万博FCさんと、U-10練習試合。定期戦です。ありがたい。

試合は大事。定期戦は重要。

弱小チームだった北極星が、「戦える」ように変わったのは、
昔、フエルテさんとの定期的な練習試合が始まったのがキッカケでした。

「また来月、試合があるから!」と、子どもたちの練習、
フットサルへの取り組み方が(勝手に)変わったんです。

その年代の子たちは、練習が無い日も、学校から帰ると、
「集まってずっとボールを蹴っている」状態となりました。(^^)


さて、練習試合の内容は、相手陣内での攻撃は素晴らしかった。
シュートと見せての切り返し、下げて後方からのシュート、
オープンスペースを使ったサイドチェンジ、たくさん練習の成果が見えました。(^^)

自陣でのポゼッション、そのためのサポート。オーバーラップの意識は
まだまだ課題として残りました。

ただ、3〜4年生のフットサルとしては、非常に「大人な」フットサルができていると思います。

ただ、ただ、こういうのって、自己満足になりがちなので、今週末の大会で、
また、これまでの練習、取り組みを振り返ってみたいと思います。


「キーパー練習」の時間を特別に設けることはなかなかできませんが、
近年、こっそり「キーパーを鍛える」方法も見つけました。(^^)

また、機会やリクエストがあれば、お伝えしていきたいと思います。



北極星ポラリス、小学生メンバー募集! (2)