2005年09月05日

小田急相模原のいえ/小家族のリビング空間ー彩りを添える庭、離れ

 離れも入れても34坪と延べ床面積は小さいけれども、空間を内外ともに、いろいろに繋いだり切ったりできるようにすることで広がりを感じるようにしている。
 離れの書斎兼ピアノ室、庭に広がる縁側代わりのデッキ、和室前の坪庭、玄関アプローチの小道等、あちこちのコーナーが、暮らしに彩りを添える。

相模原のいえキッチンから←キッチン食堂から庭を見る。

木村建築研究室

kimura_atelier at 22:00コメント(0)トラックバック(0)「小さくて(身の丈にあった)大きく暮らす(懐の深い)家」 | 設計事例 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