2004年12月31日

LOVE49【ノスタルジー】

雨の晴れた日 山並みを眺めれば
いつか幼い頃夢見た世界が開ける
虹の彼方には幸せがあるんだと
いつも母の腕の中で聞かされていたような

 遠い遠い昔の物語を聞いている子供のように
 いつか僕達にも見えるかも知れない

風の吹く日に草原に寝ころがれば
いつか幼い頃夢見た世界が広がる
青いキャンバスに流れて行くパステル画
まるで走馬燈のように心を駆け抜ける

 遠い遠い昔の物語を聞いている子供のように
 いつか僕達にも見えるかも知れない



Vocaloid の部屋で歌ってます。

kimihiro3 at 13:17│Comments(0)TrackBack(0)歌詞 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