木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2006年03月

2006年03月24日

長崎ば、さるくせんね。

 長崎はこのところ、歴史文化博物館、隈氏設計の美術館、出島復元、長崎大橋と建築ラッシュ。だからという訳でもないですが、先週末長崎に行ってきました。「さるく」とは、ぶらぶら歩くという意味だそうで、この4月から日本ではじめてのまち歩き博覧会「長崎さるく博」が開催されます。
 日本で一番とか日本ではじめてのモノコトがいっぱいの長崎は、「さるき」がいがありました。さるきまわってお腹がすいたら、豊富な海の幸と郷土料理が待っています。どのお店もかまい過ぎず気配りが届いてもてなし上手なのが印象的でした。やはり、昔から人の出入りが多く、誇れる歴史と豊富な食材に恵まれているということは、まちや人に深みがあっていいですね。
長崎電車1長崎電車2
 
 写真は、まちを走るチキンラーメンの姿をした市電。何処まで行っても一乗りワンコイン100円。これも「日本で一番」安いんだそう。

kimura_atelier at 23:24コメント(0)トラックバック(0)旅行街歩き 

2006年03月22日

まあ、かわいい!

ショーウインドウ1ショーウインドウ2ショーウインドウ3ショーウインドウ4
 川崎で見つけた音楽教室のショーウインドウ。なんともいえず可愛いでしょう?
背後霊のように映るマスク男は、ご愛嬌です。悪しからず。(笑)

kimura_atelier at 21:37コメント(2)トラックバック(0)路上採取ささやかな日常 

2006年03月17日

サクラ、サク

おめでとう 学園でもあちこちで桜のつぼみが膨らんできました。いよいよ春です。
 この時期、サクラサクお知らせがあちこちから届いてきます。音大、芸大、海外留学..。おめでとう!よかったね。そして、なんだかんだ言っても日本は豊かなんだなあと思います。
 写真は、サクラサクシリーズのキットカット。うれしそうにしているお父さんのイラストの上に置いてみました。一包みづつにメッセージが書いてあります。今日のコーヒーブレイク分のは、「自分の夢をイメージしよう。それがきっと力になるbyキットカット」でした。「苦悩を突き抜けて歓喜に到れ!byベ−ト−ベン」というのもありましたよ。(笑)

kimura_atelier at 22:03コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2006年03月13日

ちょっと3月にずれ込みましたが..

厄よけ川崎 このところ2月の節分の季節になると、厄払いをするのが恒例です。
 2月3日の節分には、日付けが変わらないうちにと滑り込みで帰って来た主人と豆まき。今年は突如ハイになって逃げ回る猫がいないのと、夜遅くご近所に迷惑かけないようにということで静かな豆まきでした。予定がつかず延び延びでしたが、昨日やっと川崎大師にも行けました。
 節分に豆をまいて、川崎大師に御護摩法要に行ってお札をもらったら、さあて、今年も本格的に始動の気分です。
 不思議なもので毎年1月2月は不調なのですが、3月になると調子が上向き、年末にかけて盛り上がっていきます。それをバイオリズムというんだよって言われそうですが、わたしは、断然「節分厄よけ」の力だと信じています。(笑)

kimura_atelier at 23:17コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常 

2006年03月08日

町田大特集ー続き

町田2 「町並みが小ぎれいでピュアな印象を受けましてね..。建物はばらばらなんだけど..。浮き世離れしたのどかな雰囲気があって..。」などなどといった学園にお住まいの鈴木史朗さんのコメントもありました。これもなかなか奥深い..。(笑)
 なにしろ、武相荘とコストコを並列して紹介して町田の特徴をうまく強調。なかなかの編集です。

kimura_atelier at 22:31コメント(0)トラックバック(0)地域のこと 

2006年03月07日

町田大特集

町田1町田3

 
 ふと手にした町田特集本。そのタイトルがいかにもで、実情を知る者としては、思わずニヤリ。ついつい買ってしまいました。で、そのタイトルですが、「ピンからキリまで楽しさいろいろあります。『冒険する町田』」。いやあ、ホントに1を語って10を伝える、深いコピーです。





kimura_atelier at 22:39コメント(0)トラックバック(0)地域のこと 

2006年03月02日

自然って?

 村田氏の本の読後感(読んでいてとても自然で、共感納得できて子守唄を聴くような穏やかな気持ちになる。自分に染込んでいるから。)から、このところ話題にしていた「自然とはどういうことか」について答えがひとつ見つかった気持ちです。

 それは、身体にも心にも違和感なく馴染んで安心感に包まれる→信頼と自信につながる→リフレッシュできる→新たな元気ややる気が湧く→天才も育つかも(笑)ということ。さてさて、これって
「国家の品格」に書かれていた「美しい街には天才が育つ」につながりますかどうか。かなり飛躍でしょうか。
 

kimura_atelier at 22:06コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