木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2011年05月

2011年05月29日

自分で自分を守る時代

 ツイッターやユーチューブにアクセスすると、原発情報が溢れていて、耳を疑うような内容がいっぱいです。内容を追い出すとあっという間に時間が。。
 そして「いざとなると国は当てにはならない。自分で自分を守る時代になった」と思い知らされます。

 そう思い知らされる話題の一つ。
 原発事故から二ヶ月もして公開された、ネットワ―クで作る放射能汚染地図と題されたNHKのETV特集。やっと明らかにされた放射能汚染の実態です。テレビで見そびれた人は削除される前に見てください。

 これから半年後、どのくらいの人にどのくらいの健康被害が現れるのでしょう。
 今後10年で20万人、総計40万人以上とも。。。

 事故直後の海外の友人からのメールの内容が全く正しかったということのようです。この国は、国民の生命の安全さえ守る備えもないのかと、真面目に考えるとヤッテイラレナクなります。まあしかし、「ユーアイなしイラカン」(イライラするカンにさわると怒るだけで、必要な行動ができない。本質を押さえて選択し、ユーモアやアイデアで切り返せない説得できない)では大人げないので、調べ、声を上げてひとりひとりがやれることを少しずつでもやらないと。
 

 
 

kimura_atelier at 23:27コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記)気になったこと 

2011年05月28日

食材もイタリア好き

今日の買い物 珍しい、アーティチョークが売られてる!
 おいしそう、大きなズッキーニ!
 そうか、もう新ニンニクの季節なのね!
 3色セットのパプリカだ!
 ブロックベーコンが安い!

 などと、気になるものをカゴに入れてお買い上げ。
 家で冷蔵庫に入れようとテーブルに並べてみて、我ながら食材までもイタリア好きを確認する。。

 段取りよく?炊飯器のボタンを押してから買い物に出たので、玄米ご飯は既に炊けてしまっている。さあて、今日は、玄米をどうイタリアンにアレンジしようかな。。。
 

kimura_atelier at 19:12コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常 

2011年05月27日

ブレーメンハウスのミニキッチン

P1030536P1030533 昨年、そのうちやりたいと言われていた手洗コーナーのミニキッチン化工事の終了確認に久しぶりに浅草に行ってきました。

 3.11の地震の後、建て主さんからは、リフォーム時に耐震工事もやっておいてホントに良かったと言われていましたが、行ってみてホントにそう思いました。
 震度5強程度といえども、やはり、同じような作りの近所の古い建物には大きなクラックが入っていました。
 
 ミニキッチンは、ギャラリーの奥にあたるので雰囲気を壊さないように既存の鏡を活かしてガラス棚を。シンクも既存のカウンターの上に載っているように設えました。気に入っていただけてよかったです。

 出来上がりつつあるスカイツリーも眺めてきました。ビールの泡泡が乗っかるアサヒの本社ときんと雲が乗っかる隣の建物(写真では木に隠れてしまいましたが。。)と並んで、賑やかなまちです。

kimura_atelier at 15:00コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ設計事例 

2011年05月24日

震災で家づくりの考え方も変った

05) 日経ホームビルダーの記事。

 3月11日の東日本大震災直前の計画を延期または中止した人は、関東で地域全体の75%だそうです。
 ほとんどの人が立ち止まっているのですね。 
 また、木造戸建ての住替えやリフォームを検討していた人の内の半分が最重要条件が変わっているそうです。
 最重要条件は、最新の耐震性能と災害リスクが低い場所。
 そりゃあ、そうでしょうね。


 是非是非、この機会に『本来の暮らしに必要なこと』についてしっかり複眼的に考えてもらいたいです。
 

kimura_atelier at 20:59コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい住まい/建築 

2011年05月23日

この週末のこと

写真  5月6月は活動団体の総会シーズン。先週末来週末再来週末も、、と続きます。
 この週末は、それに加えて打ち合わせやらワールドカフェやら食事会(我が敬愛する先生のお気に入りのトラットリア、本場の味、美味しかった〜!)やら。。
 
 「災害を乗り越えるために地域を越えて社会教育ができること」と題されたワールドカフェでは、遠方からもそれぞれに魅力的な活動をされている方達がそれぞれに思いを持って参加していました。
 さすがに都心のワークショップでは、大学生や中央官庁の若手職員が多い。
 新鮮で楽しいカフェでした。
 

kimura_atelier at 22:10コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) 

