あ~キムチ悪っ
 こんなもん高校生主導でDisりまくろうずwww
 学生を利用する時点でd(≧◇≦;) アウト!っしょ。

「I LOVE」OLIVE ver.
PEACE VOICE ENTERTAINMENT
2017/07/12 に公開

数々の人気恋愛番組のテーマソングを提供した実績のあるnaoが企画した
究極の恋うた制作プロジェクトの第1弾!

★★現役高校生の2人組「OLIVE」が歌う
   『「I LOVE」OLIVE ver.』が公開!!★★

映像は、数々の著名アーティストのMVを制作してきた東京No.1の山口保幸氏が監督を務め、撮影の舞台として、愛と平和の象徴であるオリーブが名産で、“愛の島”といわれる香川県の小豆島をnaoがセレクト。

キャストには元宝塚で女優兼歌手兼芸人として活躍している彩羽真矢さんと、急上昇中の俳優・上田弘治さんを起用。
究極の恋うたにピッタリなOLIVEにまつわる胸キュンのストーリーを御覧ください!
プロジェクトホームページ:http://olive-ilove.com/

 現実を直視すると、“友愛”や偽装・詐欺事件が有名。豊島(てしま)産廃も。民間・行政ともに金銭トラブルは絶えない(゚∀゚)

 とりあえず、手で「O」と「I」を交差する動作は辞めなさい♀♂ 小豆島だけに狙ってやってるとしか考えられない。HENTAI毎日新聞waiwai問題事例だと、責任者は全員昇格!

 歌ってる女子高生2人の名前と顔が無い処がまたなんともw

オリーブMVプロジェクトの楽曲が完成、小豆島の高校生が歌う曲「『I LOVE』OLIVE ver.」の配信がスタート
2017.07.20 18:25 更新

 オリーブMVプロジェクトチームは、音楽プロデューサーのnao氏のオリジナル楽曲「I LOVE」のミュージックビデオを制作し、7月13日の楽曲(「I LOVE」OLIVE ver.)発表にあわせ、映像配信を7月13日から開始した。

20170719oliev_01

 この映像は、数々の人気恋愛番組のテーマソングを提供してきた実績のあるnao氏が、究極の恋うたを制作する企画を立ち上げたことに賛同したオリーブMVプロジェクトチームが制作したもの。映像の監督には、数々の著名アーティストのMVを制作してきた東京No.1の山口保幸氏を起用。ミュージックビデオの舞台には、愛と平和の象徴であるオリーブが名産で、“愛の島”といわれる香川県の小豆島をnao氏がセレクトした。キャストには、元宝塚で女優兼歌手兼芸人として活躍している彩羽真矢さんと、急上昇中の俳優・上田弘治さんを起用。究極の恋うたにピッタリな、OLIVEにまつわる胸キュンのストーリーとなっている。

 また、地元のオリーブ農園「井上誠耕園」の全面的な協力も得て、ストーリーのカギとなるオリーブ農園での撮影を実施。その他、小豆島の人気スポットも数多く紹介し、観光客アップにつながれば、という願いを込めたという。

 ボーカルは、2017年に統合で小豆島唯一の高校となった小豆島中央高校の学生から募集し、見事オーディションに合格した歌ウマ女子高生が二人組ユニット「OLIVE」を結成。この歌声にも注目だ。

20170719oliev_02

 ミュージックビデオでは、音楽を元I WiSHの人気プロデューサー・nao氏が作曲。ミリオンセラーとなった「明日への扉」を彷彿とさせる究極の恋うたに仕上がっている。監督を務めるのは、数々の人気アーティストのミュージックビデオを手がける、MV界の巨匠・山口保幸氏。撮影・編集テクニックを駆使して、楽曲にふさわしい映像クオリティに仕上げている。

 ストーリーは、小豆島に旅行で訪れたあるカップルのプロポーズを描いた。彼氏が「OLIVE」というつづりの「O」と「I」を入れ替えると「I LOVE」になることに気がつき、そのメモを見た彼女が彼のプロポーズに対して、入れ替えポーズで返事をするという、ちょっとコミカルで、最後には感動できる物語となっている。

20170719oliev_03

 撮影の舞台となったのは、愛と平和の象徴であるオリーブが名産の小豆島。観光スポットとして有名な「エンジェルロード」、「二十四の瞳映画村」、「西之瀧」、「サイクリングロード」、「井上誠耕園忠左衛門」。キャストには、元宝塚の人気タレント彩羽真矢さんを起用しており、普段見られない演技にも注目してほしいとのこと。ボーカルは、地元の高校からオーディションで選ばれた女子高生を起用。nao氏も絶賛する奇跡の歌声となっている。

