フットサルのすすめ

1年365日フットサルの最新ニュースをお届けするフットサルタイムズ管理人のブログです。 Fリーグ、関西リーグ、全日本選手権などのレポートも!

型があるから『型破り』、型がなければ『形無し』。

歌舞伎役者の中村勘三郎の言葉です。


『戦術』は『戦術』どおりやるものではありません。

それはそれで、窮屈、退屈です。


『戦術』を知った(覚えた)上で、違うことをやる、相手の逆を突く、
アレンジをするのは素晴らしいプレーだと思います。

『型破り』ですね。

『守・破・離』の『破』ですね。


ただ、チーム戦術があるのに、チーム戦術を知らない(覚えない)まま
うまく行ったプレーは、ただの『形無し』だと思います。

文字通り、チームの形でなく、共通イメージもない、たまたまのプレーなので
再現性も低いと思います。
※その成功イメージを、チーム戦術に加えることもできますが!


かつて、GALOの横田さんが『偶然ではなく必然のプレーを!』と
言っていたのを、今でも記憶しています。


フットサルに限らず、スポーツに限らず、うまくやるための、
コツ、ポイント、ノウハウがあります。

いわば『型』ですね。


『戦術』があると、「覚えないといけない」「やらないといけない」
と思う人もいるかもしれませんが、、、

ボクは、戦術を覚えるのもやるのも、義務ではなく、権利だと思います。

受け身でやるか。主体的にやるか。

フィーロに、入りませんか?北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (2)

























カウンター(数的有利)の状況の時、

『ひきつけて出す』

ことを、個人的に、大事なポイントにしていますが、

『ひきつけて出さなくてもいいやん』

という意見も出ます。

『ひきつけて出す』メリットは、ボールに相手守備者を1枚くいつかせることで、
次の選手(味方)を、よりフリーにできることです。


『ひきつけて出さなくてもいいやん』の言い分は、
ゴールに近い人がフリーなら、早く(ボールを)ゴールに近づけた方がいい。

というモノです。


みなさん、どうですか?

※しばらくしたら、『ひきつけて出す』論の補足を加えたいと思います。


是非、ご意見、アドバイスください。(_ _)


ついでに、もう一つ、以下の極論も持ってますが、どうでしょう?

『数的有利なら、サポートは相手の裏を取る必要が無い』

フィーロに、入りませんか?北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (2)


























北極星ポラリス(フットサル)のトレーニング紹介。

第4回目は、『3対2〜3対3』。

数的有利のカウンターの練習。

「フットサルの得点の8割は、カウンターとセットプレー」と言う話を
聞いたことがあります。

北極星(フィーロ)でも最も大事なトレーニングと言えます。

・オフェンスは、右、左、真ん中、3か所に並ぶ。※センターラインくらい
・ディフェンスも、右、左、真ん中、3か所に並ぶ。
・コーチがオフェンスよりゴールから遠い位置、真ん中に立つ
・ボールは、右、左、真ん中、いずれかから、オフェンスがドリブルでスタート
・攻撃が始まったら、ディフェンスの1枚は、コーチの手にタッチしてから、ディフェンスに加わる
※コーチにタッチに行くディフェンスが加わるまでは、3対2なので、この(数的有利の)間にシュートまで持って行く!
・攻撃が終わったら、すぐに、次のグループの攻撃スタート
・オフェンスをした3人は、すぐに、次のディフェンスに入る

これも、得点競争にすると盛り上がります。
,裡佳GKの時にように、「ナイスアシストを2点」にすると、ルックアップして、
味方を使える機会が増えると思います。

ナイスアシストと、ただのアシストの違いは、
ボールホルダーがディフェンス、あるいはキーパーを1枚、引き付けて
パスを出すことで、次の人のプレーの時間とスペースをつくれているか?です。

