2012年10月18日

緑の効用

 先の土曜、私が関わっている地域活動主催の「坂のまち/玉川学園地域で地震防災を考える」の第2回が開催されました。
 今回は、具体的にどんな「近助」(自助・共助・公助の自助の次には近助がとても必要ということから)の対策が考えられるか、また実践されているかの報告です。
 様々なアイデアが話し合われましたが、その中でも特に素敵な試みの紹介がありました。

IMG_0493 写真は、その素敵な試みのお宅。
 家の廻りに門塀を造らずポケットパークのようにしています。植物の手入れをしていると通りがかりの人がなにげに声をかけて来てくれて、とても良いご近所コニュニケーションになっているそうです。ベンチやテーブルもしつらえてあります。
 犬の糞や踏み荒らし等迷惑なことも多少はあるのでしょうが、お人柄も見るからに垣根をつくらなさそうなおおらかでフランクな感じの方です。神戸の震災を体験して、日頃からのご近所コニュニケーションの大切さを実感していると報告されました。大切なことですね。

 000027_m 実は、同じ日の午前中、我が家の柑橘類とつる植物が茂りすぎてネズミの額程なのに草ボウボウの庭をなんとかしなくてはと、刈り込みと格闘していました。
 格闘のお陰で、家の前の学校に来ていたPTAの方たちと、草ボウボウ状態と実がなる植物たちを話題にこんな事でもなければ成り立たない楽しいコニュニケーションのひとときを過ごしました。
 庭いじりが好きでなくても、日頃はばたばたしていても、緑があれば外に出ての作業が必要になりますから、結果的に良いコニュニケーションツールになりますw

 緑には、風当たりや日差しを遮ってくれたり葉っぱの蒸発散効果で涼しさをくれるだけでなく、コニュニケーションの機会を運んでもくれます。先日のニュースのように殺人事件に発展したりもしますから、良いコニュニケーションとするか面倒迷惑と思うかは、その人次第ですが。。。

 もっと緑を増やしてまちを気持ちよく、緑と関わって身も心も楽しくうれしく暮らしたいものです。


kimura_atelier at 20:30コメント(2)トラックバック(0)暮らし/住まい地域のこと 

2012年10月08日

訓練

P1070895 規模が大きくないにも関わらず、確認申請の指摘事項がいっぱい。改めて事務処理が増々増えたなあと諦めつつ書類を手直ししています。

 既存よう壁の安全性の扱いは、ホントに難しい。
 法規に合わせるための非現実な処理を促されて、そのまま飲み込んで対応していたら大変なことになってしまいます。
 
 スペシャリストは増えたけれど、トータルで物事を判断し現実的な対処を発想して対応が出来る人がいなくなっているなあと実感。いろんな場面で実感しています。
 設計行為は、多角的に考え、責任を持って実現するためのアイデア出しの訓練です。

 いつかは、何でもオチャノコサイサイのアイデアマンになれるかな?

 
 さて、今晩は明治神宮で薪能。ブログで寄り道してないで、もう少しがんばろーw
 

kimura_atelier at 13:44コメント(0)トラックバック(0)設計・企画ライブつれづれ心模様(日記) 

2012年10月01日

どこにどう住みどう備えるか

 昨日の台風、大丈夫でしたか?

 最近は雨風も暴力的に激しくなって来ていて、高台の上、大きな出窓(しかも木製)がある我が家では何か飛んでくると危ない。そろそろ対策を考えないとと思っているのですが。。。
 昨夜は関東の北の方を通ってくれたのとスピードがあったので、台風が近づくにつれ拍子抜けする程スルッとでした。まあ、思っていた程の風や雨ではなく良かったです。

 朝テレビをつけると、首都圏の輸送機関のマヒ具合とこんな日に買い物やレジャーに出かけて帰れなくなる人、能天気にバイクや乳母車、ハイヒールで外出して吹き飛ばされる人等が映されていて、なんと無防備で人任せなのかと呆れることひとしきりでもありました。

 先の内閣府の南海トラフ地震想定(続きを読むにも入れました)に代表されるジシン、カミナリ、カジ、オヤジ、以外にも暴風、突風、洪水、土砂崩れ等、建築に絡む対策必要事項がいっぱい!です。

 計画を提案する立場としては、慎重にかつ魅力的にと苦慮します。
 また、どこにどう住みどう備えるかを、ホントしみじみ考えさせられます。

 続きを読む

kimura_atelier at 19:52コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい住まい/建築 

2012年09月23日

お気に入りの食器

logo 我が家の食器は、この20年来すっかりジェンガラ製で埋まりました。

 バリでは知る人ぞ知る有名な陶器メーカーのジェンガラケラミック。アマングループ・アマンダリのリゾートホテル等にも使われている陶器です。
 マットな白でベーシックながら、バリらしいモチーフ(トカゲやカエルや葉っぱ)が可愛くほっとする感じとモダンなカタチが気に入っています。

 ネックは、マットな質感を出すため焼き温度が低く汚れやすいこと。
 いくつか新調したいのですが、この時期地震がちょっと怖い。。
 ネットで調べてみたら、多少高いけれど、今や行かなくても買えるのですね。。
 でも、現地でたくさんの中から選んで買って、重いけれど待ち帰るワクワク感がないなあ。。やはり現地で買わないとねえ等と勝手なことを話したり思ったりしています。

kimura_atelier at 16:57コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)お気に入り 

2012年09月19日

重力に逆らわない家

 相変わらず頭はあっちこっちに。いろんなことが気になります。落ち着きませんw

 まず今日は、「『想定外』でお手上げにならない都市を」の記事や下の図(先月末に発表された、中央防災会議南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループの第一次報告)に絡んで思うことを。

 町田市の木造耐震アドバイザーとして築年数の経過したお宅に伺う機会が多々あります。
 2008年から関わっているので相当数のお宅にお邪魔しました。そこで感じること。それは、築年数が経てば経つ程、家の架構と大工の構造にかかる仕事の善し悪しが、家の持ちに影響しているということ。
 あたりまえといえばあたりまえですが。

 特に、重力に逆らった家は、耐震は別にしても問題が多い。床の凸凹、梁のたわみ、クラック、膨れ等。
 重力を自然に置き換えれば、もっと多くの基本的対策項目が視野に入りますね。

 やはり、造る人も住む人も「謙虚に無理なく正直に」が第一だとつくづく思う次第です。
 判らないことは判らないとはっきり言う。確信を持って出来ることしかしない。。も大切と。
 3.11を経験して、このあたりまえのことが見直されていることも実感します。

 断層
 さあて、今日は、切りが良いので帰りますw


kimura_atelier at 18:38コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築気になったこと 

2012年09月09日

佐原

P1070787P1070820

 佐原は、江戸後期から明治に水運を利用して栄えまち。江戸文化を独自文化に昇華して江戸まさりとも言われたとか。その面影を残す町並みが小野川沿や香取街道沿に今でも残っていて往時が偲ばれます。
 出し桁つくりや倉作り、寄せ棟妻入りのつくりに洋館も混じり、バラエティに富んだ家並みが楽しいまちでした。

