キムチうどん県民

 このブログは、支那・朝鮮行政にウンザリした香川県民ブログです。 

Hey Doctor

【記事修正Ver3】【香川県立中央病院連携医療機関】総合医療シティ「高松画像診断クリニック」の不正防止処置に期待 Hey Doctor


 運営さんから、プライバシー侵害送信防止措置依頼が有り↓ここがNGとの事。
当社または他者の財産、プライバシー、人格権もしくは肖像権を侵害する行為、または、侵害するおそれのある行為
http://www.livedoor.com/rules/

 リスクマネジメント。氷山の一角、土壌の掘り起こし、H法則、是正処置、etc。病院の体質改善に役立つ情報を掲載したつもりですが、ダメだと言うなら別にいいですよ。感情制御が効かない不祥事ですからねー。
 といった事でタイトル一部削除。改善していきまぁす!

【記事修正Ver2】
 運営さんごめんねー<(_ _)>。K-MIXの核心関連なので突っ張る<(`^´)>エッヘン
 先方の要求はよく分かりませんけど「逮捕」と関連した記事がNGの様なので、勝手に解釈してウチの施設を関連付けるなふぁっびょーん!と考えますw
 行動特性と関係先、事実関係の記事は問題なし。関係先にはそれぞれ社会的責任(SR規格)が有り、未然に不祥事を防ぐ処置が施されるとそれは評価すべき事ですが、そんなコンプライアンス諸々なんてねーよと判断していいかなー。
 で、ひとまず枠組みを香川県内にして記事を別途に分けて見ます。
 よくある「あってはならない事」シリーズは香川県庁が取り組んでいる重点課題ですから。→見える化、透明性。

 尚、香川県立病院(3カ所)は問題ないと考えます。
 香川県立中央病院は移転前からキリねぇ話題豊富。

【記事修正Ver3】
 運営さんによると、マスコミ報道すらNGの模様。
キタ━━Σ(-`Д´-;)q━━!!!
(キ▼ー▼)χ(▼ー▼キ) (キ▼ー▼)χ(▼ー▼キ) 
 裏でゴニョゴニョ解決かなー。で、圧力。
 という事でタイトル変更、報道記事を別途にします。
 運営への返信用アドレスが無かったw <(_ _)>


MeTooさんスルー??(笑)
 香川大学法学部の追い込み方はスゴイけどねー。
ksb3
ksb4
p8

 セクハラを行った取引先を攻めるのではなく、百十四銀行を攻めてます!
 で、「銀行」と「病院」。病院は生命に係わる。
 香川大学は今回の強制わいせつ事件をどう考えるの?
 「香川大学 強姦」←ケンサクwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



【医者あるあるの歌】~ヘイヘイドクター~(short ver.)

 -削除-
17760033_1299306806826931_5370471575082107807_n
当院、高松画像診断クリニックは香川県立中央病院連携医療機関として、今後とも地域医療連携にさらなる取り組みをしていきます。
https://www.facebook.com/1046657685425179/photos/a.1060620984028849/1299306806826931/?type=3&theater

かがわ遠隔医療ネットワーク(K-MIX)!

slider01
p1
https://image.nishitakamatsu.jp/

 北浜町の籠池、城東町ソープランド街w

 「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンの株式会社DYMのお仕事は多い!

強制わいせつ容疑で医師を★★【RSKニュース 岡山・香川】
www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20190606_7

桑原一宏医師顔画像と住所は?高松画像診断クリニックの副院長が当直 ...
https://animemangaotaku.work/2019/06/07/kuwahara-kazuhiro-kaogazou/
2019/06/07 - 当直勤務をしていた香川県丸亀市の病院で女性看護師にわいせつな行為をしたとして医師の男が★★されました。 強制わいせつの疑いで★★されたのは高松画像診断クリニックの副院長、桑原一宏容疑者(42)です。 警察によると、桑原容疑 ...


