木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2010年12月

2010年12月28日

本日仕事納め。皆様良いお年を!

 木村建築研究室は、今日12月28日(火)が仕事納め。明日から1月5日までお正月休みをいただきます。
仕事始めは1月6日(木)からとなります。
 
今年もいろいろとお世話になりましてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

今年も恒例サントリーホールで第九を聴いた後、滋賀と名古屋をハシゴ、伊勢で初詣のハシゴ、、と例年通りの年末年始の予定です。

皆様、時節柄御自愛の上、どうぞ良いお年をお迎えください。


kimura_atelier at 20:14コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2010年12月27日

いよいよ年の瀬です

 クリスマスが終わるといよいよ年の瀬。。ですね。
 例年、年の瀬には1年分の大掃除が待っていましたが、ここ何年か、我が家(アトリエも)では、お気に入りのクリーニング業者さんのお世話になっています。
 ガラス拭きや換気扇、水回り、床のワックスがけ等の大掃除は、プロの手で申し分なく綺麗さっぱりとなります。
 お陰で、掃除分を年賀状書きをしたり贈り物や片付けをしたりの時間に充てられて、年末のコンサートで一年を締めくくるのが恒例になりました。

 というと、すごく贅沢のように聞こえますが、クリーニング&コンサート分はこの目的用にちゃんと節約調整です。

 お陰で、今日は大掃除が終わったアトリエ&自宅で、さっぱり!すっきり!です。

 

kimura_atelier at 21:55コメント(2)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2010年12月24日

グローバルエンド

Epson_0701_1
  気になっていた催しがあったので、先日、銀座線(千代田線でした。訂正)を途中下車して覗いてきました。

 グローバルエンド。。グローバルを視野に置きながらグローバルに依存せず、独自の視野で切り開く建築ということらしい。。

 運営委員会委員には、安藤忠雄、岸和郎、内藤廣、原研哉。。
 なるほど。。

 

 欲を言えば、参加者の選定の理由のコメントが欲しかった。。

 でも、わかる気がする参加者達でした。
 来年2月26日まで。。ギャラリー間にて開催中です。

 

kimura_atelier at 22:11コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築催し諸々 

Merry Christmas

 今日はイブですね。
 先ほど、関わっているNPOの事務局に耐震の書類やデータを届けた帰り、クリスマスの街の様子を垣間みてきました。みなさんケーキやらチキンやら買うのに行列。ケーキとプレゼントらしき大きな紙袋を両手に賑わっていました。
 不景気と言われながらも、街は賑やかで華やか。。楽しそうなイブですが、私は関系なし(寂!)まったく今日も忘年会らしい。。
 
 というわけで、だったら今日中にと、年賀状を印刷中!!

 Epson_0700_1
←は、昨年のクリスマスの飾りです。
 昨年というのも寂しいから、年賀状が刷り上がって帰宅したら、今年の我が家のイルミネーションをアップすることにします。

写真[1] 遅ればせながら、今ひとつの写真ですが、アップ!です。

kimura_atelier at 21:09コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2010年12月20日

家の様子が気になるネコ

IMG_0350 今年もあと2週間ですね。
 そろそろ残りのゴミ収集日を確認しながら、片付けをしないとゴミ出しが年越しになってしまう。。 という訳で、週末の2日間、約4時間ずつ使って燃えないゴミの片付けに明け暮れました。
 大型のゴミ袋2ついっぱいにしても、見た目は何も変わらず。。

 忘年会続きでもあり、今年も不燃ゴミは年越しか。。
 いやいや、今晩と明日の晩が正念場。。です。


 いつものんびりのネコ、こちらが動き回るとハイになって付き廻ります。背中に乗ったり行く手を塞いで邪魔したり。。家がどうかなっちゃうと思うのか、とても気になるらしい。。それなら手を貸してよ。。
 ネコの手も借りたいとは、良く言ったものですね。


kimura_atelier at 22:39コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)ネコ閑話 

2010年12月14日

からだもこころも鍛えないと。。

 断捨離 につづき、また、耐震アドバイザーとして簡易診断に伺ったお宅の話題です。
 今度は、お人柄の話題、素敵なおばあちゃまの話題です。
  
 わたし、80をトオに越してもうそろそろ後半よ。それに手術が必要な程腰が痛くて物忘れが多くて。。とおっしゃりながら、とてもはつらつとしたおばあちゃま。
 町田市の耐震助成の仕組みやら手続きやら(これが結構複雑なのです)、耐震診断の計算の根拠や計算方法(これも一般の方がそうそう簡単に理解できる訳ではないと思うのですが)などの説明もするする把握されます。もちろん、概要の理解ということですが、それにしてもスゴい!!