 私たちが泊まった旅館(民宿?)は、小野川沿いの絶好のロケーションにある築100年の建物。なにもかも昭和の初めで時計が止まったままのような建物です。
 ここでのロケもあり、名だたる俳優さん達が泊まってもいます。
 しかし、「3.11で一旦川の方にずれて、そのあと後ろにまたずれたんだ」とか、「ここ(部屋の入り口の床)がはずれているのは、直したけれどその後の地震ではずれた」とか。宿のおじさんが、聞くと怖くなるようなお話を次々してくれます。
 夜、テレビをつけるとフィリピン地震で津波警報が。思わず非常口と標高を調べてしまいましたw

 水郷だけあって、地盤が崩れたり液状化の被害も甚大のようで、まちのあちこちにブルーシートや補修工事中の建物、既に取り壊してしまっただろう建物の跡があります。
 まちから少しはずれた廃校の隣には、仮設住宅が並んでいました。
 北関東に出かけると、震災の影響は本当に広範囲だと思い知らされます。


 P1070776P1070771

 古い建物を上手に再生してカフェやレストランにしている建物も点在して、設計者の目からも楽しいまちです。写真は、郡由美さん設計のカフェです。


kimura_atelier at 11:11コメント(0)トラックバック(0)旅行気になったこと 

2012年09月07日

・・美しいこと・・

 先週佐原に立ち寄ったこともあり、以前何かに『住みつがれることの本質』に書いたことを思い出した。たまには、まじめなエッセイ等もご披露したいと昔(10年以上前)のデータを探してみました。 
 ありました、ありました。
 
 幸い、家も暮らしも風土に根差すこと、長いスパンでとらえる必要があることは、風潮として根づいて来たように思う。しかし、長い年月に耐えられるということの大切な要素である、誰からも愛着をもって迎えられ、住みつがれることの本質については あまり話題にあげられていない。

 古びても 多少不便でも 愛着を持てる本質とは<美しいこと>であろう。

 もちろん、空間の自由度、負担にならないメンテナンス、適正規模、故障の少ないデザインといった実用としての要素を備えたうえで、ということはいうまでもないことではあるが。。

 <美しいこと>—光と影をきちんと読み込んだデザイン、適確なプロポーション、材料の選択のバランスや仕上げ精度の確かさ・・・etc。
 なんの講釈や理解がなくても誰をも引きつけられる要素を持ち合わせていること、つまりは居心地を含めた空間としての確かさ、町並みの中での存在としての確かさを持ち合わせていること—この基本的、普遍的テーマを、地味だがあえて意識したいと思う。


 
 昔は、まじめなこと書いてたのねw
 でも、思いは少しも変わりません。
 多額の助成金をつけた200年住宅も0エネ住宅もこのあたりを押さえないと意味がないことになります。
 特に、生きてる時間が永くなると、あの時あんなに言われたことや注目された物が今や。。。というような時間検証に多々立ち会って来てるからネ、自信を持って言えます。

 

kimura_atelier at 20:07コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築 

2012年09月05日

週末また遠出

 また、先の週末を利用して鹿嶋&佐原に行ってきました。

 昨年竣工した鹿嶋のセカンドハウスへの訪問が目的でしたが、せっかくの遠出なのでと途中の佐原にも寄って遊んできました。

P1070827P1070839

 鹿嶋のセカンドハウスは、20年来のおつきあいの建て主さんの将来永住予定のセカンドハウス。
 この家で本宅事務所等、計5軒の設計をさせていただきました。信頼をいただきうれしいことです。
 今回は監理をしなかったので、細かな収まり等は多少意図と違ってはいましたが、いい感じのプロポーションと外壁のテクスチュアが上品な印象のお宅になっていました。

 断熱・採光・通風・遮熱・植樹等、自然を利用して気持ちよく暮らす工夫は、いつものようにしっかり。
 当日もギラギラ暑かったのですが、午後2時で床28.5℃壁29℃天井30℃。。通風雨戸も開け、朝からずっと南側も開けっ放しでこの温度ですから、合格でしょう。
 裏側が大きな緑に被われて涼しい風が通ります。やはり緑の力は大きい。

 また、やはり、通風雨戸付きカバードテラスがとても役に立っていました。気に入っていただいているようで良かったです。

 海へ車で5分(大きな蛤が取れる海岸まで)、湖へも車で3分の里山のような山中にあり、廻りには農産物の生産所も点在していて、のびのびゆったり住むのに楽しそうなところです。しっかりバイクも買って置いてありましたw
 もうすっかり馴染みになっているwお寿司屋さんも近くにあって御馳走になりました。サンマとタイがとてもとても美味しかった!

 落ちついたら、佐原の報告も。。


 
 


kimura_atelier at 12:23コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ旅行 

2012年08月29日

わさびに舌鼓

P1070685P1070698 先週末、駆け足で安曇野&松本に行ってきました。

 行く夏を惜しむつもりが、日中はどこにいても猛暑ですね。暑かった〜

P1070670P1070657
 安曇野行きの一番の目的は、ちひろ美術館。
 北アルプスの山々を見渡すロケーションを活かしたランドスケープがさすがです。
 住宅を大きくしたような内藤廣さんらしい、どうしてこうしたか設計意図がとても判る美術館でした。
 昨年竣工したセカンドハウスに今週末伺う予定ですが、ちひろ大好き建主さんにもお土産が出来ました。

P1070713P1070719
 松本の市立美術館では、タイムリーなことに草間彌生展開催中でした。
 最新作をひっさげて故郷松本へ再臨とのことで、美術館まるごとのクサマ色に染まっていました。

aragiri_thum

 残念ながら、そばの味が今ひとつ判らない私には、そばに感激はないのですが、わさびに舌鼓。
 しばらく塩も醤油も無縁になりそう。
 「あらぎりわさび」にはまっています。


kimura_atelier at 21:15コメント(0)トラックバック(0)旅行ちょっとブレイク 

2012年08月23日

進行中の現場

 用途変更と耐震補強等を兼ねた進行中の現場の様子です。

P1060249 P1070537
 1階の子供室を1階世帯のLDKに変更。 
 旧増築部分の取り合いを確認しつつ、耐震補強金物の取り付けと耐力壁の下地をつくっています。
 現場が始まると想定と違う取り合いもあり、その度に再度強度チェックをしながら進めます。       
P1070492P1070534 なかなか複雑な工夫がしてあります。
 どうしてこうしたのか、意図を読み解いたり、少しだけ壊してもらって覗いたりしながら、確認していきます。
 補強が必要なところは補強します。
 写真は、鉄骨梁と胴差しの取り合い。胴差しのレベルが変わったり2重になったりしている。
 梁が2重になっているので、梁と梁の隙間に束材を挟んで、ボルトで縫ってもらいました。

P1060305 P1070531
 2階のLDKは、レイアウトを変更して2階世帯のLDKに。
 眺望を活かして、南側の窓を大きくします。 
 また、コーナーの出壁部分は、やはり安全に耐力壁にします。

