o0800045013646043232
午前中は民進党香川県連でポスター裏貼りのお手伝いなど、そして、地元に戻りながらポスター貼り。
▲富野和憲(とみのかずのり)髙松市議のブログ






香川県庁爆破予告日に香川県庁で出馬表明した岡野朱里子さんヘタレる
 出馬表明はスゴイ演出だったw
 反骨のエキスパート!「安保関連法に反対するママの会@香川」から“ダイナマイト朱里子”出馬!などと話題(ネタw)に成っていた。




民主主義(笑)



共産初の統一候補へ
 民進党の演技が始まるよー(笑)


■一夜にして注目区 参院選・香川、野党統一候補に共産系 2016年5月21日01時00分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ5N5HHJJ5NPLXB010.html

夏の参院選の香川選挙区(改選数1)に共産党の新顔が野党統一候補として立つ方向になった。民進、共産、社民など野党4党は、32の1人区で野党共闘を進めてきたが、共産系が統一候補となるのは初めて。一夜にして注目区となったが、民進党などには戸惑いがみられる。一方、与党側は「野合批判」を強め、気勢をあげている。

 民進県連代表の小川淳也衆院議員は20日、高松市内での会見でこう語った。民進と社民が推薦する予定だった岡野朱里子県議(42)の立候補辞退を正式に発表したが、悔しさをにじませた。

 民進の対応は二転三転した。当初は同党の候補擁立をめざしたが、難航。4月には共産公認の党県常任委員、田辺健一氏(34)を統一候補にする方向で調整に入った。しかし、岡野氏が4月下旬に立候補を表明すると、岡野氏での一本化に傾いた。

 民進県連の関係者によると、県レベルでは、共産から岡野氏への支援が得られる感触があったという。しかし、全国で野党統一候補の擁立が進む中、共産系が皆無なことに共産党中央が態度を硬化。小池晃書記局長は5月16日、国会での記者会見で「田辺候補を野党統一候補にすることを実現したい」と明言していた。その後の党中央の水面下の折衝で、岡野氏が降りることになった。

 共産の志位和夫委員長は20日の会見で「(共産の統一候補が)1カ所でもできると、野党共闘全体の結束度が一段と高まることは間違いない」と強調した。

 しかし、小川氏は20日の会見で、田辺氏への支援について「現時点では白紙。積極的な連携ができるかは今後の調整、協議に委ねる」と述べるにとどめた。岡野氏を支援する予定だった無所属の県議も「困惑している。ポスターを貼って、事務所の準備をして、一生懸命やってきた人たちはショックだ」、社民党県議も「うちの支援者は『共産党で選挙しなくてすむ』と喜んでいたのに」と漏らす。

 一方、野党が共産新顔に候補者を一本化することについて、現職の磯崎仁彦氏(58)の再選を目指す自民党の県議は「野合というのがわかりやすくなる。我々としては戦いやすい」と語る。磯崎氏を推薦する公明党県本部は「野合集団ここに極まる」との談話を発表した。


 そもそも香川県内で民主・社民・共産の境は元から無いやんwww
 「非共産」を掲げ、共産系が支援・応援してた植松恵美子さんは凄かったんですからっ...カエルのマスコットとかw

多田羅 譲治(たたら じょうじ、1949年11月11日 - )は、香川県坂出市出身の政治運動家。NPO法人「明日に架ける橋」代表、福祉生協かがわ専務理事。

立候補歴

  • 1989年 坂出市長選挙  無所属 得票数 13,402 落選 対立候補は松浦稔明
  • 1998年 香川県知事選挙 無所属 得票数 55,933 落選 対立候補は真鍋武紀
  • 2002年 香川県知事選挙 無所属 得票数 77,527 落選 対立候補は真鍋武紀と、佐佐木アシュファ麻コ
  • 2006年 香川県知事選挙 無所属 得票数 98,493 落選 真鍋武紀に三度敗れる

