このイベント、いいのかい??
 いつも通り思考がまんま「マルチ商法」なんだがw

浜田香川県知事がブロガー通じ「さぬきの美食」PR
[2018年2月1日1時40分]

thumb-12168-02013871-domestic
香川県の浜田恵造知事(右から3人目)はうどん脳(左端)らと「さぬき」の「うまいもん」をPR

 香川県は大阪市北区のウェスティンホテル大阪30日、大試食会「さぬきうまいもん祭り」を開催、SNSで影響力を持つブロガーらを招待して、「うどん県。それだけじゃない香川県」の魅力をPRした。

 イベントには同県の浜田恵造知事も出席。オリーブオイルソムリエ黒島慶子氏や、芸人コンビの丸亀じゃんごらとともに、香川県産オリーブオイルを紹介した。今年は小豆島にオリーブが初めて植栽されてから110年の節目。昨年米ロサンゼルスで開催された品評会に出品した14カ国600点の中でも、2点の同県産オリーブオイルが金メダル賞を受賞するなど、国際的に高い評価を受けたという。この日は、グルメタレントの枡渕祥与がラインライブで生中継を行う中、アイスクリームにオリーブオイルを掛けて食べるスタイルなど、美食ブロガー達を納得させるメニューを紹介した。

 また、さぬき麺業の香川政明社長は讃岐うどんを使った特別メニュー「讃岐コーチンおろし金時人参の讃岐うどん」を自ら振る舞ったほか、讃岐うどんの人気ゆるキャラ「ツルきゃら うどん脳」が登場して、会場を盛り上げた。他にも希少糖のハイボールや日本酒、オリーブ牛のステーキなど、「うどんだけじゃない」同県の豊かな食材が並んだ。今年は瀬戸大橋開通30周年の記念の1年でもあり、浜田知事は「未来へつながる橋を渡ってぜひ香川へお越し下さい」と笑顔で話した。
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201802010000035.html





 讃岐三畜wwwwwwwwwwwwwwwww


高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う移動制限区域の解除及び香川県鳥インフルエンザ対策本部会議の開催について
公開日:2018年2月4日

高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う移動制限区域の解除及び香川県鳥インフルエンザ対策本部会議の開催について
 

 香川県は、さぬき市の農場での高病原性鳥インフルエンザ発生に伴い、発生農場から半径3km以内を移動制限区域に設定していますが、平成30年2月4日(日曜日)24時までに同区域内で新たな発生が認められなければ、国と協議の上、同区域を解除し、併せて全ての消毒ポイントを廃止します。これにより今回の高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う全ての防疫対応を終了します。

 また、平成30年2月5日(月曜日)9時15分頃に香川県鳥インフルエンザ対策本部会議を開催します。

 詳細は添付ファイルを御覧ください。

ダウンロード
高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う移動制限区域の解除及び香川県鳥インフルエンザ対策本部会議の開催について(pdf形式 56 KB)
http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/etc/web/upfiles/wbr38l180204152912_f01.pdf

担当課
農政水産部 畜産課
お問い合わせ
電話:087-832-3428
FAX:087-806-0204
メール:chikusan@pref.kagawa.lg.jp
http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir6/dir6_4/dir6_4_5/wbr38l180204152912.shtml

k3

 香川県による簡易検査で判別付かなかった新型ですぜw
 岡山県は2月中旬まで消毒作業してますよw


k1
k2
香川県高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザ防疫マニュアル 平成24年4月 香川県
http://www.pref.kagawa.lg.jp/chikusan/ai/HPAImanual.pdf

 「畜産関係イベント」「開催中止」(*゜▽゜)ノ

 「畜産関係」を定義して貰わないと会話が成り立たなさそうwww
 言った/言わない、意味が違う他、モノスゴイ詭弁が多いからな。



さぬきうまいもん<`∀´*∩

sa1
https://www.kensanpin.org/umaimon/



↑↓市民連合@かがわ代表近藤浩二・元香川大学長

 ハナからルール守る訳が無いわなwwwwwwwwwwwwwwww


新梅田シティ
 【STOP!土地差別】危ないから再開発 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



民事再生法適用申請問題

当時「ウェスティンホテル大阪」を経営する「アオキ・アーバン・デベロップメント」(同市北区、安冨國詞社長)は2003年6月24日、東京地裁に民事再生法の適用を申請、保全処分決定を受けた。負債総額は約315億円で同ホテルは営業を続けながら支援先の選定を進めた。同社は1989年に設立。93年に同ホテルをオープンし営業を続けていたが当時の親会社だった青木建設が2001年に民事再生法を申請、経営破たんしたことで同建設からの債権回収が困難となったことや周辺ホテルとの競合で利用客が減少し資金繰りが悪化していた。  アオキ・アーバン・デベロップメントの2002年の売上高は61億円、経常損失は7億5000万円。債権者は約620人であった[2]

残業代未払い問題

2013年3月、従業員に残業代などを支払っていなかったとして、大阪労働局天満労働基準監督署は、労働基準法違反の疑いで、同ホテルを運営するテェルウィンコーポレーション(安冨國詞社長)と、同社取締役でもある同ホテルの男性総支配人を大阪地検に書類送検した。総支配人は容疑を認めているという。 送検容疑は、2012年2月16日から同年3月15日にかけ、同ホテルの従業員計21人に残業や時間外労働に対する割増賃金など計約101万円を支払わなかったとしている。関係者によると、従業員の中には月129時間を超える残業をさせられていたにもかかわらず、固定給と定額手当しか支払われていなかったという。 同署は2012年8月、内部告発を受け、同社本社などを家宅捜索していた。同社は過去にも従業員への残業代不払いなどをめぐって3回の行政指導を受けており、同署は再三の指導に従っておらず、同社が組織的にサービス残業させていたと判断した[3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウェスティンホテル大阪

https://ja.wikipedia.org/wiki/青木あすなろ建設







人気ブログランキングへ