【香川県】丸亀市の病院内で女性看護師に強制わいせつ。医師の男(42 ...
seihannzai.livedoor.blog/archives/香川県/わいせつ行為(18歳以上)/18123917
2019/06/06 - 香川県丸亀市所在の病院で、 顔見知りの30代女性看護師に対し背後から抱きついて胸を揉むなどのわいせつな行為をしたとして強制わいせつの疑いで高松画像診断クリニック副院長、 医師の男(42)が★★された。

【香川】女性看護師の胸を揉んだ医師(42)を★★ | 5chニュース書店
https://kagaku.work › 雑談
2019/06/10 - 1 2019/06/07(金) 17:47:23.12. 当直勤務をしていた香川県丸亀市の病院で女性看護師にわいせつな行為をしたとして医師の男が★★されました。 強制わいせつの疑いで★★されたのは高松画像診断クリニックの副院長、桑原一宏容疑 ...

強制わいせつ容疑 高松画像診断クリニックの医師★★ смотреть онлайн ...
https://rutube.ru/video/eabebcb363f6a5433ee4e0c792d2a160/
2019/06/06 - Смотри 強制わいせつ容疑 高松画像診断クリニックの医師★★ просмотров видео 1. 強制わいせつ容疑 高松画像診断クリニックの医師★★ видео онлайн бесплатно на Rutube.
※★★は伏字。


在日朝鮮・韓国人が在籍する香川人権研究所さんも取り組んで頂きたいっ☆彡
 高松画像診断クリニックの対応に期待します☆彡

桑原一宏

職歴
高松画像診断クリニック
2016年12月13日から現在
Kurashiki Central Hospital - 倉敷中央病院
内分泌代謝 リウマチ内科 ・ 2005年6月1日~2010年3月31日
北海道大学病院
医師 ・ 2001年5月1日~2005年5月31日

仕事上のスキル
アートプラス

学歴
北海道大学 Hokkaido University
札幌市
広島大学附属福山高等学校
広島県 福山市

居住地と出身地
香川県 高松市
居住地
岡山県 倉敷市
出身地

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006271660892

高松画像診断クリニック

高松市朝日町、香川県立中央病院の東隣に2016年2月に開院しました。

DOCTOR
医師紹介

安田 浩章
当院の特徴は頭痛などの脳外科外来、風邪や生活習慣病などの内科外来、リハビリテーションに加え、MRI、CT、マンモグラフィ、超音波装置、単純撮影装置を導入し、専門性の高い医療も行っております。
即日検査、即日診断をモットーにスタッフ一丸となって、よい医療をご提供できるよう、努めております。
小さな体の不調でも、まずはお気軽にご相談下さい。

院長経歴
平成 8年 徳島大学医学部 卒業
平成25年 独立行政法人国立病院機構
四国こどもとおとなの医療センター医長
平成28年 高松画像診断クリニック院長として赴任
https://image.nishitakamatsu.jp/

 四国こどもとおとなの医療センターも酷過ぎるので「おねがい ゆるして」しちゃうまでお尻ぺんぺんしちゃって下さい。



 ーごっそり削除ー

【関連記事】
・2019年07月25日 【香川県の医療機関】西高松グループ Hey Doctor
・2019年07月26日 【記事修正Ver3】【2019年6月6日のマスコミ報道】強制わいせつの疑いで高松画像診断クリニックの副院長、桑原一宏(42)を逮捕



人気ブログランキングへ 

【記事修正Ver3】【2019年6月6日のマスコミ報道】強制わいせつの疑いで高松画像診断クリニックの副院長、桑原一宏(42)を逮捕


 報道記事のみです。

丸亀市の病院で当直中…女性看護師にわいせつ行為の医師を逮捕 香川県
06月06日 

Newsweb184130

 当直勤務をしていた香川県丸亀市の病院で女性看護師にわいせつな行為をしたとして医師の男が逮捕されました。

 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは高松画像診断クリニックの副院長、桑原一宏容疑者(42)です。

 警察によると、桑原容疑者は6月2日、丸亀市の病院で、30代の女性看護師に後ろから抱きつき、胸を揉むなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。
 相談を受けた女性看護師の上司が警察に相談して発覚しました。

 事件当日、桑原容疑者は、非常勤医師として当直勤務をしていて、女性看護師とは顔見知りでした。警察の調べに対して桑原容疑者は、容疑を認めています。
http://www.ksb.co.jp/newsweb/index/13703

強制わいせつ容疑 医師の男逮捕
香川2019.06.06 19:04

丸亀市内の病院で当直勤務中だった42歳の医師の男が女性看護師に後ろから抱きついて体を触るなどのわいせつ行為をしたとして警察に逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、高松市多肥下町の医師、桑原一宏容疑者、42歳です。

