木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2010年06月

2010年06月26日

佐久へ小旅行

牧水 頃合いを得て友人と佐久へ行ってきました。

 佐久には、小旅行に最適の小さな美術館やかつての宿場町がたくさんありました。

 写真は、茂田井宿の酒造本家。牧水の句がとても気に入ったので一緒に紹介(笑)

kimura_atelier at 20:49コメント(6)トラックバック(0)街歩き旅行 

2010年06月22日

今週の出来事

 今週の出来事の特徴は、日頃全く縁のない種類の方達とすれ違ったことでしょうか。

 まず今日は、友人が主催する現代音楽のコンサートに行ってきました。情けない程判らない(笑)
 曲のタイトルと奏でられる音楽から受ける印象すら私の頭の中では噛み合ない。。唯一最後の曲だけ多少ちょっと理解できましたが、非常に真面目な静かな雰囲気のコンサートに、こういうコンサートの世界があるのだなあ。。が実感でした。

 また、一昨日は、技術はどのように何のために使うべきかを考えさせられた仕事のお誘いがありました。
 いくら不況で生活のためとはいえ、設計の仕事は効率だけでこなすようにやるものではないし、やれるものではない。モノづくりの仕事をする人間としてのスタンスを自覚した仕事をと、同席した後輩達にも思わず釘を刺していました。

 イタリアボローニャでは、個人で専門職で大量生産できないことを生業にする人達を『職人』と呼び尊重優遇しているそうです。彼らは、日本でイメージする職人とは違い、精巧に伝統的にモノをつくり続けることを突き詰めている人達ではない。サービス業者としての側面も怠らず、何が望まれているのか研究し、アピールの方法や受け入れられる努力を競っているのだそうです。
 また、消費者は、自分の目と自分の価値感を信じてモノゴトを選択する。成長途上のお気に入りの店(人・会社)を密かに見つけ出して、将来有名ブランドになるのを楽しみに見守ります。そんな豊かでしっかりした消費土壌があって、そこからグッチもフェラガモも生まれたのだそうです。

 いいモノがわかる。。いいモノをつくる。。そうしたモノやモノづくり、サービスの姿勢を大事にする風土が国力にもつながっているのです。そんなことも思い出したりもしました。その他、市民活動団体としてのスタンスなども考えさせられた今週でした。。

kimura_atelier at 23:59コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2010年06月15日

カバードテラスのすすめ

写真 信じられないこと。朝早くに目が覚めた!!
 なぜなら、鳥達のさえずりがスゴくて目が覚めたのです。まるでバリのウブドの朝のよう。
 この際、起きてしまおうとベッドから抜け出して、めずらしく散歩しました。

 雨上がりで空気が濡れて緑も濡れて朝日に輝いて気持ちいい。
 日本もモンスーン地帯、そしてもはや亜熱帯ですから、窓を大きく開け放した内のような外のような暮らしが似合います。
 デッキに屋根があれば、こんな朝は濡れて輝く草木を眺めながら、気持ちよくデッキでコーヒー片手に新聞が読めますね。建ぺい率が許せば我が家にも取り入れているのですが。。
 夏場の早朝と夕方は特に気持ちいいです。屋根で日差しも適度に遮ることができて、加えてデッキにちょっとしたシンクがあれば、庭仕事やキッチンの下ごしらえ、もちろんBBQにも重宝します。
 一般の住宅だけでなくて、半公共の建物にももっと取り入れていいアイテムです。

 さあて、今日は、地元施設の設計完了&入札候補工務店の打ち合わせ。一区切りです。

kimura_atelier at 20:00コメント(0)トラックバック(0)設計・企画ライブささやかな日常 

2010年06月13日

夏モード

 今日は、地元まちづくりの会の定期総会でした。
 まちづくりは、普段の仕事とは違うところでの持久力と忍耐力表現力が鍛えられる機会だとつくづく思います。いよいよ、認知提案のステージから実行のステージに移って来て、これからは実践の内容が大事だと実感しきりです。

 さてっと、昨日今日と、からっとはしているけれど、もう夏ですね。

 衣替えと併せて、家も夏モードにしました。
 といっても、小屋裏の換気扇をON!にしただけ。
 1階の部屋のテラス窓は、引き込みガラス戸+網戸+ヨロイ雨戸の構成。多少の軒があるので、留守中でも夜間でも網戸+ヨロイ雨戸で安心して通風できます。留守番ネコの暑さの心配も要りません。
 小屋裏の換気扇ONや小屋裏の窓を開けると、スーッと一階から風が上がってきます。
 その風が冷えているのは、窓の外が土の草むら(笑)で直射があたらないことが大きい。窓のすぐ前に植えたゆかす&レモンが、緑のカーテン代わりをしてくれているのも大きい。
 そのうえ、成った実は家の中から手を伸ばして収穫できる。。一石二鳥ですよ。おすすめです。


 

kimura_atelier at 22:29コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい住まい/建築 

2010年06月12日

遥、木村ベーカリー

P1000502 先日(といっても連休明け早々でしたが)、地元のまちづくり仲間との戦略会議(一品+自分用アルコールもちよりの会)に久しぶりにフォカッチャを焼いたけれど、ちょっと失敗。残念賞でした。

 この際、美味しい手作りフォカッチャに到達しようと、あれこれ配分を変えたり小麦粉を変えたり。。フォカッチャ作りにはまっています。もちろんハーブソルトは自家製です。 
 その度に、主人はおやつを持たされます。かなり迷惑顔(笑)


 なかなか奥が深い。うまく行きません。木村ベーカリーは、はるかむこう。。
 ま、一日の終わりに気晴らし&息抜きでやっているのですから、成果は期待しないに限りますね。

kimura_atelier at 22:55コメント(0)トラックバック(0)ちょっとブレイクつれづれ心模様(日記) 

2010年06月07日

建築学会誌

写真 このところビジュアル系でない建築雑誌が面白くなってきていますね。建築学会誌まで面白くなってきました。

 これまで何十年も送られ続けてはいても、研究論文が中心で、ろくに読んだことがなかった学会誌でした。
 その学会誌がこの何年かで面白くなってきたと思ってはいましたが。。。

 今月号の表紙にびっくり。。なんと、建材スーパーが表紙です。
 建築は、もっとハーフビルド、セルフビルドありで。。いうことを学会誌が取り上げる時代なのですね。


kimura_atelier at 20:00コメント(0)トラックバック(0)気になったことつれづれ心模様(日記) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