先日三保の松原を訪れました。

444AAD67-761B-4DA8-A30A-A589334F8462

静岡県民だというのに現地に行ったのは実ははじめてで..
あんなに美しい景色が近くにあると思うと、嬉しい気持ちになりますね。

さて、何を着て出かけようか悩むことの多い梅雨の時期。
木綿のお着物で雨を気にせず軽やかにお出掛けしませんか。

169F0499-8A91-4969-86DE-693BDA5B18BE

藍の色が憂鬱な気分さえ吹き飛ばしてくれそうな、清々しい木綿着物。
片貝木綿でおなじみ・「紺仁」さんの綿ちぢみのお着物です。

4E0C0233-60BF-48E5-954C-061B4DA8DC54

藍染めの両面染めで、今回表に選んだのは細かい小紋柄の面。

かぶとや薙刀のような柄が染められています。
武士が鎧の下にかちいろである藍染めの肌着を着ていたことに由来する柄でしょうか。

5E562015-9AF8-4C15-9950-2DDE5ABEC01B

生成り地に素朴な絣柄が魅力の麻の帯を合わせました。
麻も水に強いため雨の日に最適な組み合わせです。

5662FA41-7939-4595-83AC-8BDBD4096FF1

えんじの帯締めはぱっちり元気な印象に、

FBAA8A2A-4030-42B8-984D-5D6A28F80A8E

グレーの優しい帯締めをすると穏やかで上品な雰囲気になります。

772CB0BF-C962-4EDF-9F43-65908E039B30

裏の柄がちらりと見えるのもお洒落ですよね。

C112D99C-931E-4817-AA3B-9B22974EA3D7

菊唐草の面を表にして浴衣らしい浴衣としてお召し頂くのも◎。

AF4FC697-282E-4BF5-8DCC-43581184C365

素材やパールトーン加工、雨コートなどで対策をねって、
梅雨の時期も思う存分お着物を楽しみましょう♪

----------------------------------------------------------

◇商品のお問い合わせは こちら まで。
 


きもの処三河屋
〒420-0831
静岡市葵区水落町16-16
(鷹匠近く 大やきいもさん側)
駐車場3台有
10:00~19:30
定休日なし

◆HPはこちら
◆Facebookはこちら
◆Twitterはこちら
(@kimono_mikawaya)