2017年09月20日

「これからの建築士賞」

IMG_8297 建築の裾野が広がってきましたね。

 最近、「建築出身です」という方と良く遭遇します。

 私たちが学生だった頃は、建築出身なら設計(構造、設備も含む)にいくか、都市計画や行政にいくか、または、施工かハウスメーカーか、教育か研究か。。と行き先は狭かったけれど、まあ、それだけ仕事があふれ人材が不足していたということでしょうか。
 それが近年は、イノベーションビジネスや地域活動やイベント活動、アートや修復といったものづくりなど、ちょっと話の方向が合うなあと思うと、実は建築出身なのだと言われます。
 大学も、まちに出ていき世界に出ていくように、そして、社会を改善するような取り組みや新しい仕組みづくりに関われるように授業をしていると聞きますし、なにより、建築構築やデザインには、社会や暮らしのこれからについてや科学や物理、地理地学や気象、歴史文化風土や人体生理の知識も必要で、興味関心や学ぶべき事が広いので応用が効き易いのでしょうか。
 
 東京建築士会が主催する「これからの建築士賞」というのがあって、建築士の新たな取り組みにスポットをあてて表彰いるのですが、その中でも、よくあるまちづくり活動やまち医者活動ではない取り組みに、「おお!」と注目しました。

 ひとつは、家の庭を隣りの保育園の園庭にしている事例。
 これは、いつまでも自分の家の敷地境界に拘っていないで、隣り近所と庭を共有することができれば、まちはずっと豊かになる筈!と常々思っているのですが、こんな仕組みがひろがっていく日も近いかもと思わせてくれます。

 もうひとつは、公共建築に於ける設計者の決め方を設計しなおす取り組みの事例。
 自らが設計したり選考委員になるのではなく、こうした立場で活躍する建築士が増えることが、公共建築のグレードアップにつながるのでは。。と思わせてくれます。
 
 「社会をデザインする発想と提案」は、今までもこれからも、仕事が大きくても小さくても、建築士に必要なことですからネ。

 

 

 

kimura_atelier at 13:15コメント(0)住まい/建築どんなオルタナティブが可能か 

2017年06月30日

人と自然、人と人とのつながり方

 私のまちや住まいのこれからのあり方研究の一環として、また、まちづくり活動の企画として、「まちなみに貢献している建て方や暮らし方をされているお宅」をピックアップしています。

 IMG_7541 写真のお宅のように、決して敷地が大きくなくても、また、緑がいっぱいではなくても、
 立地の文脈を読んで、
 ポイントに大小の緑を備えて、
 窓の開け方や窓を通して内外を見せたり見られたりの工夫をし、
 駐車場の位置や視線の抜け方に配慮したお宅。。

 他にも、一軒ではなく3〜4軒で良い環境を作り出していたり。。緑の塊を作り出していたり。。視線の抜けや交通の見通しに貢献していたり。。

 このお宅はこういう理由で素敵にまちなみをつくっているということを、きちんとレポートして、対象のお宅に感謝状、素敵なオブジェと一緒にお渡しするというのが、まちづくり活動の企画です。
(家や庭は、優秀な設計者や造園家に頼めばいいというのではなく、まちに暮らす人が、何がどういう理由でこの家や庭が素敵なのか、どうすればまちが良くなって行きどうすれば殺伐とするのかが共有できたら素敵ですよね。設計者だからできるまちづくり活動の一企画だと思います)
 

 先日書いた記事(日本の建築文化について。「日本では古くから、屋外の自然環境をシームレスに家屋内に取り込む建築文化がある。日本建築は私たちに、自然から人々を守ることと、自然とつながることのバランスを取るための“知恵”があることを教えてくれる。どちらか一方を選択しなくてはならないのではなく、バランスを持って両方を得る――それは、昨今のグローバル化した複雑な世界には重要な課題だ」プリツカー建築賞の授賞式でのトム・プリツカー氏のスピーチ。 kenplatzの記事から)にもつながります。

 また、宮古島の建築家・伊志嶺敏子さんのアプローチを改めて思い出しました。
 

 

kimura_atelier at 20:18コメント(0)設計・企画ライブ地域のこと 

2017年05月24日

「家って何だろう」「向こう三軒両隣」

 以下は、先日行われた建築界のノーベル賞といわれるプリツカー建築賞の授賞式での、トム・プリツカー氏のスピーチの内容です。

 日本の建築文化について。
 「日本では古くから、屋外の自然環境をシームレスに家屋内に取り込む建築文化がある。日本建築は私たちに、自然から人々を守ることと、自然とつながることのバランスを取るための“知恵”があることを教えてくれる。どちらか一方を選択しなくてはならないのではなく、バランスを持って両方を得る――それは、昨今のグローバル化した複雑な世界には重要な課題だ」
「日本は、ローカルとインターナショナルにおけるバランスの美学を教えてくれる」 kenplatzの記事から

IMG_7765 住まいを計画したり何かプロジェクトを進めている時、時々立ち止まってホントにこれでいいのかなと「あり方」についてを考えるのですが、そんな時に気分転換も兼ねてよく引っ張り出すのが、益子義弘さんの「家って何だろう」と田中敏薄さんの「向こう三軒両隣」。
 自然だけでなく、人やものとの距離についても同じで、トム・プリツカー氏のスピーチにもつながります。 
 
 
 もう少し俯瞰してコトの先やこれからを視野に入れる。。その場にいない人や関係者以外も思いやる。。
 今日の地元活動の総会帰りの女子トークにもつながるなあ。。w w

 
 

kimura_atelier at 17:17コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)気になったこと 

2017年05月12日

設計と料理、データ収集チェックと素材や器機集め

 久しぶりに日常の話題を。

 頭がハイになる時に限って、料理に手を出したくなりますw 

 料理って、設計と違ってかかる時間の単位やスパンが短く、即、アレンジが効き結果が出せるし、結果を味わえる(食べられる)。。
 実現したい条件や場所に合わせてどう構築するか、使える素材やコストパフォーマンスをどうするか、完成までの手順と時間をどう擦り合せるか。。
 そんな設計と同じ思考ルート(これがたまらなく好きなのでしょう)を使いながら、膨大な手順やチェック手続きのかかる設計のガス抜きとして、平行思考や気分転換にもってこいの手段なのでしょうね!

 IMG_7491IMG_7457断捨離で多少すっきりした我が家やまだ新しく広く何を置いても溢れない小淵沢のいえのスペース達をアテにして、またまた、手順よく美味しいことを実現するための収納や道具、庭の食べられる草木の整備を企み始めました。
 う〜ん、良くない癖です

 常備のおジャコ、クルミ、干しイチジク、干し葡萄他の乾物類、各ペースト類や浸け込みの醤油や麹の類い、大量の海苔や昆布類、お気に入りのオリーブオイルに米酢、生ハチミツ、パスタに粉類、玄米(挙げ出せば切りなく)。。。
 といった常備のヘルシー食材を使って、それぞれの季節ならではの手近な恵みを庭からちょっとつまんで来て、簡単に美味しく楽しむ暮らしを目指しています。
 で、そのためのアイデアとバリエーションを思いめぐらせてはウキウキしています。

 簡単に!!短時間で!!というのが、我が家の場合はミソです。
 ですが、ホントに良くない癖だとわかっている! またストックが増え、ワインの消費量と体重にも大きく影響するのですから。。w

 
 
 
 

kimura_atelier at 19:40コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ささやかな日常 

2017年04月19日

昨日のテレビ放映の様子

 昨日のテレビ放映(4/18火曜、日テレのヒルナンデスという昼のバラエティ)の様子です。

12-thumbnail2

 どう編集されているのか正直かなり心配でしたが、あちこちたくさん撮影したりたくさん提出した写真やらは大幅にカットされ、でも一般の人には楽しみながら参考にもなるように、おもしろビックリといった感じに編集されていました。
 なるほどネ、これがテレビか!
 なかなかおもしろかったです。それにしても顔アップはキツかった

 続編もありそうですので、そうなりましたら、また報告します。


 

kimura_atelier at 18:25コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒「小さくて(身の丈にあった)大きく暮らす(懐の深い)家」 

2017年04月17日

ヒルナンデスという昼のバラエティに築32年の我が家がでます

 明日(4/18、火曜)、日テレのヒルナンデスという昼のバラエティで、女性1級建築士が建てた家という30分枠のシリーズコーナーに、築32年の我が家がでます。
 
 バラエティなので、どう編集されているのか、趣旨がきちんと伝わっているのかよくわかりませんが、お時間あれば、ご笑覧ください。

 
IMG_7313 もうひとつの話題を報告します。
 築32年!年代物の自邸がテレビで取り上げられることになりました。
 来週放映の予定ですが、民放のため、前日まで公表はしないでくださいとのことですので、前日になりましたら、改めておしらせします。

