木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2006年09月

2006年09月28日

サントリーホール、20周年

tea サントリーホールが開設20周年だそうで、年間を通して記念企画が開かれています。例年に増してお誘いが多くとってもうれしい! 今週日曜には、サントリーホール初演公演のホール・オペラ『TEA』が、ヨーロッパ、オセアニアを回って再び東京で公演をするということで、2002年の初演に次いでお誘いを戴きました。初演の時は、歌詞の意味がよく判らず退屈でしたが、今回は字幕付きで改良されています。楽しんできました。
 でも、わたしは、やっぱりイタリアオペラのような、仰々しくて単純でも、華やかで声量で聞かせるオペラの方が好きだなあ。
 といったら、ラテン系だからねと言われましたが・・・。(笑)

kimura_atelier at 22:12コメント(0)トラックバック(0)ちょっとブレイク 

2006年09月21日

彼岸の頃の楽しみ

月 昨日20日は、お彼岸の入り。空気が澄んで空が高くなってきました。
 いよいよ秋です。
 今夜が新月で、22日二日月、23日三日月、上弦の月が27日、10月4日十三夜、5日が待宵。
 そして、6日が十五夜、中秋の名月です。
 7日は十六夜(いざよい)、8日立待月、9日居待月、10日寝待月、11日更待月、下弦の月が13日、14日二十三夜。
 16日からは、宵闇の月になり、17日二十六夜、19日に新月に戻る..。そんなこんなで月を眺めて、お膳を囲んで饗宴..。昔の人は、身近な自然を風流に楽しんでいたのですね〜。まあ、他に楽しみがなかったとか、暇だったとか、廻りが暗くて月明かりの存在感が大きかったとかと言ってしまえばそれまでですが..。(笑)
 一連のお月見行事が終われば、秋まっただ中に突入。で、またまた、収穫祭やら深まり行く秋やらを味わい愛でて、祭りだ宴だ紅葉狩りだと繰り出す。他にも家事行事がいろいろあるでしょうし、この調子で一年がつながれば、年中行事で一年がいっぱいだったのでしょうね。
 年中行事といえば、いつの間にか儀礼的でお家の格式競争みたいになって負担が先立ってしまい、本来の姿勢から遠のいてしまっている人や地域もあるやもしれませんが、季節を愛で暮らしを楽しむ気持ちの持ちようは、日々追われていても忘れないでいたいものです。
 そういうわけで、今年は、ささやかに夜な夜な秋の月を楽しむことにします。with Wineということで。お月様、ちょっと大きくしてみました。
 

kimura_atelier at 23:23コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常 

2006年09月20日

24インチiMac

アップル アップルのページをちょっとご無沙汰しているうちに、iMacに24インチワイドスクリーンの新モデルがでていた。
 スピーカーに繋げば、iDVD、imovieやitunesがテレビやオーディオ並みに使えるし、iphotoのスライドショーも見応えが増す。リモコンを使えば、部屋中どこからでもコントロール可能らしい。
 我が家では、映画もドラマもたいして見ないし、スクリーンは24インチもあれば充分です。そろそろ、テレビの指定席をパソコンに譲ってもいいかしらん。
 Macの白が部屋の中心に座り、従来のテレビやオーディオ類が遠のくと、良くも悪くも部屋が明るく軽い印象になることでしょう。

kimura_atelier at 20:20コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2006年09月18日

食卓から問い直す昭和史

食の昭和史家族ゲーム 深層水を定期購入している長寿の里が発行している機関紙に面白いシリーズ物を見つけました。
「食卓から問い直す昭和史」ー飢餓から飽食までの潮流ー
 人は、食べることで自然と繋がり、不可分の関係を維持していた。命を奪い、戴くことに畏れを抱きながら・・・。家族皆が食べられるだけで幸せだった。
 昭和の晩年の象徴は、映画「家族ゲーム」の中の家族の食卓だった。
 ちょっと昔、この国は「食べられなくて死ぬ時代」だったが、今は「食べ過ぎて死ぬ時代」になった等々・・。
 何もかも、情報さえ、消費し尽くす時代の流れは、食卓に限らずですよね。このあとの展開が楽しみです。

