1
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/25374_L13_concerttirasi.pdf

主催 高松市教育委員会(笑)

 関係者の氏名が無いw

 高松市教育委員会:コンプライアンスはありまぁす♪


1

p2
平成27年度 当初予算の概要 高松市
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/24350_L14_27gaiyou.pdf

 “文化・芸術”関連事業はほぼ全てパヨク利権だし、生涯学習はモロにwww

 以前、子供にえげつない反米教育施してたクレームが保護者達から出てたでしょ...いつも通りモンスターペアレント扱い(キチガイ扱いw)して破棄しちゃったのかな?

■香川)心に響く戦争の記憶 被爆ピアノ演奏会 2016年8月27日03時00分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ8V3Q2TJ8VPLXB001.html

1
2
3
4
【動画】平和の音響く 被爆ピアノに児童ら聴き入る=田中志乃撮影


 広島で被爆したピアノの演奏会が26日、高松市の三渓小学校であり、児童ら約400人が、ピアノの柔らかな音色に耳を傾けた。

 この日の演奏に使われたのは、爆心地から1・8キロで被爆したアップライトピアノで、いまでは珍しい象牙鍵盤。調律師の矢川光則さん(64)が修理し、全国で演奏会を開いている。

 矢川さんは、ピアノを直した経緯や原爆の影響などを子どもたちに説明し、「自分ができる平和運動のひとつ。平和の種まきをしている」と話した。

 校歌を弾いた6年の久保彩薫(さゆき)さん(11)は「いつも弾くピアノと変わらない弾きやすさだったが、戦争を経験していると思うと、音のひとつひとつが心に響いた」と話した。

■小学校で被爆ピアノの演奏会 08月26日 13時59分 NHK高松放送局
http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034933971.html

n1
n2
n3

子どもたちに戦争や平和について考えてもらおうと、広島に投下された原爆の爆風で壊れ、その後、修復された「被爆ピアノ」の演奏会が26日、高松市の小学校で行われました。

高松市の市立三渓小学校で行われた演奏会には、およそ400人の児童が参加しました。

原爆が投下された爆心地からおよそ1.8キロメートル離れた住宅にあったというピアノには、爆風によって割れた窓ガラスが突き刺さった跡がいくつも残っています。

始めに、「被爆ピアノ」について書かれた絵本が朗読され、戦争の恐ろしさや悲しみを伝えてほしいというピアノに込められた思いが伝えられました。

このあと、小学校の教師がエルガーの「愛の挨拶など2曲を演奏し、子どもたちは、体育館に響き渡るピアノの音色に静かに聞き入っていました。

演奏の後、児童を代表して6年生の大西萌永さんが、「原爆の中を生き残ったピアノは、1つ1つの音にとても重みがあるように感じました」とお礼のことばを述べました。

演奏を聞いた6年生の男の子は、「被爆したピアノなのにきれいなメロディが流れたのですごいと思いました。これからも平和を語り継いでいってほしいです」と話していました。

演奏会は、来月にかけて高松市内の8つの小中学校でも行われるということです。


市長定例記者会見(平成22年6月29日)
日時・場所

(日時)平成22年6月29日(火曜日)午前11時30分~11時50分
(場所)4階会議室

報告事項

1 「第8回スローライフまちづくり全国都市会議」及び「スローライフシンポジウムinたかまつ」の開催について
2 アイススレッジホッケー日本代表監督 中北浩仁氏の高松市観光大使への委嘱及び同氏による講演会の開催について
3 平和記念室開設15周年記念「平和のつどい」の開催について
4 高松市石の民俗資料館・高松市香南歴史民俗郷土館同時開催企画展 岡村剛一郎ダンボールアートの世界~ダンボールで遊ぼう~について
5 市庁舎南側ベランダのフラワーポットへの花の植付けについて

市長説明

 それでは、定例記者会見を始めます。
 本日は、私から、5点について説明します。

 まず、1点目は、「「第8回スローライフまちづくり全国都市会議」及び「スローライフシンポジウムinたかまつ」の開催について」です。
 本市では、スローライフのまちづくりを推進するために、スローライフの考え方を生かしたまちづくりに関心のある自治体の協議会で、岐阜市が会長市を務める「スローライフまちづくり全国都市会議」に加盟し、関連事業の情報交換等を行っています。
 今年は、市制施行120周年という節目の年であり、また、御承知のとおり、瀬戸内国際芸術祭が、いよいよ7月19日から開催される年でもありますので、この機会をとらえ、本市のスローライフに関する魅力、特に、いやしの瀬戸内海や、島々、アート、自転車などを大きく全国的にPRするため、「スローライフまちづくり全国都市会議」を誘致し、瀬戸内芸術祭の開催期間中の7月30日、「第8回スローライフまちづくり全国都市会議(スローライフサミット)」を開催します。
 あわせて、翌日(7月31日)には、本市のスローライフのアイテムとも言えるアートと自転車をテーマにした「スローライフシンポジウムinたかまつ」を開催します。
 サミットは、7月30日の午後4時30分から、全日空ホテルクレメント高松で、また、シンポジウムは、翌日(7月31日)の午前10時から、サンポートホール高松の第1小ホールで開催する予定です。
 シンポジウムは、第1部で、瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクターの北川フラムさんに、アートと瀬戸内国際芸術祭などをテーマに、講演をいただくことにしています。
 また、第2部では、自転車を利用したまちづくりについて、コーディネーターとして、香川大学土井健司教授を迎え、パネリストとしては、私も参加するほか、岐阜県美濃市の石川市長、「高松チャリンコプロジェクト」の小西さん、環境省の中国四国地方環境事務所の三田さんに参加していただき、パネルディスカッションを行います。
 広く参加していただけるよう、周知について、よろしくお願いします。


