木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2008年08月

2008年08月30日

浅草サンバカーニバル

サンバ1サンバ2サンバ3サンバ4

 建て主さんからカーニバルのかぶりつき席のお誘いをいただき、打ち合わせを今日にあわせてカーニバルの前に打ち合わせ。その後カーニバルを楽しんできました。(偶然にも友人がカーニバルにカメラマンとして参加しています。パレードの中に知り合いがいるのって、さらに楽しい!)
 途中、どしゃぶりの雨に降られたにも関わらず、パレードは濡れてさらにヒートアップの様子。
 かぶりつきの席の廻りは、何処の国に迷い込んだのかと思うくらい、地元の応援も熱狂的。応援というより席の廻りでカッパを着てビール片手に踊っています。明らかにおばあさんとおぼしき方もスカートをめくり上げて踊っていらっしゃいました。(すごい!でも確かに雰囲気に巻き込まれて参加したくなります。)

 このところの雷雨のように気候だけでなく、人も熱帯的になってきたのでしょうかね。

kimura_atelier at 21:19コメント(0)トラックバック(0)ちょっとブレイク 

2008年08月26日

グーグルアース・ストリートビュー効果

ニーム2ニーム1←上段の写真は、南フランスのニームというまち(マルセイユを内陸にあがったあたりのまち)の郊外の何の変哲もない住宅地。
町田1町田2←下段の写真は、東京町田の郊外の何の変哲もない住宅地。

 最近、グーグルアースにストリートビュー機能がついて、東京や大阪の近郊の家は世界中に家と家の廻りが公開されてしまっています。東京の住宅地の画像をみて正直なところ「すてきな町並みね」と思えるところは、いまだありません。
 どこも一様に建て込んでいて薄っぺらく薄汚れた感じ。実際に歩いて感じるよりも殺伐としている。写真のように小さいとあまり判りませんが、大きな画像でみると恥ずかしくなるほどです。
 なぜ、こんなにも殺伐としてみえるのだろうと考えさせられてしまいました。

 1.家が過密で緑が少ない(特に大きな緑や街路樹がない)、
 2.一様な道幅(メリハリがない)、
 3.電線、布団や洗濯物、設備機器が目立つ、
 4.軽いまがい物の素材
 5.色やサインに魅力がない・・などなど。まだまだ、気づいた点を挙げればいろいろありそうです。

 ストリートビュー効果で、多くの人が「まちの印象」について気づくきっかけになってくれればいいのですが。。。まちづくりのワークショップにも良いかもしれません。

 

kimura_atelier at 23:21コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築気になったこと 

2008年08月24日

北京五輪閉幕

オリンピックオリンピック2
 
 今しがた、北京五輪が閉幕しましたね。
 開会式閉会式は見応えがありましたし、アスリートの清々しい姿に元気や勇気をもらいました。

 今回の北京五輪については、開幕前からいろいろ言われてきましたし、応援の仕方や熱狂ぶりなど自国中心のお国柄もいろいろ言われていたようですが、私が気になったことは、すごい数の人が宙吊りでスピーディーなパフォーマンスをしたり町中の建物の廻りで花火がバンバンあがったり。。危険なことと隣り合わせにある見せ場が多いこと。
 すごい!と思いながらもハラハラしてしまいます。危険に対しての感じ方が違うのでしょうか。
 まずは、無事に終わってよかった。
 
 めっきり涼しくなりましたし、オリンピックも終わって、もう秋ですね。
 

kimura_atelier at 23:22コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2008年08月20日

天井裏から落ちてきた猫

天井から来た猫 一昨日の打合せ中、建主さんとネコの話題に。
「ネコ要らない?」「かわいいから帰りに見るだけでも見ていって。」(先回の打合せの時にも事務室?に保護されている猫3匹を見せていただいたけれど、今回は別の猫のことらしい。筋金入りのネコ好きです。)
 お店のビルの天井裏にいつの間にか野良猫たちが住み着いていて、子猫を産んだ。ところが、そのうちの1匹が壁の隙間に落っこちてしまったらしい。鳴き声は聞こえるけれども、どこにいるのかわからない。
 電気屋さんを呼んで壁に穴をあけてもらったり、クラシアンを呼んでファイバースコープで隙間からのぞいてもらったりして大騒動だったとのこと。
 
 で、写真は、出てきた子猫4匹のうち、貰い手がなくて残っていた子猫のうちの一匹、「盆ちゃん」。
 お盆に天井裏から落ちてきたから、「盆ちゃん」。

 写真を家でみせると、「どこかでみたような気がするね。」ということになった。
 そうだ、一昔前、子猫に服を着せたグッズのブームがあったけれども、あの「なめ猫」だ。
 「おもしろいネコじゃない。」と主人が気に入った。さてさて。。
 まだ、先ネコの喪が明けていないはずだけど。。。もう、しっかり悲しんだから、いいか。

kimura_atelier at 21:02コメント(2)トラックバック(0)設計・企画ライブネコ閑話 

2008年08月19日

夏休み/銀ブラ

映画 もう隔日は、新橋、汐留、銀座、有楽町と新旧の建物やお店をのぞきながら、銀ブラ&シネマ。

 ちょっと前から気になっていた老舗の珈琲店やビルを探訪しました。出入りは、ご近所の旦那方と思われる人たちがメインのお客さんのようです。伝統文化がそうさせるのか、なんともいえないかっこよさと日常の余裕が感じられて、なかなか新鮮です。
 