 なかなか、頭の体操訓練になります。
 まだまだ、あれこれ、補強修繕変更が続きます。to be continued。。。

                         

kimura_atelier at 23:06コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 

お久しぶりです。

 しばらくご無沙汰しましたが、久しぶりにネコの話題。
 ネコ達、暑いのでデレデレです。
 2匹で涼感マット敷きのベッドを占領しています。

IMG_0433 写真は、♂ネコのクリちゃん。

 2ヶ月程前、尿路結石から、あわや尿毒症寸前で何度も動物病院に駆け込み、命拾いしました。

 去勢した室内飼いの若い♂ネコは、外に出られないストレスと運動不足が原因で、どうも結石が出来やすいようです。
 未だ、病後観察中です。

 お外に出るとついついお騒がせしてしまうのと放射能の心配でしばらく出してもらえなかったけど、結石騒ぎのお陰で最近は時々出してもらえるのでうれしい。夏だから、洗われても寒くないし。。
 なので、家にいる時は、おじちゃん達にくっついてあげてるよ。お礼のつもり。。(by Kuri)
 


 
 
 

kimura_atelier at 22:41コメント(0)トラックバック(0)ネコ閑話ささやかな日常 

2012年08月18日

緑に被われた家並み

IMG_0436IMG_0435 まだまだ暑いですね。
 お盆休みも終わって、昨日から少しずつ後半戦始動です。
 
 お目当てだった博物館等も夏休み中で、なんだか今年は、ただ仕事をしなかっただけのような、ぱっとしない夏休みでした

 ですが。。
 写真は、自宅から駅への道。今日はセミのシャワー。夏満喫の風情です。
 そういえば、こんなロケーションが気に入って、ここなら表参道を引き払ってもいいかと引っ越して来たのでした。
 月日は流れて、ずいぶんと緑や玉石よう壁や斜面地が減ってがちゃがちゃしてきましたが、それでも緑と起伏の多い家並みは、季節ごとの楽しみがあります。

 やはり、適度に緑に被われた(家が露骨に主張しない)家並みはいいです
 昔、安藤忠夫さんが「設計に自信がないなら緑で隠せ」と何かでおっしゃっていたことが強く記憶に残っていますがw、いくら良い家でも謙虚にあるべき。
 モノでの工夫じゃないとインパクトがないのは承知ですが、緑の価値も効用も大事にしたいものです。 
 

kimura_atelier at 21:53コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築「自分にとって良いことがまわりにも良くなる家」 

2012年08月10日

夏期休暇のお知らせ

BlogPaint 木村建築研究室は、明日 8月11日(土)から16(木)までを夏季休暇とさせていただきます。

 今年も夏休み前にやりたかった仕事の残り&ネコの病後観察で、遠出せず、都内や近郊で過ごす夏休みになりそうです。

 みなさまもどうぞ、十分な休養と充電で楽しい夏をお過ごし下さい。
 
 携帯&メール連絡は大丈夫です。

kimura_atelier at 19:41コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2012年08月07日

夏を涼しくー熱のふるまい

P1070527 設計検討事項&現場指示事項が重なりブログ更新が滞っておりました 本業の報告はまた機会を改めて。

 先週末は、夏を涼しく暮らすための熱のふるまいの基本について、宿谷セミナー@雨風ハウスでした。
 雨風ハウスとは、HPにあるように、東京都環境局の「地球温暖化対策推進の為の区市町村補助プログラム」を活用し、小金井市が整備・建設・運営を行う環境配慮型施設(愛称:雨デモ風デモハウス)です。
 
P1070526 「住育」の一環として、熱のふるまいをちゃんと知るため、温度計測と体感の検証をします。
 参加者の家に温度ロガーを設置してもらい、各家のつくりや環境によってどう違うか、どうしたらより快適に暮らせるかを考え理解することがプロジェクトの目的です。
 年初の冬バージョンの計測に続き、今回は夏バージョンの計測。宿谷セミナーに参加している女技会の有志がお手伝いしています。
 
 それにしても、ひとたび娑婆に戻ると(笑)、「電気が足らないから節電のためにエアコンを控える」となるのですが、実は、風通しや木陰、ひんやり感じる床壁天井が本来の気持ち良さをつくっているのです。
 また、断熱気密や通風効果や蓄熱効果を高めて、建物だけでエネルギー消費の少ない住宅を義務づける動きもありますが、廻りの環境が整わなくては本末転倒。
 太陽光発電だ、いや水力風力だ、地熱発電だとどうやって電力を確保するかの話題は上がるけれど、緑を増やしたり舗装を工夫したりの涼しさの基本の話題は上がらない。。。
 
 そうかそうかと世論や常識を学ぶのではなく、「自分の頭で考えて検証すべき」が宿谷先生の持論です。父親の口癖でもありましたが、本当ですね。
 実はということは50年60年経ってやっと白日に晒されることも報道番組などで実感することですし。。
 
 

 
 

kimura_atelier at 18:43コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい見学会/勉強会 

2012年07月23日

地盤調査

P1070313 かなり遅ればせの報告ですが、生まれたての赤ちゃんのいるお宅の地盤調査に立ち会いました。

 赤ちゃんは、まわりの様子は全く気にせず、お母さんの腕の中でスヤスヤ。。気持ち良さそうにお休み中でした。
 ちょっと、目を開けて欲しかったけれど、また今度。。

 さて、写真は手回しのSW試験ですが、ハンドオーガー試験に立ち会いました。
 この日は、構造事務所と一緒に立ち会い、盛土〜表土〜ロームと粘性と土色等確認。今回は狭い箇所の試験もあって手動試験だったので、おもりを廻しているお兄さんの顔と二の腕でも固さが想像されましたw

  ハンドオーガー試験は、2メートルまでと限定はされますが、直接土質を目で確認できることは必要との見解から、ずっと行っているものです。

P1070314 ウサギも居ます。。


kimura_atelier at 22:30コメント(0)トラックバック(0)設計・企画ライブ 

2012年07月17日

「建築界は小乗仏教」

 一件設計が完了して、ちょこちょこと細切れの時間が取れる1ヶ月でしたので、本の整理にかこつけた斜め読みや見学等でオモシロイと思ったことがいくつか。。。あります。


42 筆頭は、内藤廣さん!

 内藤廣氏曰く、「建築界は小乗仏教」
 (自らを救えないような人間は世情を救済することはできない。だからまず自分が救われる必要がある)
 対して、「土木界は大乗仏教」(世情を救済する中に私の救済がある)

 土木家は、先端的かつきわめてシンプルです。清らかというのかな。社会のために役に立つことをやろうという信念に貫かれている。それから、自然に対して森羅万象に向かっているわけです。川だとか、山だとか、大地だとか、最近でいうと気象変動であるとか。
 建築家は、自分のために頑張っているだけじゃないですか(笑い)。 どちらかというと内側に向かっています。私の精神をどうやって救おうかみたいな話でしょう、クリエーションとして。

 これは違う世界観です。
 やはり建築は小乗的に偏り過ぎているし、土木は土木で大乗的に偏り過ぎていると思うんです。環境問題も急激に浮上してきているし、トータルで考えなきゃダメだとみんなが思い始めている。もちろん、景観もこの流れの中にあります。景観というのは、とどのつまり環境という物理的条件に文化や歴史を加えたトータルな視点ですから。
 

 なるほど!!言い得て妙で感動ものでした。
 私も、折々に思うことです。個別に判断したり、特徴を突出させないと認めることのできない単純さや感じ方の評価軸も変わらないと。。


 ただ、こんなことも。。。
 中央省庁もずいぶん変わってきていますけれど、問題は間に合うかどうか。
 伊勢神宮の式年遷宮は世代交代と技術伝承の時間的スパンと言われていて、20年です。それと同じで、一世代巡らないと本当の意味で変わったことにはならない。この繋ぎの期間だけはおじさん達が頑張らなくては。要は、それまでわが国の社会がもつか、手遅れにはならないか、ということです。

kimura_atelier at 19:09コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築ふ〜ん、なるほど、そうかな? 

