AKR20160930098651053_03_i
金泉市の朴寶生(パク・ボセン)市長(中央)

・星州闘争委が解体した後、名称をそのまま受け継いだ強硬派中心のソンジュサード配置撤回闘争委は「今後もキャンドル文化祭などを開くだろう」とした。
・パク市長とベナクホ金泉市の議会の議長は記者会見で「星州ゴルフ場サード配置を防ぐ事ができず、市民に申し訳ない」とし「今後サード反対闘争委と共同で市民の被害を防ぐために最善を尽くしたい」と明らかにした。
円仏教は去る28日星州聖地で星州ゴルフ場・サード配置反対出家教職(聖職者)総会を開いた。
 http://www.yonhapnews.co.kr/society/2016/09/30/0701000000AKR20160930098651053.HTML

PYH2016092807230005300_P2
円仏教「サード反対」
(城主=聯合ニュース)円仏教が28日、慶尚北道星州郡チョジョンミョン聖地ソンギュ従事で星州ゴルフ場・サッド配置反対出家教職(聖職者)総会を開いている。2016.9.28【円仏教提供=聯合ニュース】parksk@yna.co.kr

韓国宗教者平和会議(KCRP)は、最近、円仏教城主の聖地近くが在韓米軍サード(THAAD・高高度ミサイル防衛システム)配置の第3候補地として挙げられていることを懸念の立場を明らかにした。

国内7大宗教(仏教・カトリック・プロテスタント・天道教・円仏教・儒教・韓国民族宗教協議会)の終端協議体であるKCRPは29日、「円仏教城主聖地保護のための7つの宗教の代表者の要請文」を発表し、 "平和のシンボル、円仏教城主聖地は保護されなければならない」と促した。
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/09/29/0200000000AKR20160929170400005.HTML

 
■THAAD配備先確定 「来年中に完了」=韓国国防部 2016/09/30 17:20 聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/09/30/0200000000AJP20160930003800882.HTML

【星州、金泉、ソウル聯合ニュース】韓国国防部は30日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」を南部・慶尚北道星州郡にあるゴルフ場「ロッテスカイヒル星州カントリークラブ」に配備することを最終決定した。

AJP20160930003800882_01_i
国会を訪れた韓長官(右から4人目)=30日、ソウル(聯合ニュース)

 同部は7月にTHAADの配備先を星州郡の星山砲兵部隊と発表したが、別の場所への変更を求めた星州郡の要請を受け入れ、この日、ゴルフ場が新たな配備先になったことを慶尚北道や同郡などの関係自治体と国会に報告した。

 同部の韓民求(ハン・ミング)長官は同日、国会を訪れ各政党の代表らと面会し、ゴルフ場が評価基準を満たしたことを報告した。

 韓長官とカーター米国防長官は29日、ゴルフ場がTHAADの配備に最も適しているとする韓米共同実務団の評価結果を承認した。

 配備予定地の変更は、軍が慎重に選定しなかったために混乱を招いたのではないかという批判を生んでいる。

 重要な安全保障政策に基づく決定をひっくり返したのは、政府の政策の透明性と信頼性を低下させる行為とも指摘される。

 このゴルフ場は星州郡庁の北18キロにある。

 海抜は680メートルで、星山砲兵部隊(同383メートル)より高い。

 同砲兵部隊に比べると周りに民家が少なく、レーダーの電磁波による健康被害の懸念が少ないとみられる。

 また、進入路などが整備されている上、砲兵部隊より広く、配備もしやすいとされる。

 ただ、レーダーが金泉市の方角に向けられるため、同市の住民が反発している。

 同部は金泉市にもTHAAD配備の評価結果を説明しようとしたものの、朴寶生(パク・ボセン)市長が面会を拒否した。

 ゴルフ場近くには宗教団体の聖地があり、同団体も反対している。

 同部は今後、ゴルフ場を所有するロッテ側と用地購入に向けた本格的な交渉に入る予定だ。

 同部は既にロッテ側と接触し、ロッテ側がTHAADの配備用地として提供することに肯定的な反応を示したことを確認したようだ。

 だが、ゴルフ場を購入するには1000億ウォン(91億3700万円)以上かかるとみられる。この場合、予算投入のため国会の同意が必要になると予想される。

 同部は用地を購入する代わりに、軍が所有する京畿道のほかの土地と交換する方法で用地を確保する案を積極的に検討しているとされる。

 韓米軍当局は来年中のTHAAD実戦配備を計画しているが、配備時期は最大限前倒しすると予想される。

sjp@yna.co.kr



 ちょwwwwwwwww



瀋陽市(Shenyang)



円仏教




韓国宗教者平和会議(KCRP)
 公に世界宗教者平和会議(WCRP)が、何かしら声明発表したりしてwww
 何せ朝鮮半島“統一”ですからっw

■光復70周年を迎え韓国宗教人平和会議を北朝鮮で開催 登録 : 2015.01.26 21:30修正 : 2015.01.27 06:55
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19455.html

「8〜9月中金剛山や平壌で開催」

142228062090_20150126
昨年12月16〜17日の二日間、釜山機張体育館で韓国宗教人平和会議(代表会長慈乗僧侶)が主催した「全国宗教人和合大会」に参加した各宗教指導者と宗教人たちが疎通と和合の場を設けている。仏教ジャーナル提供。 //ハンギョレ新聞社。

 7大宗教団体の協議体である韓国宗教人平和会議(KCRP)が光復70周年を迎え、今年の下半期、北朝鮮で南北の宗教人が一堂に会する南北宗教人平和大会を開くことにした。