警察によりますと桑原容疑者は今月2日、非常勤医師として当直勤務をしていた丸亀市内の病院で、一緒に当直をしていた30代の女性看護師を院内の部屋に連れ込み、後ろから抱きつき体を触るなどした疑いです。
警察の調べに対し桑原容疑者は「わいせつ行為をしたことは間違いない」と容疑を認めているということです。

きのう、女性看護師から被害届けが提出され、桑原容疑者の犯行を特定し逮捕したもので、警察では犯行の動機などについて詳しく調べています。
https://www.rnc.co.jp/nnn/news16415630.html

強制わいせつ容疑で医師を逮捕

丸亀市にある病院で当直勤務をしていて、看護師の女性に抱きつくなどしたとして、42歳の医師の男が逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、高松市にある高松画像診断クリニックの医師・桑原一宏容疑者です。

今月2日の午前0時ごろ、丸亀市にある病院で非常勤医師として当直勤務をしていて、一緒に働いていた30代の看護師の女性を誰もいない部屋に引き入れ、背後から抱きついて、服の上から体を触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれています。
看護師の女性にけがはありませんでした。

桑原容疑者は、約3年前から現在のクリニックの内科に勤務し、丸亀市の病院では非常勤で働いていました。
警察の調べに対し、「わいせつな行為をしたことは間違いない」と容疑を認めているということです。
https://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20190606_7


【関連記事】
・2019年07月25日 【香川県の医療機関】西高松グループ Hey Doctor



人気ブログランキングへ 

【香川県の医療機関】西高松グループ Hey Doctor


【ヘイヘイドクター】しゅんしゅんクリニックP Full Version
しゅんP Channel 2018/01/06 に公開
よしもと初の医者芸人「しゅんしゅんクリニックP」
医者のあるあるを知りたい人のために、医者のあるあるを歌にしてみました。


p3
https://www.nishitakamatsu.jp/

西高松グループ代表 西高松脳外科・内科クリニック 理事長・院長 松本 義人

早期発見、早期診断の機会をクリニックで提供
【まつもと・よしひと】 1989 香川医科大学(現香川大学)卒業 香川医科大学附属病院脳神経外科 1994 同大学院修了 米国国立衛生研究所内癌研究所滞在研究員1997 香川医科大学附属病院 2003 同講師 2007 西高松脳外科・内科クリニック理事長・院長
 高松市内に2007年に開設した西高松脳外科・内科クリニックを始まりに、現在、同市内に五つのクリニックを展開する西高松グループ。脳神経外科、放射線科などの専門医をそろえ「病気の診断」に特化した運営が特徴。グループ代表で、西高松脳外科・内科クリニックの松本義人理事長・院長に話を聞いた。

―西高松脳外科・内科クリニックの開設から10年。グループの特徴は。
 現在、グループとして、五つのクリニックを運営しています。

 2007年に開設した西高松脳外科・内科クリニック、2015年開設の中央通り脳外科内科在宅クリニックに加え、2016年には、高松画像診断クリニックと高松内視鏡診断クリニックを開設し、木村内科呼吸器科医院の運営についても承継することになりました。

 これによって、現在、常勤医は11人、看護師、臨床検査技師、理学療法士など職員数も総勢で約150人となりました。

 脳神経外科が専門の私以外にも、放射線科、整形外科、消化器科、循環器科、呼吸器科などの専門医が在籍しているのも特徴です。来年には、内分泌・甲状腺・糖尿病の専門医や小児科の専門医によるクリニックも加わる予定ですので、グループ内で、内科系の主な診療科すべてを診ることができるようになります。

―開設のきっかけ、力を入れていることなど。
 グループ開設前は、大学附属病院の脳神経外科医として勤務していました。

 30代のころは、月7回程度の当直も難なくこなしていましたが、40代を迎え、体力的な変化もあり、自分の将来や、自分のやりたい医療を改めて考えました。

 そして、大学での経験を生かして、疾患の診断や発見、なかでも隠れ脳梗塞の発見などに、より力を注ぎたいと考え、クリニック開設に踏み切りました。

 開設にあたっては、大学病院に負けないくらいの水準を保とうと思い、最新のMRIなどの検査機器を取り入れました。10年前に、このような最新機器を持つクリニックは、高松市内にありませんでした。