2012年07月16日

「木村建築研究室」または、「木村建築研究室・木村真理子」で検索してください

 Macのクラウドサービスmobilemeがこの6月で終了してicloudへの移行に伴い、うちのHPのアップロード先をmobilemeから変更することになりました。
 検索であがるうちのHPのアドレスの中には、 mobilemeにつながるものが多々残っていてnot_foundになったりしているようです。

 結局、元のジオシティーズに戻りました。
 5〜6年前の変更に続き、再びお手数かけまして申し訳ありません。

 改めて「木村建築研究室」か、「木村建築研究室・木村真理子」で検索してください。

 または、http://www.kimuramariko.com へ直接お越し下さい。

kimura_atelier at 18:37コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2012年07月03日

オール電化割引、東電に廃止要請

 思うところいっぱいなのは、
 facebookで知ったオール電化割引、東電に廃止要請 経産省専門委 家庭向け料金上げ巡り。。という日経のニュース記事です。

 オール電化

 東電によると、オール電化住宅は102万件。
 夜間にお湯を沸かしたりするのに発電コストが安い原発の夜間電力を有効に利用できるとして料金を割り引いているが、特定機器を購入した家庭だけを優遇する料金制度は不公平だと判断した。
 機器によるピークシフト効果は定量的にわからない。機器購入を条件とせず、より幅広い家庭に「昼は高く夜は安い」料金プランを提供すれば、最大使用電力を抑えられる。

 というのが概要。


 そんなこと、初めから判っている当たり前のこと。
 特定機器だけが理不尽と思いながらもコストパフォーマンスを追いかけざるを得ないのが庶民だし、申し訳ないけれど儲かるからと追随してつくって来たのがメーカー各社。
 だったら、どうして許可したの?利権?
 今まで許可しておいて今更なんだというのが関係者の思いでしょうね。筋を通すと2重に嫌われるらしいし。。

 良くないことは判っているけれど、時代から置いてきぼりを被るのは厭だからという理由で追随していることや、華やかな広報に隠れて目を凝らさないと見えなくなっていることってたくさんあるのでしょうね。
 したたかに賢くならざるを得ないのがこれからの消費者ですね。


 

 

 
 

kimura_atelier at 15:06コメント(0)トラックバック(0)気になったこと暮らし/住まい 

2012年06月28日

遊びをせんとや生まれけり?

mi_img02 時々、アウェーな頭の使い方をする状況がやってきますw
 
 年初に社会教育委員の卒業記念に?関系冊子に思うことを原稿にしました。たぶん、このアウェーなことから(原稿の主旨は、生涯学習の目指すところは「まちづくり=市民自治地域自治」「互いの違いを活かしあうこと」)、さらにアウェーな遊びのフォーラムにコメンテーターとして招かれました。
 子供と住まいについてなら、思うことは多々あり今までもあちこちで書いてきましたが、遊びというと、う〜ん。。です。
 「遊びをせんとや生まれけん 戯れせんとや生まれけん」と、ドラマ平清盛の中で聖子ちゃんが歌っていたなあと思いながら敵地へw 

 その席で、専門の先生から伺った、Multiple Intelligences(多重知性)理論が興味深い。
 日々の生活、学習、社会において、得意な知性をきっかけに遊びながら他の知性を伸ばして8つの知性をバランスよく持つことで、いろいろな局面に対応することができるということらしい。

 一般に遊びというと良い意味には取られませんが、私なりに解釈すると、「充実した人生を送るには、まず遊びを知ってアドベントしなきゃ」ということですね。

 生涯学習の観点からするとまだ間に合うはず。。是非自己アドベントをw

kimura_atelier at 23:28コメント(0)トラックバック(0)ふ〜ん、なるほど、そうかな?催し諸々 

2012年06月19日

おめでとう!!

赤ちゃん
 今しがた、建て主さんから「生まれました〜」のメール。
 病院からのようです。
 おめでとう!!ございました!
 かしこそうなしっかりした男の赤ちゃんです。

 それにしても、関係者に瞬時にお知らせが届いて、臨場感を分かち合える時代になったのですねえ。。

 ネットの力を改めて確認&感激ですw
 

 
 

kimura_atelier at 21:03コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)設計・企画ライブ 

2012年06月09日

ステキ!

一昨日は、朝から夜まで一日中耐震改修絡み、住宅改修絡みのアドバイザー仕事で町田市内を移動。アドバイザー仕事に当てた一日でした。
そのうち、障害の住宅改修アドで伺った40代男性で歩行困難な方。
単身で障害があって。。。と多くの困難な状況と戦っていらっしゃると想像されましたが、さりげなくおしゃれで自然体で素敵な方でした。
何があっても自分らしい振る舞いができるって、きっと背景にある自信や諦めや教養やらが複雑にからみあって醸し出すのだろうなと思います。仕事外の部分で後ろ髪引かれる方でした。

ところで、このところ私のキムタク好みは、ちょっと遠退いていましたが、東山君ってキムタクより好みかもと今日思いましたw
ともかく、「40代はいいな」が、今日の話題ですw




kimura_atelier at 00:55コメント(0)トラックバック(0)気になったこと設計・企画ライブ 

2012年05月31日

時代のギャップーその1

カーポート 図は、立体的高低差のある急斜面のアプローチ。。
 
 施工図のない鉄骨。現場で合わせた箇所がほとんどで、どこまでいじるか取り合いをどうするか悩ましい。
 整えたい姿に向けて、現状とのつじつまを合わせながらの匍匐前進気分です。
 やっと、ちょっと先が見えて来ました。。
 小さなことにも嫌な顔せずつきあってくれる構造事務所があるのは、ホントにありがたいことです。

 それにしても、一昔前のおおらかさ(もちろん厭味)は、何なんでしょうね。
 このお宅はずっと良いほうです。敷地の形状や高低差に合わせて細やかに配慮して建てたことはよく判りますし、一応最低限の図面も計算書もある。。
 町田の耐震促進事業に関わりだして図面がないどころか、やり逃げのようないい加減さを多々見せつけられています。そんな事が許される時代だったのですねえ。
 もっと、まじめにやれーっ! もっとも今はもうリタイアしてしまっているのでしょうが。。
 

kimura_atelier at 22:56コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)設計・企画ライブ 

2012年05月22日

家づくりのスタンス

 先の週末午後は、女技会の定例で、施主直営方式を25年間実践されて来た方のお話と、そのノウハウを惜しげもなく披露公開していただきました。
 設計者がコンストラクションマネジメントも兼ねるというのには、施主がリスクを取ることや設計者の姿勢に荷が大きくかかりますが、金額だけではないメリットも大きく、考えさせられました。

 ◎世の中が情報化し、より透明フラットになって来たこと、自己責任の時代になって来たこと
 (透明フラットになることと自己責任とは当然セットです)
 ◎様々に孤立化し専門化し分断されて見えなくなってしまったことによる不具合に皆が我慢できなくなっていること
 ◎ものはある程度事足りて、つながりや顔が見える関系の価値、風土歴史物語等の価値に評価が移って来たこと

