モンゴルで海水魚養殖へ 岡山理科大 環境水使い流通目指す
スクール&キャンパス
 
20190911-00010006-sanyo-000-view
岡山理科大がモンゴルで養殖を始めるハタ類

53b02f6e583d9a75879a6ba63d2da936_2
好適環境水による養殖のための水槽が並ぶ現地の施設

20190911-00010006-sanyo-002-view
モンゴルで海水魚養殖へ 岡山理科大 環境水使い流通目指す

 岡山理科大(岡山市北区理大町)は11日、カリウムやナトリウムなどを混ぜた人工の飼育水「好適環境水」を使い、内陸国モンゴルの首都ウランバートルで海水魚・ハタ類の養殖を23日から始めると発表した。来年11月末までに同国での試験出荷を目指す。国外ではタイとカンボジアでエビの養殖実験を行っているが、市場流通まで視野に入れるのは今回が初めて。

 理科大と現地のモンゴル生命科学大が昨年5月に結んだ教育・研究に関する交流協定に基づく取り組み。生き物の生態に詳しい同科学大の教員がアドバイザーを務め、理科大の学生が交代で現地に駐在して養殖や研究を進める。理科大の教員や学生の研究・打ち合わせスペース「サテライトオフィス(仮称)」も23日に開設する。

 養殖施設は理科大に協力する現地企業が映画館だった建物(約390平方メートル)を改装し、10トン水槽2基と1トン水槽4基、浄化装置などを設置。養殖するのは、いずれもハタ科に属する大型の「タマカイ」の雄と小型の「アカマダラハタ」の雌を掛け合わせた“ハイブリッドハタ”で、同日、稚魚500匹を日本から空輸し養殖を始める。出荷時には1キロ程度に成長する見込み。

 好適環境水は淡水魚と海水魚を一緒に飼育でき、病気になりにくく成長が早い特徴がある。理科大はこれまでにトラフグやクエ、サケなど10種類を国内の市場に出荷している。

 水の開発者で同大工学部の山本俊政准教授は11日、岡山市内で会見し、豊富な石炭資源を誇るモンゴルでは水槽の温度管理のためのエネルギーコストが飛躍的に安く済むと説明。「ハタ類は白身で癖がない。魚を食べる習慣がない現地で受け入れられれば、人々の健康増進にもつながる」などと話した。
(2019年09月11日 21時53分 更新)
https://www.sanyonews.jp/article/938001


カンボジアのときー
 当初(養殖マグロ騒動の頃)、日本へ輸出と言ってたけど書いてないなぁ(;´Д`A ```

プロジェクト研究「カンボジアにおける好適環境水による高付加価値淡水養殖」
実証試験結果報告書(ファイナル・レポート)
平成27年1月(2015年)
独立行政法人 国際協力機構(JICA)
学校法人 加計学園 岡山理科大学
インテムコンサルティング株式会社
(一部引用)

本プロジェクト研究では前年度の成果を踏まえ、カンボジア内陸部(タケオ州周辺)の種苗生産農家を対象に好適環境水(タイプC)を用いた閉鎖循環式エビ養殖方式の確立に向けた実証試験を実施し、生産現場に対応した普及に資する技術として仕上げ、さらに普及を促すために農家レベルでの種苗生産を検証した。


第1章 プロジェクト研究の背景と目的
1.1 プロジェクト研究の背景
近年、学校法人加計学園岡山理科大学(以下、岡山理科大学)で開発された「好適環境水」の養殖への適用が実証されており、閉鎖式循環濾過システムと合わせた養殖方式は場所を選ばない養殖方法として注目されている。好適環境水とは淡水に僅かな量の電解質を加えた水である。好適環境水で魚を飼育すると、魚類は浸透圧調整にエネルギーを費やす必要がなくなり、その分のエネルギーを成長に転換できるため、成長速度が速くなると考えられ、すでにトラフグやニホンウナギで有用性が実証されている。好適環境水で飼育され市場サイズに成長したこれらの養魚は実際に出荷され市場に出回り一定の評価を得ている。
独立行政法人国際協力機構(以下、JICA)は、この日本で開発された好適環境水のメリットを途上国の養殖にも応用する可能性を探るため、2013 年 3 月、カンボジア、ラオス及びタイの三カ国において、基礎情報収集・確認調査を実施した。調査の結果、好適環境水が淡水養殖においても以下の点で優れている可能性があることが確認された。
(1) オニテナガエビの幼生飼育において塩水を遠方より運搬する必要がなくなり、生産コストを低減できる。
(2) サンドゴビーの幼魚期は通常成長が遅いが、「好適環境水」は成長を促進する可能性がある。
(3) バナメイ種やモノドン種のクルマエビ類養殖で問題となっている魚病(EMS等)に対して有効である可能性が高い。
上記の調査結果を踏まえ、JICAは2013年度にオニテナガエビ(Macrobrachium rosenbergii)の養殖が行なわれているカンボジアにおいて、プロジェク卜研究「好適環境水による高付加価値淡水養殖」を実施し、淡水域と汽水域を回遊するオニテナガエビのゾエア~稚エビ期の飼育において好適環境水を使用し、種苗生産における有効性を検証した。試験は、カンボジア国シアヌークビル(コンポンソム州)に位置する日本の無償資金協力を通じて建設された海洋養殖開発センター(MARDeC)にて行われ、2回の試験を通して9タイプの好適環境水の効果を検証した。その結果、オニテナガエビの種苗生産において、好適環境水(タイプC)の高い有効性が示され、地域に依存しないオニテナガエビ種苗生産の可能性が示唆された。
1.2 プロジェクト研究の目的
JICAは、東南アジア地域をはじめアフリカ地域他において、淡水及び海面養殖に係る技術協力を実施しているが、現在の養殖技術では天候や海水温の上昇など自然条件により生産量が大きく左右される。このため、JICAでは、人類が抱える環境問題及び人口増加に伴う食料危機に備え、上記地域において持続的な養殖生産を促すため、自然条件や場所に左右されにくい技術の開発・普及を目指している。このような状況下、岡山理科大学より好適環境水を活用した閉鎖循環式養殖システムにかかる技術支援を得て、「好適環境水による高付加価値淡水養殖」を実施することとした。
本年度は前年度の成果を踏まえ、カンボジア内陸部(タケオ州周辺)の種苗生産農家を対象に好適環境水(タイプC)を用いた閉鎖循環式エビ養殖方式の確立に向けた実証試験を実施した。
これにより生産現場に対応した普及に資する技術として仕上げ、さらに普及を促すために農家レベルでの種苗生産を確認することを目的とした。
http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12185237.pdf