 「大学病院の医師とほとんど変わらない技術を持つ専門医が、クリニックで早期に病気を発見して診断する」「もし何かあったら大学病院や市内の基幹病院を紹介してくれる」という評判が口コミで広がり、患者さんにも高い評価をいただいています。

―クリニックのみの展開ですが、狙いは。
 大きな病院をつくって、さまざまな診療科をそろえるというのも良いのですが、当グループの場合、疾患が見つかれば大きな病院に紹介する、あくまで診断に力を入れるという方針にしました。

 このため、5施設とも、市内の比較的利便性の高い場所に点在させ、より広いエリアをカバーして、患者さんも足を運びやすくしたいと考えています。医師は、曜日ごとに他クリニックに移動して診察をすることもあります。また、患者さんにも、必要であれば「検査は、高松画像診断クリニックで行って、診断は西高松脳外科・内科クリニックで」とお願いすることもあります。

―医師の確保が難しいのでは。
 医師不足、と言われていますがあまりそういう風には感じていません。

 グループの方針に賛同し、当院の医師として加わってくれた方も、ちょうど40代が多いんです。私と同様に、勤務医としての将来性や、自身で開業するリスクなどを考えて判断されたようです。県内の勤務医をヘッドハンティングしたのではなく、他府県から高松市に転居してこられた医師がほとんどです。

―力を入れていることは。
 在宅医療をサポートしたいと考えています。高齢者向けの福祉施設とタッグを組むことが多く、現在は10数カ所の老人施設利用者さんの健康管理を行っています。

 また、私としては、脳卒中や脳梗塞の早期発見に力をいれたいと思っていたのですが、実際には、認知症の患者さんが予想以上に増加しています。

 当グループ内の内科に初診で来られた高齢者に脳のチェックをすると、高率で早期の認知症の疑いがあります。

 昨年末には、高松市の主導で認知症の発見や認知症者のサポートを行う「認知症初期集中支援チーム」という取り組みが始まりました。現在、クリニックで登録されているのは3施設で、うち二つは当グループのクリニック。今後も認知症の早期発見に力を入れたいと思っています。

―新たな取り組みは。

 当クリニックでは、高齢者の方の血液検査を多数していますが、高齢者の場合、障害があったり血管が細くなったりしているため、採血が大変です。そのため、それに代わる方法があれば、と考えていました。

 そんなとき、関東のあるベンチャー企業が、指先の毛細血管から針を使わずに採血をするキットの特許を取得し、展開を始めていることを知りました。

 クリニックの診療の現場でこれを取り入れることも考えていますが、それとは別に、このキットで健康チェックができないかという仕組みを考えています。2014年に、薬事法が改正になり、自己採血ができるようになりました。当クリニックの看護師や臨床検査技師が指導する場を街中などにつくって、本人に採血してもらえば、結果は後日スマートフォンなどに送信することで報告できます。「健診に行く機会がなく、体調が気になっている」という若い方には需要があると思います。

 また、今年ベトナムのホーチミン市にクリニックを開設する計画を進めています。

 同市は、産業基盤は比較的しっかりしていますが、医療は立ち遅れているようです。このため、日本製のCTとMRIを持ち込んで現地で検査し、インターネットで、検査画像を日本に送信。診断は、当クリニックの医師が行います。当グループの実績が、アジアの医療への貢献につながればと思います。

医療法人社団 西高松脳外科・内科クリニック
高松市郷東町134-1
TEL:087-832-8811
https://www.nishitakamatsu.jp/nishitakamatsu

https://k-ijishinpo.jp/old/article/2017/201702/003100.html

p3
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1702883843135890&id=1046657685425179&__tn__=-R


 アウトwwwwwww

ウィンメディックス株式会社
2018年05月21日 15:00

香川県 西高松グループ ベトナム ホーチミンのMIZAYA CLINICにシステム導入 国内外の医師が連携し、iPadで海外の患者の相談・診療・診断が簡単に

~日本企業初 ベトナムでの遠隔診療サービス ビジネス特許を申請中 6月よりサービス開始予定~

医療サービスを提供する株式会社ウィンメディックス(所在地:東京都千代田区、代表取締役:白木 茂)は、香川県で外科・内科・在宅クリニックなど地元に医療サービスを提供する西高松グループがベトナムの首都ホーチミンで運営するMIZAYA CLINIC(ミザヤ クリニック)に、海外でも日本の医師の診断が受けられる遠隔診療サービス「Hey Doctor」(ヘイ ドクター)のシステムを提供したことを2018年5月21日に発表します。サービスの開始は6月初旬を予定しています。
ベトナムにおける遠隔診療システムの導入は、国内企業では当社が初のサービス提供となります。なお「ヘイ ドクター」は、ベトナムの遠隔診療サービスに関するビジネス特許を申請中です。

