キムチうどん県民

 このブログは、支那・朝鮮行政にウンザリした香川県民ブログです。 

2014年10月

ポーランドのテロ、シン M氏の続報がない


 名字がMから始まる「shin M」と公表された日本人によるテロが大きな国際問題に成っていますが、いまだに特定アジア方面ではまったく騒いでおりませんw
 シンを中国人風に「Xin」などと表記すれば違った印象に成り、風貌からしてものすごく納得出来ますw

 それどころか「テロ」こと「テレ朝」を始め、特定勢力に従属するメディアでは意図的な情報隠ぺいを行っています。
 
01c93c28-0638-4337-b27c-a3923b278942
http://www.polskieradio.pl/5/3/Artykul/1265725,Lubelskie-Japonczyk-oslepial-pilotow-laserem-39latek-w-rekach-policji


54475e1ec71cf_p
http://www.kurierlubelski.pl/artykul/3617883,ryki-japonczyk-oslepial-laserem-pilotow-smiglowca-wojskowego-foto-wideo,2,id,t,sg.html#galeria-material

635496638466016732
http://www.fakt.pl/wydarzenia/oslepial-laserem-pilotow-japonski-byly-wojskowy-z-ryk-bal-sie-obcych,artykuly,498157.html



 ポーランドで、軍のヘリコプターにレーザー光線を当てて飛行を邪魔したとして、日本人の男が逮捕されていたことが分かりました。

 ポーランド東部ルブリンの警察が公開した映像で、男は捜査員に激しく抵抗しています。男はポーランド在住の40歳の日本人で、今月8日の夜に飛行中の軍のヘリコプターに向けて緑色のレーザー光線を照射し、妨害した疑いで逮捕されました。男は拘束された際、ナイフやスタンガンを所持していました。警察は、男の名前や職業などは明らかにしていません。有罪となった場合、最長で8年の禁錮刑が科せられるということです。




・テレ朝:警察は、男の名前や職業などは明らかにしていません。
・四国新聞(共同通信):警察は名前や職業、出身地は明らかにしていない。


U.S.O
b75857a9-s

 NHKによりますと、男の名字が「M」、下の名前が「shin」と発表されたとのことw


ポーランドで飛行中の軍のヘリコプターにレーザー光線を照射し飛行を妨害したとして、現地に住む40歳の日本人の男が逮捕されました。

ポーランド東部ルブリンの警察は22日、ポーランドに住む40歳の日本人の男をヘリコプターの飛行を妨害した疑いで逮捕したと発表しました。
警察によりますと、男は今月8日の午後8時ごろ、ポーランド東部を飛行していたポーランド軍のヘリコプターに対し、地上から緑色のレーザー光線を照射した疑いが持たれています。
パイロットが安全な飛行を妨げられたとして管制に連絡し、警察が捜査を進めていたもので、男は逮捕当時、ナイフや護身用の高電圧銃を所持していたほか、自宅からはレーザー光線を照射する装置も見つかりました。
警察の調べ対し、男はレーザーを照射したことは認めているものの、ヘリコプターの飛行を妨害する意図はなかったと話しているということです。
 
男の身元については名字の頭文字が、下の名前が「Shin」とだけ発表され、詳しく分かっていませんが、警察によりますと有罪の場合は最長で8年の懲役刑が科される可能性があるということです。
 
地元の検察は、男が何の目的でレーザー光線を照射したのか、犯行の動機などについて捜査を進める方針です。

 ポーランドのリキ(Ryki)に於いて、デブリン師団の軍用ヘリMi-2と多目的ヘリSW-4に対し、緑色レーザー光を照射した航空妨害のテロ容疑で男が逮捕された事件です。
 10月8日の夜、飛行中に緑色のレーザー照射を受けたと通報を受け、照射元の個人住宅を特定。日頃から危険な行動を呈しており、他にも武器を蓄えている可能性があった為、警察は天候など日を見合わせて逮捕。逮捕時は激しく抵抗。また、殺傷力の高いナイフやスタンガンを装備しており、ファックユー!違法逮捕だのと、わめき散らしたという。(現地報道の動画だと、アウ!アウ!という声と、車に乗せられる所でサノバビッチ!と叫ぶのは、発音的にも違和感なく聞こえます。)
 現地警察発表によると、男は39歳日本人、shin M。3年前から居住、妻はポーランド人、幼子が2人。移住経歴は、東日本震災後にアメリカから日本に一時帰国、その後ポーランドへ移住したという。

 また、報道ではshin M氏は、元日本軍所属、元特殊部隊所属などという情報が流れています。

 ・・・装備や服装からして、特定アジアかと思うけどね (*゜▽゜*)
 支那・朝鮮系か満洲派か何か知らんけど、厳しく処罰して頂きたい。国境を超える犯罪ですから、素性を公開して欲しい。

 地図で場所を見ると、かなりやばくね?



 ポーランドで航空機事故と言えば、昔っからのテロ問題で重要課題ですからねぇ。

【民主党SM論戦】菊田真紀子衆院議員、SMバーは口にするのも汚らわしいところ!



 ヘイトスピーチをしたくてたまらない菊田真紀子(民主党・無所属クラブ)議員が冒頭から場外論戦に持ち込みました。

20141028-132659
開会日 2014年10月28日 (火)
会議名 本会議
案 件  :  労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案(187国会閣3)

plt1410280026-p1
衆院本会議で質問に立つ民主党の菊田真紀子氏。後方左は宮沢洋一経済産業相=28日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)

 民主党の菊田真紀子衆院議員は28日の衆院本会議で、宮沢洋一経済産業相の資金管理団体による支出が発覚したMバーを「口にするのも汚らわしいところ」と表現した。

 菊田氏は本会議で質問に立ち、SMバーへの支出や宮沢氏が東日本大震災後、一度も福島県を訪問していないことを挙げ、「そのくせ東京電力の応援団さながらに東電株を保有し、しかも原発事故後に買い増したことなどの行動には何から何まで驚くばかり。経産相としてふさわしくない」と宮沢氏を糾弾した。

 28日の本会議は本来、民主党が今国会の最重要課題と位置付け、廃案を求めている労働者派遣法改正案の質疑がテーマだった。海江田万里代表は27日の記者会見で「スキャンダルだけをやっていたわけではない。政策論議をやっている」と強調していたが、菊田氏は持ち時間の半分近くを「政治とカネ」に関する政府批判に費やした。
 東日本大震災の時、ジャカルタで買い物三昧、エステでウフフ♡してた議員ですな。
 ASEAN環境会議に於いて、震災の話題を振られても、しらなーい、関係なーい、と割り切っていた本物のバカ議員。



公式プロフィール

菊田まきこ(きくた・まきこ)

pphoto

初当選以来のイメージカラーは黄色。風水と「マッキー」のあだ名から。財布、名刺ケースなども黄色です。仲良しの女性議員と「ぶっちゃけ会」をつくり2ヶ月に1回、カラオケに行ってストレス発散してます。最近のマイブームは京都原了郭の黒七味。

趣味・特技:ヨガ、料理、映画鑑賞、中国語
愛読書:『空白の五マイル』 角幡唯介
好きな食べ物:こしひかり、激辛ならなんでも!
尊敬する人:マザーテレサ
好きな言葉:「継続は力なり」
苦手なもの:犬、猫(子どもの頃顔を引っかかれて以来)

経歴

1969年10月24日3人姉妹の長女として群馬県藤岡市生まれる。 新潟県加茂市で育つ。
1988年3月新潟県立加茂高校卒業
1988年 9月~1990年 8月中国黒龍江大学留学
1995年 4月~2000年 6月加茂市議会議員に全国最年少(25歳)で初当選、
以来2期連続トップ当選
2000年 5月衆議院議員選挙新潟4区に自由党公認で初出馬、惜敗
2003年10月~民由合併により、民主党新潟県総支部連合会副代表
2003年11月衆議院議員選挙新潟4区に民主党公認で出馬、初当選
2003年11月~民主党新潟県第4区総支部長
2005年 9月衆議院議員選挙新潟4区に民主党公認で出馬、2期連続当選
2009年 8月衆議院議員選挙新潟4区に民主党公認で出馬、3期連続当選
2010年 9月~2011年 9月外務大臣政務官
2011年 9月~2012年10月民主党政策調査会副会長、民主党外務部門会議座長、衆議院外務委員会理事、科学技術イノベーション推進特別委員会理事
2012年12月衆議院議員4期目当選(民主 比例北信越)
2013年1月~2013年9月青少年委員会理事・外務委員会委員・議員運営委員会委員
2013年3月~現在民主党新潟県連代表
2013年9月~2014年9月民主党幹事長代行
2014年9月〜現在民主党幹事長代理
2013年9月~2014年9月文部科学委員会委員・沖縄北方特別委員会理事・青少年特別委員会委員
2014年9月〜現在文部科学委員会委員 災害対策特別委員会委員
http://www.kikuta-makiko.net/profile

ほだれ祭り

DSC_0414-1

DSC_0487-1-1f46b

DSC_0495-1

DSC_0437-1

DSC_0458-1
http://tanada.seesaa.net/article/144081355.html





 バイブ辻元と同じノリの様で。


在日韓国人に対するヘイトスピーチは許さない!運動やっている李信恵は、口にするのも汚らわしい人ニカ?



9T6kJ8I
http://i.imgur.com/9T6kJ8I.jpg




 
 民主党の田中美絵子さんや、塩村あやか都議も抗議せんとあかんのとちゃうのん?



【北星学園大学脅迫事件】キリスト教系テロリスト(ウリスト教信者)がアップを始めたようです


 植村隆氏の義母である太平洋戦争犠牲者遺族会、梁順任(ヤンスニム)代表が、民主党と社民党の協力を踏まえて反日無罪と成りましたからね(´・ω・`)




 同じ方向性(思想)を持った反社会的勢力が全力で加勢することは容易に想定できるでしょう。

北星学園大学、抗議・脅迫への対応を説明 元朝日記者の講師採用で 2014年10月2日21時31分 記者 : 行本尚史 Christian Today 

プロテスタントのキリスト教信仰を建学の精神とする北星学園大学(北海道札幌市)は1日、従軍慰安婦問題に絡めて元朝日新聞記者の講師採用に対して同大学に寄せられた抗議や脅迫への対応を説明した9月30日付の文書を、同大学長名で公式サイトに掲載した。
 
「本学としては、建学の精神・教育目標に照らし、また、学生の皆さんおよび植村氏との契約を誠実に履行すべく、万全の警備態勢等を取りながら後期の授業を継続しています。なお、来期以降については、全ての非常勤講師の担当授業依頼と同様、本授業についても検討されているところです」と、田村信一学長は「本学学生および保護者の皆さまへ」と題する説明文で述べた。
 
田村学長の説明によると、大学に寄せられる意見のほとんどは、「朝日新聞社の植村記者が報道した従軍慰安婦問題は、事実に反する捏造である」という立場から、「なぜ捏造するような人物を採用するのか」という趣旨の抗議だという。
 
今年3月中旬から現在に至るまで、電話やメール、ファックス、手紙などで、多くの抗議が大学や教職員に寄せられており、政治団体などによるビラの配布や街宣活動なども大学周辺であったという。また、5月には危険な行動を示唆する悪質な脅迫状が届き、7月にも同一内容の脅迫状が複数届くことがあった。「大学を爆破する」と脅す電話もあり、警察に被害届を出し、現在捜査が行なわれているという。
 
田村学長は、「抑圧や偏見から解放された広い学問的視野のもとに、異質なものを重んじ、内外のあらゆる人を隣人と見る開かれた人間」を養成することが同大学の教育目標であるとし、下記の3つの立場を堅持すると表明している。

1.学問の自由・思想信条の自由は教育機関において最も守られるべきものであり、侵害されることがあってはならない。したがって、あくまで本学のとるべき対応については、本学が主体的に判断する。
 
2.従軍慰安婦問題ならびに植村氏の記事については、本学は判断する立場にない。また、本件に関する批判の矛先が本学に向かうことは著しく不合理である。
 
3.本学に対するあらゆる攻撃は大学の自治を侵害する卑劣な行為であり、毅然として対処する。一方、大学としては学生はもちろんのこと大学に関わる方々の安全に配慮する義務を負っており、内外の平穏・安全等が脅かされる事態に対しては、速やかに適切な対応を取る。

警察との連携も図り、不測の事態に備え、危機管理コンサルティング会社や弁護士など、外部専門家と連携した危機管理態勢も構築しているという。
 
田村学長によると、植村氏が担当する国際交流特別講義は、海外の提携校の要請により開講したもので、外国人留学生向け(日本人学生にも開講)に、「北海道の歴史と文化」などをテーマに行われているという。田村学長は「慰安婦問題や過去の特定の記事には何ら関係がないものです」と説明している。
 
北星学園は、1887年に米国の女性宣教師であるサラ・C・スミスがスミス女学校を開設し、北海道の女子教育に着手して始まった。クラーク博士の薫陶を受けた学者たちの協力で学園の基礎が築かれ、新渡戸稲造らの助言もあって「北星女学校」と命名された。1951年には女子短期大学を、1962年に男女共学の4年制大学をそれぞれ開設し、2002年に短期大学も共学とした。
 
なお、朝日新聞(電子版)は9月30日、「帝塚山学院大に脅迫文 元朝日記者教授の退職要求」という見出しの記事を、そして10月1日には、「慰安婦報道めぐり脅迫文 2大学に元朝日記者の退職要求」という見出しの記事を掲載した。これらによると、帝塚山学院大学の同教授は9月13日付で退職したという。

>従軍慰安婦問題ならびに植村氏の記事については、本学は判断する立場にない。
 いやいやいやいやwww 「社会的責任」を考えましょうw

 因みに、北星学園大学附属高等学校はオウム真理教の平田信の出身校です。流石と言うか、何と言おうか・・・w
 それと、朝日も毎日も同じく、帝塚山学院大の清田治史教授と書かないんですね。

 北星学園大学からも脅迫電話の容疑者逮捕は発表されています。 




h1
http://www.hokusei.ac.jp/images/pdf/20141024.pdf

 全体的にぎこちない文章だし、自分の所(大学)だけが被害者の様に書いてる辺りが・・・w

 悪質商法でもおなじみ「加害者」から「被害者」へ転化する独特の現象が見られます。

北星大など脅迫文、消印は大阪と京都 電話の男とは別人物か 北海道新聞 (10/24 18:01、10/25 08:16 更新)