・2015年12月10日 【憚りながらTOC】米財務省、国際的な犯罪組織との積極的な闘い!カンボジア在住の元山口組系・旧後藤組の後藤忠政を金融制裁

 JICA方面の関連記事が1つ削除されてるなぁw


メモw
 マグロのときー

■好適環境水で養殖 理大マグロ出荷 岡山の市場、14年5月以来 (2016年02月16日 11時33分 更新) 山陽新聞
http://www.sanyonews.jp/article/300528

 岡山理科大(岡山市北区理大町)が独自開発した飼育水「好適環境水」で養殖したクロマグロ(愛称・理大マグロ)1匹が16日、同市南区市場の市中央卸売市場に出荷された。体長95センチ、重さ15キロで、「まずまずの値段」(市場関係者)という1キロ1800円で倉敷市の仲卸業者が競り落とした。理大マグロの出荷は2014年5月以来、2回目。

 山本俊政准教授(水産増殖)が、カリウムやナトリウムなどを混ぜて生み出した好適環境水を使って10年7月からクロマグロを養殖。学内の140トン水槽(直径8メートル、水深3メートル)で続けているが、壁面に衝突して死ぬなど飼育が難しく、出荷できるサイズまで成長させるには数年かかることもあり、安定した出荷には至っていないという。

 この日、競りにこぎ着けたのは14年9月から養殖していた28匹のうちの1匹。飼料の工夫などで前回出荷分より成長が速く、養殖期間は2カ月短いものの、重さはやや上回った。山本准教授は「養殖を重ねるたびに、大きさ、生存数とも少しずつ改善している」と説明。生き残った別の2匹を引き続き育てており「まず20キロ以上で出荷するのが目標。陸上でもしっかりとしたマグロが育つよう研究を続けたい」と話した。

 クロマグロの養殖では近畿大が世界で初めて卵からの「完全養殖」に成功。専門料理店を東京・銀座や大阪に出店し、注目を集めている。
http://blog.livedoor.jp/kimuchiudon/archives/1061022607.html

05月13日 18:39 科学・医療. 飼育期間はこれまでの最長、1年8カ月でした。海水魚も淡水魚も生活できる人工の水、「好適環境水」を使った岡山理科大学マグロの養殖実験で、最後の1匹が13日朝、死んでいるのが見つかりました。岡山理科大学では「好適 ...

2019/06/17 - 丘の上の水槽でクロマグロの養殖実験に取り組んでいる岡山理科大学で、34カ月飼育し. ... 岡山理科大学マグロこれいなくなりますが、今後養殖実験についてまだ決まっていません

無題
無題
2016年09月14日 【お 香山リカ大学】好適環境水でブラックタイガー(ウシエビ)養殖、初回上回る成果!陸上でワールドオーシャンファーム?

直営店では、近大マグロをはじめとしてマダイ、ブリ、カンパチなどの近畿大学が手塩にかけて育てた、安心・安全、新鮮な「近大卒の魚」を提供し ... アーマリン近大は、日本各地の養殖業者の方々に優れた稚魚出荷し、水産養殖業界の発展を目指しています。

CZykx23UsAAhbEC
2016年02月26日 【近大マグロ学徒動員】マグロ全滅報道は一部誤りなのよコストがかかるだけ...近大マグロフルレングス生コラーゲン!近大✕UHA味覚糖コラボでビューティーケア産業参入!

 2月22日は竹島の日(*゜▽゜)ノ
 韓国は竹島から日本へ向けてミサイル発射<`∀´*∩


人気ブログランキングへ