【ドクター to ドクター:国内外の医師がより多くの患者としっかりと向き合える充実した診療環境】
当社の遠隔診療サービスでは、iPad※1を使って、海外の病院で診療された診断結果のデータを、オンライン上で繋がっている日本にいる医師が、疾患状態や僅かな身体の変化や処方状況をきめ細かく十分に確認します。

【アプリとコールセンターを使うことにより、効率的かつ質の高い医療を提供】
検査結果は、医師がより効率的で質の高い医療に専念できるようにアプリケーション※2がダウンロードされたiPadを使って入力された情報とコールセンターによってデータを解析し、患者の該当する疾患を日本の医師の画面上に提示します。確実かつスピーディーな診断が可能です。日本の医師が薬剤を処方し、約3日間で現地ホーチミンの病院に医薬品※3が届きます。世界でもトップクラスの日本製の医薬品の服用が可能となり、患者への更なる治療の質の向上を目指します。

【海外生活における医療診療行為の言葉の壁もコールセンタースタッフが解決】
ベトナムには約1.6万人※4以上の在留邦人が住んでいます。疾病時における診断は、的確な病状把握が必要なため、病院で医者と直接相対する「対面診療」が原則です。しかし一方で、症状や気持ち・感覚を母国語以外で的確に伝えることが難しいこともあり、患者にとって適切ではない診断や処方箋が出されてしまう可能性もあります。当社の遠隔診療サービスでは、コールセンターのスタッフが現地医師との通訳機能も担っているため、細かなニュアンスも正確に伝えることが可能です。
※1 今後は、スマートフォンやパソコン、タブレット端末などのICT機器での利用も検討しています。
※2 事前にiPadへのダウンロードが必要になります。
※3 医師の処方箋を必要とし、薬剤師による調剤によって処方される処方箋医薬品になります
※4 海外在留邦人数調査統計 平成29年要約版(16,145人)

f5ec7d9482

【今後の展開】
当社は今回のベトナムを皮切りに、2018年5月にはタイ、フィリピンでの遠隔診療サービスの展開予定です。そして2019年までには、カンボジアやその他40カ国での遠隔診療サービスの普及とアジア圏で日本の医薬品の輸出、更なる医療サービスの充実と市場拡大を図る予定です。販売目標としては、2019年3月末までに海外500件の病院へのシステムの導入、売上30億円を計画しています。

【ベトナムでの遠隔診療について】
ベトナムは、医療環境・水準とも日本や周辺アジア先進国と比べ劣ります。医療スタッフや医療機器等の絶対数が不足し、地方においては常時受診者で混雑し本来の機能が果たせない状況です。
「ヘイ ドクター」がベトナムで普及することにより、ベトナムの医療環境改善の一助となればと考えます。

【サービス概要】
名   称  Hey(ヘイ) Doctor(ドクター)
提供開始   2018年4月15日
価 格    導入費 無料
利用環境   医療機関:ウェブブラウザアプリを使用

(特徴)
・iPadを使って、海外にいながら日本の医師と相談・診察・診断が受けられる
・海外と日本の医師が連携(ドクター to ドクター)による、きめの細かい医療サービスの提供
・コールセンター スタッフによる事前問診と診療後の支払いなどの医療事務作業
・自由診療

【導入診療所先】
西高松グループ 西高松 脳外科・内科クリニック
住所:〒761-8031 高松市郷東町 134番地1

ベトナム・ホーチミン MIZAYA Co.Ltd
住所:ベトナム ホーチミン市

(西高松グループ 概要)
理事長:松本 義人
平成19年2月に高松市郷東町に西高松脳外科・内科クリニックを開院し、地域の方々の脳と体の健康を護り、社会に貢献していくことをモットーにしている。
平成27年12月に、高松市藤塚町には中央通り脳外科・内科・在宅クリニック、平成28年2月には高松市朝日町に高松画像診断クリニック、同じく平成28年9月には高松市福岡町に高松内視鏡診断クリニックと、各院を開設。

