観光業界内には暴力団(反社会的勢力)の存在が有りますw

ka1
http://blog.livedoor.jp/kimuchiudon/archives/1074492077.html
「テーマを絞ってPR」で外国人観光客の増加へ 四国への誘致方法を学ぶ研究会 高松市
09月09日 18:15

ksb1
ksb2
ksb3
ksb4
ksb5

 四国を訪れる外国人観光客を増やそうと、効果的な誘致方法を学ぶ研究会が高松市で開かれました。

 四国運輸局などが開いたもので、四国4県の自治体職員ら約90人が参加しました。今回は、韓国とオーストラリアに対する観光客誘致の方法を学びました。

 日本政府観光局ソウル事務所長の山田敬也さんは、日韓関係の悪化で減少している訪日客は早ければ2、3カ月後には回復するとの見通しを示しました。
 その上で、増加傾向にある40代から50代やシルバー層の観光客を対象に温泉や伝統文化の体験など、テーマを絞ったセールスが効果的と話しました。

(日本政府観光局 ソウル事務所/山田敬也 所長)
「今は、着実に旅行会社や航空会社に対して地元の魅力の情報発信、情報提供をして。次第に回復してくるであろう市場に備えて、今は準備をする時期だと考えている」

 また、四国の認知度が低いオーストラリアに対しては、オーストラリアの人がよく旅行に出かける日本の冬の時期を中心にPRすると効果的だということです。
https://ksb.co.jp/newsweb/index/14731

韓国からのインバウンド”明るい兆し”も
香川2019.09.09 19:09

rnc1
rnc2
rnc3
rnc4

観光面でも緊張状態が続く韓国の今と今後の見通しとは?

四国により多くの外国人旅行客を呼び込むための研究会がきょう、高松市で開かれました。

研究会には四国4県の自治体や観光に関わる関係者などおよそ70人が参加しました。

今回は日本政府観光局のソウル事務所長が講演に立ち韓国の市場動向などについて説明を行いました。

韓国では日本への旅行にキャンセルなどの影響が続く一方、冷静な態度を持つべきとの意見が増えるなど、沈静化に向けた明るい兆しもあるといいます。

その上で、文化や歴史などテーマを絞った旅行パッケージの立案や動画投稿サイトを使った訴求など今後の市場回復を見据え韓国からの旅行客を取り込むための新たな提案も行われました。

国は来年の四国のインバウンド目標を宿泊ベースで5年前のおよそ3倍の125万人としていて、今後も研究会などを通して四国の外国人旅行客の増加につなげたいとしています。
https://www.rnc.co.jp/nnn/news164117812.html


 シャイ・ジャパンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【観光】「Shikoku訪日旅行マーケット研究会2019」の開催について
news 2019.9.5

四国運輸では令和元年9月9日(月曜日)、日本政府観光局(JNTO)、(一社)四国ツーリズム創造機構との共催により、韓国及びオーストラリア市場を対象とした「Shikoku訪日旅行マーケット研究会2019」を開催いたします。

※詳細は添付ファイルをご覧ください。
-添付ファイル
添付ファイルプレス資料PDFファイル
http://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/content/20190905marketken2019.pdf

お問い合わせ:観光部 国際観光課
電話 087-802-6736
http://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/newsrelease/2017/2019-0905-1401-4.html

韓国のキリスト教聖地巡礼ツアー<`∀´*∩
rnc3

http://blog.livedoor.jp/kimuchiudon/archives/1063552422.html

 とてつもない韓流犯罪事情を無視すんなwww
 人身売買やってたんですからwww

・2019年9月9日月曜日 日本政府、韓国用の飛行機発着枠を中国や東南アジアなど希望国に振替え
http://tokumei10.blogspot.com/2019/09/blog-post_73.html

・2019年8月26日月曜日 反日火病基地外だらけの中に自ら飛び込んでどつかれたと文句いうのなら韓国マンセーな日本のマスコミに言え


北朝鮮ミサイル発射!
 韓国をけん制www

GYH2019091000010004400_P2
(機械翻訳)特にチェソンフイ北朝鮮外務省第1次官が前日発表した談話で、「9月下旬頃に合意された時間と場所で、米国側と向かい合って、今まで私たちが議論してきた問題を包括的に討議する用意がある」とし、北米実務交渉再開に言及した直後、今回の打ち上げが行われたという点で、大統領府は、北朝鮮の発射の意図を一層精密に分析することが予想される。
https://www.yna.co.kr/view/AKR20190910042600001

北朝鮮、また飛翔体2発=対米交渉にらみ揺さぶりか
2019年09月10日10時58分

 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は10日午前6時53分(日本時間同)と午前7時12分ごろ、西部・平安南道价川付近から東方向に向けて、飛翔(ひしょう)体を1発ずつ発射した。飛翔体は最大約330キロ飛行したという。

 北朝鮮の崔善姫第1外務次官は9日に9月下旬に米側と「包括的に討議する用意がある」と表明したばかり。対話への意思を示すと同時に、軍事的な威嚇を続ける硬軟両様の構えで、米国に揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。
 北朝鮮は7月25日以降、新型短距離弾道ミサイルを含む飛翔体の発射を繰り返している。今回の発射は8月24日以来となり、8回目。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091000216&g=int

 弾の飛び方の違いで判断が付かないから「飛翔体」と呼んでいた訳だがwww


韓国を攻撃対象とした「超大型ロケット砲」ニダ!