2011年05月17日

やはり、家はバランスが大事

岡本邸2階 3.11の地震の効果か、新年度を待って耐震改修の申し込みが殺到しているそうです。

 2ヶ月弱で既に70件、日頃10件くらいの相談会が40件の申し込みとか。
 さて、最近、私が診断に伺ったお宅は、とても風情のあるお住まいでした。
 今時めずらしい大きな庭石を据えてつくばい付きの和風庭園。厚い台湾檜(たぶん)の濡れ縁。瓦を敷いてデザインされたテラス。竹垣で隣家と目隠しされてもいます。和室は御簾を下ろして視線を遮るという風情のある通風です。
 家の作りも比較的丁寧ですし、たくさんの外部木部もその良さを理解されて手間やお金を惜しまずメンテナンスされていて、設計者としてはうれしくなるお宅です。

 けれども、家のバランスがよくない。屋根の掛け方や吹き抜けの位置、お神楽の増築が残念で心配。やはり評点は、悪くなってしまいます。
 是非とも効率的に補強して上手に長持ちさせていただきたいお宅です。

kimura_atelier at 19:39コメント(0)トラックバック(0)設計・企画ライブ住まい/建築 

2011年05月14日

「まほろ・・」

ピクチャ 7 「まほろ・・」、するりと見てきました。

 我が家の前の小学校の出身、町田に永く暮らしたという三浦しをんさんの同名小説の映画化

 町田が舞台で、町田市民には「ああ、あそこだ」「たぶん、あのあたりだろうな」と撮影場所を思い描きながら見ることができるのは面白い。若手で実力派のふたりが、ぶっきらぼうで優しく、思わずほこっとさせるいい味を出していました。。

 町田の住人としては、「海もなく山もない、都会でもなく田舎でもない。何の特徴もないけれど、一度暮らしたら誰もが離れられず不思議と戻ってくる。。」というような冒頭のナレーションが印象的でした。
 今日、役所の会議の下打ち合わせの席で話題に上がり、その場にいた7人中5人が見ていて、役所の人達は全員見ていました。2度も見に行っている職員もいるとか。。
 それも、ちょっとほこっとさせられたことです。


kimura_atelier at 00:43コメント(0)トラックバック(0)地域のことつれづれ心模様(日記) 

2011年05月08日

埃まみれの休日

 更新を滞っていましてすみません。
 いつも出遅れるからと久々に2月に予定を立て代金も支払済でしたので、この際行ってしまおうと連休中はベトナムに行っておりました。
 今回は、30年ぶり位のツアー参加。個人ツアーながら移動を全て旅行社にセットしてもらったので、ツアコン役の私としてはとても楽でしたが、排気ガスにまみれ埃にまみれて過ごした一週間でございました。
 いやあ、ゴホゴホ。。
 
P1020706 異国へ行くことは、ふだん「当たり前」と思っていることをあれこれ覆されることです。
 ものの本質を確認するのに、とても役に立ちます。

 特に、今回は発展途上でバブル中のベトナム。。。
 ドイモイでお金持ちはよりお金持ちになり、貧乏な人は貧乏なまま。それが、旅行者にも容易に視覚化される程。。日本の2.3倍もする車(小型ベンツが1500万円位する)で旅行者を送迎するホテルや旅行社の人の前を菅笠に天秤棒で通る物売りのおばさん。
 象徴的な光景です。
P1020968 多くの人は、お店には入ることができないので、路上にお店を広げて排気ガスの中でご飯を食べています。

 歩道には駐車中のバイクと自転車と風呂椅子のようなプラスチックの椅子に座っている人がいっぱいでろくに歩けません。
 道路は、バイクと車がクラクションを鳴らしっ放しで群れをなして走る。まるでマラソンのスタートのような光景です。
 道路を渡るのは決死の覚悟。慣れるのに半日かかりました(笑)
 

 また、町には必ずと言っていい程、戦争博物館がありました。中部の山岳地帯では枯れ葉剤の影響でいまだ奇形児が生まれているらしい。現金収入を求めて奇形児を見せたり、子供も物売りをしています。
 ベトナムには、まだ戦争中のような一面や封建的な一面も残り、お金がない人や女性子供は虫けらと変わらないように扱われているように思えてきます。
 
 いくら食べ物が安くて美味しくても、素直にリフレッシュとは行かない国ではありました。
 続きは、またいずれ。。。

 明日からは通常業務に戻ります。


kimura_atelier at 17:11コメント(0)トラックバック(0)旅行つれづれ心模様(日記) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