【会社概要】
社名 株式会社ウィンメディックス(Win Medics Co.,Ltd.)
所在地 〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-17-2 日宝水道橋ビル3階
設立 2016年3月11日
資本金 150,125,000円
代表取締役 白木 茂
従業員数 20名
事業内容
・医療ツーリズム運営、遠隔診療、先進医療提案、医薬品卸売、
・登録販売者育成、ソリューション事業
許認可 
・医薬品卸売業許可  第5301160481
・医薬品販売業許可  第0101160153

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ウィンメディックス 広報事務局  担当:伊藤
電話:03-5411-0066 携帯:080-3711-6561 E-mail:pr@netamoto.co.jp
2018年05月21日 15:00
新サービス発表
医療、福祉
会社概要
商号ウィンメディックス株式会社(ウィンメディックスカブシキガイシャ)
代表者 白木 茂(シラキ シゲル)所在地〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-17-2  日宝水道橋ビル3階TEL03-6272-3345業種医療・福祉・健康関連上場先未上場従業員数50名未満会社HPhttp://win-medics.com/
https://www.dreamnews.jp/press/0000174058/?fbclid=IwAR2ujQE9qyBf4RHK_KSJj44O2EnwzXS85Ko8lYILi81lU0TRhqQ87UHYj20

p4
http://win-medics.com/wp-content/uploads/2016/11/news_20161103.pdf
2016年11月3日「高齢者住宅新聞」にて、弊社が紹介されました。
http://win-medics.com/news/news-767/

>白木 元々私はアフリカや東南アジアなどを対象に、がん治療薬の製造・卸などの医療系ビジネスを手掛けてきました。


Hey Doctor(ヘイ ドクター)の最新情報やアプリケーションのアップデートなどのお知らせ
2018.11.15
日中医療機関連携プラットホーム構築のお知らせ

中国医学科学院/北京協和医学院グループと事業提携
Win Medics
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMESに弊社のアプリを利用した活動が掲載されました。

世界最先端のAI遠隔医療システムを開発する医療系ベンチャー企業である株式会社ウィンメディックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:白木茂、以下、「ウィン社」)は、中国衛生部直轄の中国医学科学院/北京協和医学院グループ企業である北京協和医薬科技開発総公司(本社:中華人民共和国北京市、代表:Mr. Jiang Tao、以下、「UMP」という)と日中の医療交流を推進するため、日中両国の医療機関連携プラットホームを構築致します。

日本の医師によるセカンドオピニオンとして鑑別診断サービスを行い、中国在住の多くの患者様に、日本の医療サービス及び日本の処方箋薬を供給するプロジェクトを実施する事に関して、事業提携致しました。

引用:prtimes.jp

上記プロジェクトの予定スケジュール及び事業スキームは以下の通りです。

<予定スケジュール>
2018年9~11月:FS(事業性研究)実施及びシステムテストローリング。
2018年12月~3月:システムカスタマイズ開発
2019年4月:医療機関連携プラットホームサービス開始。
https://hey-doctor.app/news/medical-collaboration

 米国が、米国まで届かない北核ミサイルを許容する意味はそれなりに有るよなぁw


 あー、総合医療シティ「高松画像診断クリニック」の桑原一宏副院長を見つけたー!

18527441_1960637927488577_5290091237049783759_o

 総合病院回生病院@坂出市w
 丸亀市にも病院が有るなあ。

sakai
2012年9月1日発行 第39号 東京都渋谷区神宮前4-3-6 伊藤病院広報誌委員会
http://www.ito-hospital.jp/pdf/voice/39.pdf

https://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤病院

 米軍がターゲットにした甲状腺疾患の診療を専門にした病院かぁw
 甲状腺がんのアイソトープ治療(放射線治療)の臨床と研究に従事かぁw


【関連記事】


人気ブログランキングへ 
福岡県警応援キャンペーン中!! 

オールジャパン、オール日本警察で工藤会対策に臨む!
(*^-^)ニコッ
(*゜ー゜)ニヤッ
(*゜ー+゜)キラッ


title (1)

記事検索











最新記事