 30分持たせるために、まる2日に渡る撮影で細部まで撮られまくり、何がどう映っているのかちょっと心配ですが。。

 
 永年の間にあれこれ膨らんだ荷物や書籍を追々整理して、小淵沢のいえに半年から一年くらいかけて運び、自宅を断捨離しようと思っていた矢先のことで、ちょうどいい機会でしたが。。
 家中全部を紹介させて欲しいとのこと。
 とても片付かないので、2ヶ月待ってもらうお願いをして、急遽短期断捨離計画実行とあいなりました。

 お陰で随分片付きました!^O^/

 
 

kimura_atelier at 11:47コメント(4)トラックバック(0)☆お知らせ⇒「小さくて(身の丈にあった)大きく暮らす(懐の深い)家」 

2017年04月11日

自邸がテレビで取り上げられることになりました

もうひとつの話題を報告します。
築32年!年代物の自邸がテレビで取り上げられることになりました。

IMG_7311 来週放映の予定ですが、民放のため、前日まで公表はしないでくださいとのことですので、前日になりましたら、改めておしらせします。


 30分持たせるために、まる2日に渡る撮影で細部まで撮られまくり、何がどう映っているのかちょっと心配ですが。。
IMG_7313 永年の間にあれこれ膨らんだ荷物や書籍を追々整理して、小淵沢のいえに半年から一年くらいかけて運び、自宅を断捨離しようと思っていた矢先のことで、ちょうどいい機会でしたが。。
 家中全部を紹介させて欲しいとのこと。
 とても片付かないので、2ヶ月待ってもらうお願いをして、急遽短期断捨離計画実行とあいなりました。

 お陰で随分片付きました!^O^/
 
 

kimura_atelier at 19:29コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒「小さくて(身の丈にあった)大きく暮らす(懐の深い)家」 

2017年04月04日

「住まいのまちなみコンクール」に入賞した話題から

 お久しぶりの更新です^^;
 あれこれのプロジェクト企画やら我が家の断捨離計画実行などがあって、気がつけば年度も変わり、早、桜の季節です。
 
 まずは、地元まちづくり活動の報告。
 住宅生産振興財団主催の「住まいのまちなみコンクール」に入賞した話題から報告します。

 地域でのまちづくり活動の課題と実績をまとめて応募したのが、昨夏の終わりの事。
 その後、審査委員方による地元への訪問と活動内容の視察やヒアリングやらがあり、地域をあげて対応しました。

DSCN4651 のコピーDSCN4657 のコピー

 たくさんの課題を抱えながらも、まちぐるみで重層的にがんばっているこの地域の人達の姿勢や、まちの地形や遺伝子がもつこのまちの魅力に、叱咤激励や応援のコメントをいただいて審査結果を待つ事3ヶ月。朗報が届きました\(^O^)/

 そして、課題を4つのテーマに整理して活動実施計画を練る。
 3年計画で、これからひとつずつ実行していかなければ。。
 年内には纏める予定の私の論文テーマにも絡めて、「コモンの可能性」についても、研究と平行した実施企画を模索中です。

 

kimura_atelier at 18:27コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒地域のこと 

2017年01月30日

小淵沢のいえ、その後。

小淵沢のいえ、その後。

年末にバタバタと荷物を運び、掃除や片付けに明け暮れて、多少は暮らしのカタチが整いました。
先の週末も所用を兼ねて行き、たくさんの荷物を運びました。
(自宅の耐震化促進を兼ねて、自宅にある食器や小屋裏の荷物等の重いものから運び込み予定。次からは本や捨てられないものを何回かに分けて運び込む予定ですが、乾燥時期の整理は手がカサカサになってひび割れたりがキツイ。。まあ、急がず、追々進めます)
肝心のテーブルがまだ。外構石積み工事もまだで、やはりまだまだ仮住まい感が漂っていますw。

IMG_7117 さて、家の性能について。。

 近いうちには現場で変更になった仕様で再計算してみるつもりですので、あくまで印象の報告ですが。。

 「そよ換気」が思いのほか功を奏してくれています。

 写真のように、夜8時、外気-3.5度で、室内は暖房無しで16度。
IMG_7118IMG_7119 翌日昼12時半頃には、棟温度51度まで上がって、室内は暖房無しで21度。

 夜寝る前に2、3時間ストーブを焚けば、お天気さえ良ければその他の時間は暖房無しで充分のようです。

 断熱材も決して十分な仕様ではないですし、集熱の仕様も十分なものではありませんが、家の向きや屋根勾配、陽当たり等を工夫すれば、ローコストでもかなりの結果が出る事が判りました♪♪(^_^)v






kimura_atelier at 19:04コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2017年01月06日

今年の年賀状

IMG_7063
 昨日は、今日からの仕事始めに向けて、例年通り事務所でスケジュールカレンダーを作って書きこんだり、年賀状の整理や追加手配をしました。


 今年もたくさんの年賀状をいただきました。
 そして、楽しくなつかしく拝読しました。有難うございます。
 
 今年の一押しは、これ!
(クリックで大きくすると迫力が増します)

 書道家(ご近所飲み仲間)の鷹、いつもながら流石!
 なにより、富士の次の話題にぴったりです。
 今度は縦長に切り抜いてみました。


 お子さんの成長が判る写真やコメント等に加えて、また同窓会しよう、今を充実させている、孫の世話でうれしいけどトホホ、この家が歴史等、年齢を重ねたことならではのひとことが増えたのが印象的です。そういえば、宝くじに当たったというコメントも! 

kimura_atelier at 12:16コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2017年01月05日

2017年、あけましておめでとうございます。

IMG_7059


 2017年、あけましておめでとうございます。

 この年末年始は、晴天と暖かさに恵まれ、富士を見て西に走り、なぜかより大きな富士を見ながら東に戻りました。
  
 さて、今年は、実務に加えて、やり始めた研究論文の完成に向けて本腰を入れなければ。。
 昨年暮れ、玉川学園町内会の協力を得て配布した地元を対象にしたアンケートは予想外の回収率で、当研究内容に対する課題の大きさを実感させられました。私にとってはアンケートの分析が喫緊の課題ですw 地元の活動にもつなげられるよう知恵を絞って行ければと思います。
 また、新たな拠点での楽しい企画の下慣らしも始めたいw。。温熱環境の確認も兼ねて冬場もときどき足を運ばなきゃ!
 そして、なにより、やっぱり、講釈無しで魅力的な(スッピンでスックとした)住まいを創れるように、もうひと頑張りしたいと思います。

 というわけで、歳を取ってものんびり遊んでいられない貧乏性ゆえ、今年もまたバタバタしそうです。
 ともあれ、今年もどうぞよろしくおつきあいをお願いいたします。

kimura_atelier at 11:45コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2016年12月28日

今年もお世話になりました

 木村建築研究室は、本日12月28日(水)が仕事納め。29日から1月5日までお正月休みをいただきます。
 仕事始めは、例年通り1月6日(金)からとなります。
 

 今年もいろいろとお世話になりましてありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願い致します。
 
 皆様、時節柄御自愛の上、どうぞ良いお年をお迎えください。



kimura_atelier at 11:39コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2016年12月13日

小淵沢のいえ、ほぼ完成しました。

IMG_6633-1 小淵沢のいえ、その後。
 残工事ダメ工事が多少ありますが、ほぼ完成。引き渡しを終りました。

 構成を味わう、さっぱり、すっきりした家になりました。
 ロボットみたいなのは、ペレット兼蒔ストーブ。火入れ式も終りました。良く燃えます。
 外構石積み工事の業者さんが訳あって連絡が取れずに残っていましたが、やっと連絡が取れました。とりあえず待って良かった。後味悪くならなくて。。
 ビジネスとしての仕事契約と人の使い方やら人情やら。。そのあたりの調整の仕方やバランスが大なり小なり何かしら決断を迫られて、むずかしいところです。
 設計仕事の進め方や設計内容も、こだわりや価値観を含めて、「ああ、◯◯さんらしいなあ!」「◯◯さんって、こういう人なのね」と思いますが、自分達もきっと「木村さんとこらしい」のでしょうね。

DSC01867DSC01936DSC01935DSC01941 




kimura_atelier at 13:14コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2016年11月14日

ブログとフェイスブックのリンクが完了しました

18)

 さて、先週末、ブログとフェイスブックのリンクが完了しました。
 これで、手軽に報告できるようになりました。今後はフェイスブックを通しては出来るだけ頻繁にアップするようにしたいと思います。
 当ブログでは、左端サイドバーの中程にある<Facebook/木村建築研究室>;で読んでもらうか、その下の<木村建築研究室の青い文字>;をクリックして木村建築研究室のページに飛んでください。