 行きがかりで、手に取ったおもしろそうな映画のリーフレットのうち、タイミングがあった2本をみることになりました。
 

kimura_atelier at 22:59コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

夏休み/お盆を過ぎると。。

いぬころぐさ お盆休み中、暑かったですね。けれども今年もエアコンとは無縁。
 ほぼ隔日、汗だくで積もり積もった本や雑誌や書類の片付け&エコ改修の算段をしました。昼間のご褒美は、キンと冷えた玄米茶。夜のご褒美は、もちろんビールでオリンピック。
 
 それでも、お盆を過ぎると、朝夕の陽ざしがやわらかく傾いてきました。
 夕刻散歩に出ると、すでにあちこちでススキやエノコログサが風に揺れていました。


kimura_atelier at 22:50コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2008年08月12日

復旧しました。

ホームページ、アトリエメール共、無事復旧しました。
お騒がせいたしました。_(._.)_



kimura_atelier at 15:42コメント(1)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2008年08月09日

ホームページ、アトリエメールが使えない

 今度は、ドメインの調子が悪いらしい。
 アトリエのメールアドレス<atelier@kimuramariko.com>が使えません。

 お手数ですが、しばらくは個人メール<kimuramariko@mac.com>にお願いします。

 ホームページは、ブログ<http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier/>から入れます。

 ご迷惑おかけしてすみません。_(._.)_

kimura_atelier at 18:43コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2008年08月08日

夏期休暇のお知らせ

クラゲ 木村建築研究室は、8月11日(月)から17(日)まで夏季休暇とさせていただきます。
 毎日暑い日が続きますが、みなさまどうぞ、身体の冷やしすぎに注意して十分な休養と楽しい夏をお過ごし下さいね。
 今年は、夏休みの計画準備に出遅れて、例年のようにハードに訪ね歩く旅行は流れてしまいましたので、美術館巡りでもしてゆっくり休養の夏になりそうですが、我が家のエコ改修の算段もする予定。
 賃貸の当事務所では一日中エアコンに浸らざるを得ないので(といっても、設定温度は29°cですが)、家では夏バテ予防のためにエアコンは全く使っていません。
 幸い、大きな雨戸網戸とルーバー窓の自然差圧換気だけで過ごしにくい夜は、今夏でもまだ2、3日だけです(帰りが遅いことと日当りが悪いこと、窓の前の植木や草が育ちすぎているという個別要件もあります。苦笑)が、さらなる涼しさ対策と冬の寒さ対策をしようと思っています。


kimura_atelier at 17:45コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒つれづれ心模様(日記) 

2008年08月03日

水戸の家の近況

庭2庭1 上の写真は、建て主さんから送られた植栽が入った直後(6月半ば頃)の近況写真。
 下の写真は、一昨日、追加の手すり工事の報告を兼ねて工務店が近況を知らせてくれた写真です。
 
水戸の家の近況 お子さんと同じく、植栽もすくすく育っている様子。
 特に、2段生け垣のように植えられたボーダーの花と芝の生長が著しい。
 ボーダーの花(たぶんニチニチソウ)が、夏らしくかわいく元気よく咲いています。

 ブルーベリーとドウダンツツジの生け垣が育つとまた様子が違ってくるのでしょうけれど、このくらいオープンなのも、潔くてフレンドリーで気持ちいい。
 植栽にも住み手のお人柄が現れるようです。

kimura_atelier at 22:25コメント(2)トラックバック(0)現場ライブ「自分にとって良いことがまわりにも良くなる家」 

ライステラス

ライステラス3 写真は、バリ島ウブドのライステラス。
 複雑に段々になっている小さな田んぼは、機械も使わず農薬も使わない。アヒルを放して虫を食べさせる全くの有機農法です。(機械も農薬も高くて使えないということも背景にはあるらしい。)
 刈り取った稲は、その場で地面に敷いたゴザの上に叩き付けて脱穀します。そして、カゴいっぱいになると穫れたお米を頭にのせて、複雑で段々の足を滑らせそうな細い道を腰を振ってバランスをとりながらスイスイと運んでいきます。
 オバさま方は、仕事中も日陰でなにやら食べているときも、鳥がさえずるようにしゃべり続けている。
 
 バリの貧富の差は知れたところ。格差や過酷な労働にも関わらず、清々しく幸せそうにみえるのは、DNAに刻まれた懐かしさから? 
 それとも、ひたすらからだを動かしている人達特有の何かからくるのでしょうか。
 思わず、このところ続いている「誰でもよかった」無差別殺人を思い出してしまいました。

kimura_atelier at 22:09コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)気になったこと 

2008年08月02日

一年のいのち

ちゃお 昨年、もらわれてきたばかりなのに、たった一年で死んでしまいました。
 訪問客をお見送りに出ていったところ、スピードを出して走ってくる車の音に驚いて、突然車にぶつかっていって。。頭の骨が割れたようで、即死。傷が何処にもなかっただけが幸いでした。
 まったく、最後までドジなんだから。

 とにかく、ドジでオチャメでストーカーで人が大好き。だれにもなついておもしろいネコでした。
 オチャメぶりをブログに上げている暇がないうちに逝ってしまって、おもしろエピソードのいくつかも紹介しそびれてしまいました。
 まだその辺に隠れていて、突然飛びついてくるようです。



kimura_atelier at 21:32コメント(2)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ネコ閑話 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