韓国外交部


PYH2016042213760001300_P2 (1)


■九州の被災地へ救援物資 午後に軍輸送機で=韓国政府 2016/04/22 12:00 聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2016/04/22/0400000000AJP20160422002200882.HTML

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は22日、熊本県など九州地方で相次いだ地震により甚大な被害を受けた地域に救援物資を送ると発表した。

 毛布やテント、ミネラルウオーター、レトルトご飯などで計10万ドル(約1100万円)に相当する。同日午後、2機の軍輸送機(C130)で熊本県に輸送する。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は18日、安倍晋三首相へお見舞いの電報を送り、支援の用意を表明した。尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官も岸田文雄外相にメッセージを送った。 

kimchiboxs@yna.co.kr

■熊本に韓国軍輸送機が支援物資運ぶ 4月22日 19時30分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160422/k10010494501000.html

熊本地震の被災地に支援物資を運ぶため、韓国空軍の輸送機が、22日午後、熊本空港に到着しました。

韓国空軍の2機のC130輸送機は、22日午後、韓国を出発し、午後4時すぎ、熊本空港に着陸しました。2機には飲み水や食料などの支援物資が積まれていて、空港で日本側に引き渡されました。韓国政府から日本政府に対し、支援の申し出があったということで、届けられた物資は今後、自衛隊や民間の車両で避難所に運ばれることになっています。

菅官房長官は、午後の記者会見で、「韓国政府から支援物資の提供の申し出があり、政府間で調整を行った結果、22日午後4時20分ごろ、支援物資を載せた韓国の輸送機2機が熊本空港に到着した」と述べました。そのうえで、菅官房長官は「韓国から日本に対し、レトルトのごはんや飲料水、毛布などの支援物資の引き渡しが行われている。今回の支援は、日韓関係の観点からも有意義なものであり、心温まる支援に感謝したい」と述べました。

 ゴミじゃないか?と・・・。

 ゾロゾロ増えるセウォル号被害者遺族(自称遺族)で話題になった夢のテント生活!メーカーが大量生産し政府がお買い上げた韓国特需の商品が毛布やテント。
 衛生問題でよく回収騒ぎになる韓国ミネラルウォーター事情。その処分は・・・(゚∀゚)
 東北震災にも回収商品を回してたよなw

 商品の詳細情報を探したけど出て来なかった。怖いなぁ(;´Д`A ```



オマケ

 朝鮮日報!

■【記者手帳】熊本地震、韓国人に問われる「真の克日の道」 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2016/04/19 08:10
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/19/2016041900599.html
 
それでも隣国・日本を助けるのが先だ
ネット記事の下には中傷コメント
政府は迅速対応チーム4人派遣しただけ
隣国のため最小限の措置は取らねば

 毎日新聞の米村耕一ソウル支局長は17日、故郷の熊本に急いで行き、戻ってきた。両親に水と生活必需品を渡すためだった。米村支局長の父親は信徒約100人を抱える教会の牧師で、教会の建物で暮らしている。幸いなことに建物は崩れなかったが、飲み水さえまともに手に入らない状況だ。福岡空港に到着した米村支局長はスーパーで生活必需品を買い、車に積んだ。通常なら1時間半ほどの距離だという熊本まで、4時間以上もかかって到着した。道路上は自衛隊車両・消防車・救急車でいっぱいだった。父親は地震発生から数日間、建物が崩壊するのではと心配で車中で寝起きしたという。息子に「大きな地震が夜来るのではと思うと怖い。これから1週間は、大きな地震がまた来る可能性があるというから、みんな不安がっている」と語った。

 今回の一連の熊本地震は農村部で発生、地震後に津波が伴わないため、人命被害は東日本大震災よりも少なかった。しかし、被災者は20万人に達するなど、生活の基盤があちこちで崩れている。残念なのは、大きな不幸に見舞われた隣国の人々に対し、韓国人の温かさが今回はあまり感じられないということだ。熊本地震のインターネット記事の下に付いているコメントには、目を背けたくなるほどの中傷やひどい内容が多い。

 「皆さんが送ってくださった1杯のスープ、1枚の毛布が凍える体や心を溶かしてくれました。皆さんが示してくださった絆(きずな=人と人の間の情やつながりを意味する日本語)に深く感謝いたします」。2011年4月11日、朝鮮日報に掲載された全面広告の言葉だ。広告を掲載したのは当時の菅直人首相だった。1カ月前に2万人の命を奪った東日本大震災の際、韓国が真っ先に救助隊を派遣し、寄付を募ってくれたことに対する感謝の言葉だった。ありがたかったという記憶は簡単には消えないようだ。日本のテレビ番組で昨年、韓日国交正常化50周年について解説した著名ジャーナリストの池上彰氏は「韓国は東日本大震災時に真っ先に救助隊を派遣した国だった。『反日、反日』だというが、有事の際には『私たちは隣人だから』という気持ちで駆け付けてくれる関係だということを忘れないようにしよう」と言った。

 安倍政権の発足以降、韓日関係が悪かったのは事実だが、だからといって人類愛まで放棄することはない。韓国政府が17日、在外韓国人の安全を図るため、たった4人の迅速対応チームを派遣したのも何だか狭量に見える。地震の現場には被災して苦しんでいる多くの人々がいる。こうした人々の支援のため、最小限の措置が必要なのではないだろうか。今回の熊本地震を見ながら、真の克日の道とは何なのか、あらためて考える。

国際部=崔元碩(チェウォンソク)記者

 <ヽ`∀´>


人気ブログランキングへ