 以上のようなことを思うと、従来の請負(工務店は、請けて負ける=責任を取る換わりに儲ける。施主は消費者。お金を払えば何もしなくても保護はされるが、本当に価値のあるものを提供されているかは別)のカタチが、特に住宅に関しては、本当に良いのかという気持ちにもなりました。
 設計者や工務店担当者だけでなく、職人さんとも顔が見える関系が出来て、一緒につくる充実感を双方が味わえる魅力は大きい。(昔の結いのようなカタチの現代版なのでしょうね。だから、忙しい人には向きません。)

 
 私の設計のスタンスは、あくまで人の「暮らしの背景としていえづくり」です。
 いえづくりの考え方を参照してください。 
「気持ちよく自分らしく美しいことが機能的・・な家」「なにもかもが自然とよくなる家」を目指しています。判りやすく言えば、無印良品の注文住宅版でしょうか。でも、顔の見える関系、そこしかない解決策、シリーズ化されない等を考えると無印良品のようでも、無印良品ではないか。。w 
 ずっと提唱してきたこと(よく考えれば当たり前のこと)が、これからの時代に増々大事になることを実感します。
 完璧直営工事ではなくても、部分的に直営というのはやっていますから、今の気持ちを忘れないうちに少しずつ広げていこうか。。と思います。
 



kimura_atelier at 23:09コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい住まい/建築 

2012年05月15日

素敵な家と暮らしと人の関係

良い家に住んでいる人が、豊かな暮らしをしている訳ではないけれど。。
良い家に住んでいる人が、素敵な家族(住人)という訳でもないけれど。。

良いなあと思う家族(住人)は、豊かな暮らしをしているし。。
良いなあと思う家族(住人)が住んでいる家は、いい感じだ。。


つまり、豊かな暮らしは、良い家だけではできない。。良い家は、素敵な家族(住人)が豊かに住んでいることとセットだ。その家族(住人)の好み(しつらえ)や行為や価値観や醸し出す雰囲気が家に現れる。。。

家と暮らしと家族(住人)は、三つ巴。。

幸か不幸か、住まいも量や機能はそろそろ事足りた!
単純に持てれば幸せ、立派ならステータスでもあった時代は遥か遠くになった。
どう住むか住人の住み方が、幸せを決めることになった。。
それでも、良い家はやっぱりいい。暮らしの巾を広げてくれる。気持ちを豊かにしてくれる。
だから、自分らしく廻りや時々の情報に振り回されない家づくりが大切。。。

kimura_atelier at 23:53コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい住まい/建築 

2012年05月08日

うちのゴールデンウイーク

P1060795IMG_0228 いかがでしたか? 
 今年のゴールデンウイーク。
 雨や嵐、竜巻と気象の不安定な日もありましたが、晴れればやはり5月。家に居ても外に居ても気持ちのよい時期です。

 うちは、仕事・家事・都内お出かけ・仕事・仕事・家事・郊外お出かけ・都内お出かけ・家事の9日間でした。結局、小屋裏の断捨離は実現しませんでしたが、家でゆったりしたり、日頃行きたかった近場やGW中の催しを満喫したりしました。

P1060714IMG_0255
 FBで瀬野さん(建築家)に見つけてもらったお陰で、伊勢のお気に入りネコの作家さん(ネコ作家もりわじんさん)にお会いできたり、生まれて初めて宝塚の公演を相伴することになったり、歌舞伎の舞台裏や歴史の秘話やニュースポットの見学等、どこもそれなりの発見や巡り合わせがあって楽しい時間でした。

IMG_0226528853_281743728586023_100002511956408_637436_2096413698_n 最終日には、うちのお騒がせネコ(写真の♂ネコ)が、また騒動を起こしました。

 学校のプール準備室の屋根から降りられなくなって、折半屋根の隙間に隠れて一晩家に帰らず。。たまたま休日出勤していた職員室の先生にお願いして脚立をかけてもらい、主人が抱き下ろしたはいいが、獣のように鳴き叫ぶ。

 まったく。これもまた話題のひとつでしょうか(苦笑)

 さあて、検討事項の続きがいっぱい。。。
 連休明けから私家版サマータイムを始めました。いつまで続けられるかな。

kimura_atelier at 21:59コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ネコ閑話 

2012年04月26日

そろそろゴールデンウイークですが。。

 検討事項、方針決定事項、マネジメント事項があれこれあり、頭があっちこっちそっちにと行ったり来たり。。のうちに、すっかり新緑の季節になりました
 今年の連休は、計画出遅れで在宅モード&お仕事モードですが、それもいいかと。。
 骨折災難のお陰で、忘れていた家での仕事や読書の楽しさを思い出しましたし。。。

IMG_0217
 暦通りのお休みは、3.11以降中断モードだった「断捨離」の捨の続きを実行しようと思っています。
 トップヘビーを少しでも減らすのも防災。まずは小屋裏の断捨離を。 
 また、仕事と買い物以外使われることのないうちの車も人並みにETC手続きをしたので、たまにはドライブもいいかも。。

 だんだん身近な楽しさを味わえるお年頃になってきたのでしょうか。。ね。
 
 

kimura_atelier at 08:52コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2012年04月16日

コンサートから なぜか町田&こんにゃくへ

 年度が変わって、桜が咲いて、今年はあちこちで春の催しが続いているようですね。

 わたしも、先日友人と伺った旧山口文象邸でのコンサート(作曲家でピアニスト&オルガニストでもあるご子息の山口勝敏氏が、この名邸宅を生かし残してゆくためにクロスクラブとして運営されています)に続いて、先の週末は、主人が関係している平河町ミュージックスでのオペラシアターこんにゃく座のコンサート、「オペラとソングの日々」を楽しんできました。
 どうして「こんにゃく座」というのかというのかと調べたら、かつて、東京芸大で身体訓練と演技の基礎訓練として行われた「こんにゃく体操クラブ」出身者たちによりオペラ劇団として設立されたからとのことです。
 悪のりですが、写真は、このところマイブームのお取り寄せ「訳ありこんにゃく」ですw
 また、山口文象氏は、かつて町田の駅前再開発に関わり、現町田市立博物館の設計者だったということを今更ながらに知りました。だからなのね。。と、今更ながらにわかったことも。。

写真

kimura_atelier at 20:54コメント(0)トラックバック(0)ちょっとブレイクつれづれ心模様(日記) 

2012年04月13日

春のうらら〜の ♪

 IMG_0198IMG_0211

IMG_0205IMG_0204 春うららですねえ。
 あれこれあって写真をアップするのを滞っている間に、大幅に出遅れていた桜の開花がすっかり全開。
 それどころか、雨風の日もあって、はなびら絨毯になりました。
 
 写真は、薬師池の桜と近所の原っぱ&小川端の桜。
 この小川端。なつかしい風景ですよね。
 学園は、まだまだ「うららか」なところでございます。



kimura_atelier at 16:41コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ちょっとブレイク 

2012年04月06日

設計事務所ならでは。。の仕事

 崖上崖下に注意と配慮をしながら、ローコストでも如何に居心地良く、家に居ることが楽しくなり、かつ安全安心で長寿命な建物を実現するか。。。 
 設計グレードがかなり上がっても工事費は上がらないよう、挑戦中です。
 慎重に法令チェックをし、たたき台案レベルで構造事務所、建設会社、確認審査機関等とかなり細かな下打ち合わせを繰り返して、なんとか解決の糸口と検討事項の内容が見えて来ました。