パスのスピードやコース、パスの質までこだわってもいいかもしれません。

小学生、特に低学年では、『切り替え』ができず、オフェンスの後のディフェンスを
忘れてしまいます。

なので、最初は、完全に『3対2』の状態で、カウンターの基礎を練習しても
良いと思います。

個人的に、フットサルのカウンターの練習は、『3対2』と『2対1』の
2つだけで良いと思っています。

『3対2』ができれば、『2対1』もできる(抑えるポイントは同じな)ので、
理解度や習熟度に応じて、以下のトレーニングを選択します。

同じ日に、2つくらいやってもいいと思います。

・2対GK
・2対1
・2対1〜2対2
・3対2
・3対2〜3対3 ※最も大事


2対GKでは、下記のポイントがありました。
□ ルックアップ(数的有利を認識する)
□ ひきつけて出す(次の人をフリーにするために)
□ 常にシュートを狙う
□ 相手と駆け引きをする
□ パススピードも大事
□ 数的有利のサポート(動き直しまで)


3対2では、まず、
□ なるべくボールを真ん中に置き、左右にパスコースをつくると良い
ことを、伝えます。

その上で、上記のポイントが、引き続き、有効で、
さらに、3対2なので、
□ 右、左、空いている方向にパスを出す
□ 真ん中が空いたら、ドリブル!シュート!

そして、パスを出した後の動き方を教えます。

北極星では、

・サイドに出した時に、シュートが打てる距離か?

で、まだ遠いなら、

・パス&ゴーで、オーバーラップする。※再び、左右にパスコースをつくるため

シュートが打てる距離なら、
.轡紂璽函↓▲轡紂璽肇僖后淵侫 宍佑瓠法↓マイナスへのパス
の3つの選択肢を使う、つくることを教えています。


このあたりの細かい動き方や、選択肢についてまで、修正するか、伝えるかは
習熟度をみます。

いきなり、1〜10のことを言われても、頭がパニックになるだけなので。(^^)


小学生でも、キレイに逆三角形をつくって、『1−0』のゴールができますよ。


◆カテゴリー『フットサルのトレーニング』をまとめました。
http://blog.livedoor.jp/kimisaru/archives/cat_50031081.html

北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (2)








フィーロに、入りませんか?

















北極星ポラリス(フットサル)のトレーニング紹介。

第3回目は、『1対N』。
これも、盛り上がります!

・エリアは、普段、ゲームをしているくらいの広さ。
・ゴールは2つ。(北極星では、中央付近に、2箇所、離して、マーカーで、ななめに設置)
・3〜6人1グループ。
・グループを、1部リーグ、2部リーグ、3部リーグ・・・と分ける。J1、J2、などにしてもOK
・1グループずつ、試合
・コーチがボールを供給したら、試合スタート
・2つのゴールのどちらにゴールした人が勝ち
・自分以外は、全員相手。(4人グループなら、1対3!)
・勝ったら、昇格。負けたら、降格。(例えば4人グループなら、1位は昇格、2位・3位は残留。4位は降格)

何回か、繰り返して、最終、1部で優勝した人がその日のWinner!

※激しくなるので、ケガには気を付けましょう。

細かいボールタッチ、ルックアップ、ボールを守る技術などが、
より実践的に(実戦以上に!)求められます。

ボールを奪いに行かず、ゴールで待ち構えるヤツ(ある意味賢い)が
出てくると、ボールへのプレスが弱まるので、なるべく守備に参加させましょう。

試合ではなかなか、ないシチュエーションかもしれませんが、、、
2人、3人に囲まれても、キープ、突破できたら、最高ですよね!

ルックアップして、味方(パス)を使うことも大事ですが、
圧倒的に不利な状況に置かれても、動じないスキルが備われば、最高です。

高学年になって、パスが出せるようになったけど、パス回しばかりになってきた場合など、
こういう練習を挟んで、ドリブルの技術の必要性を改めて感じさせたり、
バランスを取ったりします。

北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (2)








フィーロに、入りませんか?


















