Charlie Chaplin - Adenoid Hynkel Speech - The Great Dictator (1940)

独裁者』(どくさいしゃ)または『チャップリンの独裁者』(原題:The Great Dictator)は、1940年に公開したアメリカ映画で、チャールズ・チャップリンが監督・製作・脚本・主演を務めた。

チャップリンが、当時のドイツ国の指導者で、オーストリア併合ポーランド侵攻ユダヤ人虐待などを行ったアドルフ・ヒトラーの独裁政治を批判した作品で、近隣諸国に対する軍事侵略を進めるヒトラーとファシズムに対して非常に大胆に非難と風刺をしつつ、ヨーロッパにおけるユダヤ人の苦況をコミカルながらも生々しく描いている。

1940年10月15日アメリカ合衆国で初公開された。当時のアメリカはヒトラーが巻き起こした第二次世界大戦とはいまだ無縁であり、平和を享受していたが、この映画はそんなアメリカの世相からかけ離れた内容だった。

Charlie Chaplin(チャーリー・チャップリン)

申し訳ないが……。私は皇帝になどなりたくない。私には関わりのないことだ。支配も征服もしたくない。できることなら、皆を助けたい。ユダヤ人も、ユダヤ人以外も、黒人も、白人も。私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。お互いの幸福と寄り添いたいのだ……。お互いの不幸ではなく。憎み合ったり、見下し合ったりしたくないのだ。世界で全人類が暮らせ、大地は豊かで、皆に恵みを与えてくれる。人生は自由で美しい。

チャップリンの史上ベストスピーチ全文「機械よりも人類愛が、賢さよりも優しさと思いやりが必要なのだ」
https://logmi.jp/business/articles/8250

・2014年4月6日日曜日 ヒトラーの愛人、エバ・ブラウンがユダヤ系だったとの英国報道
https://tokumei10.blogspot.com/2014/04/blog-post_6.html

「ヒトラーにユダヤ人の血」 ロシア外相発言にイスラエル反発https://www3.nhk.or.jp › ... › 国際ニュース一覧
2022/05/04 — 【NHK】ロシアがウクライナのゼレンスキー政権を「ネオナチの集団だ」と主張していることに、これまでユダヤ系のゼレンスキー大統領は強…

イスラエル人傭兵、ウクライナでアゾフ連隊と共闘 ロシアhttps://www.afpbb.com › articles
2022/05/05 — 【5月5日 AFP】ロシア外務省のマリア・ザハロワ(Maria Zakharova)報道官は4日、イスラエル人傭兵(ようへい)がウクライナで同国内務省系の軍事 ...
www.afpbb.com からのイスラエル ウクライナ

 ユダヤ系ネオナチA30Bアゾフ大隊(*゜▽゜)ノ


 ↑ウクライナ兵士にナチス崇拝のタトゥーが多い。よくロシア兵がケラケラ笑ってる。

 兵器が足りない!もっとクレと訴えているゼレンスキーさん(*゜▽゜)ノ


「新たなチャップリン必要」ゼレンスキー氏が予告なし参加 カンヌ開幕
2022/5/18 15:32

p11
第75回カンヌ国際映画祭の開幕式にオンライン参加し、演説するウクライナのゼレンスキー大統領=17日、フランス・カンヌ(ロイター)

開幕式にはウクライナのゼレンスキー大統領が予告なしでオンライン参加。演説で喜劇王チャップリンの映画「独裁者」に言及し、ロシアのプーチン大統領を念頭に「独裁者は敗れると確信している」と訴えた。ナチス・ドイツのヒトラーを風刺した1940年公開の「独裁者」についてゼレンスキー氏は、チャップリン作品で初の完全トーキー映画だったことに触れながら「現実の独裁者を破滅させはしなかったが、来たる自由の勝利をうたう声だった」と指摘した。

ロシアのウクライナ侵攻を巡り「再び独裁者が現れ、自由のための戦争が起きている」と述べ、「新たなチャップリンが必要だ」と呼びかけた。会場の俳優や監督ら映画関係者は立ち上がって拍手を送った。

「キャメラを止めるな!」が開幕上映
開幕上映は大ヒットした日本映画「カメラを止めるな!」をリメークした、フランスのミシェル・アザナビシウス監督による「キャメラを止めるな!」が飾った。ゾンビ映画を撮影することになった監督らを描くコメディーで会場は爆笑に包まれた。

両作品に出演している竹原芳子さんもアザナビシウス監督らとレッドカーペットを歩き、上映会に参加。終了後、観客から約5分間拍手が送られると満面の笑みで応え、感極まったように目を拭う姿も見られた。(共同)

p2
第75回カンヌ国際映画祭のオープニングセレモニーに参加し、写真撮影に応じる竹原芳子さん=17日、フランス・カンヌ(ゲッティ=共同)
https://www.sankei.com/article/20220518-CHFYTH4NPRM6DF6EU7SZFSN7HE/

Coupez ! - Bande-annonce (VF)

Final Cut (FrenchCoupez !) is a 2022 zombie comedy film directed by Michel Hazanavicius. It is a French remake of the 2017 Japanese film One Cut of the Dead. It stars Romain Duris and Bérénice Bejo. The film revolves around a crew remaking the film depicted in the original film. Yoshiko Takehara reprises her role as a producer.[3]

The film was released in France on 17 May 2022, and for screening at the Cannes Film Festival as its opening film the same day.[4]


In April 2022, the 
Ukrainian Institute urged the festival and Hazanavicius to rename the film's French title, Z (comme Z), as the letter Z had become a militaristic symbol in support of the Russian invasion of Ukraine. Hazanavicius at first said it was too late to change the title but he made sure that the film would be referred to exclusively by the international title, Final Cut, during the festival.[10] However, on 25 April 2022, it was announced that the French title was changed to Coupez !.[11]


ピエール・レスキュール - イケメン特集!第72回カンヌ国際 ...https://front-row.jp › album › image
ピエール・レスキュール. カンヌ国際映画祭の主催者. 記事本文に戻る ...

[4]業界の申し子、レスキュール会長 - 林瑞絵|論座https://webronza.asahi.com › culture › articles
2015/09/02 — さて今年2015年からは、ティエリー・フレモーとタッグを組むべく、ピエール・レスキュールという人物が新しくカンヌ映画祭に加わり、ジル・ジャコブの ...

 臭うでしょw

Pierre Lescure (born 2 July 1945) is a French journalist and television executive. He is known for having founded the French TV music show Les Enfants du rock broadcast on public television from 1981 to 1988 and for having led the French Canal+ channel from its creation in 1984 to 2002. Since 2015 he has been the president of the Cannes Film Festival.[1]


He is the son of 
François Lescure, French Resistance member and journalist for the French communist daily newspaper L'Humanité, and the grandson of Pierre de Lescure, founder of the publishing house Les Éditions de Minuit. He grew up in Choisy-le-Roi. He studied journalism at the Centre de formation des journalistes de Paris.


 カンヌ映画祭主催者のパパはフランスの共産主義者で反ナチ・レジスタンスのメンバーwwwwwwwwwwwwwwwww


 ことでんの出番やぁんw

・2022年05月15日 【パヨク聖地 瓦町FLAGにストリートピアノ】ウクライナ支援企画・今井恭子「楽しく 心地よく」 ちゃんとチンポでピアノ弾いてウクライナ支援しなさい!
・2022年05月25日 【ウクライナ支援ことでん瓦町駅ストリートピアノ】ロシア音楽の粋でオープニングセレモー 特定市民の息子が「千本桜」演奏でRNCラジオ出演決定 海ごみざっくざくニダ!



人気ブログランキングへ