 知恵と工夫で乗り切るべく、じ〜っと考え、あれこれ調査打合せし、無理矢理アイデアをひねり出した結果。。。なんとかなるものです。 
 ルーチンの仕事では決してできない、設計事務所ならでは。。の仕事だなあと、方針がやっと見えて来てほっと一息なので、ちょっと自画自賛したくなりましたw
 桜もそろそろ満開ですしね。今週末のワインは桜色のスパークリングロゼといきましょうか。
 
 

kimura_atelier at 19:10コメント(2)トラックバック(0)設計・企画ライブ暮らし/住まい 

2012年03月30日

最後の社会教育委員会

hanataba 月曜午後は、わたしにとって12年続けた最後の社会教育委員会&卒業式でした。
 昨日は、教育長に提言書提出。最後のお仕事になりました。

 この春いよいよ町田に、これからの社会に必要な姿を志す生涯学習センターがオープンします!

 お仲間の委員さんや教育委員会生涯学習部の方々から素敵なお花とうれしい寄せ書きをいただきました。寄せ書きって高校卒業以来です。

kimura_atelier at 19:38コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2012年03月16日

サラリーマン川柳

第一生命が例年開催しているサラリーマン川柳。
いつ見ても面白い。この後、ベスト10が選ばれるそうです。
けれど、おもろうてやがて悲しき・・・ですね。

第25回サラリーマン川柳コンクール 優秀100句が公開されています。
私的ベスト15は、こんな感じですね。

10 スマートフォン 妻と同じで 操れず /妻ーとフォン
14 「内定です」 返った言葉が 「マジッスカ!」 /絵文字
17 定年後 田舎に帰れば 青年部 /フミヤ フレンドリー クラブ
18 円高だ! 海外行くぞ 円が無い /縁結び人
24 俺知らぬ 妻のつぶやき 世界知る /芝竜
28 何気ない 暮らしが何より 宝物 /考えボーイ
36 我が家にも なでしこ四人 俺アウェイ /サッカー王子
38 士気がない 当たり前でしょ 指揮がない /ソフトモヒカン
55 「おーい飯!」 こだまでしょうか 「おーい飯!」 /夫婦共働き
59 スマホより トクホが先と 妻が言う /メタボパパ
66 ラブでなく イヤミ注入 うちの妻 /無知キング
72 散歩して わかったポチの 顔広い /後輩
97 鍋奉行 仕事に活かせ その仕切り /すぎどん
98 立ち上がり 目的忘れ また座る /健忘術数
100 EXCELを エグザイルと 読む部長 /怪傑もぐり33世


kimura_atelier at 21:24コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ちょっとブレイク 

2012年03月11日

「技術の使い方」

午後2時46分、国立劇場にての追悼式を見ながら黙祷。

昨日の新聞に「専門家が陥る野蛮性」と題した科学者が社会に向き合う責任についての提言が出ていた。
技術は使い方次第で毒にも薬にもなる。社会的責任を考えられる科学者を育てる必要があると思うと。けれど、シニア研究者から反対されるのだとも。。

25年程前、私がまだ若い頃、幸いにも山本学治を学ぶ事で「技術の使い方」について考えさせられた。
以来、本質に立ち返って物事を判断するクセがついた。

建築について言えば、発注する責任、企画建設する責任、持つ者の責任、それを使い享受する者の責任がなさ過ぎると事あるごとに思わさせられる。大規模開発、超高層、ガラス張りに代表されるメンテナンスや設備に頼りすぎる建築、構造に頼りすぎる奇をてらう建物など、技術への過信が、お金の無駄遣いだけでなく被害を拡大させることになるのではないか?

ほどほどなスケールで、上質なデザインと空間、知恵と節度のある使い方や暮らしの価値をもっと尊重する姿勢が欲しい。

kimura_atelier at 16:21コメント(2)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)気になったこと 

2012年03月08日

活用されていない家電

先の新聞記事で、活用されていない家電の話が載っていました。

1位は食器洗浄機
2位は衣類乾燥機
3位がホームベーカリー とのこと。

ホント?と少しびっくり。

食洗機は、食べた後の食器洗いを気にせず、料理や人数に合わせてふんだんに食器を使えるし、高温でスカッと洗い上がる気持ち良さ(特にガラス食器のピカリ感)は手離せません。
2位の衣類乾燥機。特にガスの乾燥機は、短時間で乾くし、うちのように共働きで週末にまとめ洗いをするパターンの場合は必需品です。週末に雨が降ってしまったら洗濯できないですからね。また、シーツも毛布も雨や花粉を気にせず洗えます。
3位のホームベーカリーは、活用する人としない人で明暗分かれるんでしょうね。最近のオーブンレンジや鍋類もデザインも洗練されて使い勝手のいいものがたくさん出ているので、パンやケーキも作り易く楽しくなりましたし。でも、材料をセットして寝るだけで、焼きたてのパンの匂いで目覚められる休日のブランチは最高です。出番は少なくても、やはり欲しい。

こう書き連ねると、家電に頼ってエネルギーをいっぱい使って暮らしているようですが、これらが働いている時間はわずかなものです。

冷暖房や照明、給湯など暮らしの背景になるものは、家のつくりや太陽熱利用でしっかり工夫して、高性能で便利で暮らしが楽しくなるものは上手に利用する のが、賢く楽しく暮らすコツですね。

kimura_atelier at 20:41コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まいふ〜ん、なるほど、そうかな? 

2012年02月28日

蟄居の話題-その2 省エネ家電の効果

 蟄居のお陰で、毎年3月になってまとめる一年分のお金の出入りの整理が2月中に終わります。
 事務所開設以来初めて?2月中に確定申告書類が整いそうです。すばらしい!

 そこで、気がついたことですが、前年に比べて自宅の電気使用量が毎月約¥1000程軒並み減っている。
 夏も冬もエアコンをほとんど使わない我が家では、この原因、冷蔵庫の買い替え以外に考えられない。ちなみに昨年は、洗濯機や電子レンジも壊れて買い替えましたが、使用頻度から考えて大した差がでるとは思えません。
 確かに電気代は、冷蔵庫を買い替えた翌月から減っていました。
 自宅にいる時間が少ないこともあり、我が家の電気代は平均¥5000〜6000/月ですから、その割合は絶大です。稼働させている時間が長い電化製品、特にモーター類は、この際見直しを考えた方がいいですよ。


 

kimura_atelier at 19:05コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常気になったこと 

2012年02月27日

蟄居の話題-その1 ひだまり&ひまわり

写真写真[1] 久しぶりに家に居るのも悪くないと書きましたが、日中に家に居ると家の環境がよくわかります。
 隣が建って日当りが悪くなった上に、大きな木建窓(木サッシではない)で開放感いっぱいw。。の我が家は、隙間風とコールドドラフトでかなり寒い。居る場所の近くにストーブは欠かせません。
 当然、ネコ達はベッド(しかも毛布と毛布の間)に潜り込んでいるか、ホットカーペットに貼り付いております。