なんのためにトレーニングするか。

個人的には、『できないことを、できるようにする』ためだと思っています。

『良い習慣づけ』のためでもあります。

フットサルでは、『ルックアップ』『切り替え』『コーチング』などが大事ですが、、、

試合のとき、いきなり「声を出そう!」と言っても、良いコーチングは
なかなかできないと思います。

練習、練習試合で身に着けた習慣が、試合で咄嗟に(無意識に)出るものです。

フェイクにしろ、ケブラにしろ、コントロール・オリエンタードにしろ、
あるいは、エイトやクアトロといった戦術、サインプレー・・・

できないこと、うまくいかないことをできるようにするには、、、

最初は『意識して、やってみる』必要があります。

この段階(⇒意識)では、何も考えず、〔軌媼韻妊廛譟爾靴討い襪茲蝓
プレー精度は落ちます。(頭を別のことに使ってしまっているので)

でも、続けましょう!

そのうち、できなかったことができるようになります。

1回成功したら、2回、3回、できるようになります。

徐々に成功率が上がります。

そのうち、意識しなくてもできるようになります。

L軌媼院△離好董璽犬任后(^^)

これで、無意識の状態で、ひとつ、新しいことができるようになりました。

また、練習、練習試合では、なにかを意識しながら(⇒意識)、
新しいテーマに取り組みましょう。

試合では、頭を解放して、プレーに専念して、L軌媼韻両態で挑みましょう。

それまでに身に着けた習慣で、勝負です!

まだ、⇒意識のものは、残念ながら、あなたの実力ではありません。。


ただ、練習、練習試合で、⇒意識の人は、,量軌媼云態の選手よりも、
パフォーマンスが(一時的に!)低かったりするかもしれませんが、
〔軌媼韻料手よりも、ずっと、将来性があります!
フィーロに、入りませんか?


















大阪3部首位爆走中!フィーロ、社会人メンバー募集!

>> フィーロフットサルクラブのホームページへ

北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (2)


















北極星ポラリス、ジュニアメンバー募集!

>> 北極星ポラリスのホームページへ

北極星ポラリス(フットサル)のトレーニング紹介。

第2回目は、『蹴り出し』。
アップメニューです。

・コーン・マーカー(4個)で、エリアを決める。
・全員がボールを持って、エリアに入る。
・コーチの『スタート!』の合図で、自分のボールを守りながら、他の人のボールをエリアの外に蹴り出す!
・バトルロイヤル式で、最後に残った人が優勝!

盛り上がりますし、楽しみます。(^^)

・細かいボールタッチ
・ボールを守る(プロテクト)
・周りを見る
などの技術が磨かれます。

必ず、足を蹴る、蹴ってしまうヤツが出てくるので、ご注意を。。(笑)


1回蹴り出されたらアウトだと、あっけないので、、、

・3回蹴り出されたら、負け(2回まではボールを拾って再チャレンジ!)
とします。

学年やスキルに応じて、ハンデを与えて、誰にでも優勝のチャンスがある
状態にすれば、全員がモチベーション高く取り組めます。

端っこに陣取って、動かない子(ある意味、賢い)もでてくるので、
・「コーチに蹴り出されてもアウト〜」と、コーチはエリアの外から、蹴り出しを狙います

すると、また更に、首を振って、状況を確認する必要もでてきます。

人数が減って来たら、、、

・コーンを動かし、エリアを狭めます

優勝した人は、みんなから拍手をもらえるなど、めいっぱい賞賛してあげましょう。

低学年が勝ち残った時は、素直に驚くだけで、すごく自信につながることもありますヨ。

最初はコーチが入って、
・足の裏のボールタッチ
・ボールのキープの仕方
などを見せてあげるのも良いと思います。

北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (1)



















北極星ポラリス、小学生メンバー募集!

>> 北極星ポラリスのホームページへ

北極星で、よくやるトレーニングを紹介していきます。(^^)

第1回目は、『2対GK(キーパー)』。

・右、左、2列に並ぶ。
・キーパーは1人。
で、2対GKをします。

ゴールまでの距離、右、左の幅などは学年、人数に応じてオーガナイズします。

・右サイドの選手のドリブルでスタート(適当なタイミングでサイドチェンジ)
・シュートが決まったら、1点
・シュートを外したら、GKに交代
・得点競争
・"ナイスアシスト"をした選手は2点(コーチの診断で)


数的有利の最初のトレーニングと捉えてます。

競争(得点を競わせる)の要素を入れるのは大事にですね!
シュートしたらどんどん次のドリブルを開始!キーパーもフィールドも切り替え大事!