金正恩党委員長の指導の下、新開発の超大型ロケット砲の試射成功
MM00278301
2019年08月27日 【ROCKETMAN】朝鮮日報:北朝鮮の「超大型ロケット砲」は世界最大級である可能性
 北朝鮮は韓国を攻撃対象としたミサイル発射。一方、韓国は竹島から日本へ向けてイージス艦からミサイル発射w

北朝鮮「超大型ロケット砲」試射を報道 「成功した」と発表せず
記事一覧 2019.09.11 08:41

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は11日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が10日に「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の試射を視察したと報じた。北朝鮮は10日午前、平壌北方の平安南道・价川付近から東に向け未詳の短距離飛翔(ひしょう)体2発を発射しており、これを指すとみられる。

 金委員長は「今後、放射砲の特徴である連発射撃実験を行うだけ」と評価し、追加の試射が行われることを示唆した。

 北朝鮮は8月24日の試射についても、「超大型多連装ロケット砲」と説明していた。

 しかし、今回は当時と異なり、「成功裏に行われた」と発表しなかった。

 複数の韓国政府消息筋によると、北朝鮮が前日に発射した短距離の飛翔体のうち、1発は内陸に落ちた可能性がある。東側の島を目標にした飛翔体が内陸に落ちてしまい、今回の試射について「成功した」との発表を控えたとの見方が出ている。金委員長が「追加の試射」に言及したのも、兵器体系の開発が完成していないことを裏付けると受け止められる。

 一方、視察には金委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長も同行した
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190911000200882

 韓国軍が頑張って発表した速報では、飛距離600kmも有りましたw
 補足しきれていないのでしょwww

金正恩党委員長が超大型ロケット砲の試射をまたもや指導

MM00278685
MM00278686
MM00278687
MM00278688
MM00278689
MM00278690
MM00278696
MM00278697
MM00278691
MM00278692

【平壌9月11日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官である敬愛する最高指導者金正恩同志が10日、超大型ロケット砲の試射をまたもや現地で指導した。

敬愛する最高指導者は、超大型ロケット砲の戦闘展開時間を測定しながら、今回の試射で実証する指標について具体的に調べた。

 2回にわたって試射が行われた。

 再び行われた超大型ロケット砲の試射は、試射の目的に完全に合致し、兵器システム完成の次の段階の方向をはっきり決定付ける契機となった。

敬愛する最高指導者は、超大型ロケット砲の兵器システムは戦闘運営上の面と飛行軌道の特性、正確度と精密誘導機能が最終的に検証されたと述べ、今後、ロケット砲の威力上最もはっきりした特徴となる連発試射だけを行えばいいという評価を下した。

敬愛する最高指導者は、朝鮮式の超大型ロケット砲兵器システムの開発において連続的で記録的な成功をもたらしている国防科学研究部門の指導幹部と科学者、技術者の熱烈な愛国心と朝鮮労働党に対する忠誠心を高く評価すると述べ、彼らに感謝を送った。

敬愛する最高指導者は、超大型ロケット砲をはじめ朝鮮式の戦術誘導兵器の生産を最大に引き上げ、国防科学分野の最先端設定目標を引き続き力強く達成していくうえで提起される当面の課題と方途について明らかにした。

朝鮮人民軍の朴正天総参謀長(陸軍大将)と金與正、趙甬元、李炳哲、金正植の各氏をはじめ党中央委員会の幹部、張昌河、全日好、チョン・スンイルの各氏をはじめ国防科学研究部門の指導幹部が試射を共に指導した。---

        (2019.09.11)

 3発発射した可能性w

 北朝鮮の「新型短距離弾道ミサイル」は韓国のミサイルにそっくり報道まだぁ?w

北発射の飛翔体は韓国保有「玄武2」に酷似 太田文雄(元防衛庁情報本部長)
 今月の米韓合同軍事演習前から北朝鮮は弾道ミサイルや新型多連装ロケット砲を発射し続けている。このうち10日と16日に発射した飛翔体は、北朝鮮公開の「新型兵器システム」映像が正しいとすれば、これは韓国が保有する弾道ミサイル玄武2A、即ち米国の陸軍戦術ミサイルシステム(Army Tactical Missile System-ATACMS-)に酷似している。
 また7月末に発射された弾道ミサイルに関しては、5月上旬に数発発射したイスカンデルと同種で、飛距離は約600kmに及び、韓国が保有する弾道ミサイル玄武2Bに酷似している。発射直後に4片の留め金が放出されている点などはそっくりである。
https://jinf.jp/feedback/archives/26831

 暴力、嘘吐き、ルールも約束も守らない誇らしい国家ニダ!w


人気ブログランキングへ