 ボーカルオーディションを勝ち抜いたのは、小豆島中央高校に通う高校生二人組。小豆島の名産で、楽曲のテーマにもなっている愛と平和の象徴「OLIVE」をアーティスト名とした。県立小豆島中央高校は、今年4月に県立小豆島高校と県立土庄高校が統合して新設された新たな学校。今回の楽曲を歌う二人の女子高生は、偶然にも元小豆島高校と元土庄高校の出身で、二つの高校に通っていた生徒が、一つの楽曲を歌うことになったことは、まさに愛と平和の象徴にふさわしい出来事となったといえる。

オリーブMVプロジェクト ホームページ=http://www.olive-ilove.com

△みなさまの健康と暮らしを応援するポータルサイト「マイライフニュース Mylife News Network」
http://www.mylifenews.net/other/2017/07/mvi-loveolive-ver.html

朝鮮半島平和統一ストーリーみたい

↓1件wwww

小豆島中央高校 I LOVE - Twitter検索 via kwout



 Youtube再生回数で話題にするなら、PSYを絡めたらどうよ。
 小豆島なんだから、JASRACと悪だくみ練ったり、韓流スタンダード仕様↓は得意っしょwww

・2013年11月05日【起亜主催 第1回ユーチューブ音楽賞】ジャスティン・ビーバー、レディ・ガガ、ワン・ダイレクション、エミネムらを押し退け少女時代が受賞した瞬間、全米が凍り付くホラー動画
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51467806.html

数々の人気恋愛番組のテーマソングを提供した実績のある音楽プロデューサーnaoが、究極の恋うたを制作するため、オリーブMVプロジェクトをスタート。

STORY
小豆島旅行へ来た一組のカップル。
海辺を走るサイクリングロード。絶景の階段がある山上のお寺。
オリーブオイルを贅沢に使った絶品グルメ。
はしゃぐ彼女をよそ目に、どこか上の空の彼氏。
そんな旅の途中のオリーブ畑で、忘れられない出来事が…。

s1

STAFF
アカウントマネージャー 鈴木明美(ADK)
シニアアカウントエグゼクティブ 戸田 豊(ADK)
シニアアカウントエグゼクティブ 安藤英洋(ADK)
プロジェクトプロデューサー兼プランナー 岡田尚明(ADK)
プロジェクトディレクター兼プランナー兼 PR 府内成憲(ADKアーツ)
音楽プロデュース、作曲 nao(ピースボイスエンターテイメント)
監督 山口保幸(東京 No.1)
助監督 脇田政法(東京 No.1)
制作ディレクター 森村啓治(Penseur)
演出兼アートディレクション 高森愛子(Penseur)
撮影協力 井上誠耕園
http://olive-ilove.com/

nao(なお、1980年12月13日 - )は、日本作曲家編曲家・音楽プロデューサー。本名:菅原 直洋(すがわら なおひろ)。東京都北区出身。学校法人イーエスピー学園海外部特別講師。妻はタレントのおかもとまり

略歴

  • 1993年4月 - 私立海城中学校に入学[1]
  • 1996年3月 - 私立海城中学校を卒業。
  • 1996年4月 - 私立海城高等学校に進学。
  • 1999年3月 - 私立海城高等学校を卒業。
  • 2000年4月 - 成蹊大学に入学。
  • 2002年 - 川嶋あい(ai)とI WiSH(アイウィッシュ)を結成。
  • 2002年10月 - 『明日への扉』がフジテレビ系「あいのり」の主題歌に採用される。
  • 2003年2月14日 - ファーストシングル『明日への扉』でSME Recordsより正式メジャーデビュー。ミリオンセラーを記録する。
  • 2004年3月 - 成蹊大学を卒業。
  • 2005年3月24日 - アルバム『WISH』のリリースをもってI WiSHを解散[2]。以後は川嶋あいのサウンドディレクターを担当しつつ作曲家・編曲家としての活動を本格的に開始する。
  • 2007年12月4日 - 元歌手で自身がプロデュースをしていたasと結婚した事をブログで告白[3]
  • 2008年5月4日 - 第一子(長男)が生まれる[4]
  • 2012年1月9日 - 妻と死別したことをブログで告白[5]
  • 2014年7月14日 - ものまねタレント兼グラビアアイドルのおかもとまりとの交際を報じられる[6]
  • 2015年4月13日 - おかもとまりと結婚したことを発表[7]

メディア活動

テレビ

その他の実績

  • 中国(大連)服飾紡績博覧会2011(大連ガールズコレクション) - 日本サイドのプロデューサーとして参加[8]
  • 北京現代音楽研修学院 - 客員教授




>絶景の階段がある山上のお寺。
長勝寺 奥之院西之瀧

 そこ、オウムみたいなぱよちん寺w

2012年01月19日
島霊場42番札所 西之滝(まめこ)

