2007年09月11日

サウジ サウダージ

 いよいよ秋ですね。
 日差しがぐっと柔らかくなりました。日が暮れだしたら暮れるのもあっという間。
 「秋の日はつるべ落とし」とは、よく言ったものです。
 
 バタバタの週末からの疲れを引きずりながらの昨日、市職員の方から、子どもマスタープラン策定等子ども行政と自身の子育てに関わっての話を聞く機会がありました。現場を踏んだ方ならではの言葉の重みに考えさせられました。中でも「国語と算数以外は社会教育だ。」のフレーズには、深く実感です。
 その後も、文化か教育か福祉かといった話題のなか、「とはいっても、全ては人のあり方の問題だし、人のあり方を担保するのが社会環境だし、社会環境が文化だし,,。だから、教育も文化。福祉も文化だよなあ。」と思いながら、いつもの思いを再確認していました。いっそ、「心の余裕と志が、教育であり福祉であり文化ですよね。」と言っちゃおうかとも思いながら、場所柄、ちょっとその勇気がありませんでした。(苦笑)

 いろいろ、サウジ サウダージ気分です。



 さらに、我が学園について。
 東大の藤森照信さんが、「少なくとも私が町歩きをはじめた30年前には、戦前に開発された郊外住宅地のすばらしさ、美しさはまだ十分に味わうことができた。一つ一つの敷地は広く、塀などなくて、街路樹→生垣→庭、と緑が連続し、町全体が明るさと落ちつきに満たされていた。今にして思うと、あれは夢かと思われる。」と語っています。
 
 今や建築することは環境破壊だと言う人もいますが、建築も文化のはず。
 こちらも、手続きやつくり方の問題、心の余裕と志の問題ですよね。

 ともあれ、サウジ サウダージ気分です。






kimura_atelier at 23:51コメント(0)トラックバック(0)つれづれ心模様(日記) | 気になったこと 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