(中略)

次に、3点目は、「平和記念室開設15周年記念「平和のつどい」の開催について」です。
 この行事については、既に資料を提供していますが、戦争の悲惨さと平和の尊さを訴えるとともに、平和を願う市民の心を永久に継承していくため、高松空襲50周年に当たる平成7年7月4日に「平和記念室」を市民文化センターに開設し、今年で開設15周年を迎えることを記念して、7月4日を「平和を願う日」として位置付け、「平和のつどい」を開催します。
 その内容ですが、胎内被爆者でジャズピアニストの好井一條(よしいいちじょう)さんの、広島で被爆したピアノを修復した「被爆ピアノ」のコンサートと、作家で翻訳家の池田香代子さんの「世界がもし100人の村だったら」という著書を題材にした講演を、午後1時から、市民文化センターの3階講堂で開催します。
 あわせて、市民文化センターの1階広場では、正午から午後1時まで、小学生が「じゃんぼ折り鶴」に挑戦し、平和へのメッセージを書いていただきます。
 また、5階のプラネタリウム室では、午前11時と午後4時10分からの2回、「戦場に輝くベガ」の特別投映を実施します。
 是非、この機会に、歴史を学び、戦争を知り、改めて平和について考えていただきたいと思います。


(以下略)

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/13606.html

※高松市で自転車関連事業はどっぷりキムチヤクザ利権!(後述)www

あべしね くたばっちまえアーベ







 人権屋のヘイトスピーチ!反政府活動で平和 (*゜▽゜*)



三渓小学校の教師がエルガーの「愛の挨拶」を演奏
 カルトやんwww

愛の挨拶』(あいのあいさつ、フランス語Salut d'amour )作品12は、イギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した楽曲。

1888年キャロライン・アリス・ロバーツとの婚約記念に贈った曲で、エルガーの作品中では初期のものである。タイトルは当初、ドイツ語を得意としていたアリスのために “Liebesgruss” (意味は同じ)と名付けられたが、出版に際して出版社からフランス語に変更を求められ、“Salut d'amour” としたものであるなお、英語タイトルは "Love's Greeting" という。楽譜の売れ行きは好調だったものの、エルガーには数ポンドの収入しかもたらさなかった。まだ、エルガーには、厳しい暮らしだった。

元々エルガーのピアノの生徒であったアリスは8歳年長(当時39歳)であり、宗教の違い(エルガーはカトリック、アリスはプロテスタントや、当時はまだ無名の作曲家と陸軍少将の娘という身分格差から、アリスの親族は2人の仲を認めなかっ たため、反対を押し切っての結婚であった。



高松市立三渓小学校(たかまつしりつ さんけいしょうがっこう)は、香川県高松市三谷町にある市立小学校

高松市の南東部、三谷地区に位置する小学校である。

当校は三谷町に位置しながら、校名は「三谷」ではなく「三渓」であり、読みも「みたに」ではなく「さんけい」と読む。地区名の三谷と同意義ではあるが、地名ではなく人名由来の校名である。このように地区名と一致した名称の小学校が存在しない地区は高松市内ではこの地区のみである。そもそも校名は1900年に姥懐小学校と三谷小学校が合併し、当校が設立された際に初めて名付けられた。この時校名の由来となったのが、その11年前に死去した三谷出身の偉人で明治期における日本の水産業先覚者、藤川三渓ふじかわさんけいである。


藤川三渓

没年:明治22.10.22(1889)
生年:文化13.11.24(1817.1.11)
幕末の勤皇家,明治期の在野の水産界先覚者。高松藩士。讃岐国山田郡三谷村(高松市)生まれ。名は忠猷。天保12(1841)年に長崎の兵学者高島秋帆に入門し,砲術,海利を学び,翌年肥前の五島で捕鯨銃殺法を修得。明治6(1873)年開洋社を設立し,お雇い外国人と共に洋式捕鯨に着手するが失敗。同20年,東京にわが国初の大日本水産学校開校。しかし同年官立東京農林学校水産科開設のため1年足らずで閉校。同22年大阪に水産学校創立,同年74歳で没。著作に『捕鯨図識』『海国急務』『水産図解』『水産製造新編』『漁撈新論』などがある。<参考文献>片山房吉「藤川三渓小伝」(『大日本水産会報』664,665号),天川維文『藤川三渓・人と業績』(伊藤康宏)

https://kotobank.jp/word/藤川三渓-1105192

 水産業!
 乱獲から麻薬密輸@暴力団まで、シーフード関係は酷いからなぁw
 元凶は(ry



高松市教育委員会(笑)




 “平和”を掲げる団体は(ry



被爆ピアノをニューヨーク



 この辺りの残党も合流かね?


 中・韓御用達のニューヨークタイムズで掲載されたニダ!



自転車


 TEAMGOGO!2007の団体員(早稲田大学生ら)が、わざわざ高松市にやってきて自転車PRしてた記事を書いたんだが...消しちゃった??

 その系譜が自転車の「めぐりん」カード。




 自転車で四国巡り事例。







 アメリカを相手に戦っている北朝鮮について、教育者のコメントをお願いします♡



人気ブログランキングへ