こんにちは、みおです。

今日も宜しくお願い致します。

以前、教えていただいた反づけ、練習してみました。
一度はみたことがあると思います。
よく呉服屋の店員さんがお洋服のお客様に
パパッと反物を体に張り付けていき
あっという間に着物を着ているようにする事です。

反物だけすとイメージがわきませんが
こうして体につけて頂きますと、あら不思議。
「素敵、欲しいわ~」なんて気持ちが強くなったりして。
そうお洋服の試着と一緒ですね(^_-)

普段、着付けのお仕事の中ではほとんど
必要ありませんけど。


やり方はいろいろあるようですが、私が教えていただいたのは
こんな順番でございます。
大きいクリップ2個とヒモ2本を使ってます。

お仕立て前の反物


DSC_0100

まずは、下前の衿を作り、続いて上前の衿を作ります。
DSC_0101

上前(下部分)を作ります。
DSC_0102

左の袖を作り、続いて右の袖を作ります。
DSC_0104

帯をあてておはしょりを作ったら出来上がり。
DSC_0106

手の届く一番近いところにあった帯締め、帯揚げを
挟みこんでみました。
コーディネートは無視しておりますのでそこのところ、
突っ込まないでくださいませ(^_^;)

お仕事で反づけをなさっていらっしゃる方が
ご覧になりましたら、あまり綺麗でないわと思われるかも
しれませんが、、、すみません(^_^;)

反づけはやはり綺麗に仕上げないと、、、
お客様の購買意欲もわきませんものね(^_-)
美しく綺麗に、着付けと一緒です。

反物はB級品セールで買いました、
正絹でありながら3000円のお買得品です。
また掘り出し物を見つけたら次は、この上に
道行きもつけてみようかしら(^^)

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
日本ブログ村ランキングに参加中です。
更新の励みになります、ポチッとして頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村