この(数的有利)の場面で、狙って欲しいのは『1−0のゴール』。
シュートを打つ人の前に、GKがいない状態、ゴールにパスする状態でのシュート、ゴールです。
なので、シュートは1点ですが、アシストの方を2点にしています。

逆に望ましくないのは、自分の前にキーパーが居る状態で強引に打って、外すことです。(^^)
サッカー(特にドリブル)がうまい子でも、数的有利の状況をうまく活かせない子が多いです。。(^^;

ドリブル(シュート)もOKですが、、、
・顔を上げ、状況確認して、『2対1』をつくった上でのドリブル、と
・ヘッドダウンして(フリーの味方が全く使えない)ドリブル
は、全然違います。


積極的にシュートを打つことも大事なので、注意したりはしませんが、
「逆サイドの(フリーの)味方は見えていた?」かを確認することで、
ルックアップして、状況を見る習慣をつけましょう!

今度は必ず、パスばかりしようとして、カットされる子がでてきます。
「パスをカットされるということは、どこ(中?縦?)が空いていた?」
「キーパーを抜いてシュートしてもいいんだよ」

この2段階を経て、シュート、ドリブル、パス、状況を見て、
一番良い決断ができるようにします。

顔が上がって、状況判断が入って、『1対1』が『2対1』に変われば、
このトレーニングは成功です。


プレーヤーとしても、一段、成長します!

試合でできるようになれば、得点力も格段にアップします!


ボールを持っていない人のポジショニングも大事です。

試合中もよく起こるのが、前で前で(相手ゴールの近くで)もらおうと
するばかりに、ディフェンダーの背後に隠れてしまい、パスコースがなくなってしまうこと。

数的有利のときは、前過ぎず、後ろ過ぎず、
受けたパスをワンタッチでゴールに向かえるようなポジショニングが最高ですね。

・前に行きすぎて、キーパーの後ろに隠れてしまう
・キーパーがパスを狙ってきた
場合などは、後ろに『動きなおす』ことも大事です。

この動きは、サイドで受ける時、[△鯀世Α↓¬詰なら止まる、戻る(ケブラの動き)
にもつながります。


ここまでのことは、教えてあげれば、1・2年生でも、理解して、実践できます。

試合でできるまでには、繰り返しや、より実践に近い形での練習も必要ですが、
『数的有利』の一番基礎の状況下で、以下のポイントを押さえ、より確実に、
ゴールに結び付けれるようにしましょう!

・数的有利を認識する(ルックアップ)
・数的有利の攻め方をする(ひきつけて出せば、1−0のシュートが打てる)
・最優先はシュート
・相手と駆け引きをする
・パススピードも大事(ひきつけて出しても、パスが緩ければ、対応されてしまう)
・数的有利のサポート(動き直しまで)

北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (1)



















北極星ポラリス、小学生メンバー募集!

>> 北極星ポラリスのホームページへ

フットサルタイムズのブログ更新情報を更新しています。
http://www.futsal-times.com/blog_update.php

特に『Fリーガー』のブログで、

・このFリーガーのブログが登録されていません!(登録してください!)
・チームが変わっていますよ!
・登録されているけど、更新情報に出てきません!

