木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2009年04月

2009年04月27日

鍵の交換&新設

RIMG8159 最近、御近所に空き巣が入ったとのこと。我が家も用心にこしたことはありません。
 ずっと古い鍵のままでしたので、ディンプルキーに交換&新設してもらおうと、ついでに留守をしても知り合いには気軽に出入りしてもらえるようにもしてもらおうと、週末、建具屋さんに来てもらいました。

 建具屋さんが鍵をつけてくれている間、クリ君、手元をじっと見て離れません。「そんなに見つめないでくれる? オレ恥ずかしいよ」(笑) シャイ建具屋さんと人懐っこいネコの図です。
 
 

kimura_atelier at 20:42コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ネコ閑話 

2009年04月25日

過ちの前に(笑)ーアズキ編

あずき そういえば、というわけで、事件後の週末、急遽♀ネコも病院に連れて行き、避妊手術を済ませました。

 こちらは、痛くも痒くもないと言った感じで泰然自若です。
 感覚が鈍いのかしらん。肝が据わっているのかも。

 ♀ネコの場合は入院も抜糸も必要。金額もかかるんですよ。こちらは泣きです。

kimura_atelier at 21:33コメント(0)トラックバック(0)ネコ閑話ささやかな日常 

2009年04月23日

水戸のいえー立ハゼ葺の屋根

RIMG0136 先に1年検査でお邪魔した水戸のいえの屋根は、塗装ガルバリウム鋼板の立ハゼ葺。
 立ハゼ葺は、屋根面がシャープでシャキッとして仕上がるので好きです。
 写真は、2階の屋根上に設けたベランダ。
 途中で勾配を変えたり、置き屋根部分があったりして結構難しい納まりですが、水戸のいえの板金やさんは、文句も言わず(おもしろがって)、さらりとしっかりつくってくれました。
 また、費用も瓦棒と変わらない値段で仕上げてくれました。うれしいことです。 元気かしら。
     

kimura_atelier at 19:15コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 

2009年04月22日

水戸のいえ、1年検査-その2

RIMG0094 外観は、そとん壁の色合いが落ちついて、木部も色合いが多少増していい感じになっていました。もう一息、植木が育つとしっとりと緑に包まれたいい家になることでしょう。
 内部も、木部のつやが増した感じです。色合いも落ちついてきて、白壁とのコントラストが映えて来ました。

 竣工後も木材が多少は乾燥収縮するので、木と取り合うボード面の隙き、チリ切れや塗膜の浮きが出ますが、意外に少なくて優秀です。
 検査では、気になるところのボンドコーク入れの手直しをお願いし、多少ねじれなどで滑りが悪くなった建具やケ込み板の手直し、床のささくれ部分の補修などを指示した程度で、あとはこれといった不具合もなく済みました。

 1年間暮らしてみての感想は、夏も冬もほとんどエアコンを使わず、冬は床暖だけで過ごせたとのこと。
 暖冬だったとはいえ、ワンルームのような大空間。また、集合住宅から越していらしての体感。私も工事中の水戸の冬の寒さは体験済みなので、明らかに断熱がしっかりと効いているということです。よかった!

 そして、やはり、調湿壁の部屋の空気がまろやかなのを実感してくださってました。
 費用が許せば、左官や機能塗料塗りの壁は絶対におすすめです。
 ただ、冬の過乾燥時期と花粉の時期の過ごし方の工夫が課題と感じました。過乾燥空気の対処法と外に干せないふとんや洗濯物の処理などです。

 また、無垢板床は、反りや隙もなく、足触りも問題ありませんでした。細幅床材ということもありますが、ヒートポンプ式温水床暖房の温水が高温にならないことも効いているように思います。もうちょっと調べてみようと思います。オール電化のランニングコストや温度ロガーによるデータについても、また後日確認しなくては。

