木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2009年07月

2009年07月29日

ステンドグラス

犬猫 昨年から計画していた店舗&ギャラリーの工事が、ついに始まりました。

 お店ににステンドグラスをはめ込む予定なのですが、ステンド作家さんが使用するガラスの写真をいくつか送ってくれました。
 今回は、色を抑えてモチーフのテクスチュアを強調するデザインで進めてもらっています。
 オリジナルにガラスを焼いてボリューム出したり、まるいガラスをはめ込んだり。。凝っています。素敵になりそう。。
 
 出来上がりが楽しみです。

 

kimura_atelier at 20:30コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 

2009年07月25日

ネコ好きの建て主さんから-続き

0908 イタリア好きの設計者へ?でしょうか。
 こんなネコも。。。届きました

 女性の設計者仲間もネコ好きが多い。。ような気がします。


 さてさて、斜塔は、抜けるかな?
 

kimura_atelier at 21:13コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常ネコ閑話 

2009年07月24日

ネコ好きの建て主さんから

image011 お手休めにと?こんな画像が届きました。
 ネコのシングソング、プレイイング。

 よく出来てますね。おもしろい!!

 ネコ好きの建て主さん、音楽家です。
 オーケストラ仲間は、ネコ好きが多いのだそう。
 他にもいろいろ届きました。携帯にも残しました。
 
 

kimura_atelier at 19:48コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常ネコ閑話 

2009年07月20日

アマルフィ

ピクチャ 1 スポーツクラブの帰りに隣りのシネコンで久〜しぶりに映画を楽しみました。
 イタリア、アマルフィ(陣内先生のイタリア調査地の中でも大好きなまちのひとつです)が舞台で、サラブライトマン、天海祐希もキャスト、と来れば、ついつい気になる。。
 見ない訳にはいかないでしょう。(笑)

 ソレントからサレルノに続くアマルフィ海岸。
 その中心のアマルフィは、いい味でローカル色を残した世界遺産の小さなまち。断崖絶壁に建てられた12〜13世紀の建物が今もそのまま使われているまちです。
 私は、かれこれ10年程前に行きましたが、南の文化と風を気持ちよく上質に感じられるまちでした。泊まった修道院を改装したホテルとホテルのプライベートシー(シーサイドから地中海に飛び込んで泳ぐ)も感激ものでした!
 そして、この街でも、
 ※おばあさんが手すりにつかまりながら、急勾配と階段の道やトンネルを当たり前に荷物を持って上がっていたこと、
 ※支配者が変わっても、それはそれとして文化が重ねられてきたまちと建物に、今でも歴史が目に見えるかたちであること、が印象的でした。
 そういえば、アマルフィの隣りのポジターノの町では、海辺のレストランでお昼を食べながら日食を見ました。

 この映画で日本でも今まで以上に広く名が知られることになりましたね。良かったのかな?

 

kimura_atelier at 22:04コメント(0)トラックバック(0)ちょっとブレイクつれづれ心模様(日記) 

2009年07月19日

iPhone OS 、アップデート

0へアップデート 今頃やっと、iPhone OS 3.0へアップデートしました。
 これまでのアップデートに加え、驚きの新機能をたくさん追加したiPhone OS 3.0へ無料でアップデートできます。iPhone OS 3.0では、ネットワーク型ゲーム1などといった新しい世代のアプリケーションにも対応。これまで一度もアップデートしたことがないという人にも、今が絶好のタイミングです。

。。とのこと。私のことです。(苦笑)


 昨夏、「iPhoneゲット!」と喜んでいたら、若い仕事仲間から「いろんなアプリケーションをダウンロードしてちゃんと活用してくださいね」なんて言われちゃって、「ゲームする気なんてないから」と返していましたが、いやいや、なかなか。。ないがしろに出来ない豊富なアプリが揃って来てますね。
 
 出先でのメールやネット、メールに添付の書類ファイルの確認位で音楽も聴いていないし、持ち腐れに近い状態。いえいえ、そういえば、車で道に迷ったときのGPS機能は、なかなかでした。
 それに、今回のコピペとボイスメモ等はありがたい。
 アップルの仕事、やはり、デザインの極意を感じます。
 

kimura_atelier at 18:15コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2009年07月16日

坂倉準三展とグランドデザイン

IMG_0102 このところ、アトリエや地元に閉じこもり気味でしたが、久々に出かけてきました。
 
 「アーキテクチュア」とは、システムの構築、思想や概念、開発が本来の意味ですが、確かに30年程前までは、建築がアーキテクチュアと言われてギャップのない時代=建築が社会開発を担っていた時代だった、アーキテクトとはそれを体現する人だった。。。と追確認しながらみてきました。

 建築業界、今はなにかと不自由ですが、細かなことでも建築の本質を芯に於いて仕事をしないと、と思ったことです。
 そう、なにかにつけ、思い描く将来像が必要ですね。世の中、グランドデザインがなさすぎる。。
 チリも積もればマチになり、社会になります。