 従軍慰安婦問題の報道に関わった朝日新聞元記者(56)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)と、別の元記者(67)が教授をしていた帝塚山学院大(大阪府大阪狭山市)に届いた解雇要求の脅迫文6通の消印が、大阪府内京都府内だったことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 北星大への威力業務妨害容疑で逮捕された施設管理人上村(かみむら)勉容疑者(64)が新潟県燕(つばめ)市居住で、自分の電話番号を非通知にしないまま脅迫電話を1回だけかけるなど手口も異なることから、道警と大阪府警は脅迫文については別の人物が関与した可能性が高いとみて引き続き調べる。

 捜査関係者によると、北星大に5月と7月、「元記者を辞めさせなければ、学生を傷めつけてやる」などと書かれた脅迫文が虫ピン数本を同封し送られ、帝塚山学院大には9月、類似の脅迫文4通が届いていた。両大学とも脅迫文には大阪府内と京都府内の消印があったという。
北星大脅迫文、関西の消印…逮捕の男無関係か 読売新聞 2014年10月25日 14時33分

 いわゆる従軍慰安婦問題の報道に携わった元朝日新聞記者(56)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)などに届いた脅迫文の消印が、大阪、京都両府内のものだったことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 北海道警幹部によると、同大への脅迫文は5月29日と7月28日に届き、「元記者を辞めさせなかったら学生を痛めつける。くぎを混ぜたガスボンベを爆発させる」などと書かれていた。いずれも茶封筒に入れられ、複数の虫ピンが同封されていた。

 別の元朝日記者が教授をしていた帝塚山学院大(大阪府大阪狭山市)にも、9月に同様の脅迫文が届いた。道警と大阪府警が関連を調べている。

 北星学園大への脅迫を巡っては、元記者の解雇を求める電話をかけたとして、道警が23日、施設管理人上村勉容疑者(64)を威力業務妨害容疑で逮捕した。

 ただ、上村容疑者の自宅が新潟県燕市だったことなどから、道警は一連の脅迫文に関与した可能性は低いとみて調べている。

 上村容疑者は調べに対し朝日新聞の報道が気に入らなかった。抗議のためにやった」などと供述しているという。

 朝日新聞社の社員から調べましょうw

 この手の工作員は早稲田から突けば早かろう。
『早稲田奉仕園通信 №57(2009年11月30日発行)』より一部抜粋

po

第6回 早稲田奉仕園 トークサロン

 10月10日午後2時半から5時まで、「北東アジアはどうなるか、北朝鮮問題を中心に」というテーマで朝日新聞記者、植村隆氏 (友愛学舎出身、早大政経1982年卒)にお話していただきました。
 OBを中心に20人を超える参加者があり、盛会でした。
 新聞記者としてソウル、北京、テヘラン特派員を経験され、北東アジア問題の専門家になられた植村隆氏の原点が友愛学舎時代に韓国から留学していた先輩との出会いにあったというお話は感動的でした。
 膠着状態にある日本と北朝鮮との諸問題は、日本が先進国では数少ない国交を樹立していない国である状況(あとは米国とフランス)からまず脱却することである。悪の枢軸国と名指したブッシュ政権に代わってオバマ政権の登場したこと、日本でも友愛外交の鳩山民主党が政権を握ったとで局面が急展開する可能性があることを指摘されていました。
 北朝鮮の体制維持 と核の問題、後継者問題、経済開発 (資本主義の導入)が何故遅れているのかなど、参加者の質問を交えて2時 間半にわたっていろいろな角度から北朝鮮問題を考えることが出来ました。
 当日は現役の友愛学舎舎生、深谷愛さんが参加してくださいましたが、今後も若い学生層にもトークサロンヘの参力日を積極的に呼びかけていく方針です。次回は芳賀啓氏の「地図の話」を来年1月に予定しています。
吉田豊明

------

財団法人 早稲田奉仕園 発行人 吉田博 2009年11月30日発行
〒169-8616 東京都新宿区西早稲田 2-3-1
Tel:03(3205)5401//Fax:03(3205)5413

ttp://www.hoshien.or.jp/pdf/hoshien_tsushin57.pdf
 
早稲田奉仕園(旧・友愛学舎)



>「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(ヨハネによる福音書15章13節)



西早稲田2-3-18



 ついでだから最近、キリスト教視聴覚センター(アバコ、AVACO)関連も少々騒がしいので触れておきます。




 早稲田奉仕園:積水ハウスのTVCMに注目です!
 ⇒積水ハウスのCM「ISシリーズ 人生になる家。」篇



 積水ハウスの朝鮮人職員はハンパないですからね。
 詳しくは「積水ハウス 朝鮮」でググれ。




人気ブログランキングへ
 

【関連記事】

【朝鮮人権屋大勝利!】東京の手話通訳派遣4720円をケチった髙松市から大金をせしめたニダ!ウェーッハッハッハ!

 ・【戦争変態】ノーベル平和賞を逃した「西早稲田2-3-18」御一同は、マララ運動しないけ?

東北で偽ブランド商品を売りさばく、暴力団、韓国人逮捕


 東北と物流交流がある都道府県(全都道府県)で取り組みが必要。極めて悪質な犯罪撲滅の為の課題です。

無題98

 偽の高級ブランド品を販売目的で所持したとして、城県警暴力団対策課仙台南署などは8日までに、商標法違反の疑いで、いずれも無職で、指定暴力団系組員の仙台市若林区大和町2丁目、鈴木昌美容疑者(37)を再逮捕し、ともに大阪市東住吉区矢田1丁目、韓国籍の朴俊赫(44)、妻の有里直美(36)両容疑者を現行犯逮捕した。

 県警によると、奈良県大和高田市の朴容疑者方などから高級ブランド「ルイ・ヴィトン」などの商標マークを模造したバッグや財布など計約3万5000点を押収しており、県警の押収量としては過去最多とみられる。

 鈴木容疑者の逮捕容疑は9月1日、太白区の駐車場に止めた乗用車内で販売する目的で偽ブランド品の財布など18点を持っていた疑い。朴、有里容疑者の逮捕容疑は9月30日、大阪市で偽ブランド品の腕時計1点、大和高田市で財布21点をそれぞれ所持していた疑い。

 県警によると、鈴木容疑者は容疑を認めており、朴、有里両容疑者は容疑を否認している。
 県警は鈴木容疑者が2010年9月以降、インターネットのオークションサイトやメールを使って朴、有里両容疑者から偽ブランド品を仕入れたとみて入手ルートの解明を進める。

 鈴木容疑者はネットオークションの掲示板に偽ブランド品のベルトを出品して落札者から代金約1万3000円をだまし取った詐欺などの疑いで9月1日に逮捕され、19日に処分保留とされた。

 仕入れ元は、偽ブランド製造大国の中国・韓国でしょうに。
 大阪市在住の韓国人経由ですから、韓国製造でしょうね。
 
 香川県の場合だと、昔、韓国の免税店でブランド商品がお得!などとうたってアシアナ航空の髙松-ソウル便の利用を促していました。勿論、ほぼ全て偽物です。問題化しても、香川県は空港の出口のみに「偽ブランド品に注意」のポスターを置きました。
 放置しておくから、偽ブランド製造産業が成長するんですよ・・・。早め早めに悪質商法は潰しなさい。

 行政改革が先かもねー。

 大阪市がドミニカ共和国へ寄付した筈のバスが、NPO法人が国内で販売して仙台市で走ってた悪質極まりない事件はうやむやにしたままでしょう?

img20120315173748246 (1)
img20120315173819915
http://blog.zaq.ne.jp/angel-tarou/article/597/





 犯人は、NPO法人「食と農の地域開発研究所」(大阪市浪速区)。
 HPは削除して逃走。しっかり、子供にまで手を伸ばす朝鮮系NPO。

 言葉を変えたら、食と農の地方創生



 ヤクザはお掃除せんとね。

 気に成るのは、商材がヴィトンですからねー。ヤクザ内の内ゲバ有るかもよ。





人気ブログランキングへ

革マル派とねんごろの民主党枝野幸男幹事長、香川県で日本転覆論対話集会を開く


 隅から隅までブーメラン飛ばしまくりw
 似非組織が似非を語るというwww

 先に、辛光洙(シン・グァンス)を含む「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」に著名した千葉景子という民主党政権時代の法務大臣に触れておきます。


 「不気味」認識で話題に成っている小川淳也議員の動画も置いておきますね。


平成26年2月19日(2014年)衆議院予算委員会より
民主党:小川淳也議員は、田母神俊雄氏に20代の支持が多い事を不気味に感じてるよう­です。要は「効いてる効いてるw」って事ですね。

 この人は、中韓が世界から孤立して行くことを危惧してるんですよね。


 
 逆よ!逆w
1239858_212627052194563_1800670082_n

 さて、本題。
 枝野氏の来県話題。
【香川】「民主党の政策は時間がかかるが、しっかり日本の体質を改善する」枝野幹事長 2014年10月19日 民主党ニュース

054052e5941e49ad72b6f7ec543581ae_tn608

  枝野幸男幹事長は19日、香川県高松市を訪れ、香川1区総支部長の小川淳也衆院議員(党副幹事長)主催の対話集会や町おこしイベント、老人ホームを訪問し、地域の有権者と意見交換した。一連の日程には、山本悟史県議、岡野朱里子中西俊介両高松市議が同席した。

5d653729574ec53523d0d1435399737f_tn233
 対話集会には約120人が参加し、まずマイクを握った小川議員は、最近の閣僚の不祥事に対し、「政策議論もするが、しっかりと身を正してもらうために、野党として追及する」と話した。「物価は上がり、年金は下がり、賃金は上がっていかない」として、アベノミクスの検証が必要だとの考えを表明。「最近、民主党がしっかりしなければいけないという声を聞くようになった。国民の皆さんの励まし、期待にしっかり正面向いて応えるよう頑張っていく」とあいさつした。

007a4f69045d18ee6182cee09e1beff5_tn233
 山本県議は、9月定例議会で東京オリンピック開催について質問したことを取り上げ、「開催が決まったことはいいが、これが東京一極集中をさらに強め、早めるのではと懸念している。財源移譲がない中で地方が活性化するのは難しい。オリンピック後に来るかもしれない景気後退局面に備えなければならない」と指摘した。
 
 枝野幹事長は、松島法務大臣のうちわ問題について「小さな問題というが、松島大臣は一番に法を順守しなければならない法務大臣だ。ビラがうちわの役割をするのと、うちわにビラの中身が書いてあるのは、似て非なるもの。法を担うトップの人間が、こんなことをやっていて、日本の治安はどうなるのか」と厳しく批判した。

 集団的自衛権の問題については、「日本の領土や領海、領空が攻められた時に武力を行使できるのが個別自衛権。攻められていないのにどこかの国の戦争を手伝うために武力を行使するのが集団的自衛権」と簡潔に説明し、閣議決定だけで勝手に憲法解釈を変更することに強く批判。「冷戦後、自民党政権下でなおざりにされてきた日本の防衛体制を現実に即した『動的防衛力構想』という方針に変更したのも民主党政権になってからだ。こういう地に足のついたことこそが領土や国民の命を守ることになる」と述べた。

f2438b0bdf2b00742ff5d7acc02ea534_tn233
 民主党と自民党の大きな違いについては、「自民党は大企業など強い者がより強くなることで下も潤っていくという考え方だが、民主党は社会を下から底上げしようという考えだ」と説明。「高齢化の住む地域に必要なものは医療や介護。そこに雇用があれば若い人も来る。夫婦共働きとなれば子育て支援なども必要になる。結果として地域の中に継続して暮らす人が出てくる」と述べた。
 
 「ただ一つ難点として、この政策は時間がかかる。われわれにもう一度政権を預けていただいても劇的に変わるわけではない。しかし今のままでは日本はどんどん弱っていく。日本を再生するには体質改善をするしかない」と強調し、地域の事情に即して地味だがきめ細やかに下支えしていく民主党の政策を示した。

 参加者との意見交換で枝野幹事長は、「女性の社会進出の遅れが経済的損失になっている」との指摘に「民主党は、仕事と子育てに苦しむ女性を支える政策を進めていく」と表明。国の赤字が1千兆円を超えていることへの対応については「景気にマイナスになるので一気には出来ないが、優先順位を決めて、必要なものも少しずつカットしていく」と述べた。電力会社の再生エネルギーの買い取りがストップしていることについては「送電網など、受け入れ態勢の整備を進めていたのに、(政権交代後の)1年10カ月、なぜ整備することを止めていたのか。今後も厳しく求めていく」などと答えた。
 
 対話集会に先立って枝野幹事長らは高松市菅川地区で開かれた町おこしイベントを視察、同市内の有料老人ホーム、ロイヤルケア高松では入居者やスタッフと懇談した。

95a2fb67bd1915d1adc94e31ef256a28_tn233 (1)
 菅沢まちおこしは、現在33戸80人余りが暮らす高松市郊外の山間地にある限界集落の菅沢地区で毎年開かれている町民祭りで、今回で8回目。現在休校中の東植田小学校菅沢分校に地域住民が集まり、オープニングでは小学生たちが歌を披露した。枝野幹事長は餅つきに参加し、「これは腰にくるね」と言いながら小川議員とともに楽しそうに餅をついた。

a9085cf4b5146d367d65d694477d389e_tn233
 ロイヤルケア高松での懇談では、スタッフからは「人材不足が一番の問題点。募集をしてもなかなか人が集まらない状況が続いている。いい人材を集めて育てていくことが大事。若い人たちへの就業支援などをお願いしたい」という意見や要望が出た。入居者からは「職員は大変だと思う。こういう職場に飛び込んで来ようという人が多くなる状態ではない」という声があった。以前民主党のサポーターだったという入居者からは、「しっかりがんばってもらいたい」と激励された。枝野幹事長は、「貴重な声を聞かせていただいた。皆さんの声を政策に反映していきたい」と答えた。

1ff5944a3eb1cbf4815f864954f1c834_tn608
移動中に、谷川製麺所でさぬきうどんをいただく

民主党広報委員会

 小渕ワインを言及してくれたら面白いんだけどね。
 ふつうにさぬきワイナリーのワインを配ってただろうwww
 植松恵美子さんなんか、販売促進までしてたよw

 しかし、これは助かる情報。
 第8回「菅沢まちおこし」参加は、あからさまに入植計画ですよね?

 菅沢町周辺地図を見たらヨダレが出るんじゃないですかい?



