私的衝撃ニュース。香港で活躍中の金正恩そっくりさん芸人「ハワードX」がオーストラリア出身だったw


正恩氏の姿は予想外? 「話の通じる指導者」イメージ演出=香港紙
2018/06/13 16:52

【香港聯合ニュース】香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは13日、34歳の若き指導者、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が12日のシンガポールでの朝米(米朝)首脳会談で予想外に落ち着いた姿を見せ、ポジティブなイメージの演出に成功したと報じた。

AJP20180613002000882_01_i
トランプ大統領(右)と笑顔で握手する金委員長=(労働新聞=聯合ニュース)

 同紙によると、核実験やミサイル発射に没頭していた昨年までの金委員長は「狂人」とも呼ばれたが、前日のトランプ米大統領との会談で見せた姿はこれとは正反対だった。

 トランプ大統領と初対面で握手する際にも緊張した様子は見られず、うなずきながら落ち着いてあいさつを交わした。

 金委員長は、話が通じる「普通の国」の指導者のようにトランプ大統領に謝意を示しながら、対話の端々で自然な外交用語を駆使した。トランプ大統領の腕を軽くたたいたりもしたが、これは金委員長がトランプ大統領と同等の立場であることを示すジェスチャーと解釈される。

 韓国与党「共に民主党」のある議員は、「金委員長は朝米会談のために助言を受け、予行演習をしたとみられる」と述べた。一部では、金委員長が先月7~8日に中国・大連を訪問し、習近平国家主席に会った際に、会談に向けて助言を受けた可能性も取り沙汰されている。

 会談前日の11日夜、シンガポールの滞在先ホテルから突然外出して取材陣や観光客に笑いながら手を振ったことも、ポジティブな雰囲気を演出するのに一役買ったと評価される。

 国際紛争を研究し紛争の予防を目指すNGO「国際危機グループ」(ICG)の関係者は「北朝鮮の指導者の異例の外出は、和解ムードを演出するためのものとみられる」とし、「国際社会の制裁を緩和させるため、彼と彼の国に対する共感を引き出そうとしたようだ」と述べた。

 金委員長はこのようなイメージ演出で成果を挙げただけでなく、朝米会談で実利まで手にしたという分析も出ている。

 会談前の実務協議で、米国は「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)という表現を両国の声明に含めることを強く主張したが、共同声明にはCVIDが盛り込まれず、北朝鮮の意向が通った結果となった。これは金委員長の思惑通り、国際社会の制裁解除と経済協力に合わせて北朝鮮の非核化が段階的に行われる可能性を示している。

 だが、今回の朝米会談での姿だけで金委員長を判断してはならず、北朝鮮が「普通の国」として認められるために国際社会との約束を履行するかを見守らねばならないとの指摘もある。

ynhrm@yna.co.kr
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2018/06/13/0300000000AJP20180613002000882.HTML

記事入力 : 2018/06/13 23:14
米朝首脳会談:専門家「最大の勝者は習近平主席」

中国の役割強化
「韓米合同軍事演習の中断…中国が望んでいたこと」
  
 12日に行われた米朝首脳会談の最大の勝者は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長ではなく中国の習近平国家主席―このような分析が示され、注目を集めている。 米ブルームバーグ通信は12日(現地時間)、米朝首脳会談の最大の勝者は疑う余地もなく習主席だと報じた。また、香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)も13日、米朝首脳会談の席に(習主席は)いなかったものの、今回の会談で中国の役割が強化されたと指摘した。

 トランプ大統領と金委員長は、無期限での交渉継続を約束し、米国は韓国との合同軍事演習を中断する意向を示した。北朝鮮もミサイルの試験発射と核実験をここ数か月中断したままだ。米朝首脳会談で合意した内容は、中国が過去数年にわたり主張してきた「中断のための中断」のモデルと一致するとブルームバーグ通信は指摘した。

 このような結果を得るために、習主席は米国の要求通り対北朝鮮制裁を強化する一方、米朝首脳会談の前に金委員長と2度にわたり会談し、金委員長が米朝会談に出席できるよう航空機まで提供した。

 オーストラリア戦略政策研究所のマルコム・デービス首席研究員はブルームバーグ通信に対し、トランプ大統領の外交について「中国と北朝鮮、そしてロシアに誤ったメッセージを伝えた」として「米国が残忍な独裁者を相手にその約束を守る準備ができているのなら、同盟国との安全保障の約束を今後も維持していくということを信頼できるだろうか」と疑問を投げかけた。

 しかし、中国人民大学の成暁河・韓半島(朝鮮半島)問題専門家はSCMPに対し「ワシントンと平壌間の紛争は依然として大きく、1回の首脳会談では解決できないということを今回示した。中国の支援がなければワシントンと北朝鮮が非核化と平和への過程を進展させるのは実に難しい」と中国の役割を強調した。

 さらに「中国と日本、ロシアを含む周辺の国々もこのような取り組みに参加する可能性がある」と述べた。

 中国・北京の政治専門家も「中国はこの局面でいかなる損害も被らなかった」として「中国は韓半島(朝鮮半島)の非核化を促すことが目標であり、米国は(北朝鮮による)核兵器の撤廃計画や明確な(後続)措置がない場合、北朝鮮に今以上の圧力を加えることになる。そのためには中国が必要だ」と述べた。

イ・ヒョンミ記者
NEWSIS/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/13/2018061302761.html


トランプ大統領:カネのかかる戦争ゲームは終わりだ(キリッ


・2018年6月13日水曜日 トランプ・習近平・将軍様・プーチン同盟 vs. 世界連邦軍
http://tokumei10.blogspot.com/2018/06/vs-g7.html



 世界最強武器wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


 朝鮮総連や朝鮮学校で星条旗を振りながらUSA!したらどうなるんだろうか?w

・2018年06月13日 【米朝首脳会談de在日コリアン報道ブーム】KSB瀬戸内海放送も朝鮮総連岡山県本部でインタビュー 関係者の山本悟史(香川県議)、玉木雄一郎、小川淳也、国会MeTooメンバーはスルー?



人気ブログランキングへ