 でも、天気のいい日は、窓辺で外を見ながら幸せそう。。
 ストーブにもホットカーペットにも近づきません。
 日が当たっていても窓辺は隙間風で寒いのではと思いきや、ネコの身体も床も約40℃。ホットカーペットよりもずっと暖かい!!おひさまの威力は絶大です。 
 やはり、冬はおひさまを追いかけて、せっかくの熱を逃がさないようにしたいものです。

kimura_atelier at 19:45コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ネコ閑話 

2012年02月24日

近況報告

 自宅&事務所に蟄居のお陰で、溜まっていた書類や手続きやらが片付いていますw
 自宅でお気に入りの音楽をBGMに手元の材料でケーキを焼きながらの読書や雑用も悪くないし。。結構、骨休めというか心の休養にもなりました。自宅の方が頭が冴えて仕事がはかどるような気も。。w
 とはいうものの、半分はやせ我慢で、やはり関われなかったプロジェクトや行けなかった打ち合わせや展覧会等は悔やまれる。。3月からは、ちゃんと本来のペースに戻りたいと思います。

 ともあれ、春は着々と近づいてきましたね。
 当方にもどうぞ春が来ますように。。

 このところの暖かさで、我が家のネコ達もベッドから出て、窓辺の日だまりでごろごろし始めました。
 
 
 

kimura_atelier at 21:32コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2012年02月13日

立春大吉のつもりが。。

週末の土曜、道で足を挫いたら、なんと骨にヒビが入ってしまいました。
左手小指の骨折が良くなってきたところに、今度は右足。
足は、手のように不便を我慢努力では済まず、右では運転もできずで、しばらく自宅で蟄居を仰せつかりました。
一寸したことで予定が狂ってしまいましたが、あれこれ手配して仕事の調整と連絡が片付いたら、この際潔く諦めて、積読本の幾つかを実読にしようと。。決めました。(半泣)

それにしても、 今週予定していた住育プロジェクト等に関われないのが悔やまれる。。

風邪も流行っているようですし、皆様もどうぞご自愛ください。

kimura_atelier at 17:17コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2012年02月06日

立春の候

 
 ばたばた続きの1月があっという間に過ぎて、節分も過ぎて。。早、立春の候でございます。
 
 ちょっと転んで手をついたら骨折していた左手の小指もだんだん良くなってきました。

 今年も、季節の変わる前の晦日(節分)に豆を撒いて一年の邪気払い、また新しい年をまめに過ごせるようにと、豆と恵方巻を食べて旧暦の新年を祝いました。
 平川天満宮からいただく福豆と近所のコンビニの恵方巻で、毎年恒例の日付変更ギリギリの行事でした。ただ、私は多忙続きの後に飲んだのでかなり酔っぱらっていて、豆を撒いた記憶が。。。あるようなないような。。ちょっと怖いです。目をまんまるにしてオロオロおつきあいしてたらしいネコ達のことを話題にされても、まったく覚えていないw

 立春の週末は、買い物に出た町で昔の建て主さん(もはや親戚のような)にばったり会って、急遽お茶しながら近況を聞く。子供たちの結婚や就職、親の介護、最近の社会情勢や教育環境、ご近所のこと等々、すっかりおばさんの会話です。そうして、最後の最後に家のこととご主人のこと。。w
 加えて、急にやることになった原稿書きや論文採点等、予定外ことがいろいろでしたが。。
 
 ともあれ、「立春大吉」と行きますよう。。


kimura_atelier at 22:30コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2012年01月20日

今日は雪でした

2012:01:20初雪  今日は、この冬初めての雪でした。

 写真は、今朝の我が家付近の様子。屋根が真っ白です。

 今晩は、帰りが一苦労かと覚悟しましたが、積もらなくて良かった!! たまの雪景色はうれしいけれど、山坂の多い学園は積もると大変。危なくて車は運転できません。孤島状態になります。

P1010786 ところで、まちづくり&教育活動であれこれ忙しい日々です。
 これも建築活動のうちと思って、しっかり楽しむことにしようと思いますが。。。w

 まちのイメージ写真やプロフィール写真を探していて、ちょっと目に留まった一枚です。

 一昨年行った上海の田子坊(泰康路)とウイーンのモールのお店の写真。いかにも、そのまちの魅力お店の魅力を映していて◎です。

 上海は刻々と変身を遂げていて、昔ながらの上海は消えて行くのでしょうが、田子坊は年々お洒落に路地の魅力を活かした店舗が増えています。

RIMG1082 やはり、「らしさ」が、ポイントです。

kimura_atelier at 19:30コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2012年01月11日

デスクカレンダー/フィンユールの自邸

フィンユール 今年も建築写真家の吉村行雄さんからデスクカレンダーが届きました。吉村さんは、竹中工務店を定年退職後建築写真家として北欧の建築を中心に撮影していらっしゃる方です。

 毎年、素敵な北欧建築の写真をカレンダーにして送ってくださるのですが、今年は、フィンユールの自邸。

 シンプルで静謐で流れるようなインテリアと、サンタさんが現れそうなシルエットの可愛らしいおうちといった外観が、いかにも北欧建築です。カッコだけではない洗練された豊かな暮らしが伺い知れます。
 
 

kimura_atelier at 22:31コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2012年01月06日

一押しの年賀状!V 2012

年賀状2012
今年も楽しく年賀状を読ませていただきました。

やっぱり、年賀状ってうれしい!!
恒例、今年の一押しは、この2枚! 
思わずにっこりのかわいい辰のイラストです。
 

一枚は、昨年も一押しだった企画課に移って見えない敵?と戦っていた行政職員の建主さんからの年賀状です。今年は、見えない敵が見えたかな?それとも手中に入ったでしょうかw
もう一枚は、さすがアート感覚が冴えている。。ギャラリーのようなお宅の建主さんからの年賀状です。

 また、思わず吹き出してしまうコメントもあったり、示唆に富んだコメントもあったりで、今年も多くの賀状をそれぞれに楽しませていただきました^^
 ありがとうございました。
 
 
 

kimura_atelier at 23:00コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2012年01月05日

今年もよろしくおねがいします

IMG_0117IMG_0107 あけましておめでとうございます。
 
 年末年始は、お天気に恵まれ過ごしやすかったですね。
 お陰で近江を動き回れましたし、多くの旧友にも会えた楽しい暮れとお正月でございました。

 写真は、例年通りの玄関の正月飾りとお伊勢さんおかげ横町のネコ相の良いネコ。
 今年も変わらず会うことができました。

 さて!
 今年こそは、近江商人のように三方良しの精神で、昇り龍のごとく充実した仕事をしたいと思います。
 どうぞよろしくお願いします。


kimura_atelier at 20:11コメント(2)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2011年12月28日

本日仕事納め。来年こそ良いお年を!