 国道193号線沿いには、ちらほら朝鮮人が出没しますよね。
 道端でマツタケとセットでキムチ売ってたりと。アート系もナイト風のカラオケ店もそっち系でしょ。
 小川淳也議員を熱烈に支援するてんつくマンの元気村も、当初、塩江周辺を狙ってましたし。



 しかも、なぜか中国人観光誘致で内場ダムを案内してるんですよね。そこへ椛川(かばがわ)ダム建設計画を足すだけでも話しは簡単だろう。

01_01

 椛川ダム建設には中国系組織も関与して来ていますし、そもそも中国が水源地を抑えるのはポピュラーな戦力です♪ ライフラインを握るんですよ。
 ほんの数年前の中国共産党内ゲバでも、中国長江の三峡ダム建設を巡り「ミサイルでも耐える強固な重力式巨大ダムだ!」と安全を唄い、北朝鮮へ核ミサイル支援を行う勢力が有りましたw

 次に「ロイヤルケア髙松」は、コンクリートから人へ!その後・・・って感じですか?

 以下、ロイヤルケア髙松公式情報を示します。

民主党幹事長 枝野幸男先生
民主党副幹事長 衆議院議員 小川淳也先生
香川県議会議員 山本悟史先生
が、ロイヤルケア高松に視察意見交換に来られました。
10階展望レストランでは入居者様、スタッフと昼食をとりながら意見交換が行われました。

IMG_8418
IMG_8414
IMG_8425

同席された平均年齢82.25歳の入居者様からは「高齢者問題について」、
スタッフからは「介護現場で働く者たちの処遇や今後の介護保険制度について」などの意見がありました。
枝野幸男先生、小川淳也先生、山本悟史先生からは「高齢者・介護問題についてもしっかり取り組んでいきます」
というお言葉をいただきました。
この他に、東京からマスコミ各社、党本部の広報担当、その他、たくさんの方々も来館されました。

img_map

 「アクセスマップ・周辺施設」には、解り易い目印パチンコ「たまや」が抜けています^q^

 高松刑務所が近所に存在する事も、重要な周辺施設情報でしょう。



 会社概要を掲示。



会社概要
社名
株式会社シニアライフアシスト
 
主な事業内容
有料老人ホーム、デイサービスセンターの経営
 
介護保険法に基づく事業
福祉サービスに関する行事、催事の企画、運営
老人ホームの施設の企画
電動ベッド、車椅子等の介護用機器及びリハビリテーション用機器の販売、修理並びにレンタル
その他事業

役員
代表取締役会長 小竹 和夫
代表取締役社長 葛西 和久
常務取締役 濱田 雅樹
取締役 葛西 慎二
取締役 森本 学
取締役 合田 敦
監査役 小竹 彰
 
幹部社員
取締役支配人・施設統括管理部長 合田 敦
管理部次長 小西 里美
介護付有料老人ホーム ロイヤルケア高松施設長 北井 淳子
介護付有料老人ホーム ロイヤルケア高松アネックス施設長 加藤 清行
ロイヤルケア高松デイサービスセンター管理者 所長代理 天生目 美代子
 
本社所在地
〒760-0066 香川県高松市福岡町四丁目28番27号
TEL : 087-851-0155 / FAX : 087-851-0167
 
資本金
1,000万円
 
設立年月日
平成15年11月5日
 
グループ会社
小竹興業株式会社
事業内容 : 総合建設業
株式会社小竹組
事業内容 : 不動産業・建築業
株式会社ハウシード
事業内容 : 不動産業
株式会社いーと・いん
事業内容 : 外食産業
 
-----------



 なるほどw

 気になって「株式会社いーと・いん 事業内容 : 外食産業」を探してみたんですけど・・・、特定の職業紹介HPであってるの?



 ふつうに地球市民の職場(分類・属性)を示してないかい?
 こがね製麺所は北系かと思ってたんですけどね・・・壁は無いか。


 いろいろ企んでいますけど、一応、ツイッターでコメントはしておいた。






人気ブログランキングへ


【関連記事】

【危険ドラッグde民主党】リスクはゼロ!知る人ぞ知るといった危険ドラッグ禁止法案で『韓国する』


【民主党ウォッチU.S.O.】妖怪ウォッチ放送中止!みんなにウソをつかせる妖怪“U.S.O.”と、大事なネタをバラしてしまう妖怪“ネタバレリーナ”


 「嘘」と聞けば、中国韓国民主党は絶対外せない。
 性格からして特ア勢力が濃厚じゃないかと・・・(*゜▽゜*)


 信じられない事ばかりあるの♪
 もしかしたら、もしかしたら、そうなのかしら♪
 
20090903_1
http://hidelog.takaramoto.jp/?date=20090903

【悲報】 妖怪ウォッチ放送中止! パロディネタが問題視

1: リキラリアット(アラビア)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:42:45.18 ID:DZipIExg0●.net BE:816060819-2BP(2000)

TVアニメ「妖怪ウォッチ」第39話の放送休止相次ぐ ─ 番組内のパロディネタが原因か

このたびAT-Xとバンダイチャンネルが、TVアニメ「妖怪ウォッチ」第39話の放送を休止すると発表しました。
第39話は、みんなにウソをつかせる妖怪“U.S.O.”と、大事なネタをバラしてしまう妖怪“ネタバレリーナ”が登場する回となります。

バンダイチャンネルは「後日改めて配信する」とし、時期が決まり次第案内する旨をアナウンスしています。
またAT-Xは「作品供給元のテレビ東京の都合により休止いたします」と発表し、第40話以降に関しては10月26日以降から再開すると明かしました。

休止に関する詳細などは告げられていませんが、該当話の内容にはパロディネタが含まれており、それが休止の原因になったのではないかとの声も挙がっています。


孤独のグルメ、ピンクレディー、スターウォーズなどなど。

ca9caf7c-s

719e687e-s

a393abb1-s

b75857a9-s

5e1159d8-s


138: 断崖式ニードロップ(庭)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:09:36.10 ID:lzRbcZNb0.net
>>1
はぁ?
サウスパーク見たら死ぬの?バカなの?

2: バーニングハンマー(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:43:32.92 ID:WYacJgEI0.net
なにも問題が見当たらない

5: 16文キック(東京都)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:44:25.83 ID:gzHgog4W0.net
スターウォーズがまずかったか

10: 逆落とし(庭)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:45:47.10 ID:XlkYpkCa0.net
スターウォーズだな
あそこは音楽絡みでもうるさい

18: 雪崩式ブレーンバスター(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:47:19.87 ID:uZYD94W30.net
スターウォーズはパロとか結構あるしどうだろうな

14: ファルコンアロー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:46:34.59 ID:TYFaUqGU0.net
UFOだろう
音楽も振り付けもまんまだし

15: バーニングハンマー(禿)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:46:37.38 ID:RpIqz5sQ0.net
子供はもちろん親の世代も知らないようなネタを制作の遊びで織り込むのは
大衆向け子供アニメとしてどうかと思うんですが…

32: 16文キック(東京都)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:51:20.55 ID:gzHgog4W0.net
>>15
ケロロ軍曹がそれで売れたからね。

62: ショルダーアームブリーカー(福島県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:00:56.71 ID:fliWHyS70.net
>>15
今とりこむべきターゲットは親でなく金持ってる団塊のじいじとばあばだからな

16: 河津掛け(鹿児島県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:47:17.73 ID:O8mfou1X0.net
これも妖怪の仕業

66: イス攻撃(禿)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:01:55.40 ID:UDZ2/iF30.net
>>16
この手の妖怪は日本全国にいるよな…

25: リバースネックブリーカー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:48:40.81 ID:QgOuwWRb0.net
いろいろと暴走してるよな

45: タイガースープレックス(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:55:33.20 ID:/6XQ40VK0.net
これがいけるんだから銀河戦争もまあいけるだろ

cad4500b-s

e4d163c9

http://iup.2ch-library.com/i/i1310091-1414050773.jpg

51: シューティングスタープレス(東京都)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:57:09.34 ID:GUOzjGGP0.net
>>45
銀魂は見切り発車感凄くてヒヤヒヤする

50: ネックハンギングツリー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:57:03.19 ID:Aq3aRC9k0.net
 

55: 張り手(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:59:09.68 ID:9r9xfSvm0.net
>>50
なんだこりゃw

75: 張り手(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:05:28.03 ID:J6qfP/Wk0.net
>>55
これだ

アニメ「銀魂」が突然放送休止 蓮舫大臣ネタが過激すぎた? : J-CASTニュース
問題のキャラ:白い悪魔と呼ばれる地球侵略を企む傭兵種族・蓮蓬(レンホウ)

※先行してテレビ東京での放送はありましたが、CS放送では11/15(火)、11/18(金)放送分が突然放送休止になりました

さて、この件をおさらいしてみると、エリザベスは白い悪魔と呼ばれる地球侵略を企む蓮蓬(レンホウ)という傭兵種族で、その諜報部隊のリーダーであると言う設定が前振りで。その後「蓮舫、からあげ、唐揚げ、加藤登紀子」ネタへと続く。

58: ジャンピングDDT(西日本)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:59:38.93 ID:UEpFXLYV0.net
>>50
これR4がケチつけた銀魂のアレかww

60: ドラゴンスープレックス(福井県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:00:12.05 ID:KZNxT1zb0.net
>>50
子供は意味わかるのかな

70: エクスプロイダー(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:03:11.61 ID:0W6uCISW0.net
>>60
えり立て女がから揚げなげるのみるだけでも面白いよ

242: 河津掛け(鹿児島県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 19:55:12.86 ID:O8mfou1X0.net
>>50
懐いw

57: ダブルニードロップ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:59:23.89 ID:Gcuz3dB+0.net
AT-XでみたけどピンクレディーのUFOをパロったのは面白かった
妖怪ウォッチって子供向けなのに、パロディの元ネタはおっさん世代のものなんだよなw

54: ジャーマンスープレックス(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 16:58:51.34 ID:wz6Rg3qb0.net
この回見たわ~
ピンクレディーのUFOの楽曲の「チャンチャンチャン、チャカチャチャン♪ UFO!」の部分がUFOをUSOに変えて
それが2分に1回くらいの頻度で流れる。
ひどく鬱陶しい話だったな。

73: 男色ドライバー(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:05:19.13 ID:6LFa8xpA0.net
これ見たけど喜ぶのは団塊だけだろwwwと思って見てた

78: 膝靭帯固め(愛知県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:08:03.75 ID:Am1VHqZi0.net
パロディもだめなのかよ

133: 膝十字固め(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:02:21.92 ID:bk6ho94v0.net
銀魂のが酷い筈なのにね

136: バックドロップホールド(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:08:03.93 ID:k45Sh5/a0.net
USOがツリ目でウンコ頭で嘘吐きキャラだから?

147: ジャーマンスープレックス(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:20:18.27 ID:Wdz8Igbg0.net
銀魂の方が凄かったな。

371: シューティングスタープレス(東日本)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 01:31:27.96 ID:DvKzbcjH0.net
こんなパロディぐらいでw
銀魂とかもっと凄かったろ

373: バズソーキック(佐賀県)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 01:51:42.06 ID:J7N56VYF0.net
エボラ妖怪でも出たの?


 スレッドURL: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414050165/

 四国新聞のコラムは韓国人が頻繁に記事を書いてるのですけど最近名乗り出ません。成り済ましを前提に、そういう方向で読むとそれはそれで一考有るんですけどね。


  「妖怪」と言われて「ゲゲゲの鬼太郎」を思い浮かべるのは昭和世代の大人たち。現在の子どもたちは「妖怪ウォッチ」に夢中だ。

 普通の小学5年生、天野ケータが妖怪と戦ったりして、友だちになっていくストーリー。車にひかれて死んだネコの地縛霊・ジバニャン、気持ちをほのぼのとさせるホノボーノなどが登場する。おどろおどろしさは皆無で、ユニークなキャラクターが子どもたちの心をわしづかみ。

 漫画、アニメ、ゲーム、玩具と複数のメディアに同時展開し、どれも人気が過熱。玩具の妖怪メダルを孫にプレゼントしようと、早朝から列に並んだジイジの奮闘が本紙に投稿されていたが、親も巻き込んだ社会現象が起きている。

 日本人は古くから不思議な現象や気味の悪い出来事を妖怪の仕業として捉えて、恐れたり時には敬ったりもして付き合ってきた。妖怪ウォッチでは物忘れ、やる気が出ない、ネガティブなど身の回りの悩み事は妖怪たちの仕業。ケータはこれらを解決していくのだが、それは同時に子どもたちの日常の息苦しさを晴らしているかのようでもある。

 こちらも当初は妖怪の仕業かと思った。昨夏の参院選で高松市選管職員らが票を不正操作したとされる事件。開票の迅速化が重圧となって魔が差したにしても、民主主義の根幹を揺るがす事態だから罪が深い。ほかの市町はどうなのかと疑心暗鬼にもさせる。

 あすは知事選の告示、投開票日は31日。くれぐれも新手の妖怪が出ませんように。(V)

 30年前からやってたんだってw

白票水増し、30年前聞いた…被告が公判で供述 読売新聞 2014年10月24日 12時07分

 昨年7月の参院選を巡る高松市選管の票不正操作事件で、公職選挙法違反(投票増減)に問われた前市税務部長・大嶋康民(60)(退職)、前市消防局次長・山下光(56)(起訴休職中)両被告の公判が23日、高松地裁であった。

 大嶋被告は被告人質問で、過去にも不正があったかについて「『票数が合わない時には白票を水増しする』と30年ほど前に酒の席で聞いた」と供述した。

 これまでの公判で検察側は、先輩職員から「白票なら選挙結果への影響は小さい」などと聞いたとする大嶋被告の供述調書を読み上げていた。

 弁護側の質問に、大嶋被告は「当時の開票は手作業で計算していて、朝方まで24時間勤務に近い状態だった。その頃、誰が言ったかは覚えていないが、ちらっと聞いた」と話した。

 水増しの経緯については、未集計票が不足した際に「山下被告から『白票で増やしたら』と言われた」と供述。当時の市選管事務局長・山地利文被告(59)(同)に判断を仰いだとし、「山地被告はしぶしぶ了解した」と述べた。

 検察側から根拠を問われると「(山地被告は)悪いとも良いとも言わず、別の対応策を指示することもなかった」と答えた。

 大嶋被告は小さな声で供述を繰り返し、野村賢裁判長から「聞き取れない」と何度も注意された。検察側から「(水増し後に見つかり)未集計のままにされた投票者の気持ちを考えたか」と問われると「大変申し訳ない」と話した。

 次回は11月12日で、山下被告への被告人質問がある。
 
 山下被告(元髙松市消防局次長)が白紙の投票用紙に「ばか」「なし」と書き込んだ本人だそうですから、注目です。





人気ブログランキングへ

【関連記事】

【髙松市不正開票】「Don't Korea」出来ない!我々は無責任かつ社会的非常識集団だ!

