ほぼ毎年「あってはならないこと」

■児童の着替え盗撮した疑い 高松の小学校教諭を逮捕 2016/7/23 12:25 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H3N_T20C16A7CC0000/

 勤務先の小学校で女子児童(9)の着替えを盗撮したとして、香川県警は23日、高松市立木太北部小学校教諭の中川義光容疑者(37)同市瀬戸内町=を児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は6月1日と同8日、小学校の教室内で、児童が水着に着替えている姿を腕時計型の小型カメラで動画撮影した疑い。

 県警によると、今月18日に高松市内の店舗で別の女性のスカート内を盗撮した疑いで、中川容疑者を事情聴取。任意提出を受けた自宅のパソコンから児童の動画が見つかった。〔共同〕

着替えを盗撮 容疑の教諭逮捕 07月23日 13時36分 NHK高松放送局
http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034253131.html

高松市の小学校で、水着に着替えている女子児童をカメラ機能が付いた腕時計で盗撮したとして、教諭が児童ポルノ法違反の疑いで警察に逮捕されました。
 
逮捕されたのは、高松市瀬戸内町に住む小学校の教諭、中川義光容疑者(37)です。

警察の調べによりますと、中川教諭は、先月1日と8日、勤務先の高松市立の小学校で、女子児童が水着に着替えている教室に入り、カメラ機能が付いた腕時計で動画を撮影したなどとして、児童ポルノ法違反の疑いが持たれています。

警察によりますと、中川教諭は、今月18日に高松市内の商業施設で女性のスカートの中を盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで警察の事情聴取を受けた際、自宅のパソコンに水着に着替えている女子児童を盗撮したとみられる動画を保存しているのが分かったということです。

警察の調べに対し中川教諭は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

警察は中川教諭のパソコンなどをさらに詳しく分析するなどして、ほかに余罪などがないかどうか調べることにしています。

教諭の逮捕について県教育委員会は「盗撮はあってはならないことであり大変、残念だ。事実関係を確認したうえで厳正に対処したい」と話しています。

 慣れっこになって、重く受け止めていないでしょw
 「あってはならないこと」なんだから、要因をきちんと探らんかい(゛ `-´)/ コラッ!!

 PISA(OECD生徒の学習到達度調査)で、リテラシー、コンピテンシー、コンプライアンス等は教育導入してから10年以上経つでしょw
 “教師”のリテラシーとライフスキル調査を実施すべきでは?www

 欧米と違って経歴を報道しない理由がいまだに納得できない。基本、考え方は変態教師の要因は“組織”に有る。何処の組織で変態性格を培い育まれたのか、行動特性としての経歴は非常に重要。そして各組織で“改善”を促す...と成っている筈でしょw
 例えば、
香川大学教育学部出身!
 なら非常に解りやすい(゜ー゜)ニヤリ
 恒例パターンとして、県内ヤクザ系/県外から移住→香川大卒業→香川県内最優先就職に成っている。
 何十年も性暴行がぽんぽん発生しても毎回「一部の人ガー」と言い、それでも香川県内の学校へ優先して就職出来る(不正・癒着w)っつーんだから♪



高松市立木太北部小学校⇒高松市立玉藻中学校
 場所が場所なんだが...人口増加で木太小学校から分離した新しい小学校かw

p1
p2
http://www.edu-tens.net/syoHP/kitahokubuHP/02gaiyou/h26enkaku.pdf
http://www.edu-tens.net/syoHP/kitahokubuHP/h27jyuten.pdf
http://www.edu-tens.net/syoHP/kitahokubuHP/


 木太北部小学校の西側にある詰田川沿いはラブホテル街。そもそも河川沿いは昔から・・・w



共生社会実現へ裵局長招き講演 高松市立玉藻中

 【香川】高松市立玉藻中学校(山下統校長、生徒数681人)は11日、3年生を対象にした今年度の人権総合学習の一環として、民団中央本部の裵哲恩宣伝局長を招き、「真の仲間になるために」と題した講演会を開いた。内山宗治教頭は「同和問題を中心に10余年間、人権尊重の心を育てる教育に取り組んできた。今回初めて在日の方の話を直接聞くことで、生徒らに差別のない社会をめざす契機にしたい」と学習目標を語った。

 3年生は8日から10日まで韓国にホームステイした日本の高校生の体験作文やNHKビデオを通して、事前学習を積んだ上で講演に臨んだ。

 裵局長は「みなさんと同じ世代の在日は、かつて指紋押捺を強制されていたが、日本人と連帯したさまざまな運動を通じて撤廃された」と語り、「国籍・民族などの違いを受け入れられる多文化共生社会実現のために、交流を続けよう」と呼びかけた。

 生徒は講演後の感想文で「在日が差別をなくすために、ものすごい努力をしてきたことを知った。過去の歴史を知り、お互いの壁をなくしていく努力をしていきたい」「芸能人をはじめ思った以上に在日がいることに親近感を覚えた」「朝鮮人とは仲良くしたくないと思っていたが、たくさんの在日が日本に住むようになった原因が、昔の日本にあったことを知り、ショックだった。差別してきた自分が恥ずかしい」と率直に述べた。

(2005.11.16 民団新聞)
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=5865



指紋押捺拒否運動(しもんおうなつきょひうんどう)とは、1980年代在日韓国・朝鮮人の間で盛んになった、外国人登録証指紋押捺を拒否する運動である。

1991年平成3年)、時の首相であった海部俊樹が、大韓民国を訪問した際に調印された『日韓法的地位協定に基づく協議の結果に関する覚書』で、2年以内の指紋押捺廃止が決定し、1993年(平成5年)1月より、指紋押捺は廃止された。



 <ヽ`∀´>血が騒ぐニダ!


民団中央…「改革民団」路線を力強く推進 via kwout



 しばき隊www



人権屋!北朝鮮!民進党!


オマケ。




 口コミ勧誘が凄いんだわ(;´Д`A ```




人気ブログランキングへ