 なお、たくさんの人の目に渡るよう、木村建築研究室ページへの『いいね』もよろしくおねがいします。

kimura_atelier at 12:57コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2016年11月10日

小淵沢のいえ、佳境です

 随分ご無沙汰致しました_(._.)_
 この2ヶ月、fbには投稿できても、なかなかブログに手が回らない追われる日々でございました。
 思いがけない良い事もがっかりする事もあって、でも、捨てる神あれば拾う神ありで、結果は万々歳!! 前向きな努力と我慢は黙々としてみるものですねw

 あれこれ報告があるのですが。。
 今後は、ブログとfbのリンクを検討して、手軽に報告できるようにしたいと思います。

 さておき。。
 小淵沢のいえが佳境です。
 外部は、ほぼ完成で、後は外構工事に入ります。
 内部は、床・壁・天井、構造用合板張りっ放し!の木工時が終わり、後は塗装と建具の製作と取り付け、多少の金物工事と設備器具の取り付けです。
 今月中には、引き渡しの予定。「そよ換気」が思いの他、効果を発揮してくれています。

 DSC01509DSC01482DSC01526DSC_0042-595x446


kimura_atelier at 18:25コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2016年09月15日

遺伝子になって巡る

 おもしろい記事に当たりました。以下リンクです。
 マヨネーズの瓶とカップ2杯のコーヒー。ある大学教授が教える人生とは…

 なるほど。。ものごとの順番や筋道、構成をいつも頭に置いて行動しなさい、と言うことですね。

 もうひとつ、おもしろい記事に当たりました。 
コピペできない記事なので、簡単に要約すると、
 「あなたの魅力は、あなたの身近にいる人を幸せにし、自分も幸せになれる才能。だから、不愉快な相手やあなたの幸せから遠い相手には近づかないこと」「相思相愛があなたにとってのキーワード」と。。

 なるほど。。これも、ものごとの順番や筋道、構成をいつも頭に置いて行動しなさいと言うことですね。思い当たることがたくさんです。


 ところで、ずっと以前より何事も「巡る」こと、循環の意味の大きさを感じてきました。うまく行く人や幸せそうな人は、相手を尊重し廻りとの関系を大事にしてきているから。
 だから、事務所のPOLICYのページにもあるように、「自分にとって良いことが廻りにとっても良いように。。」は、設計理念のひとつです。
 そして、もうひとつが、シンクロニシティ。
 たまたま気にしていることの勉強会やアドバイスをくれる相談会の案内のお知らせが来たり、SNSで知り合いが取り上げていたり。。これについても思い当たることがたくさんです。気にしているから目に止まるということもありますが。

 やはり、巡っている。
 行為の連続と親の遺伝子と生きて来た環境で人は決まるそうです。行為が思考になり遺伝子になるのですね。
 まちも「まちの遺伝子」がまちを決める。。
 

kimura_atelier at 15:22コメント(0)トラックバック(0)気になったことつれづれ心模様(日記) 

2016年09月05日

20年後の元住吉のいえ

IMG_6200  以前から頼まれていた家の相談に、過日やっと伺いました。
 
 このお宅は、20年近く前に設計した重量鉄骨の店舗付き住宅です。
 当時は、1階がご両親が経営するお店で、2.3階が娘さん一家の住まいとして設計したのですが、ご両親が他界されて、娘さん一家(娘さんといっても私と同年代ですw)も、広いご実家を建て替えて、この超狭小住宅からお引っ越し。
IMG_6199 今は一棟貸しで不動産屋さんに貸してあり、1階は不動産屋さんのよくあるカタチの事務所、元住まいの2.3階部分は社長室と応接(契約)室になっていました。

 契約したお客さんは、この元LDKに通されるのだそうです。
 お友達から「不動産契約で『◯◯さんちのリビング見れちゃった!』って、言われるのよ」とのこと。
 なんだかおもしろいです。

 せっかくだから、今どのように使われているか見せてもらいました。 
 
 LDKは、対面キッチンのカウンターと小屋裏下の梁に不動産の契約写真が飾られて、何もいじらずにムリなくコンバージョンされています。
 大型コピー機をパネルで隠すために、作り付けの読書コーナーと箱階段が見えないのがちょっと残念!
 コピー機は、スライドででるとかの工夫があれば、完璧でしたねw
 また、寝室は、社長室に格上げされていましたww



kimura_atelier at 19:03コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2016年09月01日

小淵沢のいえ、だいぶ出来てきました

DSC00580 小淵沢のいえがだいぶ出来上がってきて、仕上がりの様子が容易に想像できるようになってきました。
 
 徹底的にヘビーデュティーで潔良く思い切った家。

 性能とフレキシビリティにはとことんこだわり、気持ちの良い空気が流れ、維持管理に無理がなく、使いやすく、工夫次第でいろいろなシーンに対応できるように計画しました。

DSC00575 ただし、潔良く仕上げは最小限。
 床・壁・天井、構造用合板張りっ放し!(つまり、木造版打ちっ放しの家です)です。
 設備も最小限です。気持ちの良い空気のために、建築で出来ることでできるだけ解決しようとしています。
 その上、造作も建具も最小限。
 
 工事に平行して、外部の石積みと元の山に戻すような媚びない植栽を施して、風景にとけ込む家、高原らしい風景をつくる家を目指します。

 夏は中央高速が混むので監理に時間がかかりますが、そろそろ落ち着いてくれるかな。



kimura_atelier at 19:58コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2016年08月26日

夏休みの自由研究の取材

 22)昨日は、3年前に竣工した建主さんの娘さんから、夏休みの自由研究の取材を受けました。

 気になる職業の9人に取材して、特徴を感想と一緒にまとめるつもりなのだとか。将来、自分の進む方向への参考にもしようと、自由研究のテーマにしたのだそう。。

 職業の内容や就いた経緯、特徴、辛いこと楽しいこと、どんな努力をしているか、永年やってきて感じていることや子供たちに伝えたいこと、座右の銘など。。的確で結構深い内容の質問です。

 さらりスラスラとも行かず、思わず考え込まされる質問も。
 ついつい真剣になって普段使っている単語を並べてしまって、どうわかりやすく翻訳しようかと考えたり。。
 どう伝わったのか感想報告が楽しみです。
 ちびっ子インタビューのつもりでいたら、3年経つと小学低学年から高学年になっているわけで、すっかりしっかりしたお姉さんに成長していてうれしい驚き。思わず自分の3年前を振り返ってしまいましたw
 久しぶりにご主人以外の建主さん一家ともお会いできて、楽しそうな暮らしの様子や家の様子を聞き、楽しいひとときでした。

 追伸
 「生まれ変わったらどんな職業に就きたいですか?」と訊かれるので、「他の人はどうだった?」と尋ねたら、生まれ変わったら建築家になりたいという人が結構いるということでした。
 人の人生や生活をも大きく左右する器を構築する建築というのは、責任が大きい分、やはり魅力も大きいのでしょうね。
 また、小学生で人気なのはアナウンサーやキャビンアテンダントなのだそう。。これは、昔とあまり変わらない。
 



kimura_atelier at 17:52コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常ちょっとブレイク 

2016年08月18日

「都市型複合住居の発表に向けて」のメモ

 探し物をしていたら、「都市型複合住居の発表に向けて」と題して、25年前に設計した住宅展示場のパンフレット用設計コンセプト文案(以下)が出てきた。
 25年前(バブルまっただ中)からまったく変わらず、以下の文案ような住まいとまちが出来ることを思いめぐらしていたんだなあと、変な感慨に浸る。
 なのに、目指す到達点はまだまだ遠く、状況は遅々として変わらず、一部の人を除いたら反って人心は貧しくなっていたりする。
 もちろん手書きメモなので、忘備録を兼ねて。

 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;* 
 暮らし方、趣味、仕事、それぞれに違った個性や価値観を持った人達が、家族として、あるいは単身で又は複数で集まり暮らす。。
 そして、老若男女、誰もが活き活き自分らしくできるような暮らし。。
 
 そんな暮らしを可能にするうつわとしての建物が、住む人のかけがえのない「いえ」となり、「生活の舞台」となり、それらが連なりあうことが魅力的な街となって、街も成長していく。

 そんな都市型複合住居を提案します。
 開きながら閉じる。調和しながら主張する。インサイドとアウトサイド。プライバシーとコミュニティーといった、それぞれ相反する関系が微妙に引き合うように配慮された複合空間の提案です。

 魅力的とは、高級とは、贅を尽くすことでしょうか?
 いえ、そうではなくて、高いクオリティや美しさを潔くめざすことです。
 伝統を受け継ぎ活かし、シンプリシティを可能にする、きめ細やかな配慮や確実なスケールの空間ボリューム、動線計画やゾーニングなどをふまえて、フレキシブルで耐久性のある生活の背景となる舞台を、愛着につながるように丁寧につくることだと、私たちは考えています。
 ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚.。o○o。.★.。o○o。.☆

