どういった活用が出来るか解らないがドローン利用は大きな力になる



>横山市長は「人が近づけない災害現場では、二次被害のおそれもあり状況の把握が困難だったが、『ドローン』を使えば瞬時に状況が分かり災害対応として非常に大きな力になる」と述べました。

>横山市長は、「具体的に、どういった活用ができるかを考えながら、『ドローン』の利用について前向きに検討を進めたい」と述べました。

 (≧m≦)ぷっ!

横山 忠始 (よこやま ただし)

     昭和23年生まれ
学 歴  香川県立観音寺第一高等学校(昭和42年卒業)
     関西学院大学法学部(昭和47年卒業)
経 歴  昭和47年 4月 衆議院議員大平正芳秘書
     昭和53年12月 大平正芳内閣総理大臣秘書
     昭和58年 4月 香川県議会議員
     平成 5年 7月 詫間町長就任(連続4期)
     平成18年 2月 三豊市長就任(現在3期目)
趣 味  読書、史跡探訪

http://www.city.mitoyo.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=5774 




 ちょっとは真面目に考えろよw
 ドローン墜落事故は、だいたい操縦不能になっていたんでしょ。
 受信障害(電波障害)じゃないのん?


 こんなもん災害現場で使用したら、2次災害、3次災害を引き起こしちゃう。

 そもそも先に「具体的に、どういった活用ができるか」を想定しなさい。



 お布施金が必要?無理に必要なさそうよw

 犯人追跡利用なら必要だな(`・ω・´)シャキーン
 キムチ交流が盛んだし・・・。





鳥取 滋治郎(とっとり しげじろう、1924年大正13年)2月1日 - 2013年平成25年)2月10日)は、日本実業家鳥取綱太郎(元四国コカ・コーラボトリング社長)は実兄。長女の久子は高円宮憲仁親王結婚して憲仁親王妃久子となった。承子女王千家典子絢子女王は孫。

家族・親族[編集]

鳥取家[編集]

香川県三豊市豊中町東京都
鳥取家は香川県三豊郡笠田村(現三豊市豊中町)の旧家である。
嘉永6年4月生[9] - 没
1886年明治19年)家督相続する[9]農業を営み香川県多額納税者である[9]
1888年(明治21年)2月生[10] - 没
1911年(明治44年)早大商科を卒業し祖業を継ぎ仁尾塩田、讃岐煉瓦各会社の取締役である[10]宗教浄土真宗[10]
  • 母・久壽[3](或は久嘉[4])(香川、岩井徳一の妹[10]
1898年(明治31年)1月生[10] - 没
1919年(大正8年)12月生[10] -


 お勉強中の方面(o*。_。)oペコッ
 ワンクッション下のレベルで実害は有りますがw
 

 この辺りのキムチ臭い方達がねぇ。




三豊市市長 横山忠始:最も政治の中で重要なことは「安全の確保」
 三豊市‐韓国の続きw







三豊市立高瀬中学校





汝矣島中学校:NGOグッドネイバーズ学校暴力予防キャンペーンw

グッドネーバーズ via kwout (機械翻訳)
 


 こんにちわ北朝鮮 < *`∀´.>
 北朝鮮支援NGOですw
 つか、基本、NGO/NPOなど慈善とか愛とか人権の類は...北朝鮮w






チョーヨンギ



趙 鏞基(チョー・ヨンギ、1936年2月14日 - )は韓国の牧師ソウルにある世界最大のキリスト教会、汝矣島純福音教会の創立者。日本一千万救霊運動を展開アッセンブリーズ・オブ・ゴッド世界総裁を務める。