【朝鮮人権屋大勝利!】東京の手話通訳派遣4720円をケチった髙松市から大金をせしめたニダ!ウェーッハッハッハ!
 

【朝鮮人権屋大勝利!】東京の手話通訳派遣4720円をケチった髙松市から大金をせしめたニダ!ウェーッハッハッハ!



1488946_351875698307811_3993986391851741514_n
https://www.facebook.com/seisan.roua/posts/378076725691403

「勝利的 和解成立!!」 
そこのけ!そこのけ!天下無敵の障害者様がお通りでぇいっ!

「高松市の手話通訳派遣を考える会」とは?

◆「高松市の手話通訳派遣を考える会」は、高松市の手話通訳派遣の見直しを求める訴訟を提訴しています。
 
高松市在住の聴覚障害者 池川洋子(改姓前:羽地洋子)さんの娘さんが進学を希望する専門学校のオープンキャンパス時に開催される保護者説明会に母親として参加しようと手話通訳者の派遣申請をしたところ、市外であることや保護者説明会は客観的に見て参加する必要性が乏しいとの理由で派遣申請が却下されました。
 
この派遣却下に納得ができず、高松市に不服申立を行ないましたが、不服申立も却下され裁判所に提訴することになりました。
 
これは我が国の福祉制度を含めた社会の在り方が問われる行政訴訟です。
 
 
提訴にあたり弁護団や支援組織を結成して池川さんを全面支援します。
 
私たちは、この訴訟によって、本当の意味での障害に関係なく、暮らしやすい社会づくりを目指し、この国の福祉制度を含めた社会の構造を大きく転換させる端緒を開きたいと考えています。
どうぞ、ご支援をお願い致します。
 
カンパのお願い
支援費用は、最低でも1,000万円以上必要です。
1口2,000円(いつでも、いくらでも、何回でも、大歓迎)のご支援をお願いして、訴訟と弁護団と支援団体をご支援してください。
 
事務局からはブログにて、裁判(口頭弁論と報告集会)の日程や集会をお知らせします。
支援ニュースで、裁判の進捗や活動状況などをお伝えしていきます。
カンパのみの応援も大歓迎です。
 
≪郵便振替≫
口座名称:「高松市の手話通訳派遣を考える会」
振替口座記号番号:01630-2-108487
 
≪銀行口座≫
ゆうちょ銀行
店名 六三八 普通 130885


http://takamatsu-haken.jimdo.com/

 問題解決として、

 手話通訳を雇う為のカンパはダメなんですかぁ?
 早急に問題を治めないで、
 大騒ぎしてお金儲けをしないと困るんですかぁ?

訴      状
平成24年 2月28日
高 松 地 方 裁 判 所 
民 事 部  御 中
                     原 告 訴 訟 代 理 人
弁 護 士  安  西   敦
他34名
原告の表示 
〒●●● ●●●●
 高松市●●●●●●●
   原         告                  池   川   洋   子

原告訴訟代理人の表示(別紙原告代理人目録記載のとおり)
(送達先)〒760-0050
 高松市亀井町8番地11
 B-Z高松プライムビル8階 あかり総合法律事務所
 TEL (087)813-1061 FAX (087)833-1321
   原告訴訟代理人           弁 護 士    安西 敦           

被告の表示
〒760-8571
 高松市番町1丁目8番15号 
   被告                   高松市           
      上記代表者兼処分行政庁           高松市長    大西秀人            

障害者自立支援法に基づく手話通訳派遣却下処分取消等請求事件
   訴訟物の価格 金170万5140円
   貼用印紙額  金1万4000円

請求の趣旨
1 高松市長が原告に対してなした、原告の高松市長に対する平成23年6月17日付手話通訳派遣申請に対する同年7月12日付却下処分はこれを取り消す。
2 被告は原告に対し、金10万5140円及びこれに対する平成23年7月13日から支払い済みまで年5分の割合の金員を支払え。
 3 訴訟費用は被告の負担とする。
 との判決及び第2項につき仮執行宣言を求める。

請求の原因
第1 はじめに
1 生命と生活を支える情報保障
 ろう者(聴覚障害者)にとって、【情報】は日々の暮らしを支える重要なものである。すなわち、「生命を支える水、空気」のごとく、個人の生存に欠くことのできない価値あるものである。
 いわゆる東日本大震災では、避難所のアナウンスが文字情報として伝達されなかったことから配給を受けられなかったり、災害放送が伝わらずに逃げ遅れて生命を奪われた事案もあると言われる。情報伝達は、生命・生存と直結するのである。
 そして、手話をコミュニケーション手段とするろう者にとって、手話は、情報伝達・取得のツールであることは勿論であるが、社会的存在として自己を成り立たせるためのアイデンティティの象徴というべきものである。
 ろう者にとって、情報保障・コミュニケーション支援は障害ある個人の生存を保障し、人格の尊厳を保障する人権保障として根幹的な権利である。
 当然に保障されるべき手話通訳派遣が否定されることは、ろう者である個人の存在の否定に等しい。この点を、国は、次のように確認している。
2 改正障害者基本法
 原告が手話通訳派遣を申請(以下「本件申請」という)した平成23年6月17日の前日である同月16日に衆議院にて全会一致で可決され、同年7月29日に参議院において全会一致で可決・成立し、同年8月5日に公布・施行された改正障害者基本法の第3条第3号は、
 「全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む。)その他の意思疎通のための手段についての選択の機会が確保されるとともに、情報の取得又は利用のための手段についての選択の機会の拡大が図られること」
としている。
 手話は、法律上「言語」の一つとして位置付けられ、その機会の保障と拡大を図ることが法律上公権力機関に義務付けられた。手話を法律上言語とする改正障害者基本法案は、同年4月22日に閣議決定され、同日に枝野幸男内閣官房長官が記者会見で発表していることである。
 被告高松市が本件申請に対して行った却下処分(以下「本件却下処分」という)は同年7月12日のことであり、厳密には改正障害者基本法施行の23日前のことであるが、かかる経緯からすれば、行政府の一員である被告高松市の高松市長(処分庁)も、改正障害者基本法の趣旨にそった判断が当然に望まれるものである。
3 骨格提言
 そして、内閣府障がい者制度改革推進会議総合福祉部会(以下「総合福祉部会」という)が同年8月30日に発表した「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」(以下「骨格提言」という)13頁でも、「情報・コミュニケーションの保障は到底裁量的に実施されれば足るようなものでなく、民主社会を成立させる前提としての基本的人権保障としての意義がある」と強調、確認されている。
4 本件要綱及び運用基準の違法性
 被告高松市は、「高松市地域生活支援事業(手話奉仕員派遣事業・要約筆記奉仕員派遣事業)実施要綱」(以下「本件要綱」という。甲4。なお、手話奉仕員は手話通訳者の意であり、適宜、手話奉仕員、手話通訳者と呼称する。)第5条により、手話通訳者の派遣範囲を原則として市内に限定しており、原告のみならず高松市に居住する多くのろう者が市外での手話通訳派遣を拒否され、悪名高い障害者自立支援法でさえ保障しているはずの障害者が社会参加する機会を奪い続けている。
5 教育権の侵害
 被告高松市は、「高松市手話奉仕員派遣事業の派遣対象の取扱い等について」(以下「本件運用基準」という。甲5。)第1条区分(5)において自ら「教育に関すること」という「区分」を設け、「派遣対象事項」として「教育相談、進路相談等」を規定しながらも、本件申請はこれに該らないとして通訳派遣を拒否し、原告の高校3年生の娘の進路を保護者として判断するための情報取得を拒み、親と子の教育を受ける権利と義務を侵害した。
 日本国憲法26条は、全ての国民の教育を受ける権利を保障し、保護する子女に対する教育を受けさせる義務を負うものと定める。被告高松市の本件却下処分は、これを侵害していると言わざるを得ない。
6 全てのろう者の情報保障の権利確立のために
 原告は、母親としての義務を果たし、剥奪された権利と尊厳を取り戻すため、また同じように苦しめられている聴覚障害のある高松市民の権利保障のため、この問題に注目し支援してくれている全国のろう者の仲間のため、そして障害の種別を超えて障害者の社会参加保障を人権として確立することを目指し、提訴するものである。

第2 当事者
1 原告は、高松市内に居住する一般市民である。原告は2歳のとき耳が聞こえなくなり、身体障害者福祉法に基づく第2級の障害等級を有するろう者である(甲1)。
原告は、現在は長女の●●(以下「長女」という)、次女の●●(以下「次女」という)と3人で暮らしている。長女と次女は健聴者である。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●。
2 被告高松市は、香川県の県庁所在地であり、人口約42万人(同年7月時点・被告高松市HP参照)の地方公共団体である。
 本件却下処分の処分庁は被告高松市代表者市長大西秀人である。

第3 原告にとってのコミュニケーションの重要性
 原告は、耳が聞こえない母親として、耳の聞こえる子どもに対して深い愛情をいだいているのであり、これは、障害のない他の母親に劣らない。むしろ、次に述べるように、障害のない他の母親と比べるとはるかに大きな苦労を伴いながら育児・養育をこなし、母親としての義務を果たしてきたのであるから、子どもが将来どのような大人になっていくのか、特に、どのような進路を取るのかの関心は一層強いものがある。このような母親として、原告が子どもの進路に関わる情報を得る権利(コミュニケーション支援保障請求権)には第5(13頁)以下にて述べるとおり強い法的保護が要請され、原告の権利を保障する意義は極めて大きいと言わなければならない。
 原告は、長女を出産後、自分の耳が聞こえないことでいろいろと不安を抱えながら、健聴の長女を一生懸命育ててきた。原告は、赤ちゃんの一挙一動に関心を集中し、精一杯の愛情を注ぎ、もてる力で子育てに励んできた。赤ちゃんが笑えば、原告は母親として慈しみのまなざしと微笑みを返し、赤ちゃんが泣けば、いたわりの手と不安のまなざしを向ける。原告は長女が5歳のとき次女を出産し、同様に育児を懸命にこなした。原告のように耳が聞こえない母親の子育てのために、赤ちゃんの泣き声を感知して光と振動で知らせてくれる福祉機器が開発されている。こうした機器を使い周囲の協力も得て、長女や次女の乳幼児期を乗り切ってきた。もっとも、原告は耳が聞こえないので、健聴の子どもの声を聞き取ることが難しく、かといって子どもの使う手話もたどたどしくて、子どもとの言葉のキャッチボールがなかなかうまくいかず、子どもが泣いていることはわかっても、おなかがすいて泣いているのか、具合が悪くて泣いているのかがよく分からないこともしばしばあり、子どもも母親である原告もイライラし、かんしゃくを起こすなど苦労したことも多々あった。原告は、子どもが何を訴えているのかを的確に把握するために、絶えず挙動に気を配るなど様々な苦労を重ねてきた。
 子どもが保育所に入るようになると、保育士や周りの子どもたちに囲まれていろいろな音声や日本語を覚え、順調に成長してきた。原告は耳が聞こえないので、子どもが保育園から帰ってきたあと、その出来事を自分の声で話してくるのを、苦心して理解しようと子どもとの意思疎通に努めたり、また、保育士との意思疎通は主に連絡帳を通して筆記によって行い、連絡帳では十分な意思疎通を図れないときは、健聴者である原告の母を通して意思疎通を図ってきた。他の児童の母親には、手話ができる人はいなかったため、ほとんど意思疎通を図ることができなかった。原告には育児の悩みを共にできるような人も原告の母の他にはなく、保育園との関わりを保ち育児をこなすために非常な苦労を重ねてきた。
 子どもが小学校に入ると、原告は、子どもが友達とうまくいっているか、また、授業をきちんと受けられているか心配するようになる。苦心して子どもとの意思疎通に努め、また、原告宅の近くにたまたま住んでいた手話ができる人に個人的にお願いして、一緒に学校に行って教師と面会したり、他の子どもの保護者と交流するなどして、子どもが友達に囲まれて充実した学校生活を送ることができるよう母親として非常に大きな努力をしてきた。
 子どもが思春期を迎えるようになると、母親に反抗してくるようになり、耳が聞こえない母親としては、情報がない中で子どもとどのように関わっていくのかいろいろと悩みながら、苦心を重ねて子どもを育ててきた。耳が聞こえる親であれば、保育士や教師、他の子の親と話すのに簡単に電話一本で済ませたり、会って声で話し合ったりして済ませるようなことについても、原告は、筆談で苦心して意思疎通を図ることとなるが、筆記に時間がかかり十分に意思疎通が図られなかったり重要な事を書き忘れられたりして情報もきちんと得られないようなことも多かった。このような場合は、個人的に原告宅の近くに偶々住んでいた手話ができる人に個人的にお願いしたり、原告の母に依頼するなどして通訳をしてもらい、時間をかけてやっと意思疎通が図れたり情報が得られたりすることができるのであり、その苦心は並大抵のものではなかった。原告は言う、「耳の聞こえない辛さを分かって欲しい。私は、耳が聞こえたらなと何度思ったことか」と。
 長女が中学校に入り、長女の進路指導のときには、正確に理解するために手続を取って手話通訳者を派遣してもらうようになった。こうして苦節を重ね、長女も高校生活を送る年齢になった。長女も、小さいころに比べてある程度手話使用も円滑になり、原告と手話で日常会話の意思疎通程度に限りそれなりにスムーズに話ができるようになった。とはいえ、その手話表現は習得している手話の語彙が少なく、指文字による表現も多かったため、手話通訳者のような技術には遠く及ばない水準であった。
 
 その長女が、将来の進路としてテレビカメラマンになることを真剣に考えるようになり、●●●●●●●●専門学校(●●●●●●●●●●●●●)に入ることを検討し始めた。長女は、同校でオープンキャンパスが開かれることを知り、原告に対して、「オープンキャンパスに行きたい、母も一緒に来て欲しい」と言ってきた。同じ日には保護者説明会もあった。原告は、母親として、長女が自分の進路を真剣に考えるようになったことを喜ばしく思うと共に、上記のように子どもに対する深い想い・関心も抱いていることから、長女が志望している学校について一生懸命情報を得て、子どもにとって一番良い進学について一緒に考えていきたいと強く望んでいた。

