沖縄への修学旅行は辞める方向と聞いた事があるんだが...まだやってたのかw
 企画した初期メンバー達が続々とやらかしてるんでそ?

平和の願いを沖縄へ 千羽鶴託す
05月18日 17時45分

8033298911_m

平和への願いを沖縄に届けようと高松市の小学生たちが作った折り鶴が、修学旅行で沖縄に向かう中学生に手渡されました。

高松市の鶴尾小学校の校区にある2つの文化センターでは、毎年、小学生が折った折り鶴を千羽鶴にして、沖縄へ修学旅行に向かう中学生に手渡し、沖縄に届けてもらっています。
ことしも放課後などを利用して合わせて4000羽の鶴が折られ、18日代表の児童4人が自分たちが作った千羽鶴を持って、近くにある鶴尾中学校を訪ねました。
児童たちは「平和を願う気持ちを沖縄まで届けてください」とあいさつして、千羽鶴を中学校の生徒たちに手渡しました。
千羽鶴を受け取った男子生徒は「たくさんの鶴を折ってくれてありがとう。千羽鶴に込められた願いを沖縄まで届けます」と応えていました。
この中学校では、今月末から3年生およそ20人が修学旅行で沖縄を訪ね、戦争や平和について学ぶことになっていて、千羽鶴は糸満市にある平和祈念公園にささげられるということです。
千羽鶴を手渡した小学校3年生の女の子は「差別のない平和な社会を願って、一生懸命折りました」と話していました。
また千羽鶴を受け取った中学校3年生の男子生徒は「千羽鶴から1人1人の平和への願いが伝わってくるようです」と話していました。

鷺田村小学校事件(さぎたそんしょうがっこうじけん)とは1915年(大正4年)香川県香川郡鷺田村大字坂田[1]の鷺田村小学校で起こった部落差別事件である。

当時、被差別部落出身者とそうでない者を児童・教員ともに別学級・別校舎で授業を受けさせていたが、1915年に当時の香川県知事・若林賚蔵がその現状を改めるため、被差別部落者とそうでない者を統合して教育を受けさせる統合教育を命じた。しかし、被差別部落以外の保護者が児童を転校させたり同盟休校させるなどで学校が混乱し、それを収拾するため被差別部落出身の教員が辞職に追い込まれた。

幼いころから被差別部落民との交流があった宮武外骨はこの事件を知り、部落差別は人権問題であり、差別根絶には法規制が必要と痛感。「差別的言辞を用いて人を侮辱する者は一年以上の懲役に処す」との法律条文を設けるべしと雑誌で主張するなど、部落差別の不当性を一貫して訴えた。

その後事件のあった鷺田村小学校は高松市立鶴尾小学校に名を変え、戦後、事件の余波や校区内の同和地区の存在もあいまって部落差別に関する同和人権学習が特に積極的に行われるようになり、21世紀に入ってもその傾向は続いている。



ひめゆりの塔事件(ひめゆりのとうじけん)は、1975年7月17日沖縄県糸満市で発生した、日本の新左翼過激派による皇太子明仁親王(当時)および同妃美智子に対する2つのゲリラ事件の総称である。

皇室としての第二次世界大戦後初の沖縄県訪問に際し、皇太子および同妃に、新左翼党派・沖縄解放同盟準備会(沖解同(準))と共産主義者同盟(西田戦旗派)の各メンバー2人が、潜伏していた洞窟(ひめゆりの壕)や白銀病院から火炎瓶やガラス瓶、スパナ、石を投げつけたテロ事件。皇太子および同妃や関係者に大きな怪我はなかった。

沖縄復帰後に開催された沖縄国際海洋博覧会に際して、皇太子および同妃が沖縄県を訪問し、献花のために糸満市にあるひめゆりの塔を訪れることが伝えられた。これは皇族による第二次世界大戦後初めての沖縄訪問だった。戦後まもなく全国各地を回った「戦後巡幸」の際、昭和天皇は「戦争を防止出来ず、国民をこの災禍に陥らしめたのはまことに申し訳ない。この際、位を退くことも1つの責任の果たし方だろうが、私は親しい者を失った人、困っている人の所へ行って慰めてやり、働く人を励ましてやって、1日も早く日本を再興したい。そうすることが新憲法の精神に従った国民と皇室との関係を確立できるのではあるまいか」と、その志を側近に述べている。

「沖縄人自身による沖縄解放」を掲げていた沖縄解放同盟準備会は、1975年初頭には「流血も辞さないたたかいで皇太子上陸を阻止する」と宣言し、十五年戦争における大日本帝国による侵略植民地主義弾劾」沖縄戦における日本軍による住民虐殺弾劾」及び「(その最高責任者である)戦争犯罪人・ヒロヒトおよび、その代理人である皇太子を糾弾する」として、1か月間の「皇太子上陸阻止闘争」を展開することを決定した。沖解同(準)は「前段闘争」として、6月18日摩文仁の丘の日本軍慰霊塔に「日本軍の残虐行為を許さないぞ」、「皇太子沖縄上陸決死阻止」、「大和人は沖縄から出て行け」、「皇太子帰れ」などとペンキ落書きをした。

沖解同(準)は、最終的に7月10日に「『ひめゆりの壕』に潜伏し皇太子を待ち受け火炎瓶と爆竹を投擲する」という方針を決定し、同派メンバーの知念功と西田戦旗派のメンバーの2人が、「ひめゆりの壕」に11日に潜入した。知念は、沖縄史ととりわけ沖縄戦の記録を読み漁ったあとに、壕に潜入したという。知念は後に、「この『闘争』は、皇太子および同妃の暗殺殺傷が目的ではなく、皇太子及び皇族を『裁判闘争』に引き摺り出して『天皇制戦争責任』を追及することが最終目的だった」と主張している。

また、屋良朝苗沖縄県知事の意向を受けた沖縄県労働組合協議会(県労協)は、幹部三役のみの会議によって「海洋博反対」、「皇太子訪沖反対」については取り組まないことを決定するが、在日米軍基地労働者で構成する全軍労(のちの全駐労)や自治労沖縄などの労働組合によって、海洋博会場付近および那覇市内、糸満市など沖縄南部などでの沖縄各地でのデモや、様々な業種での時限ストライキや抗議職場集会が実行され、延べ数万人が「皇太子訪沖反対」の意思表示を行なった。







 オザーサーンwwww


 暴走族(暴力団のパシリ、ステッカー商法他)→暴力団のエリートコースw


 この昭和40年前後世代がうどん県庁でいろいろやってるんだよなぁ(ボソ
 「山本」の名前が検索しても出て来ないなぁ。


 ↑南古馬場でスナックやってたよ。

 もう少し年配の高松中央市場界隈の方達とマルナカ(太陽水産とかw)の方達が妙に詳しいのんっ。
 例えば「おさかな天国」の人w




はよ除鮮しようずwww

 エアソウルでサクっと帰れるやんwww
 やる事成すこと「改悪」になるんだから!祖国で暮らし易いドリームランド作ればいいやんwww


人気ブログランキングへ