2008年09月09日

大空晴れて秋風吹き。。まちを魅力的にするために

蛙思うこと 一部の人を除けば、いままで多くの設計者は、建物をデザインするという大きな力を持ちながら、町並みや景観を整えよう、近隣との住みやすい良い関係&コミュニケーションを促そうと言う意識が薄かったのではないか。  経済論理とクライアントの希望を優先せざるを得ない立場にあるとはいえ、また、個々の建物は魅力的で新しい価値や提案に溢れ使い勝手や居心地が良かったとしても、群としてみると返って町並みを崩しているケースは多い。  地域の実情にあった自主規制や協約はもちろん有効だし必要だけれども、それだけでまちが魅力的になるわけではない。

 人と自然と記憶や歴史と共に一軒一軒が一人一人がつながって、そして、それぞれがそれぞれにいろいろな折り合いをつけながら「まち」はできていく。。。    昨日も、これからのあるべき社会像とは、ひとりひとりが持てる力を出し合い分け合い学び合い、小さな力を持ち寄ってより良い社会環境をつくる「市民自治」に至ること、ひとりひとりがおとな(社会人)になることだと再認識したばかり。    幸い私達設計者は、町や建物に関わる法規制、建物の大きさや形状が及ぼすスケール感、材料の質感や性能、構成やバランスの取り方などについて訓練を積んでいる。  特に女性は、日々の地味な暮らしを支える生活者としての訓練も積んでいる。。。はず。    行動しないとね! もちろん、自分に言い聞かせているのです。

kimura_atelier at 22:35コメント(0)トラックバック(0)つれづれ夜想曲(エッセイ) | 住まい/建築 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
blogへようこそ
木村建築研究室(木村真理子)のウェブサイトがメインアプローチとするなら、このblogは、日常出入りする通用口です。
設計や活動、催しや旅行、住まいや暮らしについて日頃感じた事など、当事務所の設計のベースになっていることや設計者の日常をまるごとお伝えできたらと思います。
思いつくまま綴っていますが、よろしくおつき合いください。
since 2005.03
事務所アイコンEnglish
木村建築研究室のウエブサイト⇒www.kimuramariko.com.

木村建築研究室Blog Gallery
http://blog.livedoor.jp/kimura_atelier-hp/
Facebook/木村建築研究室
Facebook/木村真理子
Twitter
banner-t
@kimuramariko- Twilog

twitter_logo_header
kimuramariko on Twitter

Favorite
Archives
Recent Comments
Calendar


  • ライブドアブログ