 そのため原告は、長女が進学を希望する●●●●●●●●専門学校の講師の質はどうか教材機器は充実しているか教育環境が良好かどうかを知りたいという気持ちが強かった。また、娘を東京で生活させるのは非常に不安であったので、東京まで行かせる価値のある学校なのかどうか、学校から十分に説明を受けて学校のことをよく知りたいという思いも強かった。どうしても保護者説明会には出たいと思うようになった。
 長女は母親との間の日常会話の意思疎通程度の手話はできるがそれを超える用語は指文字で表現するため重要な説明会での通訳が可能な技術水準でなく、保護者説明会やオープンキャンパスについては長女自らの進路にも関わることなので、原告は、長女には保護者説明会やオープンキャンパスの内容を自分で集中して聞いてもらいたく、長女に通訳をさせることはせず、被告高松市に対して第三者の手話通訳者派遣を申請することとした。
 このように、原告は、障害のない他の母親と比べてはるかに大きな苦労を伴いながら母親としての義務を果たしてきた以上、子どもが将来どのような大人になっていくのか、特に、どのような進路を取るのかの関心は一層強いものがあり、このような母親として原告の子の進路に関わる情報を得る権利は後記第5のとおり強い法的保護が要請され、原告の権利を保障する意義は極めて大きいのである。
 以下、一部重複するが、本件申請にかかる一連の経緯を述べることとする。

第4 手話通訳者の派遣申請と却下決定
1 本件申請の経緯
(1)  原告の長女は、平成22年、県立高校2年生のとき、高校で開かれた進路説明会でテレビカメラマンに興味を持ち将来、テレビカメラマンになる夢を持つようになり、高校3年生になる前の平成23年2月ころから、専門学校の資料を集めるようになった。そして、●●●●●●●●専門学校でオープンキャンパスが開かれることを知った。
 長女は、原告に対し、同校のオープンキャンパスに行きたい、保護者説明会もあるので、原告にも一緒に来て欲しいと話した。原告は、親として娘を東京で生活させるのは不安であるし、同校がどのような学校で、どのような講師がおり、どのような教材・機器が用いられ、どのような教育が行われるのか知りたいと考えた。また、長女が請求した資料には、原告が知りたい学費のことも細かく記載されていなかったので、直接、話を聞くことができれば安心できると考えた。
  当初、原告と長女は、同年3月ころに開かれるオープンキャンパスに参加することを考えていたが、東日本大震災があったため、同年7月24日に開かれるオープンキャンパスに参加することにした。
(2)  原告が保護者説明会の際に被告高松市へ手話通訳派遣を依頼しようとしたのは、長女に集中して、説明を聞いて欲しかったからである。また、長女も、原告とコミュニケーションを図るときには、指文字で表現することが多く、通訳するには時間がかかり、全てを表現できないことから、手話通訳の派遣を希望していた。
2 本件申請及びその後の経緯
(1)  原告は、高松市身体障害者協会(以下「協会」という)に対し、同年6月17日、同年7月24日午前11時から●●●●●●●●専門学校で開催される保護者説明会に手話通訳者の派遣を求めるFAXを送った(甲3)* 。
  協会は、原告に対し、同年6月17日、原告が協会に送信したFAXをそのまま被告高松市障がい福祉課へ送信する旨のFAXを送り、被告高松市障がい福祉課に対し原告の申請書をFAXにて送信した。
  FAXを受信した同福祉課の●●は、原告に対し、同日、「●●●●●●●●専門学校の案内状をFAXで頂きたい」旨のFAXを送り、原告は、同日、依頼に応じて、福祉課の●●宛てに同校の2012年度生オープンキャンパス日程一覧表をFAXで送った。
(2)  その後、同福祉課の●●は、原告に対し、同月23日、被告高松市の本件要綱において、手話通訳者の派遣範囲は原則として同市の区域内とすること、派遣対象は社会生活上必要不可欠な用務であることなどが定められており、オープンキャンパス日程一覧表のみでは手話通訳の派遣対象となるか判断できないので、保護者説明会出席と手話通訳者派遣の必要性について説明する書面を提出するよう求め、その上で手話通訳の派遣の可否について検討するという内容のFAXを送った。
  原告は、同福祉課に対し、同月28日、手話通訳の派遣がなければ原告には、何の情報もなく、子どもに対して適切に助言したり支援したりすることも困難になるのだと訴え、手話通訳の派遣を強く希望する旨のFAXを送った。
(3)  それに対して、同福祉課の●●は、原告に対し、同月30日、長女が前記専門学校に入学が決定しているかを問い合わせるFAXを送った。
  原告は、同福祉課の●●宛に、同年7月5日、反論のFAXを送ったところ、●●は、原告に対し、同月6日、本件要綱の対象となるかを判断するためのものであり、ご理解を賜りたいとのFAXを送った。
  原告は、福祉課の●●に対し、同月8日、手話通訳はろう者にとって生活上必要不可欠であり、派遣場所が高松市内か否かで許可がいることは矛盾がある、通訳派遣を希望する旨のFAXを送った。
3 高松市長による本件却下処分
(1) 本件要綱等の定め
ア 本件要綱第5条は、派遣地域を原則として高松市内に限り、市域外の地域への派遣について「市長が特に必要と認める場合」に限定し、官公署等以外にかかる行為及び高松市域外にかかる手話通訳者派遣を、市長の特別の認定にかからしめている(甲4)。
イ また、本件要綱第2条第1項は、第3号において、手話通訳者派遣の対象行為について、官公署・医療機関・福祉団体にかかる行為以外について「市長が聴覚障害者等の社会参加の促進に寄与すると認める行為」に限定している(甲4)。
ウ 高松市は、本件要綱の運用について本件運用基準を制定し、その第1条区分(5)「教育に関すること」において、教育に関する派遣対象事項を「入学・卒業式、PTA総会、教育相談、進路相談等」と定めている(甲5)。
(2)  本件却下処分の理由
ア  高松市長大西秀人は、同月12日、原告が同年6月17日付で行った本件申請に対して、①派遣場所が本件要綱第5条にて定める本市の区域内でなく、かつ、通訳内容が、市長が特に必要であると認める程度の客観的な重要性に乏しいこと、②派遣対象について、専門学校のオープンキャンパスに伴う保護者説明会は、義務教育とそれに準ずる高校等に関する以外のものであり、本件運用基準第1条区分(5)「教育に関すること」で定めた派遣対象事項に該当しないことを理由として本件却下処分を行った(甲6)。
イ すなわち高松市長は、本件却下処分にあたり、
(ア)  本件要綱第5条を直接の根拠としつつ、その運用として、
  「①手話通訳者の市域外派遣を『市長が特に必要と認める』ための要件として通訳内容の客観的重要性が必要である。②専門学校のオープンキャンパスに伴う保護者説明会は、通訳内容の客観的重要性が乏しい。③よって、専門学校のオープンキャンパスに伴う保護者説明会は『市長が奉仕員の市外派遣を特に必要と認める』行為たりえず、手話通訳者派遣の対象とならない。」
と解して、これを理由の一つとし、
(イ)  本件要綱第2条第1項第3号と「本件運用基準」第1条区分(5)の運用として、
  「①本件要綱第2条第1項第3号にいう『市長が聴覚障害者等の社会参加の促進に寄与すると認める行為』のうち教育に関する行為は、義務教育とそれに準ずる高校等に関する入学・卒業式、PTA総会、教育相談、進路相談等である。②専門学校のオープンキャンパスに伴う保護者説明会は上記に含まれない。③よって、専門学校のオープンキャンパスに伴う保護者説明会は『市長が聴覚障害者等の社会参加の促進に寄与すると認める』行為たりえず、手話通訳者派遣の対象とならない。」
と解して、これをいま一つの理由としたものである。
(3)  原告は、同年7月12日、高松市手話通訳者派遣決定・却下通知書(甲6)を受け取った。
(4)  この却下決定は、①この決定について不服があるときは、この通知書を受けた翌日から起算して60日以内に、書面で高松市長に対し異議申立てをすることができる、②この処分の取消しを求める訴えは、前記異議申立てに対する決定の送達を受けた日の翌日から起算して6ヶ月以内に市町村を被告として提起できる、③処分の取消しの訴えは、前記の審査請求に対する裁決を経た後でなければ提起することができず、例外的に決定を経ないでも処分の取消しの訴えを提起できることを教示していた。
4 原告の負担による通訳依頼
 原告は、手話通訳者の派遣申請が却下されたことから、香川県聴覚障害者福祉センターを通じて、東京手話通訳等派遣センターに対し、同月24日午前11時から12時までの間、●●●●●●●●専門学校で開かれる保護者説明会への手話通訳者の派遣を依頼した。
 原告は、保護者説明会に参加し、手話通訳者が派遣され、東京手話通訳派遣等センターから請求のあった4720円を振り込み支払った(甲7・甲8)。その際の振込手数料は420円である。
5 異議申立て
(1)  原告は、高松市長大西秀人に対し、同年8月26日、本件却下処分を取消し、手話通訳派遣に要した経費の損害賠償を求める異議申立てを行った。
  高松市長大西秀人は、原告に対し、同年9月9日、同年8月26日付異議申立書に処分庁の教示の有無及びその内容を記載すべきとの補正を命じ、原告は補正命令に応じて、同年9月13日、高松市長大西秀人に対し、処分庁の教示の有無及びその内容を記載した申立書を提出した(甲9)。
(2)  高松市長大西秀人は、同年10月5日、原告の異議申立てを却下する決定(以下「本件却下決定」という)をした。本件却下決定の決定書(甲10)によれば、決定の理由は、原告が同年6月17日付けで行った本件申請にかかる通訳日時は同年7月24日午前11時から正午までであり、同年8月26日付け異議申立てが提起された時点において既にその通訳日が経過しており、原告が処分の取消しを求める利益を有しないことは明らかであるから、とされている。
6  長女の合格
その後、長女は●●●●●●●●専門学校に合格し、奨学金を受けることも可能となったため、平成24年4月から同校に進学することを予定している。
7 小括
  本件却下処分、本件却下決定をとおして浮き彫りとされたのは、ろう者のコミュニケーション支援請求権の重要性に関する高松市長の無理解である。そこでまず、コミュニケーション支援保障請求権の法的位置付けから以下述べていくこととする。

第5 コミュニケーション支援保障請求権が憲法等にて保障されていること
1  憲法26条第1項、教育基本法4条、10条
(1)  憲法26条第1項は、「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する」と定めている。最高裁判所判決によれば、「この規定の背後には、国民各自が、一個の人間として、また、一市民として、成長、発達し、自己の人格を完成、実現するために必要な学習をする固有の権利を有すること、特に、みずから学習することのできない子どもは、その学習要求を充足するための教育を自己に施すことを大人一般に対して要求する権利を有するとの観念が存在している」(最高裁判所大法廷昭和51年5月21日判決刑集30巻5号615頁・旭川学力テスト訴訟)。
  すなわち、憲法26条第1項は、子どもの学習権に根拠をおく。学習権とは、子どもが学習を通じて成長し、自分の可能性を開花させ、人格を全面的に発達させる権利を意味し、同判決で明らかにされたように学習権を認める立場に立つならば、教育を受ける権利とは、子どもの学習権を保障するための「教育を自己に施すことを大人一般に対して要求する権利」と理解されなければならない。かかる権利を保障するために、保護者は、子どもに対して教育を受けさせる義務を負うのである。これは憲法26条第2項において「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う」と規定されているところからも確認することができる。
  さらに、この理は、「すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない」と定める教育の機会均等を定めた教育基本法4条第1項、「父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする」との家庭教育を定めた教育基本法10条第1項、「国及び地方公共団体は、家庭教育の自主性を尊重しつつ、保護者に対する学習の機会及び情報の提供その他の家庭教育を支援するために必要な施策を講ずるよう努めなければならない」との同条第2項の規定においてもあらためて確認されている。
(2)  以上のように、子どもの学習権を保障するために、保護者は子どもに教育を受けさせる義務を負うのであるから、この義務を果たすためには、子どもが進学を望む学校についての情報を得る権利がある。これは、憲法26条第1項に定めた子どもの学習権を保障するために要請される保護者の権利であり、これを確認したのが先述の教育基本法4条、10条第1項である。そして、保護者にこのような権利が保障されて初めて子どもの学習権も保障される関係にある。
(3)  本件については、長女は、テレビカメラマンを目指して●●●●●●●●専門学校にて必要な学習をする固有の権利を有するとともに、このような教育を目指すことを母親である原告を含む大人一般に要求する権利を有している。そして、保護者である原告は、このような権利を保障するために、子どもに対して、その可能性を開花させるべく学習させる義務を有している。この義務を果たすために、原告は、長女が志望している学校についてできる限り情報を得て、子どもにとって一番良い進学について一緒に考えていくことを望んでいるのである。
  上記の学習権の考え方は、保護者である原告だけでなく、世の中の大人一般に対しても要求する権利でもあり、逆に大人一般も、原告と同様に教育を実施する義務を負う。これは被告高松市も例外ではなく、原告の長女の学習権を保障する義務を負うことは明らかである。そうだとすると、長女の学習権を保障するためには、被告高松市は、保護者に対する情報の提供等の必要な支援をしなければならない。これは教育基本法4条、10条において確認されているところである。
  このような憲法26条、教育基本法4条、10条の趣旨からして、母親として原告の子の進路に関わる情報を得る権利は強い法的保護が要請され、原告の権利を保障する意義は極めて大きいことは明らかである。


(略)


2 改正前障害者基本法3条違反
(1)  まず、本件却下処分のあった同年7月12日時点の改正前障害者基本法は、「個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利」(同法3条第1項)、並びに障害者の社会参加権(同法3条第2項)を規定している。
  そして、●●●●●●●●専門学校は手話を用いて保護者説明会を行うことを予定していないとのことであったため、耳が聞こえない原告にとっては音声による説明ではその内容を理解することができず、不利益を被ることになる。また、上記のとおり、長女は、将来の進路としてテレビカメラマンとなって仕事を始めることをとおして自己実現を目指しており、保護者である原告も教育を受けさせることをとおして長女の自己実現を達成させる義務があるのみならず、上記のとおり原告は障害のない他の母親と比べてはるかに大きな苦労を伴いながら母親としての義務を果たしてきたのであるから、長女が専門学校教育により自己実現を達成できたとなれば原告もまたその保護者として長女を育てる義務を果たしたという自己実現を達成することができるのである。それゆえ、母親として原告の子の進路に関わる情報を得る権利は、保護者としての自己実現を達成していくという点で、保護者としての個人の尊厳と深く関わる(同法3条第1項)。さらに、保護者が、手話通訳者の援助を受けながら自力で保護者説明会に出席して自らの手で説明内容を理解しようとしているという点で、保護者としての社会参加権の行使でもある(同法3条第2項)。
  このように母親として原告の子の進路に関わる情報を得ることは、保護者としての自己実現の達成を阻むのみならず、原告の個人の尊厳、社会参加権を完全に否定するものであるから、改正前障害者基本法3条第1項、第2項に違反する。
(2)  また、このような権利行使に付き、改正前障害者基本法は場所的制限をおいていない。
  それにもかかわらず、被告高松市が、①本件要綱第5条により区域制限を設けること、②当該区域制限に基づき手話通訳者の派遣を拒否することは、改正前障害者基本法3条第1項、第2項に違反する。