 
と。。
もっともなこと書いてるじゃない!
まあ、バブルの頃のハイテンションで尖った表現ではありますが。。  
それにしても、バブルの頃って、こんなファッションでしたね。

214f2b8eaba42fa862add2d06e634c90http://onpa-japan.com/より

kimura_atelier at 17:17コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2016年08月07日

2016夏休みのお知らせ

木村建築研究室は、8月10日(水)〜16日(火) まで、夏季休暇をいただきます。

BlogPaint
 今年は、別荘の現場管理に合わせて高原廻りを少し。あとは近場美術館巡りの予定です。

 みなさまもどうぞ、十分な休養と充電で楽しい夏をお過ごし下さい。携帯&メールは大丈夫です。ご連絡下さい。

(今夏はどのようなビックリ&クエスチョンでしょうか。今年もイラストのネコのようなワクドキ気分の夏休みを過ごしたいと思います。)

kimura_atelier at 16:32コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2016年08月03日

20数年経った津久井のいえ

FullSizeRender 新築から20年以上経ったお宅の修繕と耐震補強がほぼ終了です。
 お子さん達が巣立って、お庭を畑や果樹園にしてご近所の農家と交流したりペットを迎えたりして、子育て時代とは違う暮らしにシフト。

 娘さんの里帰り時も気持ちよく過ごせるよう、また、この家で楽しかった子育てを息子さん達にも状況が許せば楽しんでもらいたいと、20年数年の間に痛んだデッキを取り替えたり、木建具の不具合を手直ししたり、水廻りを手直ししたり。そして、ヨリマシ補強にあわせてほぼ前面塗り替えとクリーニング。当初の清々しさが戻ってきました。

IMG_5919IMG_5926-1IMG_5929-1IMG_5931-1

「これを機会に、片付けと専門業者の定期的クリーニングを入れたいわ」「ここまでやったら、あれこれも直そうか」等々。。
 そうなんですよね。家は、気持ちや住まい方を大きく刺激してくれます。

kimura_atelier at 18:41コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2016年07月22日

愛ね、確かに!

 このところ、地元で事業系シェアハウスの計画が立て続けにあがり、シェアハウスについて考えさせられています。
 シェアハウスというと聞こえはいいのですが、各階に4帖大の部屋が並び、2〜3ヶの共同ミニキッチンとトイレ、シャワールーム、洗濯機が置かれただけです。あまりに殺伐とした計画でプランをみているだけでうすら寒くなります。
 思わず、事業者だけでなく、下請けしている設計者のサインを注視してしまいました。

 話は変わって、今朝のNHKテレビ・あさイチに女優の永作博美さんが出ていました。話の内容は特別ではないのですが、彼女の言葉が結構深くて、ついついトークが終るまで。
 特に、何事にも「愛(おもてなし、おもいやり)が必要」「愛がないとダメ」というコメントが印象深かった!

 で、気付いたことです。
 先の地元シェアハウス騒動でも同様。事業が成り立つか儲かるかだけで乱暴に一方的に進めようとする。建物や地域、住み手、近隣住民に対する「愛の欠如」ですね。もうひとつ加えれば、相手がどう思うか、それが自分にどう巡り巡るかの「想像力の欠如」。このところ気の休まらない建築現場の対応についても同様です。
 
 で、気付いたこと、もうひとつ。
 高齢、単身、小家族社会の昨今に逆行するような計画が始まりました。
 さあて、では単純に大家族かと言えば、かなり疑問。
 住まいの計画で家族間の距離とペースをどう調整するか、立地を活かした街へのたたずみ方、開き方、閉じ方をどう調整するか。
 と、あれこれ考えてくると、答えは「愛あるシェアハウス」にありそうです 


kimura_atelier at 17:20コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築気になったこと 

2016年07月08日

デザインのチカラ

 忙中閑あり^^
 過日、たまには五感に贅沢しようよ!となり、友人と素敵な懐石のお店を訪ねました。

 どこにでもある地の食材に手間隙をかけ、器と共に素敵な一品に仕上げてサービスされる食事(雑草だと思っていたもの、ただの木の実と思っていたものが見事に変身して価値ある一品になっている)ももちろん素敵なのですが、空間の演出がまたすばらしい!
 さりげなく置かれている家具とその置かれ方、どこにでもある野の花を活けた生け花の背景の演出や照明の当て方、テーブルやベンチに置かれた小物等、とてもニクイ!

 オーナーは、この演出力を買われて、空間プロデュースの仕事もしているのだとか。
 空気をつくるチカラ、住みこなすチカラ、食べこなすチカラ。。デザインのチカラを再認識のひとときでした。

IMG_5785IMG_5784


IMG_5794IMG_5793

 


kimura_atelier at 19:28コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい「自分らしく心地よく美しいことが機能的な家」 

2016年06月10日

まちの魅力と共有共存の文化の関系は?

IMG_5610 紫陽花が町並みに栄える季節ですね。
 このところ、「まちの魅力」について調査中です。
 そして、住まいについて考えてきて思うこと。。

 土地を私物化して囲い、自分の住まいだけを工夫し主張してきた結果が、今の日本中の画一化された貧しい町並みに繋がっている。。。
 自分の住まいは、どんな町にあり、町の中のどのような文脈の中にあり、その中にどうたたずめば、住まいも町も人も活きてくるのか、をきちんと俯瞰して押さえておくことが大切。
 人口も経済も縮小して行く中で、自分達の暮らしの将来も、町のあり方や廻りとのつながり方にかかっている部分が大きいにも関わらず、あまりに住まいを単眼的に捉えている。特に、個別のカタチや性能などのモノとしてのあり方だけに捕われ過ぎ(その方が売りやすい、アピールしやすいのは承知です)て、家が建てば建つ程、町が貧しくなる悪循環。。。

 住まいも人もオレがオレがではなく、「無名の品格」を持つにはどうすればいいのでしょうね。

 さて、先日、東京建築士会のシンポでおもしろい話を聞きました。

 江戸は、古来、投資の町であり、働くところ。単身赴任や独身が多かった。土地を持つ大家は地方の資産家が多く、実際に町の管理をしているのは「家守」と呼ばれる地主に雇われた人達。「家守」が借家を束ね監視し、長屋で問題が起きないよう面倒を見ていた。
 江戸は、地震火事など災害が多い場所ゆえか、モノの所有にはこだわりがなく、むしろ所有に拘るのは恥という文化が生まれた。過去の幸せにも執着しない気質であった。
 来るもの拒まず共存する知恵や仕組み、弱者救済の「共助の仕組み」があり、家や衣類は使い回す共通の社会資本であり、溜め込まず役に立たないところやに大金を使い、文化活動にエネルギーを燃やす、「イキ」で「ハリ」で「アキラメ」の文化であった。 
 などなど。。なかなか深い!

 地方の気質や文化も味わってきた身としては、今につながるお江戸気質と魅力がよくわかります。

 これからのまちのあり方、住まいのあり方、暮らし方のヒントが盛りだくさんです。
 




kimura_atelier at 17:40コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まいどんなオルタナティブが可能か 

2016年06月01日

工事が始まりました@小淵沢

IMG_5604
 久しぶりに新築工事が始まりましたo(^_^)○
 新築のワクドキ感は、やはりうれしい!

・ほぼ平屋感覚のおおらかで潔い住まい。
・シンプルで使い易く汎用の効く間取りと動線計画。
・自然の恵みと土地の特性を意識し、それらをできるだけ活かした断面計画や窓配置。
・庭とのつながり、いろいろなコーナー、暮らしの幅と楽しさを広げるバックヤード計画等々。

 いつもながらの住まいのあるべき姿(素材感、空気感、たたずまい、安心長持ち等)を、徹底的にヘビーデューティー&ドライに目指した住まい(夏のいえ)です。



kimura_atelier at 20:28コメント(0)トラックバック(0)設計事例現場ライブ 

2016年05月27日

熊本直下型大地震の現況報告からーその2

 日経アーキテクチュアの2016年熊本地震特集ー第2弾!
 2000年住宅基準の課題が浮き彫りに〜京大・五十田教授に聞く〜でも、教授が示唆に富んだ発言をされています。

 それは、「法律を強化したり、住宅会社や設計者を教育したりするより、最終的な意思決定者である施主の意識を変えるほうが、効果が高い。
 そのためには、施主に正確な情報を伝えることが重要だ。」ということ。

耐震

 さらに、ここでは、必要壁量が現行基準の1.5倍では全壊は免れるけれど、2倍ないと損壊程度に収まらない結果になっています。 
 結論的には、やはり、「木造住宅でも許容応力度計算で壁量を求めること」です。