 引き渡しをしても、このように検証や対処を考えながらの仕事は続きます。

kimura_atelier at 21:37コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 

2009年04月20日

水戸のいえ、1年検査-その1

庭3 先の土曜は、一年検査で久しぶりに水戸まで出かけました。

 建て主さんとも工務店の監督さんたち(この工務店は、設計打ち合わせを兼ねる監督と大工打ち合わせを兼ねる監督と二人がかりで工事中ずっと対応してくれました)とも、実際に会うのはほぼ一年ぶり。
 もちろん引き渡し後も、追加の手すりやら手すりネットやら残工事やらでメールや電話でのやりとりはしてきましたが、実際に会うのは、ほぼ一年ぶりです。

 その間、建て主さんには3人目のお子さんが生まれて、家のまわりには設計提案に基づいた楽しい植栽計画がなされて、3人のお子さんたちも植木もぐんぐん育って。。そのすごい変化に唖然!
 それでも、新築の家を汚さないよう、きちんと維持できるよう細かなメンテに気を配っていらっしゃる様子が伝わりました。

 きっと毎日がてんやわんや、大忙しの日々なんだろうなあ。
 「あっと言う間に子供は育つ」というのは、賑やかで忙しくって振り返ってられないということも含んでのことなのだろうと実感。がんばって子育て楽しんでくださいね。
 帰り際には、家の前の道路までお見送りしてくれた僕たちから「まりちゃ〜ん、まりこせんせ〜い、また来てね〜」の大合唱。(笑)

 確認したり、僕たち、建て主さん監督さん達としゃべったりに気を取られて、すっかり写真をとるのを忘れて帰って来てしまいました。



kimura_atelier at 20:22コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

うれしい悲鳴

RIMG0105 いただくときにはいただくものです。
 水戸のいえの1年検査に伺っていただいたお土産(評判のマカロンって、実は私にはお初ものです)やら、法事のお土産やら、いただきものやらで。。お菓子の山。

 いくら日持ちするものもあるとはいえ、全部独り占めしたらどうなるか、ネコではないので判っております。(笑)
 近々事務所にいらっしゃる方は、お得な打ち合わせになりますよ。(笑)

kimura_atelier at 20:00コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常 

2009年04月14日

報告が遅くなりましたが。。もうひとつ。

000513 裾野の理容館付き住宅が、「裾野市建築士会まちづくり賞 優秀賞」をいただきました。
 木村建築研究室のオフィシャルサイトを覗いてみてください。



kimura_atelier at 20:30コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

報告が遅くなりましたが。。。

000513 木村建築研究室のオフィシャルサイトのリニューアルが、一段落しました。
 結構大がかりに改造しました。是非ご確認ください。



kimura_atelier at 20:25コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

留守番ネコ

RIMG0098-2RIMG0099

 今朝、玄関のドアを閉めてしばらくして、忘れ物に気がつき、再びドアを開けたら。。。
 クリ君、こんなリアクションです。思わずカメラを出しました。
「どなたさま?」「あれ、どうしたの?」「しっかり、留守番しているよ〜」が、顔と手に出てます。

 うちのあたりは結構人目につくはずなのに、近所の家が最近空き巣に入られたとのこと。空き巣もここまで来るか? 防犯対策もしっかりしないといけません。

 留守番ネコで役に立つかな。ネコパンチもあるし。。(笑)

kimura_atelier at 20:16コメント(0)トラックバック(0)ネコ閑話つれづれ心模様(日記) 

2009年04月09日

いいやつだ!ー続編(とてもネコとは思えない)

ネコ 先日、玄関の扉を開けた拍子にまたも、♀ネコが脱走。朝の出がけで慌ただしい上、すばしこくて捕まらないのであきらめて出かけてしまった。
 運悪く帰りが遅い日で家に戻ったのは、10時頃。
 廻りを探しても名前を呼んでも、まったく見当らない。
 迷子になっちゃったかなあ、まさか事故ってことはないと思うけど、とちょっと心配に。