略歴

  • 1968年 香川県立高松高等学校卒業、東京大学文科I類入学。ノンセクトとして学校封鎖安田講堂事件の現場に居合わす一方、漕艇部活動にも打ち込み、20歳で学生結婚する。大学側の無試験進級策に反対して、必修単位のレポートを敢えて提出しなかったため、2年留年。
  • 1974年 東京大学法学部卒業。
  • 1978年 家業の薬局チェーン経営を継ぐため高松市に帰郷。
  • 1981年 実家のある坂出市に転居。
  • 1983年 坂出市で、市民オンブズマン参加型市政を目指す「横丁通信」活動を開始。
  • 1985年 坂出商工会議所常任委員に就任。
  • 1987年 香川テレビ放送網で自主制作番組「横丁ちゃんねる」を開始。
  • 1989年 坂出市長選挙に無所属(「さかいで21世紀をいっしょに創る会」)で立候補したが、落選。その後、香川県生活協同組合(現コープかがわで常務理事、専務理事を歴任。
  • 1997年 コープかがわを退任。真鍋光広らと共に「市民・ネットワーク・パーティ(民主党香川)」を結党。
  • 1998年 旧民主党の改変に伴う混乱で中央政界との関係が疎遠になったため、民主党香川を離れ無党派勝手連組織「チヂダス」(知事を出す、の意)を結成。これを運動母体に、脱談合、反天下りと県政の透明化を掲げて香川県知事選挙に立候補したが、オール与党推薦の元キャリア官僚で、高校~大学の先輩に当る真鍋武紀との、無所属・新人同士の闘いに大敗。
  • 1999年 「チヂダス」の活動を引き継ぎ、地域振興ミニコミ誌「さぁかす」を創刊。
  • 2002年 環境問題プール金の存在が焦点化した香川県知事選挙に、無所属(「あすの香川を創ろう会」)で再立候補。当初は資金カンパと選挙ボランティア主体の勝手連運動に拘泥し、既製政党からの協力の申し出を固辞していたが、苦戦するに従い翻意して、独自候補者擁立を断念した自由党と、共産党県委、更に社民党県連の一部より実質支援を受け入れたものの、低投票率に第三の候補との票割れが重なり、落選(2度目)。応援に平野貞夫(自由党副幹事長=当時)、宮崎学戸田久和らが駆け付けた。
  • 2003年 「さぁかす」をNPO法人化した「明日に架ける橋」を設立。
  • 2004年 「福祉生協かがわ」を設立。
  • 2005年 身障者向け授産所を設立。
  • 2006年 香川県知事選挙に無所属(「あすの香川を創ろう会」)で再々立候補。共産党県委は最初から支持し、本部から「原則相乗り禁止」の方針を下された民主党県連と連合香川、加えて社民党県連も候補者を立てられず自主投票に陥ったため、それらの一部が支援に回ったが、投票率の更なる低下も響き、真鍋武紀との一騎討ちにダブルスコアで完敗した(3度目)。但し、回を追う毎に得票数・得票率は上昇していた。
  • 2010年 この年の香川県知事選挙には出馬しなかった。なお、共産党は公認候補を立てた。


 危ないんだからっw

 民進党香川のHP類を見てたら、メーデー@アベタオセー(昨年はコロセーと叫んでたw)から数日間は、岡野朱里子さん推しだぞぉ!としてた。



■参院選 民進、共産、社民の県組織 候補一本化へ協議 /香川 毎日新聞2016年5月3日 地方版 香川県
http://mainichi.jp/articles/20160503/ddl/k37/010/475000c

 夏の参院選香川選挙区(改選数1)について、民進、共産、社民3党の県組織は2日、高松市内で会合を開き、候補者の一本化に向けた協議を始めた。野党3党からはいずれも新人で、民進党の岡野朱里子氏(42)と共産党の田辺健一氏(34)が出馬を表明。岡野氏で一本化できるかどうかが今後の焦点となりそうだ。

 会合には、民進党県連代表の小川淳也衆院議員、共産党県委員会の松原昭夫委員長、社民党県連の三木秀樹副幹事長が出席。会合後、取材に応じた小川氏は「思った以上に難しい協議だが、できるだけ早く候補者を決めたい」と述べた。一本化の時期は明言せず、統一候補を無所属とするかどうかも検討課題とした。

 香川選挙区には、自民党現職の磯崎仁彦氏(58)、幸福実現党新人の中西利恵氏(53)も出馬の方針。【伊藤遥】


 戦争法wwww



反骨のエキスパート玉木雄一郎







人気ブログランキングへ