 また、大きな被害を招いたと思われる建物について
 ・配慮不足の一つ目は、柱や耐力壁の位置が1、2階でそろっていないケース
 ・配慮不足の二つ目は、実際のプランや使用している建材を考慮せず、実荷重を過小評価したケース
 ・配慮不足の三つ目は、筋かいの使い方がまちがっているケース
 があげられています。
 あたりまえのことが行なわれていない建物が多々あるのですね。

 太陽光パネルを後で屋根に取り付けてしまったり、リフォームで仕上げを重ね張りして行ったりということも良く行なわれているようですし、2階や小屋裏に本や食器等重いものをいっぱい収納しているお宅も多い。やはり、施主が正確な情報を受けとれるようにすることが重要なのでしょうね。


 


kimura_atelier at 10:50コメント(0)トラックバック(0)気になったこと住まい/建築 

2016年05月18日

熊本直下型大地震の現況報告から

 またまた、1ヶ月近くもご無沙汰してしまいました_(._.)_
 このところ、新しい新鮮な刺激がいっぱいで、嬉しい悲鳴♪ 特にエクセルの使いこなしに感激の日々です。

 さて、熊本の直下型大地震を受けて、研究者や実務者らが被災地に入り検証を始めた記事があがってきています。
 
 日経アーキテクチュアの2016年熊本地震特集「耐震等級2の住宅も倒壊、検証・熊本地震」;では、工学院大学名誉教授の宮澤健二氏が示唆に富んだ発言をされています。
 ・筋かい材の品質確保と柱頭柱脚の引き抜きの設計方法を含め、靭性確保の方法の検討が必要。
 ・必要壁量の改定よりも、設計図面をしっかり描くことが大切だ。
 ・同施行令46条は地盤が軟弱な区域に建てる場合は、必要壁量を1.5倍にすることを定めているので、それを実効性のある制度に改正すべきだ。
 また、記事の中で、
 盛り土の造成地に建つ倒壊した住宅には見逃せない点がもう一つある。地盤調査で地盤補強が必要と判定されたため、長さ約10mの鋼管杭を地盤に施工していたことだ。隣に建つ倒壊を免れた住宅も盛り土に建つが、地盤改良はしていない。
 研究者らは、「杭で補強した地盤に建つ剛性を高めた住宅に今回の地震動を入力すると、どのような応答が見られるのかを詳しく調べたい」と話しているとのこと。

 京都新聞 5月11日(水)9時25分配信の記事震度7の連続地震、耐震強度1.5倍必要 京都大解析;でも、「既存の住宅では、地震の揺れを吸収する制震ダンパーなどを設置することでも耐震性を向上させることができる。今後、現在の耐震基準の見直しも必要になるだろう」という京都大工学研究科の竹脇出教授(建築構造学)の話が紹介されている。

 やはり、エネルギーを吸収して逃すために「靭性確保」が今後の課題ですね。

 もうひとつ、被災地の知り合いからの報告「ぼろやは壊れていない。立派な家が壊れているよ」から、モルタルや瓦屋根のような重い家、開口の大きな家を「固めて耐震性を上げよう」というのは、ナンセンスだということが、よくわかります。

 

kimura_atelier at 13:04コメント(0)トラックバック(0)気になったこと住まい/建築 

2016年04月22日

地形の成り立ちと地盤の話題

map-1 熊本の直下型大地震から1週間以上が経ちますが、まだまだ収まるところを知らず、今後の展開も見えない状況です。
 被害に遭われた方々や関系の方々には心からお見舞い申しあげます。

 以前思うことがあって、日本列島の地形の成り立ちと地盤についてアップした内容について、熊本の地震後多くの方の検索に引っかかっているようで、たくさんの方に訪れていただいています。

 その理由には、
 ・日本列島を横断する中央構造線(断層)のことやその廻りに多い地滑り地形のこと、
 ・私たちは、爪が伸びるのと同じくらいのスピードで常に動いているプレートと呼ばれる大地の上で生活していること
 ・つまり、今の日常や今の環境が固定的に続くわけではないこと
等を多くの方が改めて思い知らされて、調べたり確認したりされているのではないかと思います。

 そんなわけで、余分なことも書いていますが、当時のままもう一度アップします。下記の各リンクを覗いていただければ幸いです。
 日々無事に暮らしていられることにホントに感謝ですね。そして、十分な備えをしたら、後は毎日を悔い無く楽しく充実して暮らすことだなあと改めて思わされます。


地形の成り立ちと地盤の話題ーその1

地形の成り立ちと地盤の話題ーその2

地形の成り立ちと地盤の話題ーその3

kimura_atelier at 21:49コメント(0)トラックバック(0)気になったこと住まい/建築 

2016年04月13日

30年でひっくり返る

t02200322_0301044013440418942 井上ひさしさんの名言に

 むずかしいことをやさしく。。
 やさしいことをふかく。。
 ふかいことをおもしろく。。
 おもしろいことをまじめに。。
 まじめなことをゆかいに。。
 そしてゆかいなことはあくまでゆかいに。。!

 というのがありますね。大好きな言葉のひとつです。


 今の80代位の方たちの作品が建築雑誌を賑わせていた頃、作品解説には難しい言葉や難解な比喩を用いた説明表現のものがほとんどでした。今から30〜40年程前です。
 歴史や哲学書を理解読解していない人には、その建築の意図するところや良さが理解できない風潮でポストモダンも真っ盛りでした。

 メディアで注目の評価の高い建築家を理解しようと、眉間に皺を寄せて解説をなんとか最後まで読んでも(途中、比喩や引用文献をどういうモノかだけ調べて)、書いてあることは兎も角も(半分以上判っていないけれど)、どうしてそれがこのカタチになるのか、実際に見てもどこが良いのか判らない建物(特にシンボル的な建築や大味な空間)がしばしば。
 
 それに比べ、メディアの評価は今ひとつだったり地味ではあるけれど、その建築家の作品には、わかりやすい説明や技術的根拠が刺激的だったり、特に住宅や幼稚園等では、暮らしへの希望に満ちてのびのびと気持ち良さそうだったり、新しい暮らし方や空間のあり方が提示されていたり、解説もごもっともな指摘だったりで、こっちの方がずっと魅力的なのに、と思う建築家も多々でした。

 それが、たかだか30年で、ぐるんとひっくり返る。
 
 訳知り顔で断定したり、平気で指図する人っていますよね。案外、以前の言動と逆だったりする。決めつけ、乗りやテンポのいい言動、立場や空気に流されやすい環境には、要注意です。



やっぱり、
 むずかしいことをわかりやすく説明出来る。
 やさしいことをふかく考えられる。
 ふかいことをおもしろく表現実行できる。
 が、結局「普遍性につながる!」ことだなあと実感するこの頃。
 
 多少は俯瞰できるようになったということで、歳取るのも悪くないのかも(笑)
 

kimura_atelier at 12:22コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)住まい/建築 

2016年03月30日

30年後どうなっている?

 30年以上も設計を続けていると、
 出来上がった住まいの30年後が容易に想像できるようになりました。

 このお宅しょっちゅうメンテナンスが必要だなとか、トップライトや屋根の谷間に落ち葉やゴミが溜まるだろうなとか。また、このアプローチは歳取ったら辛そうとか、このお宅は暑そうで寒そうだなあとか。。
 我が家は坂の多い丘陵地にあるので、こんなに宅地を小割りにしてしまって、よう壁が痛んだらどうするのかな、土留めのやりかえまでは考えてないのかな、と思う開発に出くわすこともしばしばです。その上、こういう宅地の上に長期優良住宅が建つって、矛盾した国の助成のあり方にも疑問。

 もっとナガイ目で住まいや地域を捉える必要を感じます。
 長持ちして融通が効く、飽きない魅力の住まいを創りたい!

 ただ、その住まいが建つ地域が30年後どうなっているか、また、ご近所にどんな方たちがどのように住むようになるか、までの想像はとっても難しいし、まして、30年後の社会がどうなっているか、を想像するのはもっと難しい。
 
 けれど、暮らしや家の廻りの環境を自身でつくって拡げて行くことは可能です。
 地に着いた豊かな暮らしが出来るよう、ご近所も素敵な人に恵まれるよう。。を実現するには、まず自分から魅力的な地域にすべく動くことだなあ。。と、実感することしきりのこの頃です。
 それぞれの家族の住まい方やご近所への関わり方が、暮らしの内容や地域での暮らしを作るのですね。

 まさに、住まいは人を映す鏡。

 RIMG0174RIMG0164
RIMG0142
 というわけで、写真は、以前見学にうかがった、JIAの25年賞を何度も受賞されている建築家阿部勤さんのお住まい!です。
 


kimura_atelier at 19:34コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ささやかな日常 

2016年03月25日

回覧板に20年前の私がいる!