 韓国宗教人平和会議事務総長であるキム・グァンジュン神父(大韓聖公会)は26日、ソウル光化門(クァンファムン)で開かれた記者懇談会で「北朝鮮の5大宗教団体の協議体である朝鮮宗教人協会と協議を終えた」とし、「南北宗教人平和大会は8〜9月中に開かれる予定であり、場所は金剛山(クムガンサン)や平壌を検討中だが、平壌が有力で、大会には7大宗教団体の首長がすべて参加する予定だ」と明らかにした。

 キム事務総長はまた、「8月15日の光復節を前後して、江原道鉄原(チョルウォン)の労働党舎や京畿道坡州(パジュ)の都羅山(トラサン)で平和コンサートの開催も準備している」と付け加えた。キム事務総長はこれと共に「2018年の世界宗教人平和会議(WCRP)の第10回総会を韓国で開催することを進めている」とし「最終的な誘致確定は10月中に行われるだろう」と述べた。世界宗教人平和会議の総会には国内外の宗教指導者1千500人や国連高官、前・現職の国家元首が出席する予定である。

 韓国宗教人平和会議は、このほかに、最近韓国人の10代の青年がイスラム教スンニ派過激主義団体であるイスラム国(IS)に参加したという疑惑が提起されたことと関連し、イスラムに対する誤解が広がることを防ぐために29日、ソウル堅志(キョンジ)洞韓国仏教歴史文化記念館で韓国とイランの宗教学者が参加する中、宗教間の対話セミナーを開く。

チョ・ヒョン宗教専門記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015.01.26 16:49

http://www.hani.co.kr/arti/society/religious/675260.html 訳H.J



杉野恭一 WCRP国際副事務総長

中央大学法学部法律学科、立正佼成会学林本科・研究科、米国ウィスコンシン州立大学法科大学院修士課程卒、国際法専攻。国連難民高等弁務官事務所ジュネーブ本部政策研究官、WCRP国際事務次長を経て、2011年11月18日モロッコのマラケシュで開催されたWCRP国際執行委員会で副事務総長に任命される。米国国務省市民社会との戦略対話、宗教と外交部会委員、スリランカ国際有識者会議メンバー。

ニューヨーク国際事務局において、アジア・アフリカ・ラテンアメリカ・ヨーロッパ・中東諸地域の諸宗教評議会の構築、強化、発展を統括する。1999年第7回世界大会時に33であった国内委員会/諸宗教評議会が現在では90ヶ国以上に及んでいる。また、イラク、スリランカなどの紛争地域において、諸宗教協力による紛争解決、紛争調停に従事している。さらにWCRP世界大会(第7回アンマン大会1999年、第8回京都大会2006年、第9回ウィーン大会2013年)の総合コーディネーターを務めた。
http://kyoichisugino.blogspot.jp/2009/10/blog-post_349.html

・2011年1月26日水曜日 世界宗教者平和会議に創価学会が呼ばれないホントの理由


 以下、KCRP公式HPの機械翻訳。



KCRP紹介
HOME>団体紹介> KCRP紹介
 
韓国の宗教平和会議(KCRP)は1965年にソウルで韓国の6つの終端(プロテスタント、仏教、儒教、円仏教、天道教、カトリック)の指導者たちが集まって会話の集まりを持ち始めたのがその始発である。
自発的なこの集まりは、1986年の第3回アジア宗教者平和会議[ACRP]のソウル総会を契機に、国際宗教団体と関係を持つ「韓国宗教者平和会議」に新たに発足しました。
韓国の宗教平和会議は、韓国宗教人相互間の交流と理解を増進し、近隣宗教間の共同課題を一緒に研究、実践してより良い韓国社会を遂げて、全世界の宗教者との緊密な協力を通じて世界の平和に貢献しようとするが設立目的です。
 
本会議の主な事業としては、毎年「宗教青年平和キャンプ」、「宗教遺跡対話巡礼」、「近所の人の宗教を理解講座」、「全国宗教人交流大会」、「南・北の宗教の集まり」などを開催してきています。
現在は、 7大宗教(プロテスタント、仏教、円仏教、儒教、天道教、カトリック、韓国民族宗教協議会)が本会議のメンバー終端であり、「宗教間の対話委員会」、「女性委員会」、「青年委員会」、「環境生命委員会」、 「南北交流委員会」、「宗教文化芸術広報委員会」、「出版委員会」などの委員会があり、プログラムを進めています。また、月刊「宗教と平和」の新聞を発行して韓国の宗教文化の成熟と発展および宗教間の協力を促進する文化教育事業などで私たちの社会と宗教界との間の意思疎通のための架け橋の役割を果たしています。傘下に「宗教平和国際事業団- IPCR]を設立し、宗教紛争地域の平和定着支援事業、人道支援事業などを推進していきます。

(機械翻訳)
http://www.kcrp.or.kr/sub1_1.php

 ダライ・ラマもチラリw



 以下、写真。

PYH2016093020100001300_P2
(ソウル=連合ニュース)ユンドンジン記者=国防部がサードを星州郡チョジョンミョン星州ゴルフ場に配置すると発表した30日、ソウル龍山区国防部の前で円仏教信者がサードの配置反対の記者会見をしている。2016.9.30 
mon@yna.co.kr 
http://www.yonhapnews.co.kr/photos/1990000000.html?cid=PYH20160930201000013






人気ブログランキングへ