167.jpg
167.この写真を写した頃より、頭の中で『てんもう、かいかい、そ、にして、もらさず』と言う諺がずっと頭の中で繰り返し、繰り返しずっと囁かれています。てんもう、とは、天網すなわち天の神により宇宙は神の意志を余す事無く網の様に張り巡らされているという事です。かいかい、とは、改開、改、すなわち、神が人間に与えた、たった一つの自由『心』心の奥の魂の在り方を改め見直し次の人類の為に良かれと思われる心の持ち方を見られます。そして新しい人類の未来を、かい、開いて行こうとされているのです。そ、とは、総、にして、宇宙総てに置いて、もらさず、漏らさずとは、どの様な小さな事も見逃す事無く、人類の未来の方向性に良かれと天の神は今人類に対して、心の奥の魂の世界を見ようと、強い力で迫って来られています。その為地上では争い、地震、天候不順等何十年ぶりと言う様な災害に見舞われて居ます。ノストラダムスの大予言に、『人類の終末』と言う様な事を聞いた事が有ると思います。「人類の終末」とは、神は人類が何をしても『人類進歩の為』と許された時代の事を言われたのです。これからは、新しい人類未来の為に神様は今『天網改開総にして漏らさず』と言う厳しい神の仕組みの流れに入ったので、どの様な嘘や偽りの仮面も漏らさず剥がされて行くという時代に入ったのです。 17.07.11

168.JPG
168.167の龍体は龍体神様の位の高い(肉体をお持ちでない五次元の上の)神様の御姿だと思います。167の写真を写した後、見ていると御顔がこちらを向かれてズンズンと大きく私の方に迫って来ました。神様が『急いでいるよ。』と言われて居る様に感じました。 17.07.11

079.jpg
79.こちらの神様も怒りの御姿で地上を見て居られます。 12.04.26

022.jpg
22.観音様も、子供を抱かれています。  09.10.08

021.jpg
21.人類救済担当の方も子供を抱かれています。 09.01.19

090.jpg
90.子供を抱かれている方も、白龍様の御守護を受けられています。 14.01.29

114.jpg
114.この世に肉体を持って生れ出る事を、神様から許された事をとても喜んで並んで居る子供達です。  14.10.29

106.jpg
106.授かった子供を小さな時に亡くし、我が子への思いの断ち切れない人が逝くあの世の修行場です。 12.07.01

169.jpg
169.本8ページ、亡くした子供への思いが断ち切れない人が、河原で石を積んでいます。怒涛の様な激流が起きて、積んだ石が崩され、又、石を積んでいます。

170.jpg
170.本10ページ、時々鬼が怠けていまいか?と、見回りに来ます。

171.jpg
171.本26ページ、この世に、生まれる事を許された子供を、水子として処理され平然と生きている人達が行く修行場、血の池地獄です。血は水子にされた子供達の血で出来ています。

172.jpg
172.水子にされた子供は、大きなじょうごの様な中に落ちて逝きます。そのじょうごの中には、触るだけでも切れそうな、ドリルがはめ込まれていてその下にはミキサーの様な刃が何枚も回っています。本25

173.jpg
173.じょうごの様な形の下には、ロープで回す様にロープが長く伸びています。その先では、水子にされた子供の父親がそのロープを引っ張っています。そして流れでた血が、血の池の血となるのです。水子達は、集団と成ってこの世に苦しみを訴えて来ます。それが、『この世ではいじめ、』という形で現れます。     本28

174.jpg
174.あの世は引力の世界だと思われて下さい。自殺や心中すると神様の掟に反する事になる為、自殺した人はあの世では暗闇の中で誰も居なく一人ボッチで数百年過ごします。心中した人は、逆さの背中合わせの状態で過ごさせられます。本36

101.jpg
101.人間として生きている時、人が苦しもうが、嘆こうが、自分さえ良ければと言う考えで生き方を貫き通して来た人が行く所、灼熱地獄です。神様は人間の荒廃していく心を嘆かれ、心の奥の魂の改心をお待ちになっておられます。一度灼熱地獄に落ちると、どんなに熱くても苦しくても其処は引力の世界から離れる事は出来ません。 14.04.07

175.JPG
175.今からでも遅くないと思います。心の奥の魂を切り替えて人の為世の為と心の奥から思える自分に成って、『天国への階段』を見つけられて下さい。神様は人間の心の改心をお待ちになっておられます。 16.11.13

0001.jpg
人間は考える『力』が有ります。神様は人間に『今、生きている生活は、あの世ではこの様な生活になるのだよ。』という事をイラスト入りで教えてくれたのが、この『人間の絵本』です。

0002.jpg
人間の事をとても可愛く思われている神様は、『今の生活をこの様にすればあの世では救われる』という事を教えられ人間に『改心の時間』を与えられたのが、この本です。
本は、ラクマに出品しています。
これ等の写真は、宗教ではありません。神様が私を通して人類へのメッセージを写させて戴いた写真だと思います。携帯電話のカメラで写しましたので拡大するとキメが粗く成ります。又、とても強い神力が有ると思います。乱用されて神の戒めが起きると人間の力では止める事は出来ません。御理解下さい。

関連記事
『人間の絵本』・『改心の時間』