kimura_atelier at 23:13コメント(0)トラックバック(0)気になったこと 

2006年09月16日

お月見団子

月-2 でもやっぱり、お月見気分は、お月見団子でなくっちゃ。ということで、知る人ぞ知る学園「とらや」のお月見団子は、予約限定のお団子。今年こそ忘れずに、買いそびれませんように。
 そして、日本人のお月様のイメージは、うさぎがお餅を搗いているこの月ですよね。月の画像は、惑星協会(だったかな)のサイトからいただきました。


kimura_atelier at 22:47コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常 

2006年09月15日

月餅

月 中国出張から戻ってきた主人が、そろそろ季節だからと、お土産に月餅をたくさん仕入れてきました。
 英語で月餅は、Moon Cake。中国では十五夜の日のデザートとか。今年の十五夜は10月6日ということで、まだお月見はしばらく先ですが、例年なら今頃です。ちょっと早めですが、お月見団子代わりの月餅で、お月見気分を味わうとしましょう。

kimura_atelier at 22:10コメント(2)トラックバック(0)ささやかな日常 

2006年09月11日

アトリエパンフ

アトリエパンフ アトリエのパンフが出来ました。
 


kimura_atelier at 20:22コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒プロフィール/連絡先 

2006年09月10日

プラハの夏

 遅ればせながらですが、中欧の報告をちょっと・・。
 夏休み、ひたすら来る日も来る日もプラハとブタペストの街を歩き回っていました。お陰で日頃の運動不足が解消されて、ひととき身体の細胞が活性化ました。
 まずは、プラハから。空港のミニバスは、旧市街に近づくにつれて、ハンプの度にスピードを落としてドッスン、ドッスン。ティーン教会脇のホテルの前まで送ってくれました。夏休み初日に着いたプラハのまち。夜遅くなのでまちの様子がよくわからないままです。
 翌朝起きて、ホテル脇の旧市街広場に出てびっくり。まるでおとぎの国でした。
 
旧市街広場-1路地

 プラハの旧市街は、今や完全に観光地として整備され、旅行者のまち、歩行者のまちです。



kimura_atelier at 19:18コメント(0)トラックバック(0)旅行 

2006年09月08日

北の国から

自然から頂戴しろォ 
つつましく謙虚に生きろォ

ドラマ「北の国から」の父親役田中邦衛の遺言だそう。エコロジーそのものですね。
以前、「手間暇かける、手塩にかけるが、エコロジーの元」と何かに書いた記憶がありますが、基は同じ。
しっくりと思い出しました。

kimura_atelier at 23:17コメント(0)トラックバック(0)気になったこと 

ブルガリアの紹介

ブルガリア UIFAの日本大会に参加していたブルガリア人建築家たちと知り合ったのがご縁で、2000年初夏、ジョギカイの先輩方と一緒にブルガリアで開かれていた世界建築家会議に参加しながら、地元の建築家にブルガリアを横断案内していただいたことがありました。
 それから月日は流れて・・。そのときソフィア大学の学生だった女の子が、現在、東工大に留学中。
 建築事務所協会の横浜支部の企画でブルガリアの住まいや遺産をシリーズで紹介してくれているそうで、先日、ひさ〜しぶりにあいました。
 既に来日3年目。日本語も流暢ですっかり大人に・・。それに引き換え、わたしの英語力は、相変わらずもどかしいままですが・・(溜息)。
 ブルガリアの風土や建築、食事等、ひととき懐かしくおしゃべりできて楽しかったです。いつも心強いインタープラター役のKさん、誘ってくれてありがとうございました。

kimura_atelier at 00:14コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)見学会/勉強会 

2006年09月04日

イベント終了

イベント1イベント2
 みなとみらいギャラリーでのイベント終了。
 とっても盛況でした。あ〜、疲れた! 

kimura_atelier at 22:13コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2006年09月02日

みなとみらいギャラリーでイベント中

イベントみなとみらい
 アップが遅れましたが、今日明日(9/2、3)は、30日から始まったクイーンズスクエア横浜・みなとみらいギャラリーでのASJ横浜スタジオのイベントに参加しています。
 場所柄からかたくさんの人が見に来てくださっています。


kimura_atelier at 23:33コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