 外で探している間、♂ネコのクリ君、悲壮な声でニャンニャン。
 心配で喉を通らないらしく、ご飯もろくに食べない。
 いつものお調子騒ぎはどこへやら。。静か〜な夜。
 あまりのしょげようで、横になった主人が胸の上に乗せると、胸にあごをくっつけて溜息を連発。
 夜中はいつもお風呂のふたの上で寝るのだけれど、いかにもかわいそうでベッドに入れたら、夜中中ずっと顔をくっつけて離れなかった。
 
 明け方、主人が出勤準備でゴソゴソしだしたら、気配を察して♀ネコが外で鳴いた。
 まったく普通で元気。
 さっそく捕まえられてお風呂で洗われている♀ネコに、♂ネコのクリ君、近寄って来たらと思ったら。。
 フーッ、ウーッと怒って♀ネコの首に噛み付いた。そして、ネコパンチ!!(わかるよ、その気持ち)
 それでも、♀ネコは、あっけらかんとご飯を食べに行った!(呆)

 お陰で慌ただしい出勤間際、今日も律儀に玄関にお見送りの♂ネコに、主人が言った。
 「おまえ(♂ネコ)、苦労性だなあ」
 「あいつ(♀ネコ)、きっと、子供つくって来たゾ」(笑)
 「でも、おまえ、ネコのくせに溜息つくのはやめろよな」(爆笑)




kimura_atelier at 23:53コメント(0)トラックバック(0)ネコ閑話ささやかな日常 

2009年04月04日

設計は、上手に折り合いをつけて関係を紡いでいく。。こと

蛙思うこと 積み上げたままの読んでいない定期刊行誌雑誌の類を処分しようと整理していたら、アルセッド建築研究所の三井所清典さんの素敵なコメントが目に留まりました。
地域を考えるとき、大切にしていること。それは、
  ・人は人と折り合いを付けながら生きている。。。ということ。
  ・人はまちと折り合いを付けながら生きている。。。ということ。
 ・ 人は歴史と折り合いを付けながら生きている。。。ということ。
なるほどね、ごもっともです。

 だから、計画にあたっては、店舗も住宅もオフィスも病院もその他なんでも、
 ・家族や自分やスタッフや...に向き合い、・隣り近所や地域(まち)との関係に向き合い、・それらの思い出や歴史と向き合って、、、
 自分や家族や地域の人や、既にあるものや記憶・物語と上手に折り合いをつけて紡いでいく。。

 そのためには、まずは自分を開いて想いを伝えて、建物も街に開いて、他者とコミュニケーションすること、建築をコミュニケーションの手段としていくことが必要だと思います。
 それが、それぞれの人の生きがいにつながっていくことですし、街が活き活きして行くことだから。

 まずは、個人レベルの小さなことろから、解放できるところをつくって、解放できる時は解放して、どんどん街とつながりを持ちましょう。

  ささやかな試みがつなぎつながって、毎日のちょっとしたうれしい楽しいが広がったなら。。
 また、私の設計提案を通して、そんな手助けをできるのであったなら、どんなに設計者冥利のあることでしょう。

kimura_atelier at 10:30コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築設計・企画ライブ 

2009年04月02日

単年度毎の業務報告

業務報告 建築士法改正で単年度毎に業務報告が必要になりました。

 判ってはいたけれど、小規模事務所の雑用をこれ以上増やしてくれてどうするの? と、放っていたら。。
 後輩から、「私は、今ちゃんと出してきましたよ」「先輩がお縄にならないように電話しました」とありがたい忠告。(笑)

 というわけで思い直して、事前に事務局に一日遅れていいかと確認したら、「はい、始末書、書いてもらえば大丈夫です。始末書は外部に出ませんから(笑)」とのこと。
 で、昨日、一日遅れで「始末書」付きで提出してきました。(笑)
 

kimura_atelier at 22:49コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