 (略)


証 拠 方 法
1 甲第1号証~甲第10号証
   証拠説明書(1)記載のとおり。
  その他、必要に応じ、適宜口頭弁論にて提出する。

添 付 書 類
1 委任状       1通
2 甲第1号証~甲10号証        正副各1通
3 証拠説明書(1)            正副各1通
 
別紙
代 理 人 目 録

〒760-0050 香川県高松市亀井町8番地11 B-Z高松プライムビル8階
あかり総合法律事務所
電 話 087-813-1061
FAX 087-833-1321
   代理人 弁護士 安西 敦          
       同  山口剛史          

〒763-0023 香川県丸亀市本町3丁目25 久保ビル3階
        馬場俊夫法律事務所
電 話 0877-25-1005
FAX 0877-25-2987
   代理人 弁護士 馬場俊夫          
       同  秋月智美          

〒760-0023 香川県高松市寿町2-3-11 高松丸田ビル9階
法テラス香川法律事務所
電 話 050-3383-5572
FAX 087-851-3026
   代理人 弁護士 渡邉圭輔          

〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー・サンポートビ         ジネススクエア
弁護士法人アディーレ法律事務所高松支店
電 話 087-811-6035
FAX 087-811-6036
   代理人 弁護士 杉山晴代          

〒760-0033 香川県高松市丸の内7番9号
久保和彦法律事務所
電 話 087-851-5170
FAX 087-851-5172
   代理人 弁護士 和田節代          

〒760-0026 香川県高松市磨屋町6番地5 のぞみビル・6階
のぞみ総合法律事務所
電 話 087-811-0177
FAX 087-811-0217
   代理人 弁護士 相本茉樹          

〒780-0861 高知県高知市升形1-17 藤林ビル3階
        中西・髙野法律事務所
電 話 088-879-0217
FAX 088-879-0218
   復代理人 弁護士 髙野亜紀          

〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3-1-1 岡山大学文化科学系総合研究棟1階
弁護士法人岡山パブリック法律事務所 岡山大学内支所
電 話 086-898-1123
FAX 086-898-1124
   代理人 弁護士 水谷 賢          

〒700-0816 岡山県岡山市北区富田町1-3-15 グランデール2階
光成法律事務所
電 話 086-224-2809
FAX 086-224-2819
   代理人 弁護士 光成卓明          

〒700-0807 岡山県岡山市北区南方2-8-25 大三ビル3階
岡山合同法律事務所
電 話 086-222-8727
FAX 086-222-8777
   代理人 弁護士 呉 裕麻          

〒708-0062 岡山県津山市京町73-2 丹沢ビル2階
        弁護士法人岡山パブリック法律事務所 津山支所
        電 話 0868-31-0035
        FAX 0868-31-0036
   代理人 弁護士       高木成和             
     同             小堺義弘          

〒700-0905 岡山県岡山市北区春日町5-6 岡山市勤労者福祉センター2階
  弁護士法人岡山パブリック法律事務所
電 話 086-231-1141
FAX 086-803-3677
   代理人 弁護士     河端武史          
    同             豊芦 弘          
    同             藤井嘉子          

〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀4―24―7階
石口俊一法律事務所
電 話 082-222-0072
FAX 082-222-1600
   代理人 弁護士 石口俊一          

〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2丁目31号 広島鴻池ビルディング5階
弁護士法人広島みらい法律事務所
電 話 082-511-7772
  FAX 082-511-7773
   代理人 弁護士 紅山綾香          

〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2-31 広島鴻池ビル6階
法テラス広島法律事務所
電 話 050-3381-1397
  FAX 082-224-0151
   代理人 弁護士 中島宏樹         

〒745-0072 山口県周南市弥生町3-2
周南法律事務所
電 話 0834-31-4132
FAX 0834-32-8091
   代理人 弁護士 田邉一隆          

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル5階501
北尻総合法律事務所
電 話 06-6364-0181
FAX 06-6364-0185
   代理人 弁護士 松本晶行          

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満6-1-2千代田ビル別館2階
大阪アドボカシー法律事務所
電 話 06―6365―8777
FAX 06―6365―8770
   代理人 弁護士 池田直樹          
     同 東 奈央          

〒556―0013 大阪府大阪市浪速区戎本町1-9-19 酒井家ビル1号館5階
きづがわ共同法律事務所
   電 話 06―6633―7621
FAX 06―6633―0494
   代理人 弁護士 青   木   佳   史

〒604-0982 京都府京都市中京区御幸町通夷川上ル松本町568京歯協ビル3         階
つくし法律事務所
電 話 075―241-2244
FAX 075―241-1661
   代理人 弁護士 佐野就平          

〒604-0982 京都府京都市中京区御幸町通夷川上ル松本町568京歯協ビル3階 つくし法律事務所
        弁護士法人つくし総合法律事務所(個人受任)
        電 話 075―241-2244
        FAX 075―241-1661
   代理人 弁護士           民谷 渉          

〒640-8154 和歌山県和歌山市六番丁43番地 ハピネス六番丁ビル5階
パークアベニュー法律事務所
電 話 073-422―1858
FAX 073-422―1857
   代理人 弁護士 長 岡 健太郎          

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル614
大手町法律事務所
電 話 03-3241-6338
FAX 03-3242-3878
   代理人 弁護士 田口哲朗          

〒103-0003 東京都中央区日本橋横山町3-8 UMビル5階
電 話 03-3667-7542
FAX 03-3667-2174
   代理人 弁護士 山田裕明          

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目3番地 第9NSビル9階
藤岡毅法律事務所
電 話 03―5297―6101
FAX 03―5297―6107
   代理人 弁護士 藤   岡       毅

〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目18番地 高山ビル4階
都民総合法律事務所
電 話 03―3357―0277
FAX 03―3357―0297
   代理人 弁護士 田   門       浩

〒362-0037 埼玉県上尾市上町2-1-34GPビル5階
藤木総合法律事務所
電 話 048-775-3557
FAX 048ー773ー3265
   代理人 弁護士 藤   木   和   子

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西14丁目ライオンズマンション第7大通201
道央法律事務所
電 話 011-251-7874
FAX 011-251-7876
   代理人 弁護士 西   村   武   彦


-----------

▼出典


 東京で4720円支払って手話通訳者を派遣して貰ったら解決するお話しなのね・・・。

syu1
syu2
【発行責任者】高松市の手話通訳派遣を考える会 近藤龍治 〒761-0705 香川県木田郡三木町井上 2243-8 
Fax:087(891)1831 メールアドレス:takamatsu-haken@keb.biglobe.ne.jp 
ホームページURL:http://takamatsu-haken.jimdo.com/弁護団ブログURL:http://syuwatsuyaku.blog.fc2.com/ 
出典URL:http://www.jfd.or.jp/info/misc/slikai2/news31.pdf


>8月8日~10日の3日間、福島県で開催された全国手話通訳問題研究集会の閉会式で池川さんが今回の裁判での成果や今後の予定を報告しました。 

>現在のカンパ額は
7,609,015円(1350件)となりました。本当にありがとうございます。

 ( ゜Д゜)ポカーン

 真面目な話し、手話は差別推奨してておかしな差別利権が多く面倒臭いんですよ。結果、係りたくない!
 まず手話動作が場所(地域)ごとに違い、ヘタすると意味が異なるという嘘みたいな事実 Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!
 手話通訳者は方言があると説明してたけど、そういうレベルじゃない。コミュニティ内でかってに造語作ってたりするしw
 指標となる標準動作は決められているそうなんですけども、あえて手話動作の差別化を図ることで利権が保たれるとのこと。そして利権闘争!ろう障害者コミュニティ同士でいがみ合い、解決の矛先が何故か健常者へ牙を向くという、韓国状態。「いちご味わかめ派」の利権闘争と酷似w

 長女が通う県立高校名と、東京の専門学校名は伏字にするもんじゃないでしょう。
 地元民なら高校名である程度判断出来るし、専門学校名で周囲も考えてあげれるでしょうに。 

 もっと手っ取り早く、地元のテレビ局(KSB瀬戸内海放送やRNC西日放送などw)が雇えば一番いいんじゃないのけ?

>「長女は、将来の進路として
テレビカメラマンとなって仕事を始めることをとおして自己実現を目指しており、保護者である原告も教育を受けさせることをとおして長女の自己実現を達成させる義務」

 親子が香川と東京に離れることなく暮らせるべ。
 立派なテレビカメラマンと成るべく、地元のテレビ局で助手として働くことに、なんか不都合あるのけ?
 TBSの在日優遇枠を利用するとか、海外で働くとか別目的があるのけ?

 つか、県内のNPOや募金集団など慈善事業団体はなにしてたのよん。 

 和解に半年かかっているんだけど、どんだけカネを釣り上げたのか報道されてないんですよね。 

 高松市が市外への手話通訳派遣を認めなかったのは、知る権利を保障する憲法21条などに反するとして、市内の聴覚障害者で会社員の池川洋子さん(42)が手話通訳派遣申請の却下処分取り消しと損害賠償(慰謝料)を求めた訴訟で、高松地裁が和解勧告したことについて、同市の大西秀人市長は22日、「基本的には和解する方向で検討していきたい」との考えを示した。

 同日の市長定例記者会見で質問に答えた。

 池川さんは2012年2月に高松地裁に提訴。市は争う姿勢を見せていたが、厚生労働省が市外への派遣を認める通知を示したことなどを受け、今月から派遣区域を県内に拡大。市長が必要と認める場合は県外派遣できるようにした。

 21日にあった訴訟の口頭弁論で、高松地裁は和解を勧告。和解に向けた協議が始まることが決まっていた。また原告側は同日、「誠実に運用してもらえれば和解を受け入れたい」との意向を明らかにしていた。【深尾昭寛】
“手話通訳”派遣訴訟 和解が成立 KSB瀬戸内海放送 10月22日 18:15 


高松市が手話通訳の市外への派遣申請を却下したことを巡る裁判で、聴覚障害を持つ原告の女性と高松市の間で22日、和解が成立しました。

訴えを起こしていたのは、聴覚障害を持つ高松市の池川洋子さん(43)です。池川さんは2011年と12年、娘が進学を希望した東京の専門学校の説明会と入学式に出席するため高松市に手話通訳の派遣を申請しました。

しかし、派遣先が市外だという理由で認められなかったため、却下処分の取り消しなどを求めていました。そうした中、高松市が今年4月、必要に応じて県外へ派遣できるように「要綱」を改めたため、高松地裁が和解を勧告。22日の裁判で、高松市が新たな要綱を誠実に運用することを条件に、原告が訴えを取り下げることで和解が成立しました。原告の池川さんは「和解の成立はよい結果だ」としています。また、弁護団は「全国の自治体で情報のバリアフリー化が進んでほしい」と訴えました。高松市の大西市長は「今後、新たな要綱に基づき手話通訳の派遣を適切に実施したい」とコメントしています。

 弁護士費用を含め、福祉費用など資金は一般市民から出てるでしょ。
 私ら一般市民に感謝の言葉はないのかい?

 感謝しろよぉ!
<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!


 弁護士 安西 敦氏の情報を示しまぁす♪





>2013年~現在   香川大学大学院香川大学・愛媛大学連合法務研究科准教授 (刑事実務系科目・少年法を担当)
>2011年~現在   香川ダルク支援会事務局

 民主党の危険ドラック(麻薬)政策にも関与してるのかw



 特定秘密保護法反対派 (*゜▽゜*)




 韓国 (*゜▽゜*)


 高松市の手話通訳派遣を考える会近藤龍治氏の情報を示しまぁす。


 観音寺市共同募金助成事業 (*゜▽゜*)

 住所が疑問。
 観音寺市に住んでいるそうですけど、会がえらい遠い場所に。

>高松市の手話通訳派遣を考える会 近藤龍治 
>〒761-0705 香川県木田郡三木町井上 2243-8 
>Fax:087(891)1831


 ぐぐる先生で下記の会社がひっかかります。
 
有限会社久米井製帽所
 香川県木田郡三木町大字井上2243-8
 TEL.087-898-5071



 ぐぐるアースで見ると住所が髙松聴覚障害者協会で表示されました。



 ストリートビューで見ると・・・



 
 ほーう、テントです! 直接、電気・電話を引いてないんですねw
 実態が不透明な組織なんですかね? (*゜▽゜*)

 でもって「髙松聴覚障害者協会」をぐぐる先生に聞いて見ると・・・



 髙松市・大西秀人市長と「まちかどトーク」イベントしてました。



 髙松市の「サンサン祭り」に参加してました。「高松聴覚障害者協会」代表に「佐々木 八重美」氏の名前が記録されていました  
 犯罪者参加など諸問題が多く打ち切りにした障害者のお祭りですけど、健常者側のニヤつきからして「病身舞」状態でした。
 因みに「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」は、事実上、過激派のオルグです。



 佐々木 八重美氏は、高松聴覚障害者協会 理事として北海道で講演してました。
 北海道までの旅費をカンパする気は無いのかしら?

 「理事」はいいんだけど、「高松聴覚障害者協会」という組織の実態が不明w
 特定秘密にしないでっ!

 こんな人権屋どもが騒ぐから、まっとうに生きている障害者の方々がま~た萎縮しちまうんだよ・・・。
 存在しなかった隔たりが出来てギクシャクしちまうし・・・。


 髙松市不正開票事件に於いて、コンプライアンス担当として弁護士を採用するという意味不明な行動を選択しましたが、この方面の弁護士を採用することを取引きしたんでしょうな。



人気ブログランキングへ


【関連記事】

【ジャンキーdeテロリスト育成】民主党の危険ドラッグ法案は外国人移住計画入ってるよ

【髙松市不正開票】「Don't Korea」出来ない!我々は無責任かつ社会的非常識集団だ!

