ハーフのマンツーマンのディフェンスを継続して練習しています。

ということは、攻撃側は『定位置攻撃』になるのですが、何もアドバイスをしないと『ゴリゴリ感』が酷いです。


間が空いてないのにパスを通そうとする。

ゴール前まで来ると、目の前がディフェンダーやキーパーで壁ができていてもシュートを打って止められる。


どちらにも攻撃の『やり直し』『組み立て』がありません。

『ポゼッション』すれば、『もっと良い状態』で攻撃のスイッチを入れることができるだろうに、一度『前』を狙うと、『その他の選択肢』が綺麗に消え去ってしまう感じです。


幸い、練習を止めて、『今、どういう状態か?』『どう攻撃した方がよりゴールに結びつくか』を確認、考えてもらってから再開すると、ようやく『組み立て』が出てきて、フットサル、サッカーぽくなりました。


『シュートを打つ』という意識は大事。

一方で、『より良い状態で』シュートを打つという考えも大事です。


>> 『北極星ポラリス』は大阪府豊中市で活動する小学生のフットサル専門クラブです。メンバー募集中です!ポゼッションも教えます!

北極星ポラリス、小学生メンバー募集