木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2006年07月

2006年07月26日

宮脇檀さんのまちづくり

 先週末、まちづくりの参考にと学園の建築家仲間のお誘いで、法政大OB会主催の見学会(宮脇檀さんの遺業のひとつ、高幡鹿島台の見学)に参加してきました。約10年の年月を隔てて完成した、対比的な二つの隣り合う住宅地開発。84年完成のひとつ目は、細かなディテールを押さえた密度の濃い設計による建築家による建築的(構築的)な開発。97年完成のもうひとつは、システムというか構成をメインに押さえるところのみ押さえた、おおらかなプロトタイプ的開発。後の飲み会では、参加者の評価が分かれておもしろかったです。
 どちらの住宅地も、宮脇さんの目標を実現に持って行く現実的なまちづくり手法が印象的でとてもいいサジェッションをいただきました。

鹿島台54鹿島台54-2

鹿島台-2鹿島台

 以前、宮脇さんが亡くなられてしまったのでということで、宮脇さんの設計された住宅のリフォームを当事務所に依頼されたことがありました。その建て主さんにとって宮脇さんの思い出は涙なくして語れない様子でしたし、工事してみて判る細かな工夫と実現への施工者も含めたエネルギーに、図面で知るのとは違う思いを味わい、宮脇色を消さないように修繕リフォームを心がけたのを思い出しました。
 見学後の飲み会でも、宮脇さんのことは話題の中心でした。廻りの人たちに一杯のインパクトと思い出を残して逝かれた方なのだなあとその大きさを改めて感じてきました。法政大OBの方々には部外者にも関わらず楽しい機会をつくっていただきありがとうございました。


kimura_atelier at 20:12コメント(0)トラックバック(0)見学会/勉強会住まい/建築 

2006年07月21日

夏祭り

お祭り 今日明日は、学園恒例夏祭り。雨が上がって良かったです。
 事務所の前の通りは、今年も今まさに玉川学園の学生たちの大太鼓の連打の真っ最中。外のにぎやかさにつられて気もそぞろで打ち合わせになりません。部屋の中にいても太鼓の音がお腹に響きます。

kimura_atelier at 19:26コメント(0)トラックバック(0)地域のこと 

2006年07月19日

学生の会話

 お昼、駅で隣のテーブルの学生たちの会話。
「教育(教育学部のこと?)の女はもうイイよ。ワッタシ、ワ、タ、シで人の話なんか空耳フーッだもんな。人のことは時間の無駄だと思ってる。全く話す気なくなるよ。」「なんとか(ちゃんと聞いていなかった)の女は、まだましだけどアタイだしな〜。」「それに比べなんとか達(男友達のことらしい)は、人のことオンリーだよ。自分のこと、心配しろよな。」・・ですって。後は忘れましたが、他にもいろいろ男同士で盛り上がっていました。
 なんだか今時の言葉事情と男女事情を垣間見聞きした感じで、笑っちゃいました。
 

kimura_atelier at 13:13コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2006年07月14日

建て主さんからのお誘い-その2

 今夜は銀座で改修の打ち合わせ。以前設計した建て主さんからのお誘いで、たまには食事しながら相談しましょうということに相成り、ご相伴に預かりました。
 当たり前ですが、人は確実に年を重ねていきます。設計当時、小さかったお子さんがいつの間にか高校生、大学生、社会人に。今日同席の一番下のお嬢さんは、とてもしっかりしていて末頼もしく成長されていました。大人たちは気づかずともその分熟成というか、まあ老化していく訳です(溜息)。今回は、浴室廻りの手直しに絡めて10年先を見込んで見直しをすることになりました。
 この建て主さんとも、長くいいおつきあいをさせてもらっています。2、3年ごとに、家のメンテナンスを理由にお会いして、お互い無事に年を重ねているのを確認していると、いつの間にか、従兄弟か同窓生のような気分になっているから不思議ですね。うれしいことです。
 今後は、きっと、この類いの仕事が増えていくでしょう。


kimura_atelier at 23:34コメント(0)トラックバック(0)設計・企画ライブ 

2006年07月12日

ほおずき

ほおずき 後輩が、浅草のほおずき市のほおずきを送ってきてくれました。なんと風鈴付き。
 いよいよ夏到来ですね。

kimura_atelier at 22:02コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2006年07月08日

セミナーレポート

ハウスクエア横浜のホームページハウスクエア横浜 セミナーレポート欄に、先日の間取り講座のちょっとした
レポートが載ったという連絡をいただきました。なんだかこそばゆいような、恥ずかしいような内容です。(笑)

kimura_atelier at 20:02コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2006年07月06日

建て主さんからのお誘い-その1

港南台のいえ 先週末、基本計画だけ関わった(当事務所では基本計画だけというのは特例なのですが)建て主さんからのお誘いで、出来上がった新居にお邪魔してきました。計画が終わってからも工事会社との実施図面のやり取りや工事監理の苦労話など度々状況報告と相談の連絡をもらっていたのですが、建て主さんと工事会社の苦労はかなり大変だった様子。その上で出来上がったお家ですから、諸々思いもひとしおで、それはそれで家への愛着になるのではと思っていたのですが、伺ってみて得心。まさにそんな様子。改めて、建て主さんの努力と粘り強さに労いと敬意を払いたくなりました。
 でも、基本計画だけというのは当方には不思議な感じです。私のようであり、私でないようで・・。何だか変に似ていて、こそばゆい感じと言ったらいいのでしょうか。(笑) 
 ともあれ、ご夫妻にご両親、計画中にはこの世にいなかったお子さんまでと家族総出でのお出迎えとお気遣い、ありがとうございました。楽しかったです。
 

kimura_atelier at 14:11コメント(0)トラックバック(0)設計事例住まい/建築 

2006年07月02日

ところカフェ

ところカフェ 我が家で日頃食卓に上がる食器は、気がつけば、すべてマットでやわらかな白です。シンプルで癖がなくて様式に捕われず使えるところ、盛られるものを引き立て何にでも合うところ、簡素で清楚で上質なところが気に入っているのでしょう。ただし、マットな分、汚れが落ち難いのがたまに傷です。
 先日、小泉誠さんデザインのカフェで、カフェでも使っている白磁食器の作家さんの展示会がありました。そろそろ調達時期だし、久しぶりに世田谷線に乗るのも楽しいかもねと思い立ち、日曜の夕方、ふらりと出かけてみました。オーナーご夫妻と、小泉誠さんとの経緯や空間やカフェへ想い、白磁食器の作家さんとの出会いやイメージが息統合したことなど、ひとしきりお話ししながら食器をいただいてきました。若い素敵なご夫妻で、いい空間に穏やかで清々しい空気と時間が流れているカフェです。

kimura_atelier at 20:55コメント(0)トラックバック(0)催し諸々ちょっとブレイク 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