甲州

4、塩山洋酒(山梨) 甲州 おりがらみ

5、秋保ワイナリー(宮城) デラウエア

6、五島ワイン(長崎) ナイアガラ

7、フジッコワイナリー(山梨) クラノオト 無濾過 Kyoho

8、大泉葡萄酒(山梨) 勝沼新酒 ロゼ

9、イケダワイナリー(山梨) 新酒 MBA

10、塩山洋酒(山梨) ベリーアリカント

11、ノヴェッロ(イタリア) ファルネーゼ モンテプルチアーノ

 

*ボージョレヌーヴォー 解禁*****************

 

12、ボージョレヌーボー ルー・デュモン

13、ボージョレヌーボー マルセル・ラピエール

14、ボージョレヌーボー フィリップ・パカレ

15、ボージョレヌーボー デュ・ヴィズー 


日本ワイン、甲州はソルルケトの和柑橘、五島ワインのナイアガラの茎っぽさ、イケダワイナリーさんのMBA美味しかったです。

ボジョレはデュ・ヴィズーが人気でした。

来年もぜひ。

日曜日は 藤岡路地裏マルシェです! さー、楽しもう!

第二回藤岡路地裏マルシェ「秋の収穫祭」開催します。

好評いただきました第一回から半年、「秋の収穫祭」と題して第二回を開催いたします。

初出店の方も含め、もろもろ進化できるよう皆で頑張りますので、ぜひご来場ください。

いつものようにアルコールの販売もございます。公共交通機関のご利用をお願いいたします。

11月19 [10時〜15]雨天決行

会場 居酒屋 奥多野 駐車場 藤岡市藤岡186



〇成田屋   たまご饅頭 プリン各種 コーヒー 
〇チームコナストア とまとや&コナリエ スープなど

〇岩永屋  オーガニックジュース、珍味
〇パンジャブ  インドカレー&ナン
〇ぺパーミント・プチ  手造アクセサリ&ドール

〇ロクシー  自家製酵母パン
〇奥多野&まっふぃん  手つくりマフィン&コーヒー
〇上州百姓「米達磨」 有機栽培新米、有機大豆など
〇麺屋花道  煮卵 メンマ チャーシュー等
〇奥多野(店内)エビス生ビール&特製ホットワイン

〇松屋酒造「流輝」マルシェ限定酒(群馬初) 

〇味処 「司」  特製ミニ天丼

〇アーネソナンサ   秋のオリジナルメニュー
〇塾 藤岡ベース  陶器 錫器など

〇ゆぃ屋  草木染め

〇晴詩家 〜陽光〜 ことだまメッセージ

〇遊の器  陶器  缶バッチワークショップ(好天時)

Roco-one 整体+もみほぐし肩or151000

注)都合により出店者変更になることがあります。




「’17 ボージョレヌーボーカウントダウンパーティー」のお誘い

毎年、恒例となりました「ボージョレヌーボーカウントダウンパーティー」のお誘いです。

集合は解禁日前日の11月15日、水曜日 22:00。

16日への日付変更までは、日本ワインの新酒を中心に、その他の地域の新酒で準備体操。

カウントダウンは、もちろんボジョレーの新酒で乾杯!

さて、今年はどんな出来具合になっているでしょうか?

DSC_1210

 

「普段はあまりワインは飲まないけれど…」という初心者の方から、「ワインは2本目から」というつわものまで。

皆様お誘い合わせのうえ、ぜひ奮ってご参加ください!

疲れを翌日に残さない25:00お開きにご協力を(笑)

軽食付き、5000円です。今年はさっぱりしたメニューにしよー。

場所 奥多野 藤岡市藤岡186

ご希望の方はokutano1201@gmail.comもしくは0274(24)1185 までお願いいたします!

’17 ワイワイバスツアーに行ってきました〜勝沼菱山

恒例となりました、秋のバスツアーに行ってまいりました。

勝沼、菱山の棚栽培の「甲州葡萄」の収穫体験とシャトーメルシャンのプレミアムツアー。

今回はほとんど告知することなく席が埋まってしまい、ご迷惑をおかけするお客様もいて大変申し訳なく思っています。

朝の乾杯は7時前、朝日を浴びながらの乾杯は癖になりますね。
DSC_1970
圏央道経由で勝沼まで、順調到着。菱山の秘密の(笑)畑には美しい甲州ブドウが、たわわになりそろっていました。