IMG_5266
 おっとっと!懐かしすぎる。。
 
 私が30代の終わり頃、地元の集会施設を地元の建築家が恊働で設計することになりました。
 まず計画実行にあたって集会施設建設委員会が組織され、地元の関係する自治会役員さんや地域活動団体の方たちと建築家メンバー等で、どのような物にするか何度も何度も話し合われました。
 ほんとに何度も。

 左の写真は、その記録を消滅する前にと、まとめてくださった方から最近いただいたものです。
 みなさん、若すぎる!
 当然、私も若い。


IMG_5263IMG_5265

 そして、しばらくして。。
 過日、廻ってきた町内会の回覧板に目を通したら、なんと、20年以上前の私がそこにも!
 とんだ、ビックリポンです。
 
 そういえば、こんな洋服持っていたなあとか、こんな髪型していたんだったとか。。大したことは思い出せないのですが、市でも集会施設に調理実習室を併設した施設は初めてだったゆえ、配食活動をしている団体の方や染め物をしているグループと打ち合わせをしながら、平行してペンションの設計で厨房施設を計画していることが随分役立って良かったと思っていたことは、よく覚えています。

 そして、時は流れて、写真な中の司馬遼太郎と席を並べていたという当時の町内会長さんや建築家仲間をまとめあげてくださっていたお父さんのように太っ腹な建築家、当時の寺田市長も、既に亡くなられていません。
 
 
 

kimura_atelier at 19:37コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ささやかな日常 

2016年01月22日

薪ストーブがうれしい季節


 ちるちんストーブ特集この季節になると必ずといって良い程毎年出される ちるちんのストーブ特集。
 売れ行きが良いのでしょうね。私も毎年ついつい買っています。火が見える空間、そこで料理もできる空間を想像するのがなんとも楽しい!
 こういう輩が特集を後押ししているのでしょうねえ。

 昔は、デザインの良い薪ストーブは輸入もので、国産の薪ストーブは、ヘビーデューティで山小屋や工場や建設現場で使うようなものしか見当たりませんでしたが、このところ、国内で製造されたものも増えてきました。その上、比較的安価なものや輸入ものも値段が下がってきていて、うれしい限りです。

 薪ストーブ人気で普及し始めているとしたら、ちるちん効果かも。

 ですが、「薪1束500円として、1日2000円〜2500円。1カ月6000円〜9000円。使用期間を10月後半から4月前半の6カ月とすると、ひと冬36万円〜54万円」と、とあるブログにあるように、肝心の薪の調達がだんだん難しくなっているらしく、薪を買っていると到底一般家庭の光熱費として成り立ちません。
 だから、植木屋さんや工務店と知り合いになって廃材を入手するか、山の保全管理のボランティアなどをするのだそうです。

 薪入手のためとはいえ、山の保全管理の担い手が増えるのは良いことです。
 ですが、まずは、断熱をしっかり。そして、たまには(週末くらいは)火のある環境を楽しめる時間の余裕を持つ。。ということですね。
 

kimura_atelier at 13:14コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2016年01月04日

あけましておめでとうございます


2016年、あけましておめでとうございます。

IMG_4969 年があらたまるっていうのは、どこかしら何かしら気持ちが引き締まりますね。

 お寺で除夜の鐘付きと新年の挨拶をして床に就き、日が明けて氏神様へ初詣。お神酒をお雑煮や田舎おせちといただく型通りの新年ですが、やはり、お正月っていいものです。

 
 昨年は、計画頓挫やらで酷い目にも遭いましたが、半年間の仕切り直しで、より発展的な楽しい計画が実現しそうです。
 また昨年は、データ分析が進んだ省エネルギー技術や結露対策について随分と勉強理解が出来ました。それらと合わせて、建築に関わるものとしてライフワーク研究にしていきたい内容や建築で実現したい社会像なども随分明確になりました。
 そして、やっぱり、講釈無しで魅力的な(スッピンでスックとした)住まいを創れるように、もうひと頑張りしたいと思います。

 また、いつも何かしら考えるヒントや力をくれる仕事仲間や先輩後輩。小さな建築旅行や飲み会につきあってくれる友人達。なんだかんだ言いながらも結局は一番乗り気になって協力してくれる亭主との企画ややり取りに楽しい力をもらった1年でした。
 fbでは、遠くの友人や古い知り合いとも日常的につながって随分嬉しい気持ちにさせていただきました。
 
 そういう意味でも、様々な仲間とのつながりに、様々な技術の進歩に、そして、それらの恩恵にあずかれる環境に、あらためて感謝です。

 それもこれも、健康と平和があってこそですね。
 
 ともあれ、今年もどうぞよろしくおつきあいをお願いいたします。

kimura_atelier at 18:48コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2015年12月30日

お世話になりました

 木村建築研究室は、12月28日(月)が仕事納め。29日から1月5日までお正月休みをいただきます。
 仕事始めは1月6日(水)からとなります。
 

 今年もいろいろとお世話になりましてありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願い致します。
 
 皆様、時節柄御自愛の上、どうぞ良いお年をお迎えください。



kimura_atelier at 15:37コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

暮れに思うこと、今年も。。

 最近(実はいつもですが。。)、思うことが多々あります。

 そのひとつは、人が暮らす環境と暮らし方について。

 この頃の家づくり世代の傾向を振り返ってみると、
 家の廻りを囲ったり所有に拘って満足する暮らしよりも、もっとおおらかに大きく構えて、「まち全体を使い回す暮らし」(そのためにはコミュニケーション力や自律、多様な社会経験は欠かせませんが)や「まちに開いた暮らし」を望んでいるように思います。
 また、子育て世代にも平屋指向や庭とつながる暮らしの指向も増えたような。。こちらが提案する前に、先方から望まれたりします。
 そして、そういう人達は、便利で消費だけに頼る暮らしや過当競争に疑問を感じて、雇用に捕らわれない暮らしやそのための努力を始めていたりする。。
 若い人達や敏感な人達、自由業のように時間の采配ができる人達は、既に行動に移していますね。

 閉塞状態で戦時下のような世の中ですが、情報や教育が行き渡った若い人達のしたたかさに勇気ももらいます。
 
 自分の心に耳を澄ませて。自分の気持ちに正直に。
 わたしも出来上がることなく押し付けることなく、いつまでも新鮮な気持ちで、納得のいく仕事や楽しい暮らしを実行したいものだと思います。


 さて、今年もあと数日。
 今年は、ブログの更新を怠り気味でした 
 来年は、ブログにも投稿を心がけることにします



kimura_atelier at 15:33コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)暮らし/住まい 

2015年12月01日

やれやれ。。

 今年もあとカレンダー一枚です。

 今朝、出がけに見ていたテレビで、水木しげるさんの追悼をしていました。
 その中で紹介された名言集がとても深くて、ネットで探してみました。

以下、水木しげる幸福の7か条。
 201c0e3e

 特に、「才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ」とは、よくぞ!と。。的を得て厳しいです。
 つまり、「幸せは、俗世の価値とは別のところにあるんだよ」ということなのでしょうね。自分を信じて人生を自分らしく楽しみなさいということでしょう。
 また、妖怪より人間の方が恐ろしい。。との名言紹介もありました。深い!



 持つことの責任

 上の写真は、もう随分前に発行した地元のデザインガイドの最後に載せた私の思い。
 
 過日、地元で不信者が侵入してパーティーをしていたりで周囲で懸案の空家(でも手を加えれば魅力的になりそうな物件)を借り上げて地元のコミュニティスペースにしようと、持っている不動産屋さんに掛け合ったら、膨大な金額を吹っかけられました。
 後先を考えないその場しのぎの開発も次々と。。

 住むこと・持つことの責任などとは、俗世の価値とは別の、うるさがられるだけの戯言ですかね。

 除夜の鐘つきで、煩悩を毎年ひとつずつ落としていっても108年かかる??。。
 やれやれ。。
 


kimura_atelier at 18:18コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)気になったこと 

2015年11月06日

高齢者施設見学

 またまた、ご無沙汰しておりました_(._.)_
 ご無沙汰中もあれこれありまして。。。

 さて、このブログを立ち上げた2005年頃、助け合って暮らすすまい(グループリビング)を随分見学しました。(どんなオルタナティブが可能かのカテゴリーに、レポートをいくつかアップしていていますので、覗いてみてください)

 当時、私がレポートしていたのは、自主的に自分の暮らし方を模索できるチカラや思いのある人達が、自分の今後や加齢を見据えて「助け合って暮らすすまい」を実現しようとしている事例でした。
 けれども、ここにきて(超高齢社会の問題が顕在化してきて)、事業者が一方的にサービスを提供するだけではない、高齢者福祉のあるべき仕組みを模索した事例が、増えてきたようです。

