内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと



例えてみること




「観客に情報を与えていないこと」



テレビ番組で落語の良さについて

春風亭昇太さんが語っていたことです。

例えば、落語家の人が



「むこうのほうから美女がやってきた」



と観客に話しかけた場合。

観客はそれぞれの頭の中で

自分にとっての美女を思い浮かげます。



美女というイメージが的確に伝わります。



さらに落語の良さを際立出せるために、

反対の例として小説の映画化を挙げていました。



小説を読んでいる人は小説に出てくる人物が

どのような人なのかイメージして読んでいます。



もしも、小説が映画化されたときに、

その読書中に描いていたイメージとは異なる

俳優が出演していると違和感を感じます。



面接は落語とは対照的です。



面接官に自分のイメージを伝えます。

面接官に勝手にイメージさせてはいけません。

もしかすると、悪い方へ誤解することもあります。



それを防ぐためには相手に

わかりやすく伝えることが大切です。



そのためには「サービス精神」が大切です。

つまり、相手のことを考えながら話すことです。



今回、春風亭昇太さんは

他の出演者がわかりやすいような

情報をもとに落語の良さを説明しています。



もしも、あなたが実践できないのであれば、

日頃から例える練習をするとよいでしょう。



「〇〇とは〇〇のようなもの」と考えてみます。



例えば、「企業(正社員)とは丈夫な傘のようなもの」




優良企業の正社員であれば、

いかに悪い環境であっても

自分のことを守ってくれます。



とはいえ、突然、傘が壊れてしまうように、

優良企業であっても倒産してしまうこともあります。



他にもベンチャー企業は「ビニール傘」

派遣社員、契約社員しか雇わない企業は「折り畳み傘」

と考えても良いかもしれません。



ベンチャー企業は資金調達ができない、

市場のシェアが奪われるなど

厳しい環境になれば倒産することが多いです。



また、派遣社員、契約社員しか雇わない企業は

必要な時だけしか雇ってもらえません。



今の就職環境は雨が降っているようなもの。



あなたが外出をするときに

雨が降っていれば傘を持っていくでしょう。



外出することを「仕事をすること」と考えれば、雨は「不景気」



雨の時に傘を持っていくように不景気なときに

正社員になりたい人が増えるの当然です。



もしかすると、ここまで例えて

説明することではないかもしれません。



とはいえ、「相手にわかりやすく伝えよう」と考える姿勢が大切です。



日頃からそのような姿勢がある人は

面接でもわかりやすく伝えられるものです。



あなたはわかりやすく伝えられますか?




⇒「あなたの強みややりたいことが見えてくる!自己分析セミナー開催!


もっと記事を読みたい方は「就活のすすめ」へ



あなただけの目標達成方法がわかる!

今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート



僕と私の就職活動日記は携帯電話でも見ることができます。
↓クリックするとURLがパソコンから携帯へ送れます。


URLを携帯へ送ってブログを携帯で見てみよう!


僕と私の就職活動日記 モバイル




僕と私の就職活動日記のバックナンバーをカテゴリー別にまとめました。


自己分析】【就職活動】【自己PR】【面接】【志望動機】【エントリーシート】【就職活動MAP

リクナビ2014】【マイナビ2014】【就活ナビ2014】【自己PRコンテスト】【就職活動