今年の勝沼は夏場の天候不順はあったものの、9月に入り好天が続き例年通り良い状態のブドウが収穫できました。
171002_094612

光を浴びで美しい甲州葡萄、この葡萄から酸のはっきりしたおいしい甲州が生まれてきます。

農場主様から収穫の手ほどきを受け、作業開始。
DSC_1979
絵になる写真です。

棚栽培は主に作業する方の高さに合わせて高さが決められます。

DSC_1999


男性には少々つらい姿勢、腰、肩、首に疲れが来ます。

私は早々に諦めて、作業終了後の乾杯の準備へ
a¾a2!a•a‚“i¼’
船橋さん、画像ありがとうございます。これ好きです。

1時間ちょっとの作業で一人およそ50キロを収穫できました。もうちょっと時間とってもよかったですね。
IMG_20171009_110848

疲れた体に、昨年同じ畑で収穫された葡萄から醸したワインで乾杯! 乾いたのどに染み入るおいしさ。

来年もまた来たいですね。

ランチは地元の一番の名店「ミルプランタン」さん。

ルミエールの甲州スパークリングから始まり、お肉に合わせてメルロ。 
DSC_2029
オーナー様の素早い動きに皆さん魅了されつつ、優雅なランチを。

午後はシャトーメルシャンのツアー。

DSC_2043

伝説の「最前列」(笑) これは語り継がれますね。

ゆったりとシャトーメルシャン内を散策して帰路へ。

大渋滞の中央道を避けて雁坂経由で。 後半はすっかり車酔いで役立たずでしたが、皆様のご協力もあって総じて良いツアーにすることができました。

約12時間、皆様と飲みっぱなしのバスツアー。また行きたいですね! ありがとうございました!







10Rワイナリーに集う仲間たちを飲み干す会 開催しました

ここファームで長く醸造を担当したブルースガットラヴ氏が2012年に開設したワイナリー。
欧米では一般的な「クラッシュワイナリー」として近隣の優良な生産者のブドウでワインを委託醸造する。
近藤、中澤ヴィンヤード、多田農園、こことあるシリーズなど。9名の皆様と沢山のワインを開けることができました(笑)
DSC_1885


〇コンドウ近藤ヴィンヤード ナカイミュラワ  2015

北海道余市中井農園産ミューラー モセウシ農場オーセロワ使用、樽熟成のリザーブワインのような、ナッツやバニラの香り、やさしい泡感、少し涼しくなってきたこの時期にスターターとしてぴったりのワインです。

〇コンドウヴィンヤード タプコプブラン2014

自然酵母で発酵、 ステンレスタンクで発酵継続、熟成し、MLF(乳酸発酵)も自然に経過。 無濾過、清澄剤、添加剤等不使用。 ブラインドでいただいたら、ルーサンヌやマルサンヌ。
熟した南国的果実味。アルコール度数も少し高め。
タプ・コプ農場ソーヴィニヨン・ブラン100%


〇ナカザワヴィンヤード クリサワブラン 2014

品種ごとにタイミングを見極めて収穫。圧搾・澱引き後に果汁の段階でブレンドし、一緒に発酵させる混醸、ゲヴュルツトラミナー37%、ピノ・グリ28%、ケルナー11%、シルヴァーナ9%、ピノ・ノワール9%、その他6%

ブルースさんのほれ込んだ中澤さんのブドウからできるワインは、複雑さと奥行きのある地味深いワインです。これからは近藤さんとつくる新しいワイナリーからリリースされるのでしょうか。楽しみです!

〇コンドウヴィンヤード タプコプコンコン 2014
葡萄:タプ・コプ農場82% モセウシ農場18%(どちらも混植の畑)
ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブラン、ゲヴュルツ・トラミナー、ピノグリ、ケルナー
シャルドネ、シルヴァーナ、リースリング、以上の8品種
混醸のクリサワブランと比べてみましたが、全く表情の違うワインでした。ピノノワールからくるフランボワーズ、軽いタンニンが全体を引き締めその中に甘い蜜、白い花が見え隠れする、本日大人気のワイン。


〇こことある ぴのぐり 2015
日本でも最も高く評価されている、北海道余市町の中川さん、木村さんの二つの畑から。
以前木村さんの畑にお邪魔していた時に試験的に裁判されていたピノグリ。
日本のピノグリのスタンダードってこんな感じなのでしょうか。
アルザスのように妖艶ではないけれど、清廉な少女をイメージするワイン。


〇上幌ワイン 余市ケルナー 2014

北海道余市町登、藤澤農園参ケルナー。
ステンレスタンクでの発酵:野生酵母100%、
なんと発酵後 16 か月澱付け、海岸近くに広がる余市では、霧が発生し貴腐が広がったというブドウからできたワインは時間とともに開いて、ケルナーの概念にとらわれないスケールの大きいワインになっていました。
ライム、かりん、アンズが熟した香り、貴腐からくる蜂蜜や紅茶の香り。こちらも人気のワインでした。


〇こころある ぴのろぜ 2015
ピノ・ノワール 100%
北海道余市町登、木村農園産ピノノワール
毎回開けても期待を裏切らないワイン。貴重なピノをロゼにしてしまったことを後悔しないロゼ。
チャーリーやバラが心地よく香り、北海道の食材にぴったりと寄り添うワイン。
毎年、買えるだけ買いたいワインです。