 木村建築研究室は、今日12月28日(水)が仕事納め(公式にはですがw)。明日から1月5日までお正月休みをいただきます。仕事始めは1月6日(金)からとなります。
 
 今年もいろいろとお世話になりましてありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願い致します。

 今年も恒例サントリーホールで第九を聴いた後、名古屋で同窓会、その後例年のように滋賀と名古屋をハシゴ、伊勢で初詣のハシゴ、、の年末年始の予定です。

 皆様、時節柄御自愛の上、どうぞ良いお年をお迎えください。


続きを読む

kimura_atelier at 18:31コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)☆お知らせ⇒ 

2011年12月26日

2011カウントダウン・・続き

 今年も残すところ5日。
 
 今年は、社会がだましだまし永年積み残して来た課題が一気に白日の下にさらされた年だったように思います。わたしも建築に関わっていて見えてくる課題を、思うだけでなく言うだけでなく行動に移さないとと言いながら目に見えることにつながっていないことを大いに反省です。
 出来ることは小さくても、ポイントと仲間を選んで効果的に進めたい。

 夕方立ち寄った医院でかかっていたNHKで、『高木学校』について取り上げていました。問題を市民の立場から検討し、具体的な解決を模索している活動団体です。
 印象に残ったのは、「発信しても伝わらなかったものが最近は向こうからやってくる」「専門家と言われる人は、生計を立てるためどこかに所属しているので縛りがあると思うべき」「だから、判断は自分たちで下す」
 故高木仁三郎について、夫人が「主人は、世間は地位や名誉や所属に縛られない人の見識の大事さに全く理解がないと、いつも怒っていました」とインタビューに答えていたのが印象的でした。 
 私もいつも実感していることです。リストラ後の再就職に当たり「私は部長が出来ます」は、流行語にもなりましたが、権威があるとされる団体に所属したがる人、立場が好きな人は、まだまだ多い。

 これからは、互いの得意を認め合って目標達成を目指す関係が大事。そして、市民にも本当の判断能力が求められる時代なのですね。

続きを読む

kimura_atelier at 20:08コメント(1)トラックバック(0)暮らし/住まい気になったこと 

2011年12月24日

年賀状製作開始

26)  やっと年賀状デザインにGOサインが出たので、今日は午後からアトリエで二人分500枚の印刷に取りかかり中でしたが、200枚あたりでプリンターが「プリンター調整センサーとやらを掃除してください」と表示が出てストライキ。治りません。
 最近は、あちこち土日祭日は電話サポートがなくなっていて、月曜まで待たないと対処が判らない。。
 休日仕事がやりにくいです。

 明日から、ぼちぼち年賀状書きをするつもりが残念!

 あきらめて掃除を先に始めることにするかな。。
 

 

kimura_atelier at 15:40コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2011年12月22日

そろそろカウントダウン・・

表参道 12月はあっという間。。クリスマスまであと2日。
 カウントダウンが始まりましたね。

 今年は、玉川学園名物20mのヒマラヤ杉に点灯するクリスマスイルミネーションが中止で残念ですが、我が家のプルーンのツリー(どうにも写真映えしないんですが。。)は健在です。♂ネコには好評で毎晩ブラインドから顔を出して点滅を楽しんでいますw
 最近はクールで華やかなイルミネーションが増えましたが、私はやはり見慣れた表参道のしっとりとしたイルミネーションが好き。今年も宿谷塾の前にひととき表参道を歩いてお気入りの店を廻って楽しんできました。

 年末の仕事と家事は雑雑として、紙にリストアップしないと落ち着きません。
 自宅の大掃除は、例年どおり業者さんのお陰で手早くスキッとしました。あとはアトリエ。。こちらは掃除というよりは資料との格闘ですね。これが例年終わらない。持ち越し持ち越しで現在に至る。。>.<

 今日は冬至。いただいた有機ポン酢と野菜で今日もナベにしよう。。w
 
 

kimura_atelier at 19:16コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2011年12月08日

いよいよ師走

55)
どっと冷え込んできましたね。天気が悪いと余計に寒さが沁み入ります。師走も2週目後半に入り、いよいよ今年も大詰め。写真の改修工事(一期)が終わり、残りは来春にまた。。

一気に冷え込んで黄葉も一気に本番。どこを走っても黄葉&紅葉で並木や山の景色がとても綺麗。かと思いきや、盛りは短く既に散っているところも。雪が舞ってもおかしくない空模様ですから当然でしょうかね。被災地の仮設住宅での暮らしはさぞや大変だろうと胸が痛みます。

さあて、明日からは忘年会やイベント突入。残りの課題の予定を立てたら、今日はたくさんいただいた下仁田ネギでナベにしよう。。






kimura_atelier at 19:49コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2011年11月30日

デジタル環境のアレンジ

IMG_0029c418789b-sIMG_0030

 家での作業と持ち運び用にと、新しく出たのを夏に半ば衝動買いしたMB Air。
 ipad2が来てからその便利さゆえに家での出番がなくなったので、壊れてしまったCAD用Mac miniの替わりにシネマスクリーンにつなぎました。主にネット関系はこちらで対応することに。。
 これで、来春MobileMeサービスが終わってしまってもiCloudに対応できて、ひと安心です。

 ただ、右と左のシネマスクリーンの使い勝手が今までと逆になって、多少の違和感。
 つなぎ変えるのも面倒なので、このまま行きます。きっとそのうち慣れるでしょうw
 もうひとつ、お気に入りお手製カバーから出し入れする機会が減ってしまって、こちらもちょっと残念w


kimura_atelier at 20:55コメント(2)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2011年11月24日

今日も昨日も「版画館」詣で

IMG_0019IMG_0018
 昨日は、まちづくり推進課主催の街づくりフォーラム。今日は、社会教育委員会。
 どちらも、いつもと場所を移して町田市立国際版画美術館で行われました。
 というわけで、連日の版画館詣ででした。

 町田市立国際版画美術館は、国際と唱っているように世界でも数少ない版画を中心とした美術館です。芹が谷公園の深い緑に四方を囲まれています。中心市街地から近いにも関わらず別世界。どの窓からの景色も豊かな緑で絶好のロケーションです。
 版画館には、時々所用で行くのですが、いつも次の予定があったり打ち合わせが終わると暗かったりで、ゆっくりとロケーションを味わえませんでした。今日は、社会体験中で生涯学習課に派遣されている中学生も一緒に学芸員さんの案内でバックヤードや収蔵室の見学もさせていただきましたし、一部原画も説明付きで見せていただきました。また、明るいうちに終わったので委員さんと美術館併設の喫茶店でお茶もできました^^ と〜っても満足!!
 ただし、版画館を出て5分も歩くと娑婆に戻りますw


kimura_atelier at 20:24コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)地域のこと 

2011年11月16日

クロアリ&シロアリ被害ー近況報告その2

シロアリ被害 2011.11 038クロアリ被害 リフォーム中のお宅のクロアリ&シロアリ被害。
 建て主さんが気になるとおっしゃるところを大工さんにこの際だからと開けてもらって驚き!です。

 玄関の天井の根太や火打は、シロアリに派手に食べられています。まだ生息もしていた。
 2階の壁のちょっとした膨らみからアリが出入りするというので、壁を開けたら、こちらも巣を作っていたらしく真っ黒のアリがウジャウジャ出て来たとのこと。木ズリや柱の外側が食べられている。

 シロアリ被害は床下のイメージですが、床下の点検だけでは安心できませんね。小さな蟻道を疑って開けて不幸中の幸いでした。
 黒アリも換気口からの長年の雨滲みで湿気ったところに住み着いてしまったようです。
 急遽対策中。木造は、軒の出し方と日頃の点検注意が大事だなあと改めて自戒&実感です。


kimura_atelier at 21:31コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ住まい/建築 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