木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2012年08月

2012年08月29日

わさびに舌鼓

P1070685P1070698 先週末、駆け足で安曇野&松本に行ってきました。

 行く夏を惜しむつもりが、日中はどこにいても猛暑ですね。暑かった〜

P1070670P1070657
 安曇野行きの一番の目的は、ちひろ美術館。
 北アルプスの山々を見渡すロケーションを活かしたランドスケープがさすがです。
 住宅を大きくしたような内藤廣さんらしい、どうしてこうしたか設計意図がとても判る美術館でした。
 昨年竣工したセカンドハウスに今週末伺う予定ですが、ちひろ大好き建主さんにもお土産が出来ました。

P1070713P1070719
 松本の市立美術館では、タイムリーなことに草間彌生展開催中でした。
 最新作をひっさげて故郷松本へ再臨とのことで、美術館まるごとのクサマ色に染まっていました。

aragiri_thum

 残念ながら、そばの味が今ひとつ判らない私には、そばに感激はないのですが、わさびに舌鼓。
 しばらく塩も醤油も無縁になりそう。
 「あらぎりわさび」にはまっています。


kimura_atelier at 21:15コメント(0)トラックバック(0)旅行ちょっとブレイク 

2012年08月23日

進行中の現場

 用途変更と耐震補強等を兼ねた進行中の現場の様子です。

P1060249 P1070537
 1階の子供室を1階世帯のLDKに変更。 
 旧増築部分の取り合いを確認しつつ、耐震補強金物の取り付けと耐力壁の下地をつくっています。
 現場が始まると想定と違う取り合いもあり、その度に再度強度チェックをしながら進めます。       
P1070492P1070534 なかなか複雑な工夫がしてあります。
 どうしてこうしたのか、意図を読み解いたり、少しだけ壊してもらって覗いたりしながら、確認していきます。
 補強が必要なところは補強します。
 写真は、鉄骨梁と胴差しの取り合い。胴差しのレベルが変わったり2重になったりしている。
 梁が2重になっているので、梁と梁の隙間に束材を挟んで、ボルトで縫ってもらいました。

P1060305 P1070531
 2階のLDKは、レイアウトを変更して2階世帯のLDKに。
 眺望を活かして、南側の窓を大きくします。 
 また、コーナーの出壁部分は、やはり安全に耐力壁にします。

 なかなか、頭の体操訓練になります。
 まだまだ、あれこれ、補強修繕変更が続きます。to be continued。。。

                         

kimura_atelier at 23:06コメント(0)トラックバック(0)現場ライブ 

お久しぶりです。

 しばらくご無沙汰しましたが、久しぶりにネコの話題。
 ネコ達、暑いのでデレデレです。
 2匹で涼感マット敷きのベッドを占領しています。

IMG_0433 写真は、♂ネコのクリちゃん。

 2ヶ月程前、尿路結石から、あわや尿毒症寸前で何度も動物病院に駆け込み、命拾いしました。

 去勢した室内飼いの若い♂ネコは、外に出られないストレスと運動不足が原因で、どうも結石が出来やすいようです。
 未だ、病後観察中です。

 お外に出るとついついお騒がせしてしまうのと放射能の心配でしばらく出してもらえなかったけど、結石騒ぎのお陰で最近は時々出してもらえるのでうれしい。夏だから、洗われても寒くないし。。
 なので、家にいる時は、おじちゃん達にくっついてあげてるよ。お礼のつもり。。(by Kuri)
 


 
 
 

kimura_atelier at 22:41コメント(0)トラックバック(0)ネコ閑話ささやかな日常 

2012年08月18日

緑に被われた家並み

IMG_0436IMG_0435 まだまだ暑いですね。
 お盆休みも終わって、昨日から少しずつ後半戦始動です。
 
 お目当てだった博物館等も夏休み中で、なんだか今年は、ただ仕事をしなかっただけのような、ぱっとしない夏休みでした

 ですが。。
 写真は、自宅から駅への道。今日はセミのシャワー。夏満喫の風情です。
 そういえば、こんなロケーションが気に入って、ここなら表参道を引き払ってもいいかと引っ越して来たのでした。
 月日は流れて、ずいぶんと緑や玉石よう壁や斜面地が減ってがちゃがちゃしてきましたが、それでも緑と起伏の多い家並みは、季節ごとの楽しみがあります。

 やはり、適度に緑に被われた(家が露骨に主張しない)家並みはいいです
 昔、安藤忠夫さんが「設計に自信がないなら緑で隠せ」と何かでおっしゃっていたことが強く記憶に残っていますがw、いくら良い家でも謙虚にあるべき。
 モノでの工夫じゃないとインパクトがないのは承知ですが、緑の価値も効用も大事にしたいものです。 
 

kimura_atelier at 21:53コメント(0)トラックバック(0)住まい/建築「自分にとって良いことがまわりにも良くなる家」 

2012年08月10日

夏期休暇のお知らせ

BlogPaint 木村建築研究室は、明日 8月11日(土)から16(木)までを夏季休暇とさせていただきます。

 今年も夏休み前にやりたかった仕事の残り&ネコの病後観察で、遠出せず、都内や近郊で過ごす夏休みになりそうです。

 みなさまもどうぞ、十分な休養と充電で楽しい夏をお過ごし下さい。
 
 携帯&メール連絡は大丈夫です。

kimura_atelier at 19:41コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2012年08月07日

夏を涼しくー熱のふるまい

P1070527 設計検討事項&現場指示事項が重なりブログ更新が滞っておりました 本業の報告はまた機会を改めて。

 先週末は、夏を涼しく暮らすための熱のふるまいの基本について、宿谷セミナー@雨風ハウスでした。
 雨風ハウスとは、HPにあるように、東京都環境局の「地球温暖化対策推進の為の区市町村補助プログラム」を活用し、小金井市が整備・建設・運営を行う環境配慮型施設(愛称:雨デモ風デモハウス)です。
 
P1070526 「住育」の一環として、熱のふるまいをちゃんと知るため、温度計測と体感の検証をします。
 参加者の家に温度ロガーを設置してもらい、各家のつくりや環境によってどう違うか、どうしたらより快適に暮らせるかを考え理解することがプロジェクトの目的です。
 年初の冬バージョンの計測に続き、今回は夏バージョンの計測。宿谷セミナーに参加している女技会の有志がお手伝いしています。
 
 それにしても、ひとたび娑婆に戻ると(笑)、「電気が足らないから節電のためにエアコンを控える」となるのですが、実は、風通しや木陰、ひんやり感じる床壁天井が本来の気持ち良さをつくっているのです。
 また、断熱気密や通風効果や蓄熱効果を高めて、建物だけでエネルギー消費の少ない住宅を義務づける動きもありますが、廻りの環境が整わなくては本末転倒。
 太陽光発電だ、いや水力風力だ、地熱発電だとどうやって電力を確保するかの話題は上がるけれど、緑を増やしたり舗装を工夫したりの涼しさの基本の話題は上がらない。。。
 
 そうかそうかと世論や常識を学ぶのではなく、「自分の頭で考えて検証すべき」が宿谷先生の持論です。父親の口癖でもありましたが、本当ですね。
 実はということは50年60年経ってやっと白日に晒されることも報道番組などで実感することですし。。
 
 

 
 

kimura_atelier at 18:43コメント(0)トラックバック(0)暮らし/住まい見学会/勉強会 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