木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2005年11月

2005年11月30日

紅葉真っ盛り

 つるべ落としとはよく言ったもので、あっという間に日が暮れ、すっかり寒くなりました。いつの間にか冬の気配。うちの近辺では紅葉真っ盛り。今年は、柿とヌーウ゛ォーの出来に加えて紅葉の出来もいいように思います。

学園の秋続きを読む

kimura_atelier at 23:37コメント(2)トラックバック(0)街歩きつれづれ心模様(日記) 

2005年11月28日

「簡素にして品格あり」

「簡素にして品格あり」。いかにも吉村さんらしさを表現した素敵なフレーズですね。

 昨日の朝、NHK教育テレビ新日曜美術館で、吉村順三が取り上げられていました。
コメンテーターの松山巌さんが、吉村さんの人となり、そして、吉村さんが鳥になったように暮らしたいと設計したという軽井沢山荘を興味深いたとえで話していたのが印象的でした。
「ここにきて不思議と初めて見た感じがしなかったんですよ。もともとここにあったような感じで。その訳は、山荘そのものが一本の樹だからではないか。コンクリートの一階部分が太い幹、その上に大きな枝葉を広げたのが2階部分で。」
 そして、山荘で人は、枝葉をさえずる鳥のようにあふれる緑に浸ってのびのびと心洗われるひとときを過ごすのですね。山荘からの景色は、まさに、鳥の気分です。
 さりげなく自然なこと、人が気持ち良く暮らすための細かな配慮など、わたしたち住宅設計者は、吉村さんの多くの詳細図から、本当に多くのことを学ばせてもらってきました。

 吉村順三展、いかなくちゃ!



kimura_atelier at 20:36コメント(4)トラックバック(0)催し諸々 

2005年11月25日

HPのカウンター、2年がかりでやっと8000になりました。

カウンター



kimura_atelier at 21:06コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2005年11月24日

プレカットに掛ける前の材木確認

プレカット工場1プレカット工場2 昨日は一日、現場担当の監督さんが運転する車に乗せてもらい、大工の棟梁と一緒にプレカットに掛ける前の材木を選別に行って来ました。
 いやあ、茨城は遠い。片道140〜150キロの高速で車を走らせて2時間以上。
 いやあ、プレカット工場は広くて寒い。吹きさらしの土間床で、親戚から届いた材木の束の中から1本1本材木を見ながら使う位置を決めていきました。目が詰んでいて素性のいい木ですが、監督さん、大工さんとも掛け声を出さないと持ち上がらないほど重い(乾いていない)木が多くて、上棟後の割れや隙が多少心配です。ひととおり決めるのは結構大変で、終わった頃にはすっかり日が落ち、あたりは真っ暗。すっかり冷え上がってしまいました。みなさんお疲れ様でした。
 親戚の木でつくる家、遅れていましたが、これでやっと準備が整いました。いよいよ上棟まじかです。


kimura_atelier at 22:25コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 

2005年11月23日

今年の収穫

ゆず
 実の成るものは、収穫が楽しみ。その昔、柑橘系薬味にと我が家の狭い空きスペースに「ゆず」「すだち」「かぼす」「姫ゆず」「レモン」を密植しました。今ではどれがどれか判らずですが、今年の収穫も例年同様にかごに一山ありました。なぜかどれも「ゆず」の香りがする..。
 続きを読む

kimura_atelier at 20:12コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常 

2005年11月22日

耐震強度偽造事件

 今、世間を賑わせている耐震強度偽造事件。
 表情を持ち合わせていない構造設計士のインタビュー受け答えに、ここまで仕事に何の責任感もモラルも持ち合わせてない技術者もいるんだなあと唖然としてニュースを眺めていたけれど..。しかし、人格障害のような人が起こした特別な事件というだけではなく、何事も金儲けの手段でしかないような業界体質や、世の中に蔓延する後は野となれ山となれといった無責任意識が背景にはありそうだ。
 
 さておき、昨日、いつもつきあっている構造事務所のY氏から連絡が入り、「「木村さん、このところいつもイーホームズを使っているし、施主に変な心配をされたりしても困るだろうから、『当構造設計は、何処の審査機関に出しても全く心配のない充分な耐力の設計を証明し、責任を持ちます。』という文書を送るから、関係者に配ったら」とのこと。気配りのあるサジェッションをいただきました。
 関係事務所だけでなく、工務店や職人さんたちもそうですが、やはり「顔が見える丁寧な関係」と「自分に仕事に誇りを持っている人とつきあうこと」が大事と改めて実感しています。幸い、お金とスピードについてを期待する施主(発注者)とのつきあいもあまりないし..、ありがたいことです。

kimura_atelier at 20:04コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)設計・企画ライブ 

