KIMONO-PRO(キモノプロ) スタッフのブログ 

京都四条烏丸のきもの通が集まる きもの・帯の販売&レンタル着物サロン【KIMONO-PRO】(キモノプロ)スタッフの着物ブログ。 ご来店のお客様の着物姿の写真や旬で粋なきもの情報満載。

新作の訪問着、最高級ランク京友禅

9-0

h−29−435番
京友禅の高級訪問着です。

レンタル価格88000円となっております。

貝桶をメインに古典的な柄で構成されております。

新作訪問着、古典柄でリーズナブルなタイプ

4-0

h−85番の新作訪問着です。
金額は、フルセット22000円特別価格でございます。

振袖&袴 前撮りです

こんにちは

三月に入り、日がのびてきましたね

先日、振袖と袴の前撮りをしました

お写真を下に載せさせで頂きました

キモノプロではこのようなお写真をお取りしています!

成人、卒業のお祝いを写真に残してはいかがでしょうか?

前撮りは本番前のリハーサルにもなりますし、髪型や髪飾り、小物の色合いもしっかりと決められます
ご家族とご一緒にも撮れますので記念写真にもなります

ぜひご利用ください



お写真です↓

赤い着物が似合いますね
はんなりとした仕上がりです!

DS5_3220_1


DS5_3276_1


DSC_5027_1



お次は袴のお写真です
コチラは朱色の着物に紫の袴でレトロに

DS5_3181_1


b1


b-2


お電話でのお問い合わせは、075−353−8800
メールでのお問い合わせはこちら

お下見大歓迎です!来られるまでに必ずお電話にてご予約下さい!

★きものレンタル/成人式・結婚式・卒業式・振袖・袴レンタルのお下見ご予約・お問い合わせは★
〒600-8432 京都市下京区仏光寺通新町東入ル糸屋町225京都仏光寺室町ビル2階3階
TEL:075-353-8800 FAX:075-353-8827
E-mail:kimono@kimono-ito.com
営業時間 午前10時〜午後7時
定休日:火曜日

黒留袖のご紹介

こんにちは

キモノプロでは10周年記念価格やランクアップ帯が付くサービスなどを行っております。

本日は、だたいまキャンペーン中の黒留袖な中からT27-631をご紹介します!

品番T27-631
t-27-631


一流の染匠による京友禅黒留袖です。

155兪宛紊諒向けのサイズです。

桐と華文様の意匠。

華文との絶妙なバランス感覚で染められたオシャレな逸品で、新郎新婦のお母様からご親戚まで幅広く利用いただけます。

着た際のイメージは、正面はこちら↓
IMG_0688


後姿はこちら↓
IMG_0687


いかがでしょうか?

こちらのお着物が気に入られた方はぜひキモノプロにお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせは、075−353−8800
メールでのお問い合わせはこちら

お下見大歓迎です!来られるまでに必ずお電話にてご予約下さい!

★きものレンタル/成人式・結婚式・卒業式・振袖・袴レンタルのお下見ご予約・お問い合わせは★
〒600-8432 京都市下京区仏光寺通新町東入ル糸屋町225京都仏光寺室町ビル2階3階
TEL:075-353-8800 FAX:075-353-8827
E-mail:kimono@kimono-ito.com
営業時間 午前10時〜午後7時
定休日:火曜日

帯画像


本日は新しい帯が入荷しましたので、写真を掲載します!

品番:obi-27-323

obi-27-323


こちらです!

ホームページにはまだ画像がUPされていなかったので、取り急ぎ・・・

上品で柔らかい印象のある帯です。

留袖にも、訪問着にもばっちり合いますよ☆


ご注文お待ちしております

「藤娘きぬたや」の絞り振袖

shibori_1

皆様、こんばんは。
最近、卓球の福原愛さんや睛沙羅さんらが着用して話題の振袖。
藤娘きぬたやの絞り振袖をご購入希望の方は、4月3日、4日と京都にお越しいただければ見て頂くことができます。

お気軽にお問い合わせください。


担当:宮田・伊藤

「この世界の片隅に」を観て  その3

人間にとって一番大切なのは「命」だ!

私が行うセミナーでは、冒頭にいつも話すのが

人間にとって一番大切なのは「命」だ!!
ということを常々言っております。

そして、その与えられた「命」を大切に「どう?」生きるか?
悔いのない人生にするために、いかに誇りを持っていきていくか?等
私自身の問いかけでもあります。

私たち60歳過ぎの人間が若い世代に何を伝えなければならないか?
「平和を愛する心をいつもまでも持ち続けてほしいと常々願っております。」

ということもあって、映画「この世界の片隅に」を社員全員で見に行ってまいりました。

その映画を見てのスタッフの感想を載せさせて頂きます。

舞台は、昭和20年、広島・呉。
ネタバレがあるかもしれませんので、
まだご覧になっていない方、こらからご覧になる予定の方はご注意ください。


















どんな映画か何も知らずに見たので、はじめのほのぼのとした絵のタッチや語り口からは戦時中の話だとは想像もしていませんでした。

主人公、すずの絵を通して言葉に表せない心情が描かれているのが印象的でした。

どこにでもいる一人の女性が主人公だからこそ、戦時中の暮らしや生き方が見えてきました。
本当に今と時代が違うのだなと思いました。

お嫁入りしてから、早朝の水くみ、料理、手での洗濯に掃除、配給の受け取りや町内での当番など多くの事をこなしていくのは驚きでした。
昔の人は働き者ですね。

日々を通して義父母やお義姉さん、そして夫と通じ合い、家族の絆ができていく中で、配給が少なくなっていき、軍艦が増え、空襲が日常になっていく。戦争がどんどん人々を追い詰めていくのを感じました。