など、ありましたら、ご報告いただけると幸いです。


何から手を付けていいのかわかりませんが・・・(^^;

フットサルを少しでも盛り上げたい!と思っています。

Fリーガーでブログをしている選手、少ないのかなぁ。。
(あまり、見つけられない・・・)

「ブログ(ホームページ、twitter、facebook)を立ち上げたい!」という
ご相談にも乗りますので、お気軽にご連絡ください。(_ _)

北極星ポラリス、デウソン神戸の松宮選手、稲田選手企画のM2カップに参戦させていただきました。ありがとうございました。(_ _)

5チームのリーグ戦。7分ハーフ。ほぼバーモントカップ予選と同じレギュレーションのため、仮想バーモントカップとして、今回はガチで大会に臨みました。

しかし、2戦目にペンサールさんに敗れ、3勝1敗で準優勝に終わりました。

全体を通じて失点につながるミスが目立ち、課題と反省の多い日となりました。

〇2-1 クリアドール
×1-4 ペンサール
〇2-1 伝法FC
〇7-1 LABOL


北極星ポラリス、小学生メンバー募集!
>> 北極星ポラリスのホームページへ

フィーロ金曜練習。また体験も来ていただきました。ありがとうございます!

数的不利のDFの改良点の確認。新しいやり方にも前向きに取り組んでくれました。この姿勢は有難い。このDFができれば、また一段、アグレッシブなDFになります。

フットサルで大切な数的有利のOF、数的不利のDFのトレーニングを重ねながら、クアトロでは攻撃の共通イメージを増やすこと、前プレはラインをつくりながら、戦略的にはめていくことをテーマに練習しています。

月曜、金曜の2回、練習していますが、仕事の都合などで、メンバーがばらけ、人数が集まらない日があります。(T T)

※ゲスト参加してくれる人、随時、募集します!
※体験参加も受け付けてます!

興味のある方は、お気軽にご参加ください!


フィーロメンバー募集中!

http://www.futsal-times.com/team/filo/mail.php

新U-12、3/28に続き、二度目の三重遠征。前回とはほぼメンバーが入れ替わり、ほぼ新U-11での参戦。『もっとできる』と思っていましたが、近年稀にみる酷い内容、結果でした。(T T)

予選は3試合とも1点差で3敗。ドリームトーナメントはPKで勝ち上がるも準決勝で敗れました。

チームつくりの段階で結果は求めませんでしたが、テーマもこなされず、アップコートで、これまでやってきたはずのことを確認と練習をするハメに。。

オフザピッチでも残念なことがたくさん。厳しい1年になりそうな予感。。今日からまた出直しです!

対戦、交流いただいたチームの方々、ありがとうございました。(_ _)

※亀山〜四日市間の渋滞回避のルートをご存知の方、ご教授ください。(_ _)


北極星ポラリス、小学生メンバー募集!
>> 北極星ポラリスのホームページへ

フィーロ金曜練習。とても上手い、体験の方2名に参加いただきました。ありがとうございます。

終わってから『数的不利のDF』について、長いミーティングとなりました。誰かが最後につぶやきましたが「フットサルの話は尽きません」ネ。(^^)

開幕が近づき、チームとしての戦い方の統一も大事なのだとは思いますが、『自由』『グレー』な部分も残しつつ、フットサルをチーム全員で楽しみつつ、突き詰めていけたら、と思います。


フィーロメンバー募集中!

http://www.futsal-times.com/team/filo/mail.php

滋賀のフットサル専門チーム、ROOTSさんにお誘いいただき、
三重まで、遠征。愛知や岐阜、普段なかなか対戦できないチームと、
練習試合をたくさんさせていただきました。

新6年生は、残念ながら、『フットサル』の知識・経験が
積み上げられていないので、『できること』は限られてきますが、、、
バーモントカップに向けて、少しでも『戦える』チームにします!

3年生ひとりを含む6人で参加。

うち、1名がアップで負傷。1名がボールが眼鏡にあたり、
七針縫うケガで、2試合目に離脱。。(^^;

自分も病院に付き添いで、他のチームのコーチに審判をお任せしてしまうという
ご負担、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。(_ _)

最後は、ROOTSさんに助っ人ゴレイロを借りながら、、
という状態でしたが、残ったメンバーはたっぷり試合ができ、
与えられた『テーマ』を頑張ってこなしてくれました。

1日かけて試合とミーティングを繰り返せたことで、
たくさんの『共通理解』をつくれたと思います。

4月2日も三重に遠征。SLAの山中さんにお世話になります。

大会ではありますが、結果ではなく、チームつくりを進めたいと思います。


北極星ポラリス、小学生メンバー募集!
>> 北極星ポラリスのホームページへ

27日(月)、フィーロ練習。

昨年末あたりから、『クアトロ』をベースにパスを回せるチームに成長し、紅白戦や練習試合を見るのが、自分のチームながら、楽しくなってきました。(^^)

やはり、『ライン間』が使えるようになると、ひと味、違うフットサルができますネ!