小豆島の霊場に行くなら、山岳霊場がぜったいおすすめ!
今回は、山岳霊場のうちのひとつ、「 西之滝」をご紹介します。
西之滝は、「第33番札所 長勝寺」の奥の院で、お寺は竜水寺です。

何度かこのブログで護摩焚きの紹介(ラブ編・ニーナ編)もさせていただいていますが、今回は西之滝・竜水寺のご紹介。

山岳霊場と聞くと、山登りをしなくちゃいけないの?と思われがちですが、そんなことはありません。ここ西之滝は、山門の手前まで車で上ることができます。

駐車場につき、石灯籠に挟まれた階段を上っていきます。

E8A5BFE4B98BE780A7E291A6-thumbnail2

前ばかりを見ないで、何度か振り返ってみてくださいね。
素晴らしい景色が広がっています。

岩肌に沿うようにして、お堂と行場があります。

E8A5BFE4B98BE780A7E291A4-thumbnail2
左:護摩堂 (ここで、護摩焚きが行われます。)
右:東の行場 (もう一か所、西の行場もあります。)

本堂はこちらです。

E8A5BFE4B98BE780A7E291A9-thumbnail2

お堂の中には自然石でできた洞窟があり、進んでいくと、竜王様が祀られています。

行場にも挑戦です!

怪我人もでることがあるので、くれぐれも注意してくださいね。

すっぽりと座れる、瞑想するのにちょうどよい場所があります。
まさに、パワースポット!!

この素晴らしい景色を見ながら、西之滝の行者・小林龍應(りゅうおう)さんのありがたいお話をいただきました。「身体は、食べ物を食べてパワーをつけることができるけど、心はどうやって満たしていますか?心も、こういったパワースポットでお腹いっぱいにしてあげないと。」

西之滝では、毎月28日朝6時から、護摩焚きをしています。どなたでもご参加いただけますので、小豆島にお越しいただけるときがありましたら、ぜひお越しくださいね☆
http://shimaradio.seesaa.net/article/246665344.html



565b7d663ac32cab52bba2b0257ce151
Photography: Hideaki HamadaPHOTOGRAPHY: HIDEAKI HAMADA

SHODOSHIMA 強く生きるための、智恵と健康法を授ける|Meet the Monks (4)
RYOKO KURAISHI, 2017/07/18

西之瀧は800年以上の歴史をもつ、小豆島最古の霊場。本殿のある岩窟には、龍水と呼ばれる清水が湧く。断崖に立つ護摩堂からの夕暮れは、「天空の霊場」という別名に恥じない荘厳さ! とはいえ、ここに通う人たちの目的は夕暮れでも水でもなく、小林龍應住職である。

60歳までは一般企業のサラリーマン。祖父が名のある先達だったこともあり信仰には興味があった。仏門を志すにあたり、つらい修行をせずとも得度すればいいと言われたが、「それでは人の苦しみを理解できない」と、高野山での修行を選ぶ。ところが高齢が災いし、修行を許してくれたのは、とりわけ厳格な戒律とハードな修行で知られる新別所のみ。
「この機会を逃したら次はないとわかっていました。だから母親が死んでも家には帰らない覚悟でしたね」

修行を終え、阿闍梨の称号を得てこの寺にやってきた。高野山で出合った密教ヨーガに惹かれて勉強を続け、今ではここ、西之瀧で密教ヨーガと呼吸法のレッスンを行っている。住職と話がしたくて、たくさんの人が教室にやってくる。
「深い呼吸で体内に新鮮なプラーナを取り入れ、チャクラを満たすんです」

住職の穏やかな語り口に従って身体をねじり、深い呼吸を繰り返す。最後にしばし、真我の瞑想。それだけで生き返ったようにリフレッシュしていた。
「人間はね、自分を癒す大きなエネルギーをもっています。それを目覚めさせるのが祈り。心の力を高めるのがヨーガ。それだけで心も身体も強くなり、しなやかに生きることができるんですよ」

小豆島霊場 第42番 西之瀧 龍水寺
小豆島町池田558
TEL: 0879-75-1818
http://www.papersky.jp/2017/07/18/meet-the-monks-4-ryuou-kobayashi-nishinotaki/

FaceBookより
https://www.facebook.com/ryuuou.kobayashi

 I am not ABE
k1
k2
k4



 アメリカ、イギリスが賛同した安保法案に反対する坊主www

k4
d(≧◇≦;) アウト!


k6
光の戦士!

k5


 兵庫県西宮市か...

 でもって北朝鮮ミサイルはスルーwwww





【関連記事】
・2016年01月03日【カルト宗教で恋人の聖地「小豆島」】高山右近を慕う隠れキリシタンの娘タエは「エンジェルロード」を渡って何処へ
http://blog.livedoor.jp/kimuchiudon/archives/1049063272.html


人気ブログランキングへ