 このところ、建築科を出ても建築の仕事に就かない人が増えているようですが、ずいぶん以前からイタリア人の建築出身ファッションデザイナーやグラフィックデザイナー、編集者や経営者などを耳にします。
 イタリアのような歴史の厚い国では、新たに建てる仕事が少ないことに加えて、建築に求められるような「観察洞察してモノごとを構築する力」は、基礎的な力として必要なのでしょう。

 グランドデザイン。。。以前、アップルの仕事にデザインの極意を感じて、デザインとは、「人の夢や希望、なんとかならないかと思っている課題や要求、さらに、無意識や潜在的に抱えている欲求までも実現できるように解決すること」と書いたことを思い出しました。

 今、建築を学んでいる若い人達には、是非がんばって、様々な分野のデザイン、グランドデザインを開拓してほしいと思います。

kimura_atelier at 23:19コメント(0)トラックバック(0)催し諸々気になったこと 

2009年07月15日

夏到来!!

IMG_0106 ついに梅雨明けですね。毎日暑い!!

 今年も後輩が浅草ほおずき市のほおずきを送ってくれました。
 ご両親とも浅草の出身ということもあり、浅草ほおずき市は彼女の夏の風物詩で大好きとのこと。

 このところ、わたしも浅草に御縁ありで、粋な下町文化と気配り気働き、気っぷに感じ入ること多々です。
 浅草サンバ、浅草オペラ、酉の市、隅田川の花火に灯籠流し。。1年中なにかしらの文化イベント。
 まちの元気は、力を合わせてつくるもの、走り続けるものと実感します。

 

kimura_atelier at 18:51コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2009年07月06日

水戸のいえー勉強コーナーのひと工夫

RIMG0161RIMG0158写真は、勉強コーナーの机下。

机下の壁を点検口のように開け閉めできるようにして、壁を配線ダクトにしています。

 パソコン廻りは、モデム類やプリンターなどで配線がやたら複雑。その上、バージョンアップその他でいじる頻度も結構高い。突然調子が悪くなってモデムの点検ということも多いですよね。

 机カウンターに開けた穴を通してコードを取り出すようにしているので、机の上に、配線が這うことなくすっきりします。


kimura_atelier at 20:42コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 

2009年07月05日

我が家は涼しいー続き

RIMG1237 うちのネコたち、気持ちのよい場所をちゃんと選んでいます。
 涼しいところ、ときどきの居心地のよいところを選んで暮らすのも知恵ですね。

 朝は、明るくて風が抜ける洗面室のジャロジーのトップサイドライトの前。
 昼は、玄関の土間にお腹をくっつけて寝そべり、門番代わり。
 夜は、ルーバー雨戸の前ではまだ寒すぎるらしく、ちょっと離れたお布団の上。。。

 早朝には、写真のように、主人が毎朝好んで開ける東の窓から外を覗いて、朝日と鳥の鳴き声にイソイソ、ワクワク、ウットリ(なぜなら、以前のネコ達のように飛び降りる程の勇気はないから)しています。(笑)


 

kimura_atelier at 19:27コメント(0)トラックバック(0)ネコ閑話暮らし/住まい 

2009年07月01日

我が家の改修の効果(夏編)ー外は暑くても我が家は涼しい

DSC00024 昨年のエコ改修は、大正解。
 我が家の夏は、さらに涼しくなりました。

 夜、家に帰ると、1階の窓をルーバー雨戸にして、続いて2階の小屋裏の窓を開けます。
 すると、途中2階の窓からも風を呼び込みながら、冷えた風が1階から小屋裏までスーッと抜けて行きます。

 我が家が涼しい一番の理由は、日当りの悪さ(笑)。加えて、廻りの家や我が家の木が茂ってきて、廻りの家も我が家も外壁からの輻射熱が少なくなったこと。

 つまり、日陰のお陰、木陰のお陰で家の廻りに冷気だまりが出来ることです。
 さらに、昨年のエコ改修のひとつ、遮熱塗料や遮熱フィルムの効果もかなり効いていると実感します。

 という訳で、夜半は寒いくらいなので、しっかりお布団を被って長袖で寝ます。
 
 また、休みの日の昼間は、玄関のドアを網戸にして2階の小屋裏の窓を開け、東北の風を通します。
 暑い日中も風がよく抜けます。
 あとは、西日を避ける大きな夏みかんの木を植えれば完璧。早く植えてもらわなくちゃと思っています。

 夏を涼しく過ごすには、なにはともあれ、樹木やつるものなどの植物で外壁や地面に直射があたらないようにして輻射熱を押さえるのが一番。
 植物は、葉っぱの蒸発散効果で、よしずなどよりずっと家の中を通る風の温度を下げてくれます。
 そして可能ならば、風の道と家の中の温度差を注意深く読んで、夜間も心配なく開けられる窓を工夫してしつらえましょう。


kimura_atelier at 20:12コメント(0)トラックバック(0)設計事例暮らし/住まい 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