【大阪弁護士会】勤務先でスカートの中を盗撮した村田秀人弁護士(45)の言い訳と発覚経緯が酷過ぎるけど同胞優遇処分


【大阪弁護士会】勤務先でスカートの中を盗撮した村田秀人弁護士(45)の言い訳と発覚経緯が酷過ぎるけど同胞優遇処分


 盗撮して画像加工まで施した村田秀人弁護士(45)の言い訳が酷いし、発覚の経緯も酷い。
 



 ◇弁護士は「カメラの誤作動だ」と否定

 大阪弁護士会は20日、勤務先の法律事務所で女性事務員のスカート内を盗撮したとして、同会所属の村田秀人弁護士(45)を業務停止6カ月の懲戒処分にしたと発表した。村田弁護士は「カメラの誤作動だ」と否定しており、処分を不服として日本弁護士連合会に審査請求する方針。

 弁護士会によると、村田弁護士は2012年3月、大阪市北区の法律事務所で、立った状態でパソコンを操作していた事務員のスカートの中をデジタルカメラで撮影したとされる。カメラのSDカードには、スカート内の画像15枚と画質を明るく加工した画像2枚が保存されていた。

 村田弁護士はSDカードのデータ処理を別の事務員に依頼し、その過程で被害女性が画像を発見。相談を受けた弁護士会が調査していた。【服部陽】

  女性事務員のスカート内をデジタルカメラで盗撮したとして、大阪弁護士会は20日、同会所属の村田秀人弁護士(45)を業務停止6カ月の懲戒処分とした。村田弁護士は同会の調査に「デジカメの誤作動だった」と否定しており、処分を不服として日本弁護士連合会(日弁連)に審査請求するという。

 大阪弁護士会によると、村田弁護士は平成24年3月、共同経営する法律事務所内で、デジカメで事務員のスカート内を盗撮。内蔵のSDカードに記録された画像15枚のうち2枚は5日後に更新され、明るさを増す処理がなされていた。

 事務員が同じカードに記録された別の画像を印刷する際、盗撮画像を発見。同年8月に同弁護士会の専用窓口に相談していた。石田法子会長は「事実とすれば、被害者に大変申し訳ない」とコメントした。

 石田法子・大阪弁護士会会長が謝る相手は被害者だけではなかろう・・・。
 それにしても、8月に発覚して10月20日に公表か・・・かなりのタイムラグが有りますね。

 横山ノック・大阪府知事のセクハラ事件の時と対応を比較して考えましょうね。
  

>弁護団長の石田法子弁護士は「知事は、この民事裁判を続けても勝てる見込みがないと判断したのだろう。証拠調べをしたうえで負けるより、争わないということで負ける方が、後でいろんな形の言い訳ができるという判断だと思う」と話す。

 石田法子会長!おい、おーいって感じ。

 法友倶楽部を覗いてみた。



>法友倶楽部は、大阪弁護士会会員の有志をもって、 昭和5年6月28日に設立された団体です。 会員のために、弁護士職務の研鑽に努め、会員相互の親睦を図る活動をしています。 現在、会員数は300名を超え、日本弁護士連合会、近畿弁護士会連合会、 大阪弁護士会などに多くの会員を送り出し、弁護士会の健全な運用に寄与しています。 また、最高裁判所判事、日本弁護士連合会会長、大阪弁護士会会長などの人材が、 会員の中から輩出しています。


 法友アルバム「秋季総会開催」に空白の写真がw




 空白の写真は、村田秀人ジュニア部代表幹事。



 キャッシュに村田秀人ジュニア部代表幹事」の写真が残っていたので貼っておきますね。

ダウンロード (1)
http://www.hoyuclub.org/album/20051029autumn_meeting/img/15.jpg

 法友倶楽部おい、おーいって感じ。

 大阪弁護士会公式webのメニューに「弁護士によるセクハラ・性差別」が有ったので一部表示。




 「セクハラ・性差別」の枠を超える犯罪ですけど、どうやら「弁護士によるセクハラ・性差別」の流れに沿った様ですね。




 大阪弁護士会おい、おーいって感じ。

 身内に甘いって、天秤が悪方向へ傾き過ぎでしょうに。
 逆に自分達に厳しくしてこそ品位が育てられるんですがね(´・ω・`)


 尚、香川県弁護士会も負けてはいませんっ(`・ω・´)キリッ




 うまーく、犯罪軽減した事例2件ですw
 飲み屋で9cmをべろーんと出した状態で女性のお尻をナデナデ、ギュゥッとした事件ですけど、言い訳が酷いのなんのって・・・。それを擁護するんですから、品位も何もあったもんじゃない。


人気ブログランキングへ

【関連記事】

【不正大学】小保方晴子さんの論文博士号は1年以内に修正すれば許す!と決定。

【国内テロリスト事件】埼玉県、辺野古沖の地質調査会社に弾が撃ち込まれる


 ゲリラ事件と呼ぶより、テロ事件と呼ぶ方が適切でしょう。


tero

20日未明、埼玉県川口市のマンションで爆発音がし、外階段で金属製のパイプなどが見つかったほか、隣の建設会社の壁に金属製の弾が打ち込まれているのが見つかりました。
この会社はアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う沖縄県の辺野古沖の地質調査を担当していて、警察は基地の移設に反対する過激派によるゲリラ事件とみて捜査しています。

20日午前1時すぎ、川口市西青木のマンションで大きな爆発音があり、警察が調べたところ、3階の外階段で、発射装置とみられる長さおよそ50センチ直径10センチの金属製のパイプなどが見つかりました。
 
さらに、隣の建設会社の2階と3階の間の壁に金属製の弾が埋まっているのが見つかったということです。
 
この爆発によるけが人などはありませんでした。
 
警察によりますと、弾が打ち込まれた建設会社はアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う沖縄県の辺野古沖の地質調査を担当しているということです。

警察は、基地の移設に反対する過激派によるゲリラ事件とみて、発射装置の詳しい構造を調べるなど捜査を進めています。

 埼玉県川口市西青木のマンションで20日未明に爆発音がした事件で、隣接ビルの壁に弾のようなものがめり込んでいるのを埼玉県警の捜査員が発見した。

 隣接ビルには、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の移設先となる同県名護市辺野古沿岸部で地質調査をしている建設会社が入っており、埼玉県警は、過激派によるゲリラ事件とみて捜査している。

 同県警の発表では、爆発音がしたのは20日午前1時5分頃。現場マンションの外階段から、発射装置とみられる金属製の筒状の不審物も見つかり、2010年11月に、さいたま市西区の陸上自衛隊駐屯地近くで見つかった発射装置と形状が似ているという。


人気ブログランキングへ
 

【新・橋下プロレス】慰安婦プロレスからヘイトスピーチプロレスへ!コリアの武器「ヘイトスピーチ」は問題にしないのけ?


 人権ヤクザ利権の為に橋下大阪市長 vs 在日特権を守る会こと在特会 桜井誠会長。
 淡々と議論せず、両者暴言飛び交うプロレス劇場と成りましたw

 答え:暴言合戦は両成敗!ヘイトスピーチ規制法は必要といったところでしょう。


CI0003

 「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠会長(右)と大阪市の橋下徹市長=20日午後、大阪市役所


 「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)と呼ばれる人種差別的な街宣活動への対策を検討する意向を示している橋下徹大阪市長は20日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の桜井誠会長と市役所で対面したが、終始暴言が飛び交い、面談は10分足らずで終了した。

 面談は冒頭からお互い、「おまえ」や「下劣な発言をやめろ」など命令口調の発言が飛び交い、会談は予定されていた30分より短く終わった。両氏が立ち上がり、つかみ合いになりそうな場面も見られたが、警戒していた関係者が間に入った。

2014/10/20 17:51   【共同通信】

 発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>


 動画



弁護士ドットコムニュースが注目w
国際・外国人問題 2014年10月20日 23時00分
橋下大阪市長と在特会会長が「罵り合い」10分間の不毛なバトル(全文書き起こし)
http://www.bengo4.com/topics/2190/
 
2231_2_1


橋下徹大阪市長とヘイトスピーチが問題になっている「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の「意見交換会」が10月20日、大阪市役所で行われた。

意見交換という名とは裏腹に、面談は「あんたが言い出したことやろ」「あんたじゃねえだろ」など、冒頭から怒号が飛び交う展開となった。「うるせえ」「なんだよ」などと声を荒げた末、桜井氏が立ち上がり、橋下市長に詰め寄ったため、SPらが制止する場面もあった。

議論はその後、しばらく続いたが、ほとんどかみ合わないまま。ついにはお互いに罵倒しあう展開になり、橋下市長が終了を告げて立ち去った。当初30分程度が予定されていた意見交換は、10分足らずで終わった。

二人の面談の模様は、ニコニコ生放送で生中継されたが、視聴者からは「大の大人同士が恥ずかしいな」「口げんかか」など、批判的なコメントが投稿された。

橋下市長と桜井氏のやりとりの全文は、以下のとおり。

●橋下市長と桜井氏のやりとり
橋下市長:先に言ってもらったらいいんじゃないですか。

桜井氏:そうですか、まずね、色々と言いたいこともあるんですけれども、ヘイトスピーチについてお伺いできます?

橋下市長:僕の意見を聞くんじゃなくて・・・。

桜井氏:いや、あんたが言い出したことやろ。

橋下市長:あんたじゃねえだろ

桜井氏:おまえでいいのか、じゃあ? あのね、まずあなたが、ヘイトスピーチうんぬんて言い出したことでしょ。

橋下市長:大阪で、そういう発言はもうやめろと言ってるんだ!

桜井氏:どういう発言なのかって聞いてんだよ!

橋下市長:民族とか国籍を一括りにして評価をするような、そういう発言はやめろと言ってるんだ。

桜井氏:朝鮮人を批判することがいけないって、あなたは言ってるわけ?

橋下市長:おまえな・・・。

桜井氏:おまえって言うなよ!

橋下市長:うるせえ。おまえ、おまえだよ

桜井氏:なんだよそれ・・・。

(桜井氏、立ち上がり橋下市長に詰め寄る。SPらが駆け寄り、桜井氏を制止した)

桜井氏:それでも男かよ、こうやって守られやがって。

橋下市長:座れ。勘違いするなよ、おまえ。

桜井氏:そちらこそ、勘違いしないでもらえるか。

橋下市長:おまえな、勘違いするなよ。

桜井氏:君は公僕だろ?

橋下市長:公僕がなんだよ。

桜井氏:公の僕(しもべ)であって・・・。

橋下市長:おまえみたいのは許せねえって言ってんだよ!

桜井氏:だったらやってみろよ、男だったら一対一で! なんだよ、後ろの警備は? 人に命、守ってもらわなきゃ、なんにもできないんだったら、最初から言うなよ!

橋下市長:大阪で、おまえなあ、そういう発言はやめろ。

桜井氏:どういう発言なんだって聞いて、答えられないだろ、君?

橋下市長:おまえ、国会議員に言え。

桜井氏:は?

橋下市長:おまえの主張は国会議員に言えっていってるんだよ。

桜井氏:あんたの友達の国会議員に言ってるよ。

橋下市長:言えよ。

桜井氏:おう、言ってるよ

橋下市長:どんどん言え。

桜井氏:それで終わりじゃねえか、話は。

橋下市長:参政権を持ってない、在日韓国人の人に言ってもしょうがねえだろ。

桜井氏:その参政権を求めてるだろ彼らは・・・。

橋下市長:強いものに言えよ。

桜井氏:言ってるだろうよ。

橋下市長:もっと弱い者いじめばかりするんじゃなくって。

桜井氏:じゃあ、いったいどう弱い者いじめをしたか教えてくれるか?

橋下市長:国会議員に言え、政府に言え、東京に行って来い。で、統一地方選挙あるだろ? 立候補しろ。

桜井氏:君ね、なんで私を呼んだんだ、そしたら?

橋下市長:民主主義・・・おまえがな・・・。

桜井氏:(手元の資料を見ながら)記者会見のあんたの発言、全部ここに抜き出してるけど、最初におまえが呼んでるだろうよ。

橋下市長:民主主義なんだから、選挙やって訴えろよ。

桜井氏:それで、いつも逃げてるだろ

橋下市長:くだらねえ。そんな政治団体か何か知らねえけどな、そんなしょうもないことやるんじゃなくて、今度の統一地方選挙でおまえ訴えたらいいじゃないか。

桜井氏:わたし、政治に興味ないので。

橋下市長:だから、そういう在日の特別永住制度とか、そういうことに文句があるんだったら、それを作った国会議員に言えって言ってるんだよ

桜井氏:言ってるんだよ。そして何よりもね、特別永住制度なくしたらどうなるかわかるだろ・・・。

橋下市長:だから、国会議員にいえ。

桜井氏:言ってるって言ってるんだよ。

橋下市長:ルール違反をやってる特定個人がいるんだったら、刑事告発しろ。民族をまとめて、国籍をまとめて、それに対して、評価を下したり、ああいう下劣な発言はやめろ。

桜井氏:どういう下劣な発言なんだって聞いてる。

橋下市長:裁判所で認定されてる事実だ。

桜井氏:俺が言ったのかよ

橋下市長:まだ、1審、2審だから、最高裁でまだ可能性もあるから、まだ断定はできないけど。おまえ、そういう主張があるんだったら、ちゃんと、政治家に言うか、それか立候補して訴えろよ。

桜井氏:なるほど、君は政治家じゃないんだね?

橋下市長:訴えろよ。

桜井氏:いや、君は政治家じゃないんだろ?

橋下市長:おれは大阪市長。

桜井氏:その大阪市長が、何の権限があってヘイトスピーチがどうのこうのって言ってるの? これ、7月の君の記者会見たよ。自分が相手をするから来いと、こう言ってるんだよ? しかも、9月になんて言ってるよ。「僕に簡単に会えると思うな」とかね。ふざけたこと言うな。頭おかしいのか君は。7月に言ったことと、9月に言ったことと全然違うだろ。政治家に言えって言うから、あんたにも言ってるだろ。

橋下市長:国会議員に言えって言ってるんだよ。

桜井氏:そして何よりもね、特別永住制度をなくすために・・・。

橋下市長:市役所の前で言ってもいいけど、韓国人や朝鮮人を一括りにして、それに対してああだこうだ言うなっつってんだ、大阪では。

桜井氏:日本人を一括りにして、誹謗中傷をやるから、叩き返しているだけだろうよ。おまえも日本人の代表だったら少しくらい言えよ、韓国人に。

橋下市長:特定個人が誰なのか、特定個人をちゃんと指摘しろよ。

桜井氏:朴槿惠(パク・クネ)でもいいよ。君が言ってやれよ。

橋下市長:それで、刑事告発でもなんでもやれよ、民主主義のルールに基づいて。

桜井氏:こちらも民主主義にルールに基づいてデモ行進やってる・・・。

橋下市長:おまえ、何か勘違いしてるんじゃないのか?