 年初に見学した先では、若い世代が持ち前のアイデアと情熱と行動力で、従来の高齢者サービスやあり方を見直し、地域にとけ込んだ小規模多機能サービスを試みている事例でしたし、過日、滋賀で見学した施設では、小規模多機能サービスとグループホームを組み合わせたり、建築が魅力的に効果的にバックアップして、多様なデイサービスを可能にしていました。
 どちらも、運営側の熱意とそれに応える建築が印象的でした。

 4929

 佐橋慶女氏(エッセイスト、高齢者問題ジャーナリスト)は、
・家族を「ファミリー」から「パートナー」へ、一緒に暮らす仲間として捉え、支配や依存をやめよう。
・中高年には、「精神的な自立」「経済の自立」「社会生活の自立」という3つの自立が必要。
・3つの自立を支えるためには、5つの蓄え=「知恵と知識」「趣味」「友人・仲間」「健康の蓄え」「少々のお金」が必要。
・そして、「シンプルに」「スリムに」「センスよく」生きていきましょう。
・さらに、地球環境、自然環境といった住む環境を見直すことの必要から、「リフューズ」「リデュース」「リユース」「リサイクル」の考えが大事。。と、「4R運動」を唱えていました。

 人のあり方の本質を押さえた提唱です。
 10年経って、だいぶ広まってきたかな〜?
 


kimura_atelier at 17:14コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)住まい/建築 

2015年10月13日

果樹の緑で暮らしを楽しむ

 永らくご無沙汰しておりました_(._.)_
 ついついFBにアップする方がお手軽なので、ブログからご無沙汰がちになりまして。。

 ご無沙汰しているうちに、すっかり秋でございます。
 空気が冷たく澄んで、事務所に籠って作業しているのがもったいない程です。

 暑かった夏も遠い昔となって、建て主さんと下図のようなデータを見ながら、涼しく暮らす工夫のやりとりをしていたのが嘘のようです。

2014夏:廣瀬木村2  のコピー


 さあて、緑の効用の続きです。
  
 我が家の夏の庭(庭とはとてもいえないけど。。)は、ミョウガやシソ、山椒などハーブ系のグランドカバー植物が収穫をくれるのですが、秋になると、いろんな柑橘類が実ってきて、食卓にあがったり保存用に仕込んだりと、俄然、気持ちも景色も賑わいます。
 今年は、30年ものの大きくなった柚の木(我が家の寝室の日射遮蔽の強力なアイテム)を思い切って選定して青柚がたくさん採れたので、ご近所に配ったり、塩ユズにしたり。。
 また、不作のシークワーサーも数回は焼酎に浮かべて楽しむことが出来そう。30年ものの檸檬は、気がつけば、実が5個もついているではありませんか!来年は、塩レモンも可能かも。。
 甘夏は豊作過ぎて、その分、小粒。これはどう仕込むか思案中。来年が楽しみだなあ。

FullSizeRenderFullSizeRender[2]FullSizeRender[4]
 写真は、左から、大豊作の甘夏、30年ものの檸檬、そして、シークワサー


 と、家の隅っこに植えた柑橘系の木で、我が家の食卓構想が華やぎます。
 自分のところで採れるものって、スペシャル! 
 暮らしがぐっと楽しくなりますよ。

 温熱調整だけでなく、緑の効用はホントに偉大です!

kimura_atelier at 10:48コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)暮らし/住まい 

2015年08月24日

野辺山天文台

IMG_4447
  国立天文台にいる同級生のお誘いで、野辺山天文台(野辺山宇宙電波観測所)の公開に合わせて八ヶ岳へ。

 ミリメートル〜センチメートル単位の超超長波を拾う45mの巨大パラボラの実物をまじかにみて、観測の実際や仕組みの概要を聞き、宇宙の説明や宇宙に生命の痕跡を求める講演を聞いて、遠い宇宙に思いを馳せる。。

 宇宙に思いを馳せるって、何年ぶりだろう。
 講演に合わせて宇宙を想像するだけで、豊かな気持ちになるから不思議。
 
 このところ、電波(電磁波)と言えば、専ら出来るだけ自然エネルギーで賄う建築をとのエコ建築カブレから「放射熱」を思い浮かべるか、原発事故由来から「放射線」を思い浮かべるかだったから、とても新鮮でした。

 ただ、観測は冬が中心とのことで、観測の実務は大変なご苦労のようですが。。
IMG_4446 
 ともあれ、天界と言ってもいい程に涼しい野辺山で、遠い宇宙に思いを馳せて、下界の細々雑々からは無縁の気分を味わって。。
 また、夜は、吉村順三さん設計の音楽堂で、天満敦子さんの澄んだバイオリンの音色につつまれて。。

 天界気分に浸った1日でした。

 



 

 



kimura_atelier at 19:05コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ちょっとブレイク 

2015年08月07日

2015夏休みのお知らせ

木村建築研究室は、8月08日(土)〜16日(日) まで、夏季休暇をいただきます。

BlogPaint 今年も同じ画像で失礼します_(._.)_

 来週一週間の夏休みをいただきます。
 前半は名古屋〜伊勢鳥羽〜近江八幡を廻り、後半は近場美術館巡りの予定です。

 みなさまもどうぞ、十分な休養と充電で楽しい夏をお過ごし下さい。携帯&メールは大丈夫です。ご連絡下さい。

(今夏はどのようなビックリ&クエスチョンでしょうか。イラストのネコのような気分の夏休みを過ごしたいものです。)

kimura_atelier at 13:05コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

「言葉の力」続きー仕事は人を育てるよ。

もうひとつ、言葉の力についての10年前の記事です。
今思えば、仕事に限らず、社会に関わり物事を遂行する上すべてで必要なことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以前勤めていた事務所のボスは、私たちスタッフに向って機会ある毎に「仕事は、人を育てるよ」といっていました。中でも特に、結婚して仕事を続けることに親の理解が得られなくて、ことあるごとに止めようかどうしようかと思い悩んでいた私には、「今は辛くても、設計ができるようになりたいのなら、やめてはダメ」「自分達が納得して暮らせるようになることが、結果的には親を幸せにすることだからね」と、めげそうになる度に「喝」を入れてもらっていました。今では、ほんとうに感謝、感謝です。

 下記4項目は、仕事道楽の仕事論です。参考になります。
 ・仕事は、課題を遂行する精神力、行動力、創造力、感情コントロール力を育てる。
 ・仕事は、時間管理力、廻りへの気配りやマネジメント力を育てる。
 ・仕事は、情報収集と発信、編集、時代のキャッチアップなど、
      営業力、マーケティング力、コミュニケーション力を育てる。
 ・仕事は、心理、社会、歴史、科学、経営など多岐にわたる学問への興味洞察を促す。

「仕事は、人を育てるよ」とは、ちょっと大袈裟に言えば、こういうことなのですよね。
気が付いてみたら、言われてきたようなことを私が若い人達に話してもおかしくない年令になっています。歳月は恐ろしい・・。でも、是非にも伝えていきたい「言葉」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 



kimura_atelier at 12:45コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)つれづれ夜想曲(エッセイ) 

2015年08月05日

10年前の今頃のブログー「言葉の力」について

 2005年3月から始めたこの木村建築研究室_Blog、なんと!10年が経ちました。
 10年前、私は何を思っていたのだろう。。と、ちょっと振り返ってみました。

 状況はあまり変わっていないけれど、文体から視ると多少は大人になったかな。。と思いたい(笑)つまらないことには動じなくなったような。。

 ともあれ、父の口癖、「自分の頭で考えろ。自分の言葉で話せ」「人のせいにするな。自分に責任(の持てる仕事)を持て」「挨拶ができない、姿勢が悪いは人間まで悪くする」は骨の髄まで叩き込まれているらしく、事ある毎に頭に浮かびます。
 やはり、「言葉の力」は偉大ですね。

 下記、2005年8月1日の記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「がんばってやってりゃーしゃあ、そのうち良うなっていくわね。」「そりゃあ、いい時も悪い時もあるわね。」は、祖母の口癖。
 おかげさまで、前向きでお気楽人間に育ちました。

「自分の頭で考えろ。自分の言葉で話せ。」「人のせいにするな。自分に責任(の持てる仕事)を持て。」「挨拶ができない、姿勢が悪いは人間まで悪くする。」「長所は短所、短所は長所」などは、父の口癖。
 さてさて・・。
 まあ、多少の潔さと本質に立ち返って考えようとする習慣は、身に付いたように思います。

