木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2014年07月

2014年07月24日

掃除の効用

IMG_2315
 先日、近江八幡の旧市街の活性化活動をしているまちづくり会社の方のお話を聞く機会がありました。
 写真は、その際に見学した旧奥村家。
 facebookにも奥村家住宅というタイトルで活動の紹介があります。

 元呉服屋さんだった立派な古民家ですが、10年程空家だったため荒れ放題だったところを、関係者とボランティアで、掃除、掃除、掃除。そして修繕で、やっと、ここまでにしたのだそうです。
IMG_2327
 特に、お庭は、杉や檜まで勝手に生えてきていて、とても今の様子が想像できる状態ではなかったそうです。

 掃除を重ねていくにつれ、庭石がよみがえり、踏み石が出て来て、だんだん庭らしくなってきた。

 そして、元の風情の立派さに改めて驚いたとのこと。
IMG_2325
 特に、印象的だったのは、座敷倉です。
 
 もともとは純粋に倉だったけれども、夏涼しく冬暖かいので、お座敷に改装して使われていたのではないかとのことです。
 大きく開口を開けてしまっているので、耐震的には問題がありそうですが、確かに過ごしやすそうです。
 



 ともあれ、掃除って、大事ですね。
 限度を超えると、掃除も片付けも、いよいよもって、大変になる。。
 そして、モノやホコリやザッソウが茂ると、本来の良さが判らなくなってしまう。。
 
 家も事務所も身の回りを片付けて、シンプルに暮らそう!!と、思うことしきり!のこの頃です。
 

kimura_atelier at 20:39コメント(0)トラックバック(0)見学会/勉強会暮らし/住まい 

2014年07月03日

恒例初夏の小旅行 v2014

 駆け足ですが、今年も梅雨の晴れ間の建築行脚を楽しみました。
 今年は、日光周辺を駆け足です。

 IMG_2276 まずは、長年そのうちに泊まりたいと思っていた二期クラブ。
 思ったより宿泊代が高いので泊まるのは止めて、見学だけになりましたw

 大谷石ブロックの縦使いが新鮮です。
P1110547 こちらは、隈さん設計のストーンプラザ。
 農協の米倉だった建物を改修して活かしています。

 同じ石でも外構の扱いや素材の扱いは多様で面白い。

 
 けれども、私はどこに居るのだろうと、ふと異邦人の気分になります。
 やはり、石という素材が奏でるロケーションに居慣れていないのでしょう。

 他にも隈さんの作品をいくつか廻りましたが、素材の扱いが新鮮でした。

P1110526P1110537

 やはり、しっくり来るのは、木を使いこなした仕事ですねえ。
 でも外国人のレーモンドの仕事ですw

 地場の素材を活かし、木を活かし、竹や杉皮まで活かし切っていますが、インテリアはやはり外国人のデザイン。
 そのあたりが、また、新鮮で面白い建物でした。
 
 続きはまた。。

kimura_atelier at 19:34コメント(0)トラックバック(0)旅行ちょっとブレイク 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