月曜から、前に入れる3つの形の2つ目に取り掛かりました。

この攻撃ができれば、幅を使った攻撃もできるようになります。

楽しみです。


フィーロメンバー募集中!

http://www.futsal-times.com/team/filo/mail.php

今日は、大阪北ジュニアリーグの祝勝会をしました。

去年は最終節で敗れ、3位まで転落して『残念会』になってしまいましたが、
今年はしっかり『初優勝』を勝ち取ってくれました。

強い、うまい、だけでなく、仲も良く、良いチームでした。

優勝賞品はロンヨンジャパンさんから、ユニフォームが贈られます。

10年後、大人になって、また集まってフットサル大会に出も出てもらえたら。。

と考え、大人サイズで、ユニフォームを作成しました。(^^)

10年後も、フットサル、サッカー、頑張ってくれてたら、いいな!


北極星ポラリス、小学生メンバー募集!
>> 北極星ポラリスのホームページへ

北極星ポラリスでは、2016年度、一緒にフットサルを頑張る小学生を募集中です!
>> 北極星ポラリスのホームページへ

見学、体験は随時受け付けていますので、お気軽にお問合せ、ご参加ください。(^^)/

月曜日〜金曜日まで、練習できる環境があります。(水曜は隔週)

ピッチが狭く、相手選手との距離が必然的に近くなるフットサルでは、細かいボールタッチ、
素早い状況判断と決断力が常にゲームの中で求められます。

また、北極星では、(理解度に応じて)フットサルの戦術やセットプレーなど、
技術だけでなく、頭を使ったプレーを、普段の練習から、常に求めています。


練習だけではなく、試合や大会、時には遠征や合宿で、試合(実戦)を数多くこなすことで、
経験(場数)もたくさん積めます。

一部の選手だけでなく、全選手に、最低1か月に1回のペースで、
試合の出場機会をつくっています。

子どもはゲームが好きですからね!(^^)


春休みから、新年度の活動をスタートしていきますので、少しでも興味のある方は、
ぜひ、お気軽にお問合せください。お待ちしております。
>> 北極星ポラリスのホームページへ

23
先日のジュニアカップで優勝(U-10クラス)。決勝戦は1−3からの大逆転劇!

54
U-12リーグ『お疲れさま』の食事会。優勝して祝勝会のはずが・・・残念会になりました・・・。(T T

25
三重県の鈴鹿へ遠征。途中のサービスエリアで少し体をほぐしてます

DSC_0069
U-9(3年生以下)リーグ最終節。1年間頑張りました。最後勝てば優勝でしたが、こちらも優勝を逃しました(優勝逃して、表情が・・・)。北極星では1年生から、どんどん試合経験を積んでもらっています。


※お気軽に練習参加ください。体験無料です。
>> 北極星ポラリスのホームページへ

リーグが終わりました。1勝7敗。最下位に沈みました。。

半分の4試合が1点差負け。ここをどうにかできれば、、、というのは、"たられば"で、
これが自分たちの実力だったと、真摯に受け止め、危機感を持って、来季に向かいます。

救いなのは、ほぼメンバー全員が継続してくれることです。

去年は(昇格するチームを除いて)リーグ最上位ながら、メンバー集めに必死だったことを
考えると、最下位のチームなのに、ありがたい限りです。

ただ、結果はさておき、個人的にもいまのメンバーとのフットサルは楽しく、
可能性も感じられるので、いまから、来季が非常に楽しみです。(^^)


退団となるヒデ(ゴレイロ)は「2部昇格しなければ、一区切り」という覚悟の元、
シーズンに挑んでいたための退団です。個人的にも、チーム的にも残って欲しい
メンバーで、ケンカ別れではありません。(笑)

