木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2004年01月

2004年01月04日

動物として生きることの自覚

ネコ「どういう人に惹かれる?」と聞かれて思い浮かぶのは、やっぱり姿形のかっこいい人。俊敏でタフな人。走るのが速かったり、目や鼻やカンが良かったり・・。つまり、肉体的に優れた人だ。優れた精神は優れた肉体に宿るともいうし・・。人格とか知性、品性、何かに特別に秀でているとかというものは、その人の置かれた環境によることの方が多いから。「どういう人と居たい?」なら話は別。
 で、「面食いねえ」と常に言われることになるのだが、よくよく考えてみると、肉体的に優れているということは、動物として種を残すのに優れているということだ。人は無意識のうちに種の保存発展を望んでいるのではないかと思う。そういえば、若いうちは肉体的に優れた人を好み、歳ゆくにつれて人格を求めるのも、だんだん種の保存発展から遠のくからではないかしらん。
続きを読む

kimura_atelier at 19:57コメント(0)トラックバック(0)つれづれ夜想曲(エッセイ) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