内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと



複数の企業にESを提出する3つのメリット




「エントリーシートの提出が終わりました」




最近、学生の方とお会いするとよく耳にする言葉です。

本当に提出が終わってよいのでしょうか。


もしも、しっかりと選考の準備が

できているのであれば問題ありません。


もっと具体的に言えば、自分のやりたいことや強みを

企業にしっかりと伝えることできるかどうか。



とはいえ、ある新聞では就職課の職員の方が、

学生の準備不足を指摘し、エントリーシートの提出数が

少ないことに対して懸念を抱いていました。



少なからず「就職活動がうまくいっている」

と思っている人以外は企業を知る努力をして、

エントリーシートを提出したほうがよいでしょう。

それには3つのメリットがあります。



1)後悔する可能性が減ること



企業を調べれば調べるほど後悔が減ります。

人が後悔するのはやらなかったことに多いからです。


それほど企業を調べずに内定先を決めると

「ほかにもいい企業があったのではないか」

と思うこともあります。


特にまわりの人の内定先を聞くとなおさらです。

いろいろな業界や会社を見て内定先を選べば

迷いが少なくなり後悔する可能性は減ります。



2)考える機会が増えること



エントリーシートはそもそも

あなたを知るためにあるものです。


そのため、エントリーシートを記入するだけで

自分を考えるきっかけになります。


特に紙に書くときは五感を活用しているため、

自分についてより一層考えることができます。

エントリーシートを記入することが自己分析になります。



3)リスクが減ること



現在、エントリーシートを提出している企業に落ちたとしても

すぐに別の企業の選考を受けることができます。


もしも、他の企業に

エントリーシートを提出していなければ、

イチから準備しなければなりません。



つまり、ブランクが生じます。



特に久しぶりに面接を受けると、

面接の感覚が鈍り、思うようにいきません。

モチベーションの維持も大変です。



毎日、選考もしくは面接を受けているぐらいのほうが

就職活動の感覚を維持することができ結果がついてきます。




あなたはエントリーシートの提出を終えていますか?




⇒「あなたの強みややりたいことが見えてくる!自己分析セミナー開催!


もっと記事を読みたい方は「就活のすすめ」へ



あなただけの目標達成方法がわかる!

今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート



僕と私の就職活動日記は携帯電話でも見ることができます。
↓クリックするとURLがパソコンから携帯へ送れます。


URLを携帯へ送ってブログを携帯で見てみよう!


僕と私の就職活動日記 モバイル




僕と私の就職活動日記のバックナンバーをカテゴリー別にまとめました。


自己分析】【就職活動】【自己PR】【面接】【志望動機】【エントリーシート】【就職活動MAP

リクナビ2014】【マイナビ2014】【就活ナビ2014】【自己PRコンテスト】【就職活動