切り替えも早い攻撃的なゴレイロで、ミーティングでも積極的に最後尾から見た
チーム状況やアドバイスを意見くれる、素晴らしい選手でした。

まだ競技を続ける?ようなので、新チームの方は、よろしくお願いします。
チームの飲み会にはあまり来ないのがネックですが(笑)、推薦できる人間です。


フィーロも、もともと人数が少ないので、若干名ですが、メンバーを追加募集しますので、
興味のある方は、お気軽に、練習参加ください。

※ゴレイロが不在となるので、力を貸してくれるゴレイロ大歓迎です。

楽しく、真剣に、全メンバーをリスペクトしながら戦える人が希望です。

上手くても、相手の考えを聞かずにアドバイスしてしまう人や、
反対に、上手くないからと、受け身(教えてもらう、聞く)ばかりの人はご遠慮します。(_ _)


フィーロメンバー募集中!体験参加初回無料!

http://www.futsal-times.com/team/filo/mail.php

北極星で、ハイハイの練習を始めました。

赤ちゃんのはいはいではなく、パスをもらうために「ハイ!」と声を出す。というトレーニングです。

タイミングについても、細かく要求し始めました。(ここまで細かく伝えるかは散々迷いましたが・・・)

ドリブルだけではなく、パスを使える、回せるようになってきましたが、
どうしてもパスがずれることがあります。

フェイクしたら、止まった方にボールが出たり。そもそも人によって「ハイ!」と言うタイミングが違ったり。

フットサルで、パスを要求する(声を出す)タイミングにはポイントがあると思っています。


1対1も、現在の強化ポイント(チームの課題)です。

守備でもイケイケドンドンになって、ひどい時は失点が止まらないので・・・。


2月の大事な試合までに。しっかり上げていきたいと思います!


北極星ポラリス、選手(小学生、中学生)募集!


※お気軽に練習参加ください。体験無料です。
>> 北極星ポラリスのホームページへ

大阪北ジュニアリーグ。U-12リーグは1節と2節の結果を踏まえ、
再び、1部リーグと2部リーグに分かれてのリーグ戦が始まりました。(総当り2回戦)

1部、2部ともに接戦が多く、また、3点差、4点差のリードを追いつくなど、
フットサルの恐さ、子どもたちの逞しさ、試合の流れの行き来を感じる試合が多々ありました。
http://futsal-times.com/league/Jr/osaka_kita/index.php?pc=&mode=schedule&class=U12&setu=3

北極星ポラリスも、ここまで4戦全勝で来ていましたが、2部リーグから上がってきた
SPORDYさんとは、息の抜けない20分間となり、選手たちは1試合で、かなりの経験値を
積んだのではないかと思います。

同点ゴールを決められて、タイムアップという、なんとも悔しいラストでしたが、
それも含めて、いい経験、いいゲームをしてくれました。両チームともに。
再戦が今から楽しみです。「これぞ、リーグ戦!」という感じにもなってきました。
子どもたちの練習からの姿勢や目つきも、変わってくるのではないでしょうか。

残念ながらウチの子たちではありませんが・・・(^^;
試合後、涙を流す選手たちが居ました。リーグ戦の1試合にも関わらず。
子どもたちが、1試合、1試合に一所懸命なんだと、再確認させられ、こちらも
胸が熱くなりました。

4点差のゲームを追い上げたのに、再び失点(相手のリード)を許したキーパーが、
試合中にも関わらず、泣き出してしまうシーンもありました。

熱いです。大阪北ジュニアリーグ。

燃え尽きない程度に、勝った負けたに一所懸命になり、今後のフットサル、サッカー人生の
糧にしていってもらいたいし、そういう環境、空気を、周りのチーム、コーチと共に、
ずっと残していけたらいいなぁ、と思っています。


北極星ポラリス、選手、コーチ募集!


※お気軽に練習参加ください。体験無料です。
>> 北極星ポラリスのホームページへ

このページのトップヘ