〇こことある ピノノワール 2014
余市の木村さんの新しい畑の最初のリリース。
軽やかな赤系果実のアロマ、コショウのようなスパイス、腐葉土、余韻が長く複雑なワインでした。
 今日の一番人気

〇コンドウヴィンヤード タプコプ ピノノワール 2014
タプ・コプ農場ピノ・ノワール100%
予想外にしっかりとした抽出の色味の深い外見、プルーンやコーヒー、近藤さんの人柄が思い浮かぶようなまっすぐなワインでした。


〇多田農園 メルロ 2014
北海道上富良野町でマイナス30℃になる場合もある厳しい冬の寒さに耐えながら育ったぶどうから醸されるワイン。
厚削りの鰹節、軽く昆布だしの香り、きめ細やかなタンニン。とてもおいしいワインです。
received_943808279091992
イチジクと生ハム グリーンサラダ地元産梨のドレッシング。

秋鮭のハラス焼き。

自家製つくね。

エビのコーンフレーク揚げ。

お肉、チリコンカンと 梨の赤ワインソース。

そして葡萄の差し入れ地元は浄法寺産(笑)

よく飲みよく食べました。

次回もぜひご一緒ください!

◆満員御礼◆恒例 秋のバスツアー行きます! ’17

◆9月10日 17:00をもちまして定員に達しました。
ありがとうございました!

ボージョレの会もぜひ!


2017 朝から飲もう!ワイワイバスツアーのお誘い。

恒例となっております秋のバスツアーの誘いです。

概要です。
*************************************

高崎駅東口経由、藤岡奥多野集合

午前中、勝沼某所、ワイン用ブドウ収穫体験もしくは見学

ランチ、ミルプランタンにてランチ
    (お肉のセットになっております、お肉が苦手な方は申し込み時お申し出ください
     ご指定がない場合、お肉の準備とさせていただきます)

午後、シャトーメルシャン、ミニセミナー&見学

時間の許す限り散策


藤岡奥多野経由高崎駅東口解散 20時前後

という一日を計画しております。

詳細は徐々に更新していきます。大変人気のツアーになっております。
お早めにご決断を(笑)

◆日時 平成27年10月9日(月)祝日

◆会費 15000円前後(含まれるのも 車内でのワイン、ランチ、ランチ時ワイン、セミナー代 バス代)
(お申込みグループごとに取りまとめて集金していただけると助かります)


◆お持ちいただきたいもの
飲料水、日焼け対策(帽子、サングラス、長袖等)、虫よけ対策 タオル、ボールペン、必要な方老眼鏡(簡単なクイズ大会があります)


◆定員24名 

ご連絡は okutano1201@gmail.com 「秋のバスツアー参加希望」と表題に書いて送信してください。
参加者のお名前、  当日連絡がつく連絡先 、お迎えの場所(高崎駅東口もしくは藤岡奥多野)も一緒に願いします。
DSC06761
DSC06768

6th オール群馬の酒「舞風」を飲み干す会開催しました

早くも6年目を迎えました、オール群馬の酒「舞風」を飲み干す会。

年々酒質が良くなるのはうれしいことですが、お客様の期待度、認知度も上がって勢いを感じる、舞風。

今年はいつもの蔵元5名様、柳沢酒造様、町田酒造様、牧野酒造様、高井酒造様、松屋酒造様をお迎えして34名の大宴会になりました。

今年の酒の味わいとしては「生」がとてもよく仕上がっていて、それ以外も6年目にしてお米の特徴がよく表れてきたのではないか、蔵元の皆様も「舞風」の扱いに慣れてきたのではないかという感想を持ちます。

会は、柳沢兄貴の乾杯から始まります。
DSC_1719

DSC_1725


「ズバッと」当てていただくきき酒大会。今回は変化球ありましたが、皆様立派な成績です。

DSC_1730
長谷川さんは葛飾区から。

おめでたい事続きの牧野君より。

DSC_1734

品評会受賞続きの町田さん、飯田さんも毎年商品ゲット、素晴らしいです。


DSC_1740

高井君の抱擁(笑)

DSC_1751

会も和やかに進みます。

DSC_1755

〆の一角、高橋与商店の福田さんは群馬のお酒の応援団長。


DSC_1757

大トリは毎年、地元高井君。 しっかり〆てくれました。

今回は店内告知を行わないうちに、ネット上だけで満席となり、一部のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

群馬の酒米「舞風」、群馬酵母、群馬の作り手、群馬の飲み手、そして群馬の風土。

この5つをすべて瓶の中に詰め込んだ、オール群馬の酒、これからも全力で応援していきます。
DSC_1758


自己紹介

店長

記事検索
コメントありがと!
Follow me
奥多野

Facebookページも宣伝
明日天気になぁ〜れ
QRコード
QRコード
トラックバックいただきました
Archives
  • ライブドアブログ