view0018269501



 まずは、マスメディア業界の朝日新聞の報道記事から。
 

 時事通信社は28日、英国のウィリアム王子として配信した写真について、「本人ではなくろう人形の写真だった」と訂正した。今年10月に米ニューヨークのマダム・タッソーろう人形館でEPA通信が撮影した写真を誤って配信したという。

 時事通信社編集局によると、写真は27日夜、王子が来年初訪日することを伝える記事とともに配信された。担当者が社内データベースに保存されている写真を使用する際、英文の写真説明をよく読まなかった。28日に別の社員が間違いに気づいたという。

 同社は28日午前に契約社に訂正とおわびを流し、写真を削除した。一時、ニュースサイト「時事ドットコム」にも掲載されたが、本人の写真に差し替えた。契約社で誤った写真を紙面に掲載した例は把握してないという。

 高村直人編集局次長は「非常に恥ずかしいミス。契約紙と読者の皆様におわびし、再発防止に努めます」としている。

 次に、フジテレビ。




イギリスのウィリアム王子の初来日をめぐり、思わぬ誤配信があった。
タキシード姿に黒のちょうネクタイで笑顔を見せる男性は、2015年2月に初来日することが決まったイギリスのウィリアム王子。
写真をよく見てもウィリアム王子に見える。
しかし、実は使われていた写真はろう人形で、実物と比べてみてもそっくり。
あまりにもそっくりすぎて、通信社が初来日を伝えた記事で、このろう人形の写真を使用してしまい、27日夜から28日朝にかけてインターネットメディアなどに掲載されたという。
今回の件について、通信社は「非常に恥ずかしいミスであり、読者の皆様におわびします」とコメントしている。

フジテレビ:実物と比べてもそっくりですよねぇ ウフフ

 アホかいな・・・。

 通信社が配信記事の何処をどう間違ったらろう人形の写真になるんですか?
 それに謝る相手は読者じゃなくて、英国王室ですよ。
 
 一応、時事通信社のビフォー・アフター記事を示しておきます。






>まず日本を訪れ

 ここが伝えるべき要点です。

 次いで、中国を訪問。そして・・・

 韓国を訪問しないニダァアアアアアア

 といった出来事。
 
 時事通信社の記事内容からして「阿Q精神」全開です。
 社会的悪影響しか与えない通信社は廃業したらいかが?



人気ブログランキングへ