夫が軍へ行き、はるみちゃんを亡くし、絵を描く右手を失い、原爆で家族と故郷をなくす。
大切なものを多く失う中で北条の家族と支え合い、近隣の人々と助け合いながら生きていく。
自分自身と向き合っていくすずの姿は、人間手こんなにたくましく強いのだなと感じ、今のつながりの少なくなった日本の中にほしいものだなと思います。

多くの人に見てほしい映画だと思います。

お客様からのお手紙

お客様からのうれしいメールが届きましたので、ご紹介させていただきます。


きものも帯も、シワなくとても綺麗な状態でした。

また、長襦袢もシルクのもので、化繊が苦手な私としては、とても有り難く思いました。
※レンタル商品によりましては、化繊でご用意することもございます。ご了承ください。

少々遅くなりましたが、着姿の写真をお送り致します。
フレンチレストランにもぴったりで、みなさんにお褒め頂きました。

今まで母や叔母のきものを着ていましたが、今回、初めてレンタルきものの楽しさを感じました。

また何かの機会によろしくお願い致します。




こちらの方は、着姿のお写真も送ってくださいました

掲載OKとのことですので、載せさせて頂きます

h27-429-1
h27-429-2


着物 h-27-429
帯  obi-23-232-s

とてもとても良くお似合いです
ありがとうございました

「この世界の片隅に」を観て その2

人間にとって一番大切なのは「命」だ!

私が行うセミナーでは、冒頭にいつも話すのが

人間にとって一番大切なのは「命」だ!!
ということを常々言っております。

そして、その与えられた「命」を大切に「どう?」生きるか?
悔いのない人生にするために、いかに誇りを持っていきていくか?等
私自身の問いかけでもあります。

私たち60歳過ぎの人間が若い世代に何を伝えなければならないか?
「平和を愛する心をいつもまでも持ち続けてほしいと常々願っております。」

ということもあって、映画「この世界の片隅に」を社員全員で見に行ってまいりました。

その映画を見てのスタッフの感想を載せさせて頂きます。

舞台は、昭和20年、広島・呉。
ネタバレがあるかもしれませんので、
まだご覧になっていない方、こらからご覧になる予定の方はご注意ください。


















 この映画は世界の片隅で起こった事が描写されており、戦時中の人からすれば、よくある話かと思うが、自分にとっては珍しく思えた。物が豊かな時代に生まれ、「戦後は物資が少なく・・・」と話は知っていても、実感はあまりなかった。映像として描かれていると、イメージがあるので戦争をするとこうなるのかと強く実感できた。
 
 特に印象に残っているシーンは、空襲のシーンだ。大砲や爆弾の音、爆弾の衝撃で防空壕の中でも激しくゆれているシーンはとてもリアルで、恐怖を覚えた。空襲の後、山の上から見た町が跡形もなくなっているのには愕然とした。改めて戦争は嫌なものだ、戦争はしたくないと思った。

 映画の中で、「選ぶ」「選択する」という言葉が何回か使われたいた。「自分の居場所がどこにあるかは自分で決めればいい」というセリフは印象に残った。

 主人公のすずさんは、自分がやるべきこと、できることを精一杯こなしていて、そこがすごくいいなと思った。他人にも優しく、めげずに頑張っている姿に共感した。自分もこれからそうできるように努力していこうと思う。

卒業式は袴で行こう!!その

こんにちは

1月も終わり、2月になりました

もう年が明けて1ヶ月早いですねー

さて、2月3日の今日と言えば節分です

節分は立春の前日であり、「季節の分かれ目」という意味があります

季節の変わり目には邪気が入りやすいとされ、その邪気を払うために行われる行事の一つに皆さんご存知の豆まきがあります

地方によっては落花生を投げるところもあるそうです

節分といえば、他にも「恵方巻き」を食べますね

今年の方角は北北西

縁を切らないために、途中で噛み切らず1本をそのまま食べましょう

年々「恵方巻き」を食べる人が増えているそうです

いつか全国に広がりそうですね







では袴紹介に参ります

乱菊にピンクと緑の葉っぱがアクセントのお着物

 2-10 + 緑から黒のグラデーション袴 

2-10


 2-9 + 赤から濃茶のグラデーション袴 

2-9


見ての通り赤地と黒地の色違いのお着物

模様は乱菊で、咲き乱れた菊のこと

菊の花の華やかさをいっそう目立たせるために大胆に描かれています

乱菊のみの柄だとカッコいい印象の着物になりますが、葉っぱのパステル色が可愛らしさを足しているのいでクールになりすぎません

袴は2-10の赤色の着物だと緑や紫が合いますよ

2-9の黒色の着物は赤や緑、ピンクと紫のグラデーションなどと色々合わせられます

お柄が気に入った方はぜひキモノプロで着比べてください

それぞれの詳細は2-92-10それぞれをクリック

お電話でのお問い合わせは、075−353−8800
メールでのお問い合わせはこちら

お下見大歓迎です!来られるまでに必ずお電話にてご予約下さい!

★きものレンタル/成人式・結婚式・卒業式・振袖・袴レンタルのお下見ご予約・お問い合わせは★
〒600-8432 京都市下京区仏光寺通新町東入ル糸屋町225京都仏光寺室町ビル2階3階
TEL:075-353-8800 FAX:075-353-8827
E-mail:kimono@kimono-ito.com
営業時間 午前10時〜午後7時
定休日:火曜日
Profile
楽天市場
QRコード
QRコード
moblog
  • ライブドアブログ