 赤い十字架 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 やっぱり遍路。


sinbun003nikkan3s
http://www.geocities.jp/henrogoya/sinbun/sinbun003nikkan.html

日韓友情のヘンロ小屋(ヘンロ小屋53号「茶処みとよ高瀬」落成式

 香川県三豊市高瀬町上高瀬1360-1に建設していた「日韓友情のヘンロ小屋」(正式名称・ヘンロ小屋53号「茶処みとよ高瀬」)が完成し、11月23日に現地で落成式をしました。「四国八十八ヶ所ヘンロ小屋プロジェクト」を支援する会が施主となって建設した休憩所です。
 支援する会の第8回総会(2014年3月1日、大阪市)は、講師に崔象喜さん(Sang Choi Hee=ソウル市在住)を招きました。崔さんはお父さんの死をきっかけに、計4回の歩き遍路を経験して2013年に、四国八十八ヶ所霊場会の公認先達になりました。 総会で崔さんと歌一洋さん(四国八十八ヶ所ヘンロ小屋プロジェクトの主宰者)が対談しました。崔さんが「韓国からもお遍路さんがたくさん来ている。日韓で寄付金を募り、歌さんの設計でヘンロ小屋をつくりたい」と提案し、歌さんもそれに応じました。それを受けて、支援する会は、韓国をはじめ外国からのお遍路さんと、日本のお遍路さんや地元の方々との交流の場としてのヘンロ小屋をつくることを決めました。
 場所は70番本山寺と71番弥谷寺の間で、国道11号に面し、バス停「白井病院前」の横です。土地は白井病院(白井義人理事長)からお借りしました。面積は21平方メートル。屋根は地元の特産である茶の葉をイメージしています。周りには、高瀬茶業組合が茶の木を植樹しています。
 小屋の建設費は約170万円です。落成式までに、日本、韓国、イギリスなどの136人から義捐金が寄せられました。そのうち、崔さん側が98人、支援する会が38人です。金額は約130万円になりました。その後も義援金が寄せられているので、さらに増えます。不足分は、支援する会から補いました。支援する会が建設費を直接投入した6棟目になります。
 落成式には約100人が参列しました。遍路の最中だった崔さんも、韓国からやってきたご主人とともに参列しました。式は落成式と、「そして、未来へ」と名づけた第2部との構成で行われました。
 オープニングは高瀬民謡舞踊保存会の踊りでした。支援する会からの小屋建設の経緯説明、大水上神社の宮本壽宮司の祝詞奏上の後、来賓の祝辞へと続きました。浜田恵造知事は「韓国をはじめ、国内外のみなさまの協力で、お遍路さんの休憩所ができたことに感謝します。ここが、歩いているお遍路さんを温かい気持ちにさせる場所になり、末永く愛されることを願います」と述べました。

 横山忠始・三豊市長は、三豊市が韓国陜川郡と交流を続けていることに振れ、「日本と韓国の友好を深める場になる」と話しました。また、衆議院解散で前議員だった大野敬太郎さんも、選挙準備の忙しい中を出席し、「ヘンロ小屋の心を、子どもたちにつないでいただきたい」と訴えました。

 テープカットは地元の高瀬中学校、上高瀬小学校の生徒、児童も混じって行われましたが、遍路文化の継承の場であることを示す思いからです。続いて歌さんが「屋根は茶の葉をイメージし、屋根の先が上がっていて、元気で出るように考えた」と、小屋のデザインを説明しました。小屋は支援する会から、地元で維持・管理してくださる「まちづくり推進隊高瀬」に寄贈し、崔さんと支援する会のメンバーが贈呈目録を手渡し、落成式をしめくくりました。
 第2部「そして、未来へ」では、新たに組織された「へんろ小屋高瀬おせっ隊」の香川福美さんが、「たくさんのお遍路さんが立ち寄っていただけることを楽しみにしています」と述べ、翌日から日を決めてお接待をすることを伝えました。高瀬茶業組合の大西保徳組合長、白井義人理事長、NPOおたすけネットワーククラブ監査役の亀山啓司・支援する会香川支部長、小屋建設の実行委員会の委員長を引き受けてくださった「まちづくり推進隊高瀬」の宮�史郎・事務局長らが紹介されたり、あいさつをしたりして式は進みました。最後に茶の木の記念植樹をし、式典を終えました。

http://www.geocities.jp/henrogoya/topics/topics63nikkan.html 



人気ブログランキングへ