 コートを預かってくださったり寒さを気遣ってくださったりの気働きや配慮をさりげなくしてくださりながら、肝心なことはきちんとメモしたり、確認したり。。
 偉ぶらないし、やわらかなかわいらしい方だけれど、ただ者ではないなと、「何をされていたのですか」とお聞きしたら、大昔、結婚前だけど研究所で数学をいじっていたし、結婚後も家の切り盛りをあれこれされていたのだとか。
 なるほど。。ね。

 先の「断捨離」の奥様もそうですが、素敵な同性の先達に遭遇するのは、とても心強いしうれしい。
 お勉強にもなります。
 そして、やっぱり、ここに行き着きます。「家も人も年月が経つほど心がけの差は大きい。。」

 からだもこころも鍛えないとね! とりあえずは、腹筋からかな(笑)
 

 

kimura_atelier at 22:10コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2010年12月08日

建築家のスタンスーそのまた続き

 木村建築研究室のウェブサイトの冒頭 で書いているように、
 設計者の主張を押し通すのではなく、施主の要望をただまとめるのでもなく、
 「施主と一緒に作る」というスタンスは、
 ずっと変わらない私のスタンスです。
 (HPの記事は2002年のままです。 最近では、そこにいろんな職種の『職人』さんたちが加わって、トータルのコラボを取りまとめるのも設計者の仕事だと感じています。

 そして、成熟社会では、有名ブランドや目新しさよりも、社会にどう貢献しているかの方に価値が移行する筈。。
 ここ数日、お歳暮御礼の電話等で、工務店の社長さんや建て主さんともそんなことが話題にあがります。
 


続きを読む

kimura_atelier at 20:42コメント(0)トラックバック(0)気になったこと住まい/建築 

2010年12月05日

建築家のスタンスー続き

 隈研吾氏曰く
 建築デザインの価値が、単に形としての面白さではなく社会性を持ち得るのではないか。
 そう思ってくれる人が以前より増えている。
 公共建築と市民の関係が欧州的な成熟に少しずつ近づいてきているような気がする。

 ホントに「しかり!」ですね。

 一対一の個人住宅では、そのあたりはやりやすく、最初の案と提示金額で設計者を決める人とではなく、話し合いを重ねて内容を積み上げて行く形に共感を得られる方と仕事をやって来れました。

 ただ、個人住宅といえども、社会性のない建築デザインの価値など、ある筈がありません。

 「私も建築の設計をやっている立場からすると・・」というような言い方をすると、内容いかんに関わらず、時折厳しい視線を感じます。建築家に頼むと好き勝手をされて高く付きとんでもないことになると思っている人やそういう類いの話ははまだ多いのでしょうか。

 でも、暮らしやすさや居心地、温熱環境、構造や耐久性、メンテしやすさ、見積もりチェックによる金額バランス、監理による施工の確実さ、隣近所に嫌われない住み方やつくり方など、設計者の役目を懇切丁寧に恥ずかしがらずに話すと、もっと前に会っていれば良かった〜(笑)と言われます。

kimura_atelier at 21:30コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築気になったこと 

2010年12月01日

ペンション『カーティス・クリーク』

00) 大昔(なんともう20年前になるそうで・・)に設計した裏磐梯五色沼近くのペンション『カーティス・クリーク』に泊まった方が、つくりを気に入ってくれて「設計者はだあれ?」と訪ねて来てくれました。
 その折、「建物が気に入ったんだけれど、お庭も素敵でした。HPもとても素敵ですよ」とのことで、覗いてみると、ホントに素敵!!

 お陰で、懐かしい建て主さんとも、ほぼ20年ぶりに電話でお話することが出来ました。変わらず誠実そうでお元気そうでした。

 HPを覗いてみると、竣工時には建物(竣工時のまま何も手を入れていませんよとのこと)と雑木林だった敷地が、手入れの届いた素敵なお庭で華やいでいます。
 ペンションには、カーティス・クリークという名前の由来でもある小川が庭を流れています。その小川には、毎年、たくさんのゲンジボタルが飛び交うそうです。そうそう、小川にたくさんのクレソンが自生していたのを思い出しました! また、行きたくなった!! 
 廻りには、自然豊かな裏磐梯の山と湖沼だけでなく、スキー場や温泉や美術館もあります。
 

 写真をクリックすると、カーティス・クリークのHPに飛びます。

kimura_atelier at 19:40コメント(0)トラックバック(0)設計事例つれづれ心模様(日記) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