「○○ちゃんはえらいわね。」「そんなことでどうするの」「だから、あなたはダメなのよ」は、母の口癖。
 それを受けて、「山椒は小粒でピリリと辛い」「うちの子だからあんたはできるよ。」は、叔母の口癖。「小言なんか、いいかげんに(適当に)聞いとくだわね。」(笑)は、祖母の口癖。
 おかげで、支離滅裂。
 そういえば、以前勤めていた事務所のボスからは、「自分を安売りしないように。もっと自分に自信を持ちなさい。」とよく言われました。

neko
  言葉の力って偉大ですね。
 小さな一言が、人を楽しくも悲しくもさせるし、勇気を持たせたりも絶望させたりもする。
 時には、大きな影響を与えて人生さえも左右する。
 自分自身がいつも使う言葉に、いつの間にか自分が洗脳されているということもある。

  だから、日頃から意識して、自分だけでなく廻りのみんなにとっても良いように、前向きで楽しくなるような言葉を使っていきたいと思います。脳にセロトニンをいっぱい出して元気がでるように。みんなで暗示を掛け合っていきましょう。
 これも『循環』ですねえ。

  それで、夫の口癖は?
 「ま、いいんじゃない」「いける、いける」「あなた、よろしくね」でしょうか。
 おかげさまで、わたしはいつも忙しく、能力以上の働きをさせてもらっています。(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kimura_atelier at 19:35コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)つれづれ夜想曲(エッセイ) 

2015年07月31日

本質はいつの時代も

IMG_4144 探し物をしていたら、20年以上も前(1993.7.24とある)に吉田桂二さんに案内していただいた見学会の資料が出てきた。
 その資料の中に書かれた私のメモ。

 景観3年、風景30年、風土300年(日本の場合)
 景観10年、風景100年、風土1000年(イタリアのことわざ)

 だから、修景!調和!より良く!なるよう、環境を育てる設計行為があたりまえ。
 そして、住まいのありかたはフレキシブルな無限定空間にして架構を整える。。と。

 本質的なことは不変です。
 

 



kimura_atelier at 19:48コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)暮らし/住まい 

2015年07月30日

緑の力を実感する季節

 まったく毎日暑いことといったら。。 猛暑お見舞い申し上げます。
 この時期になると、どこか涼しい高原で仕事や生活できないかしらとついつい思ってしまいますが、現場や宅急便等、外仕事の方々にはホントに頭が下がります。

 そして、いつもながら、緑の効用を意識する季節でもあります。

IMG_3974IMG_3972

 今年は、我が家の裏庭(隣家)の草刈りの手配がまだのようでとっても助かっています。
 雑草で地面が被われている時は、窓前の大きくなった柚の木との相乗効果で、この時期でも深夜になれば結構涼しい風が入ります。
 寝室の引き分け窓の一枚分が柚の木、もう一枚分は木製のデッキですが、寝ていると入って来る風の温度が違うのがしっかりわかります。

 グラウンドカバーは大事! それも、雑草で充分! 特に、水を多く必要とする雑草は蒸発散効果も大きくて最良のグラウンドカバーです。

 この窓前の緑の効用に味を占めて、昨年デッキをやりかえるにあたって、RC壁に蓄熱されるのを多少でも防ぐことを兼ねて外壁寄りにあまり大きくならない植木を植えることにしました。(元々陽当たりが良くない上、我が家のように小さな家では、冬場の対策は簡単です)また、西日が当たる窓の近くにも葉が窓外で傘をひろげたようになる植木を植えました。

 まあ、外壁については効果を実感できる程ではありませんが、確実に効果はある筈。また、窓にかぶさる緑の効果も実感できる程長く居る場所ではないですが、窓ガラス越しに緑が揺れるのをみて歯磨きしたり、湯船に浸かるのもナカナカです。しかし、こちらも確実に効果はある筈。
 今度、放射温度計で測ってみることにします。


 
 

 



kimura_atelier at 18:58コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)暮らし/住まい 

2015年07月28日

電話、復旧しました。

 事務所(アトリエ)の電話機が復旧しました。
 お騒がせいたしました。
 

kimura_atelier at 18:38コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2015年07月27日

電話が受けられません。

 今朝から事務所(アトリエ)の電話機が故障で、電話が受けられません。

 申し訳ありませんが、メールか携帯に連絡をおねがいいたします。
 復旧しましたら報告しますので、それまでご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

kimura_atelier at 14:14コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2015年07月09日

沖縄研修旅行

IMG_4030 先週末は、沖縄は読谷村、南風原、首里と、戦争と占領からの復興のまちづくりを学び見学し、宮古で風土に根ざした建築を見て回って来ました。

 なんともキナ臭いこの時期にタイムリーな企画。それに加えて、蒸暑地の風土に根ざした建築体験。どうしても行きたくて。。
 新建築家技術者集団の特別研修旅行に便乗参加させてもらいました。

 連日、ビッチリ朝から晩まで講義と見学と大宴会。
P1010100P1010138 特に、読谷村(人4万、日本で一番人口の多い村)の村長、副村長(元プランナー)以下重要関係者総出で案内をしてくださる。伝えたいことがいっぱいあること、がんばっていること、村を大切に思っていることがビンビン伝わります。
IMG_4061IMG_4043
 理不尽や悔しさも前向きなパワーに変える強さ、粘り強さに感激です。

 そして、さすがに沖縄。
 サンシンの演奏の後には、総出の踊りまで。
 乗りが違う(笑)


kimura_atelier at 19:35コメント(0)トラックバック(0)見学会/勉強会旅行 

玉川学園CC建替市民会議やら地域の魅力づくりシンポやら

 またまた、ご無沙汰致しました_(._.)_
 先月末、地元の玉川学園コミュニティセンター建替市民会議(センター建て替えについての意見交換ワークショップ)の第4回目(最終回)が開かれました。
 
IMG_3999 今回もテーブルを囲んだ10人余りの老若男女が、それぞれの立場で役割を演じていました。特に、ポイントを突いた意見の上に、目上(年配の方)の意見も取入れて上手く調整できる団塊ジュニアとおぼしき若者?とお隣同志で、今回もうれしい流れを感じました。

 コミュニティセンターのあり方や目指すこと(総論)については皆さん同じですが、個別の実現の仕方やイメージ(各論)については色んな希望や考え方があって意見が分かれます。
 このあたりを、客観的データや機能分析とデザイン、コストなどからの丁寧な作業と報告が必要です。

 やはり、市民社会の実現には、時間も根気もかかりますね。

 
IMG_4119 また、昨夜は、私も関係するNPO主催「まちの魅力づくり」の特別シンポでした。
 蓋を開けてみれば、椅子が足らない程の盛況で、行政関係の方が半分以上。
 まちだの熱意(危機感かも)を感じました。

 クリエイターの突き抜けた感性や領域に、組織を動かせる人が上手くリンクしていくこと!
 若い人が発言できる社会をつくること!
 最終的には、どういう生き方をしたいか!
 ということが、まちの魅力を作る(育てる)・・・という発言が印象的でした。

 やはり、建築(空間)は社会をつくっている大きな要素ですから、単体の設計をするにも、社会のこれからを見据えて、まちや社会を俯瞰するのは大事。なかなか刺激的な時間でした。
 
 



kimura_atelier at 19:16コメント(0)トラックバック(0)地域のことつれづれ心模様(日記) 

2015年06月26日

耐震補強はやっぱり悩ましい

IMG_3997IMG_3995

 20年以上前に設計したお宅の修繕や小さなリフォーム相談が増えてきました。

 この家の建て主さん曰く、「この家でとても楽しい子育てが出来て、家族のよい思い出がたくさんつくれました。だから、今度結婚する息子にも私達と同じように家族のよい思い出がつくれるように譲りたいの。修繕してきれいにして息子達に渡したいので相談に乗って欲しい」と、そんな連絡をいただきました。
 うれしいなあ。

 子供を当てにはしないまでも、要らなくなったら売って、老後に不自由のない暮らしのための資金を確保するひとが多い時代に、「わたしは小さな部屋で充分だから」ともおっしゃいました。
 立派だなあ。

 子供の頃から馴染みの近所のおじさんおばさんに見守られて、あたらしい生活をスタートさせる若夫婦には面倒なこともあるでしょうが、きっと心強いでしょう。こうして、まちの歴史も環境もつながれていくのが理想ですよね。そのためには、住まいの魅力や愛着が大きいと改めて実感しています。


 当時、出来るだけメンテナンスやランニングコストがかからないシンプルで豊かな暮らしができるよう設計したので、大した修理やリフォームも必要ないのですが、スキップフロアでつながるワンルームのような空間なので、水平剛性と剛性バランスをどう補強するか、悩ましいところ。。
 基礎も仕口も筋交いもしっかりしているので、どこまでやるか。。もう一週間以上、調べたり悩んだりしています。そろそろ結論をださないと。
 

 

kimura_atelier at 19:16コメント(0)トラックバック(0)設計・企画ライブ気になったこと 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