2005年11月20日

キッチンハウスにてパネル展開始

 以前お知らせした「私流住まいの作法」展がいよいよ始まりました。11/17のオープニングには懐かしい方達やいつもお世話になっている方達が、次々駆け付けてくださいました。
 奇しくもヌーヴォー解禁日。たくさんのワインやお花で晴れやかな、また、キッチンハウスさんの大盤振舞のサプライズの連続で楽しいにぎやかなひとときでした。みなさん本当にありがとうございました。当日は、写真を撮るのをすっかり忘れてしまい、パーティーの様子がお知らせできないのが残念。12/11まで開催しています。

キッチンハウスパネル展1キッチンハウスパネル展2続きを読む

kimura_atelier at 18:45コメント(4)トラックバック(0)☆お知らせ⇒催し諸々 

2005年11月15日

我が家のカラー鉄板屋根、あとどのくらい持つかなあ。

 20年前の当時、まだ、ガルバリウム鋼板なるものは建材としては出回ってなかったので、我が家の屋根は、カラー鉄板一文字葺きです。主人の知り合いが、我が家の屋根の錆び具合と築年数を知って「おお、すごい。暴露実験の結果どおりだ」と言ったそうですが、ぴったり20年で錆びました。
 今朝、懇意にしているペンキ屋さんが事務所に来てくれて、手当とその仕方を打ち合わせして頼みました。ついでにデッキの塗り替えとか、コンクリートの撥水材とかも..。
 今日のペンキ屋さんとも20年来(もっとかな)の付き合いです。お互い、年とったね、でも変わらないね。息子さんが後を継いでくれて言うことないね、町田の市長選はどうなるかな、などなど。仕事展のパネル搬入が終わってちょっとほっとしたこともあって、久しぶりにのんびり世間話をしました。
 とにかく、信頼できる工務店&職人さんは、ありがたい。

kimura_atelier at 20:20コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2005年11月11日

仕事展準備のメドがついて、ほっ。

 仕事展の準備に追われていましたが、ほぼメドがつきました。あとは、各々のパネルに張り込めばOKというところです。でも、一般パネル約40枚、カンパネ約40枚、計80枚の張り込み。結構なボリューム。週末の1日でできるかな。
 ほっと一息と言いたいところですが、実は今日明日と息つく暇なく打ち合わせ。打ち合わせには準備が必要で・・。でも、今日打ち合わせの現場監督は、設計図をよく読み込んだ施行図提出してくれます。チェック打ち合わせもすんなりいけそう。仕事は、ホント、コラボレーションですね。
(カメラが壊れてこのところ画像なしのアップです、もう修理から戻ってきているとは思いますが..。)

kimura_atelier at 13:05コメント(2)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2005年11月03日

「私流住まいの作法」展を開催します。

キッチンハウスパネル展 「私流住まいの作法」「木村真理子の仕事展」と題してパネル展をすることになりました。
株式会社キッチンハウスさんの協力で、キッチンハウスの上野毛本社ショールームにて開催。
11月17日から12月11日までです。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
なお、いまのところ私は、11/17、11/19、12/3は午後からショールームに詰めている予定です。

kimura_atelier at 15:51コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒催し諸々 

イベントシーズン

 ハロウインが終わって、いよいよ紅葉真っ盛り。あちこちの秋祭りや収穫祭、美術館やギャラリーのイベント情報が届きます。なんとなくせわしなく身も心も浮き足立つ季節の始まりです。今年のこよみも遂に最終コーナーをまわりましたね。
 11月17日は、ボジョレーヌーヴォーの解禁。奇しくもこの日は、当事務所のいままでの主な仕事をまとめた「パネル展」のオープニングです。ボジョレーでオープニングといきますか。近々お知らせをアップします。
 今年は、夏休み明けからパネル展やら出張トークやらでイベント続きでした。もうしばらく続きそう。まあ、これもいい経験ですね。パネル展の準備ができたら、眼鏡とパソコンから離れて、遅ればせながらのお誕生日祝いにどこかに出かけたいなあ。ディズニーシーかな?鎌倉かな?

kimura_atelier at 00:01コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