木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2009年11月

2009年11月30日

紅葉歴史散歩の週末

Epson_0559_1 季節は紅葉まっただ中ですね。

 先週末は、あまりに綺麗な紅葉写真に誘われてA4ギャラリーの「聴竹居」展へ。
 藤森先生の藤井厚二の建築史的位置づけは、近代建築史を大急ぎでダイナミックに復習した感じ。また、当時の時代背景その他のゲストスピーカー達のお話は、まるで内輪話のようでもあって、面白くってあっという間でした。
RIMG0443 日曜日は、地元で紅葉散歩。
 玉川学園のミツバチ先生のご案内で園内歴史散歩でした。

 玉川学園は今年創設80年です。広大な敷地内の新旧校舎やあれこれの見学散歩は、建物建設の時代時代の背景や思想が感じられて面白い。
 全人教育、労作等、創設時の心意気はしっかり引き継いでいって欲しいことです。
RIMG0441 さておき、桜の時期の玉川学園もいいけれど、秋の紅葉シーズンの園内もなかなかです。
RIMG0257 最後の写真は、先月末、3回忌のお墓参りを兼ねて伺った村田邸。
 大きな株建ちの桂や娑羅も、きっと今頃は黄葉真っ盛りなことでしょう。

 やっぱり、文化と自然の薫りが必要ですね。 


kimura_atelier at 20:36コメント(0)トラックバック(0)ちょっとブレイク街歩き 

2009年11月24日

日曜日の夜は恒例。。

IMG_0209_2 おじちゃま、大好き。
 たまに家に居るとくっついて離れません。

IMG_0210 鳥が映るとテレビにかじり付く♂ネコ。日曜夜の恒例の風景です。

 この日は親子?でかじり付いていました。

IMG_0213 ♂ネコ、いよいよ夢中です。。

IMG_0214_2 さて、捕まえた。。

IMG_0215 つもりだったけれど、逃げたかな?
 もう一度追いかけて、捕まえたけれど。。

IMG_0216 テレビの裏にいるのかなあ?



 日曜日の夜、お夕飯前のひとときのほのぼのシーンです。

kimura_atelier at 21:04コメント(0)トラックバック(0)ネコ閑話ささやかな日常 

2009年11月20日

ギャラリーのポストカード

RIMG0428 浅草の貸しギャラリー、撮影やHP作成が完了したとのことで、建て主さんが撮影写真をCDに入れて送ってくださいました。
 ポストカードやビジネスカードも。。

 基本提案の時のポンチ絵がHPやカードに使われています。
 ちょっとお恥ずかしいですが、カードのように小さくなればほのぼのとしてかわいいかなとも思います。(汗)

 場所は、浅草公会堂真裏です。

kimura_atelier at 19:36コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)現場ライブ 

2009年11月13日

住みよいまちと暮らしのデザインガイド

ピクチャ 3 玉川学園の創始者である小原國芳氏が「全人教育」を目指してこの地に新たな学舎をつくり、小田急電車の新駅開設にこぎ着け、それから今年で80年。。。ということで、町の活動団体の有志たちが80周年を盛り上げようと、いろいろな企画で行事満載の秋です。

 私がかかわる「玉川学園地区まちづくりの会」(町田市・住みよいまちづくり条例に基づく市民活動団体)も今年でもう6年目。街の住環境や景観について提案やイベントなどの活動をしてきましたが、ここにきて町内会や町内会連合会等の自治組織との連携もうまく進みだし、今年5月には、会が提案して来た「まちづくり憲章」が制定されました。
 また、今月には、私たちのまちづくり提案(中間報告)が市長提案できるところまできて、「まちづくり憲章」「まちづくり方針」、それと仕事の合間合間に2、3年がかりでまとめた「住みよいまちと暮らしのデザインガイド」が、印刷物となって昨日印刷屋さんから届きました。

 ここは、もう少し文字を小さくすれば良かったとか、写真の濃度を押さえれば良かったとか、ポンチ絵模式図は下手過ぎるとか出来映えへの反省はあれこれありますが、私としては結構時間を割いたし素人編集ではこんなところでしょうか。

 今後は、このまちづくり提案をもとに、町内会連合会と一緒にシンポを開催したりして町並み意識を広めて行く予定とのこと。もうこれ以上いい加減な開発や建物でガチャガチャなまちにして欲しくないという私たちの思いは、これで少しは行政や業者や住み手に届くでしょうか。


kimura_atelier at 21:40コメント(0)トラックバック(0)地域のこと住まい/建築 

2009年11月08日

夏みかんの木

RIMG0203 そういえば。。

 終に先日、剪定ついでに夏みかんの木を植えてもらいました。(これで、ゆず、すだち、かぼす、れもん、夏みかんと20年来切望していた柑橘樹木が揃いました)
 でも予定外の大きさ。とてもとても小さい。大きくなるまでにどのくらいかかるかなあ。
 
 黄色になるまで待ちきれないので、さっそく、ひとつふたつもぎ取って味見してみると。。
 当然酸っぱい。ならばと、お酢代わりにサラダに使ってみました。酸っぱさ爽やかでなかなか行けます。
 イチジクのコンポート(先日Y家で御馳走になってとても美味しかったのでさっそくうちでもトライしてみました)にもレモン代わりに使ってみました。酸っぱさまろやか。こちらもオーケイ。なかなか行けます。
 

kimura_atelier at 22:32コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まいささやかな日常 

2009年11月04日

文化の薫り。自然の薫り。。 

 このところ、いろいろありすぎてアップが追いつきません。(本当は見学会や催し、あれこれ集まり等の報告は自身の整理のためにも一石二鳥と思っているのですけれど)

 先の文化の日に、地元の80周年イベントのひとつ、地元を舞台にした古い映画(窓から飛び出せ)の鑑賞イベントが催されました。

 映画を鑑て思ったこと。。。
 大自然は別として、自然だけでなく文化の薫りがないと、心に響く豊かさがないと言うか、人の感性を刺激したり気持ちを豊かにしたりはしてくれないものですよね。
 逆に、営々たる人々の積み重ねが感じられても、自然の魅力も感じられないとゆったりとした豊かさは味わえません。

 25 年程前、土地を見に不動産屋さんに連れられて私と主人が初めて学園に来た時、緑の中に文化の薫りが折り重なっている。。そんな気がしたまち(里)でした。
 今にして思えば、だから、私たちは気に入って即決したのだと思います。
 いつまでも、そんなことが感じられるまちであって欲しいものです。ガチャガチャ無神経な開発は止めて欲しい。だから、遅まきながらも地道にまちづくり活動をやっているのですけれど。。。


kimura_atelier at 23:17コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築地域のこと 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