桜井氏:何を?

橋下市長:おまえ、自分で世の中変えられる力あると勘違いしてるんじゃないか?

桜井氏:そりゃ、あんただろうよ。たかが、一地方の首長ごときでふざけたこと言うなよ。

橋下市長:だったら、おまえ立候補して当選してみろよ。

桜井氏:政治にまったく興味ないんでね。政治家っていうのは、この世でもっとも醜悪な人種だと思ってるんでね。

橋下市長:当選してから言え。

桜井氏:悪いけど、政治に興味がない人間が言ったってしょうがないだろ。

橋下市長:そしたら、いちいち政治的活動するな!

桜井氏:政治を信じてない人間が政治に出るのは、なによりも冒涜行為だろ!違うか?

橋下市長:世の中を変えるのは、そんな簡単じゃないの。

桜井氏:わかってるよ。君を見てればよくわかるよ。

橋下市長:統一地方選挙をやって、ちゃんと訴えて・・・。

桜井氏:これは選挙の話じゃなくてヘイトスピーチじゃなかったのか!

橋下市長:支持されるかどうか・・・。

桜井氏:話をそらすなよ!

橋下市長:おまえみたいな差別主義者は大阪にはいらない。

桜井氏:誰が差別主義者だよ?

橋下市長:おまえだよ。

桜井氏:なんで差別主義者なんだ、教えてくれるか?

橋下市長:民族を一括りにしてしゃべるなって言ってるんだ。

桜井氏:ということは、韓国人はみんな差別主義者か?

橋下市長:ルール違反があるんだったら特定個人をしろよ・・・。

桜井氏:どうなんだ! 韓国人がみんな差別主義者か答えろよ?

橋下市長:お前だよ、差別主義者は。

桜井氏:おまえ、どうして、そうやって話をそらすわけ?

橋下市長:もうやめろって。もうわかってんだろ? 自分で。

桜井氏:それはあんただろ。自分で言ってるの、めちゃくちゃじゃないか。

橋下市長:とにかく、大阪では、おまえみたいな活動はいらないから。ちゃんと政治的な主張と、通常の表現の自由に収まるような主張に変えろと言ってるんだ

桜井氏:おまえね、こないだ、在特会がおとなしくなったとかなんとか言ってただろ? ああいうデモしか、われわれやったことないんだよ。それ以外のデモで、あんたが言う、ヘイトがどうのこうのっていうデモがあるんだったら、日付言ってくれるか?

橋下市長:だから、普通にやれ。

桜井氏:普通にやってるんだよ。

橋下市長:表現の自由の範囲内で、普通にやれ。

桜井氏:だから、それをあんた、確認したって言ったじゃんか。

橋下市長:だから、民族を一括りにして言うな。朝鮮人は出ていけとか、ゴミはゴミ箱、朝鮮人は半島に帰れとか、そういう、下らないことはやめろ。

桜井氏:それ、いったい何が悪いわけ?

橋下市長:特別永住者の制度がおかしいんだったら、ここがおかしい。ここをこうしろ。これはおかしんじゃないかと、そういことを言え。

桜井氏:朝鮮人は朝鮮半島に帰れっていうのはひとつの意見だろうよ!

橋下市長:やめろと。民族を一括りにするのは。

桜井氏:おまえ、民主主義否定するのやめろよ。言論の自由を否定するのやめろよ。あんた民主制の下で選挙で受かったんとちがうんかい?民主制否定するんだったら辞めてから言えよ。

橋下市長:選挙出てからやれよ。

桜井氏:飛田新地帰れよ。

橋下市長:選挙出てからやれよ。

桜井氏:選挙に興味がないって言ってる。あんたたちみたいな権力欲ばっかりじゃないんだよ、人間は。日本を少しでも良くしたいと願う。あるいは、日本に対して冒涜行為を働く、暴言を働くような人間がいたら、怒って当たり前と違うか?

橋下市長:勘違いするなよ、おまえ。いい加減にしろ。(振り向いて)もう終わりにしましょうか?

桜井氏:帰れ、さっさと。

橋下市長:おまえ、ここ大阪市役所だぞ? おまえが帰れ。

桜井氏:お前が呼んだんだぞ? だから、外でやれっつったろ!

橋下市長:帰れ、帰れ。

(会場から、生活保護の問題に触れるように要求する、やじが飛んだ)

橋下市長:帰れ。

桜井氏:生活保護の問題は・・・。

橋下市長:施設管理権は大阪市長にありますから、帰れ(席を立つ)

桜井氏:みっともないったらありゃしねえな、この男は。言い逃げかよ。さよなら、弱虫の橋下君。二度と会うことはないと思うけど、さっさと帰れ。飛田新地に帰れー! はい、終わり。

 (弁護士ドットコムニュース)

 狙い(落としどころ)が丸わかりやんっw

 本編より、メディアを相手にした場外乱闘の方が中味が有って面白いと話題に成っています。



 ゴロつきメディアを呼んだ覚えはない!
 「極左共同通信」とか「変態毎日新聞」。
 毎日新聞のwaiwai問題はヘイトスピーチ問題w
 朝日新聞の慰安婦ねつ造はヘイトスピーチ問題w

 共同通信社の訪朝団(代表は福山正喜社長)が、対立する「中国vs北朝鮮」の間に入って仲直りを促したそうですけど、日本国内では報道しないんですよねwww



 海外では、罵詈雑言を浴びせられというゴシップ記事も有りましたが、ヘイトスピーチは朝鮮半島の伝統だと認識しましょうね。
 公に在日韓国人朝鮮人問題と言ってるんですから、枠組みは朝鮮半島(韓国・北朝鮮)の情勢をも考慮しましょう。

 今年、北朝鮮と韓国はお互いに誹謗・中傷の禁止を約束しましたが、1カ月も経たずに破られ、砲弾が飛び交う状況。
 在日韓国人朝鮮人の祖国で無理な事が、外国である日本で出来る訳なかろうに・・・。

 国境を超える問題ですから、国内でなはく国際的に考えましょう。



 慰安婦の強制性を認めた「河野談話」の継承を安倍晋三首相が表明した後も、韓国の政府やメディアは「真実か否かは今後の日本の行動を見極めてから」とし疑念を解いていない。韓国側が主張する「正しい歴史認識」を日本に求める姿勢に変化はなく、日本非難の火種は依然くすぶっている。韓国は外交舞台などで日本批判の“言いふらし”を繰り返し、そのスタイルは、国際的にも定着した感がある。日本を非難する際、韓国が用いる言葉は多彩だ。この、争う相手に向かって自らの正しさを知らしめるため口にする言葉には、朝鮮半島の伝統的な“口論文化”が現れている。(ソウル 名村隆寛)

■主観を込めた報道

 韓国で日本がからんだ報道に触れるたびに、気付くことがある。テレビでは日本をはじめ他の国のメディアと同じく、ニュースごとに、画面の下に「見出し」が出る。業界用語で「タイトル」と呼ぶそうで、韓国ではニュース番組に登場するこのタイトルが非常に主観的なのだ。

 新聞の見出しも同様で、よくある例をあげると、「日本の閣僚、また妄言」「日本の政治家の間違った行動」などがある。特に慰安婦問題や竹島問題など日韓の歴史認識問題がからむ場合、必ずと言っていいほどだ。ニュースを読むキャスターは、まず「日本の高官の妄言がまた、波紋を広げています」「日本のよからぬ態度が全世界から批判を受けています」などと、まず「枕詞(まくらことば)」「修飾語」をつける。
この「妄言」「よからぬ」「間違った」「けしからぬ」といった否定的決めつけ表現は相当、主観が込められ、恣意(しい)的な場合もある。ニュースを伝える前に、キャスターが自身(自分が所属するメディア)の意見、主張を一言ぶつわけだ。もちろん、逆の場合もある。2月に訪韓し、慰安婦問題で韓国側に好感を持たれる発言をした村山富市元首相には、「良心的な日本人として知られる村山富市元首相は…」という枕詞がつけられていた。

 内容はともかく、何を伝えたいのか、何を言いたいのかが明確であり、分かりやすいのだが、メディアなりの「評価」が、日本がらみのニュースが報じられる際にはまず一言出てくる。

■言葉で相手を押さえ込む

 「ここまで言い切るのかね」と思うほど、独断的、断定的かつ決めつけ的な表現が多く、特に歴史認識をめぐって反日報道が繰り返されている昨年末以降、韓国に住んでいるとこうした言葉を日常的に耳にする。外務省報道官など、韓国政府が発表する声明も場面は違うものの、類似している。

 「よからぬ発言」「間違った行い」「正しい歴史認識」という表現には、話し手の主張が込められており、別の言い方をすれば、「気に入らないもの」を受け付けず、全面否定する言い回しだ。公共の電波に乗せられた表現なのだから、韓国メディアではそれなりに“配慮”のある表現なのだろう。しかし、一般社会では、意見を異にする者に対する言葉、気に入らない者に向けて浴びせかける言葉は、この比ではない。
 韓国に来たことがある人なら一度は目撃したことがあるかもしれないが、韓国人の口論は実に激しい。韓国ドラマでも、口論の場面がよく見られる。韓国語は日本語に比べて発音が多様で、キツく聞こえる。問題は発音ではなく、内容や表現なのだ。とにかく、言葉で口論の相手をやり込める。「押さえ込む」と言った方がいいだろうか。考えつくだけの表現を駆使して、相手を抑え、相手より上に立とうとする。

 この、相手を侮辱し、罵倒する言葉の中には差別用語や下半身にからむ下品な表現も少なくない。普通なら口にできないような言葉で、口汚くののしる。韓国語のヒアリング、聞き取りとして聞いていれば「ほう、こういう表現もあるのか」とその悪罵(あくば)の多様性に感心するほどだ。国民の生活水準が上がり社会が豊かになったせいか、最近は少なくなったようだ。さすがにテレビにはそんな言葉までは登場しない。

 ただ、真剣勝負の口論では、全人格を否定するような「グサッ」とくる言葉を吐くことがある。普通の人なら立ち直れないような言い方をする。傷つきやすそうな韓国人女性に「あんな罵声を浴びせられたら、立ち直れんでしょう」と聞くと、肯定する人もいれば、「全然」と意に介さない者もいる。

■生き抜くための“口撃”

 韓国ではこの相手を侮辱する表現を「辱(ヨク)」、言論による攻撃を「声討(ソント)」と呼ぶ。この、口論で言葉で相手を打ち負かすという当地独特の「文化」。一方的に言われっぱなしでは、口論で負ければ生きていけないとい考え方は、長年の韓国社会で積み重ねられてきたもののようだ。辱や声討は、良くも悪くも朝鮮半島で今日まで発達してきた「口論の文化」とも言える。

 朝鮮半島での「口論」について考えていて、もう一つ思い浮かんだ。北朝鮮である。北朝鮮は1990年代前半に、板門店での南北会談の際、「ソウルを火の海にしてやる!」と韓国側を挑発したことがある。韓国側代表に向かって直接、「あんたの家族も大丈夫ではいられない」などと言い、韓国側代表は「そんなことは絶対にさせない。許さない」と必死にやり返した。

 朝鮮半島の南北分断から70年になろうとしている今、北朝鮮でも言葉による相手への激しい攻撃(「口撃」といったほうがふさわしい)は健在だ。最近の「口撃」の例として、3月11日の「北南高位級接触北側代表スポークスマンの談話」を挙げてみる。

 談話で、北朝鮮は9日に行われた最高人民会議(国会)代議員選挙の結果に「疑い」を持った韓国の当局やメディアを批判した。この中で「『疑わしい』と食ってかかるなど、病的な拒否感が体質化した者たちではなくては到底想像もできない誹謗(ひぼう)中傷に、血眼になり狂奔している」「(韓国が北朝鮮の核について)口癖のようにわめいた」と韓国を罵倒している。

 また、韓国の柳吉在統一相の発言を「恥ずべき、むかつく妄言」とし、韓国メディアを「ねじけた政権の侍女」とこき下ろしている。北朝鮮当局とメディアは韓国当局を「反逆者」、脱北者を「醜悪な人間のクズ」と呼び、韓国や米国当局の発言を引用する際には常に「~とほざいた」「~とわめいた」と言い表す。当然、韓国同様、日米韓の対北批判の主張などは「妄言」とし、否定する。

 こちらも、いちいち記事にして新聞紙上で日本の読者に伝えるわけにはいかない。でも、ほぼ毎日、北朝鮮のメディアはこうした表現で報道を続けている。事実そうなのだ。韓国での「非難言葉(辱)」とは若干ニュアンスが異なり、表現の古くささもあり、むしろ笑える表現も多い。とにかく攻撃に用いる表現は多彩だ。朝鮮半島の北側でも「口撃の文化」は現存している。

■戦略的な“口兵器”

 韓国社会での「口撃」に話は戻るが、コリアンの言い争いは見ていても聞いていても激しい。ただ、胸ぐらをつかむことはあっても、不思議に殴り合いはしない。筆者は言い争いの場を何度も見てきたが、韓国人同士が暴力をふるい合う光景はまず、見たことがない。

 言葉でいきり立つ北朝鮮にしてもそうだ。韓国・延坪島砲撃などは例外として、「無慈悲に全面攻撃する!」「われわれは黙っていない!」と派手に叫ぶわりには手を出さない。罵声と拳を振り上げるポーズだけは立派だ。朝鮮半島の南北はいずれも、肉体的な痛みは伴わなくても、相手に勝つべく、精神的痛みやダメージを与えるために言葉を争いの「武器」として“巧み”に使っているのだ。

 冒頭で触れた日本に対するメディアが多様する表現や、韓国政府の声明、政府当局者の発言は、明らかに日本を牽制(けんせい)する「武器」として利用されている。歴史認識問題をめぐっって韓国から一方的に非難、批判を受け、うんざり感さえ覚えた昨今。口から発射される「言葉」という兵器を保有し、時には戦略的に駆使する隣国の“伝統文化”について、あらためて考えてみた。

 韓国は人種差別が酷い国ですけど、周囲が今まで容認してましたからねぇ。
 今後は公正に成る模様。





人気ブログランキングへ
福岡県警応援キャンペーン中!! 

オールジャパン、オール日本警察で工藤会対策に臨む!
(*^-^)ニコッ
(*゜ー゜)ニヤッ
(*゜ー+゜)キラッ


title (1)

記事検索











最新記事