木村建築研究室_Blog

住まいは人を映す鏡。地域や暮らしを楽しみ大切に、人々の関係がうまくいくよう心掛ける住まいや家づくりは、まちもひとも気持ちよくしてくれます。そんな設計事務所の仕事や活動、思いや日常をブログに綴ります。

2016年08月

2016年08月26日

夏休みの自由研究の取材

 22)昨日は、3年前に竣工した建主さんの娘さんから、夏休みの自由研究の取材を受けました。

 気になる職業の9人に取材して、特徴を感想と一緒にまとめるつもりなのだとか。将来、自分の進む方向への参考にもしようと、自由研究のテーマにしたのだそう。。

 職業の内容や就いた経緯、特徴、辛いこと楽しいこと、どんな努力をしているか、永年やってきて感じていることや子供たちに伝えたいこと、座右の銘など。。的確で結構深い内容の質問です。

 さらりスラスラとも行かず、思わず考え込まされる質問も。
 ついつい真剣になって普段使っている単語を並べてしまって、どうわかりやすく翻訳しようかと考えたり。。
 どう伝わったのか感想報告が楽しみです。
 ちびっ子インタビューのつもりでいたら、3年経つと小学低学年から高学年になっているわけで、すっかりしっかりしたお姉さんに成長していてうれしい驚き。思わず自分の3年前を振り返ってしまいましたw
 久しぶりにご主人以外の建主さん一家ともお会いできて、楽しそうな暮らしの様子や家の様子を聞き、楽しいひとときでした。

 追伸
 「生まれ変わったらどんな職業に就きたいですか?」と訊かれるので、「他の人はどうだった?」と尋ねたら、生まれ変わったら建築家になりたいという人が結構いるということでした。
 人の人生や生活をも大きく左右する器を構築する建築というのは、責任が大きい分、やはり魅力も大きいのでしょうね。
 また、小学生で人気なのはアナウンサーやキャビンアテンダントなのだそう。。これは、昔とあまり変わらない。
 



kimura_atelier at 17:52コメント(0)トラックバック(0)ささやかな日常ちょっとブレイク 

2016年08月18日

「都市型複合住居の発表に向けて」のメモ

 探し物をしていたら、「都市型複合住居の発表に向けて」と題して、25年前に設計した住宅展示場のパンフレット用設計コンセプト文案(以下)が出てきた。
 25年前(バブルまっただ中)からまったく変わらず、以下の文案ような住まいとまちが出来ることを思いめぐらしていたんだなあと、変な感慨に浸る。
 なのに、目指す到達点はまだまだ遠く、状況は遅々として変わらず、一部の人を除いたら反って人心は貧しくなっていたりする。
 もちろん手書きメモなので、忘備録を兼ねて。

 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;* 
 暮らし方、趣味、仕事、それぞれに違った個性や価値観を持った人達が、家族として、あるいは単身で又は複数で集まり暮らす。。
 そして、老若男女、誰もが活き活き自分らしくできるような暮らし。。
 
 そんな暮らしを可能にするうつわとしての建物が、住む人のかけがえのない「いえ」となり、「生活の舞台」となり、それらが連なりあうことが魅力的な街となって、街も成長していく。

 そんな都市型複合住居を提案します。
 開きながら閉じる。調和しながら主張する。インサイドとアウトサイド。プライバシーとコミュニティーといった、それぞれ相反する関系が微妙に引き合うように配慮された複合空間の提案です。

 魅力的とは、高級とは、贅を尽くすことでしょうか?
 いえ、そうではなくて、高いクオリティや美しさを潔くめざすことです。
 伝統を受け継ぎ活かし、シンプリシティを可能にする、きめ細やかな配慮や確実なスケールの空間ボリューム、動線計画やゾーニングなどをふまえて、フレキシブルで耐久性のある生活の背景となる舞台を、愛着につながるように丁寧につくることだと、私たちは考えています。
 ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚.。o○o。.★.。o○o。.☆

 
と。。
もっともなこと書いてるじゃない!
まあ、バブルの頃のハイテンションで尖った表現ではありますが。。  
それにしても、バブルの頃って、こんなファッションでしたね。

214f2b8eaba42fa862add2d06e634c90http://onpa-japan.com/より

kimura_atelier at 17:17コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 

2016年08月07日

2016夏休みのお知らせ

木村建築研究室は、8月10日(水)〜16日(火) まで、夏季休暇をいただきます。

BlogPaint
 今年は、別荘の現場管理に合わせて高原廻りを少し。あとは近場美術館巡りの予定です。

 みなさまもどうぞ、十分な休養と充電で楽しい夏をお過ごし下さい。携帯&メールは大丈夫です。ご連絡下さい。

(今夏はどのようなビックリ&クエスチョンでしょうか。今年もイラストのネコのようなワクドキ気分の夏休みを過ごしたいと思います。)

kimura_atelier at 16:32コメント(0)トラックバック(0)☆お知らせ⇒ 

2016年08月03日

20数年経った津久井のいえ

FullSizeRender 新築から20年以上経ったお宅の修繕と耐震補強がほぼ終了です。
 お子さん達が巣立って、お庭を畑や果樹園にしてご近所の農家と交流したりペットを迎えたりして、子育て時代とは違う暮らしにシフト。

 娘さんの里帰り時も気持ちよく過ごせるよう、また、この家で楽しかった子育てを息子さん達にも状況が許せば楽しんでもらいたいと、20年数年の間に痛んだデッキを取り替えたり、木建具の不具合を手直ししたり、水廻りを手直ししたり。そして、ヨリマシ補強にあわせてほぼ前面塗り替えとクリーニング。当初の清々しさが戻ってきました。

IMG_5919IMG_5926-1IMG_5929-1IMG_5931-1

「これを機会に、片付けと専門業者の定期的クリーニングを入れたいわ」「ここまでやったら、あれこれも直そうか」等々。。
 そうなんですよね。家は、気持ちや住まい方を大きく刺激してくれます。

kimura_atelier at 18:41コメント(0)トラックバック(0)現場ライブつれづれ心模様(日記) 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